白黒フィルムって何?

現像済み白黒フィルム

白と黒の色彩のみで撮影されるフィルム。一般的にネガのパン・クロマチックというタイプが主な種となっています。
カラーとは現像液が異なり、個人でも比較的簡単に現像処理をすることができるため、自家現像する愛好者も多くいらっしゃいます。白黒の中には、ネガフィルムと同じ現像液でも現像できる種類があり、短時間で手軽に利用できるものもあります。

クラシックな印象となり、色に頼らずに表現するため、題材をシンプルに伝えることができます。カラーフィルムと比べて保存性や粒子の細かさに優れるとされています。

photo by nimi48

カラーフィルムでは漂白の過程で銀が取り除かれるのに対して、モノクロフィルムでは銀が画像を形成します。これによってカラーフィルムでは得られない粒子感があり、これもモノクロフィルムが根強く支持される理由の一つといえます。

参考: Wikipedia

オンラインショップで販売中の白黒フィルムを見る

written on 2011-02-04 in #holga #lubitel #lomo-lc-a #diana-f-plus #oktomat #fisheye #actionsampler #fed-5 #pop9 #smena-8m #supersampler #zenit #diana-mini #film #spinner360