Have You Seen Bob?(ボブに会ったことある?) 世界的な写真プロジェクトのクリエイターへのインタビュー

2011-09-21

Lomographyのサイトで写真を眺めていたときに、フレンドリーなキャラクターをみたことがあるかもしれません。それがボブです。
彼は世界中の写真家に撮影されている、カワイくて小さい段ボールでできた男なんです。そのボブのクリエイターである、リチャード レッグとジェイク ウッズ-マーにこの感動的な写真プロジェクトについてインタビューすることができました。

Photo by Anna Zachou

まずはじめに、"Have you seen Bob?"プロジェクトとはいったい何なのかちょっとした紹介をお願いできますか?

ジェイク:"Have you seen Bob?"は自由な写真プロジェクトで主に フェイスブック上 で展開されています。そこでは基本的にすべてボブについてなんです。小さくて段ボールでできた男は、大きくて広い世界で場所をあちこち旅してるんです。私たちに住所をメールすれば、それぞれにちがったボブを手作りして送りますよ。そしたらボブといっしょに好きな場所で写真を撮って、それをコミュニティーサイトにアップするだけです。

リチャード:このプロジェクトの素晴らしいところは、ボブコミュニティーの創造性と努力が見れることですね。みんなが世界中の色々な場所やシチュエーションでボブの写真を撮っている。それぞれでは別々の出来事がボブによって一つに繋がるんです!ボブはこのプロジェクトに参加しているすべての写真家を繋げてくれるんです。またそれによって他の公共のエキシビションでは不足しがちな強いビジュアルと概念的な同盟を作り出しているんです。

いつ、どのようにしてこのプロジェクトははじまったんですか?

リチャード:もうずいぶん昔のことになりますが、私たちは夜景や時間や場所などについてのグラフィックノベルを作る絵描きだったんです。そのメインキャラクターがBobとよばれていて、彼が私たちの作品を旅行して観てきてくれると想像してたんです。小さなボブを段ボールで作り行った先で彼を写真に撮るというアイデアは、グラフィックノベルの仕事にインスパイアされたサイドプロジェクトでした。世界中にいるカッコいいロモグラファーの何人かに、参加しないかと呼びかけました。するとなんと数週間後には参加リクエストが相当な数にのぼって、今や私たちはボブのために活動しているんです!!!誰が想像してたでしょうか!初期から参加してくれていたロモグラファー、とくにHakimbo Hakimと Jorge Sato. には感謝しています。このグラフィックノベルがいずれ最終回を迎えるときまで注目しててくださいね!

Photos by Datuk Mahmu danil, Hakimbo Hakim and Jero Bou

今まででボブのいった一番クレイジーな場所はどこですか?

リチャード:それは難しい質問だね!ボブはおかしな場所にはたくさん行ってるからなぁ!!思うに、いちばんおかしな写真だったのはウクライナのKostya Shpak のやつかな。ボブが三体のマジで薄汚れたブードゥードールといっしょに首からかけられてたんだよ。ほんとに奇妙だったね。

ジェイク:ベルギーでゾンビにたべられているやつ(Jero Bouの作品)かウルグアイのCris Britosのクレイジーな友だちといっしょに写ってるボブのどっちかだなぁ。決められないよ!

ボブは何人くらいいるの?

リチャード:600くらいだね!

ジェイク:たくさんボブを作ったけど、ボブっていうのは一人なんだよ。彼はただ色んな場所に顔をだしてるだけさ。

Photos by Jorge Sato

いままでのところこのプロジェクトに参加している多くの人はロモグラファーですが、このプロジェクトはアナログのみなんですか?

リチャード:ちがうよ。どんなカメラでも、誰でも参加できる!ボブはみんなのものであってほしいんだ。ほとんどの写真家がロモグラファーなのはロモグラフィーコミュニティーがほんとうに活気があって、楽しみと写真を探している人でいっぱいだからだよ。

ジェイク:ロモグラフィーの理念はボブのものととても近いからね。アナログカメラって小さな魔法の箱みたいにみえるじゃない。どんな写真がとれているのか正確にしることはできない(あなたのロモのことだよ!)。光が漏れたり、二重露光したり、たいていの場合不意に想像以上の結果になるでしょう。それってBobみたいなんだよ。茶色の封筒にいれて、彼を送り出す。彼が何をして、私たちが何を見れるのかは受け取った人しだい。それって基本的になんでもあり得るからね。それに何でもやってほしいんだ。

Photos by Kaka Lu and Kostya Shpak

次はBobがどこにいくか計画はありますか?

リチャード:Bobにはたくさんの計画があるからね。彼と Diana Mini はティーンエイジャーのバックパックに詰め込まれているよ。最近は、ネパールにいたね。すでに猿に噛まれたし、エベレストのベースキャンプまで登頂する計画もあるんじゃないかな。ぜったい登るね(たぶん無理)。それについては ここ で読むことができるよ。彼はまた、偉大なロモグラファーであるSofia Rodriguezとも働いているんだ。彼女はモンテビデオ ウルグアイの展覧会にBobをいっしょに出そうとしているし、将来的にはもっと国際的な展覧会にも出してほしいと思ってるよ。コアなボボグラファー(Bobographer=Bob+lomographer)は彼らの冒険を書き記して "このBobのブログ http://haveyouseenbobsblog.blogspot.com/ に投稿しているよ。究極的にはボブがどこに行くのかは君次第なんだ!彼はみんなのために、すべてのもののためにいるんだよ。

“Have You Seen Bob?”プロジェクトに参加するにはどうしたらいいですか?

Jacob: 住所をメールしてくれればいいよ tinlizard@hotmail.co.uk そしたら彼を送るからさ。 今は彼をダウンロードもできるけどね。 www.haveyouseenbob.co.uk
彼とどこかにいって、写真を撮ったなら!それを アップ してね。
そうすることでBobの冒険の記念になっていくから。

Photos by Leanne Hume, Sandy Agawin, Sofia Rodriguez and Serena Franti

‘Have you seen Bob?’ の楽しさを味わいたいですか? こちらのコンペティションにも参加してみましょう!
Bob dedicated Rumble

2011-09-21 #bob #richard #interview #seen #you #analogue-lifestyle #lomography #lifestyle #jake #have tomas_bates の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    1
  • LC-Wideのいいところ10個教えちゃいます

    2016-06-10 #gear #tutorials Julien Matabuena の記事
    LC-Wideのいいところ10個教えちゃいます

    常にクリエイティビティを刺激してきたロモグラフィーですが、LC-Wideはその好奇心をさらにくすぐるとんでもない広角レンズ搭載35mmカメラです。10個の特長をお伝えしますので、ドドドッとあふれるアドレナリンを写真で表現してみてください!

    2016-06-10
  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

    2016-01-26
  • ハイスピードの写真で"瞬間"を盗め!

    2016-09-05 #culture lomographymagazine の記事
    ハイスピードの写真で"瞬間"を盗め!

    世の中には、私たちの目には速すぎてみることのできないものも沢山あります。ですが、カメラを使えば速さや視力に関係なく、その瞬間を写真に美しく写し出すことができます!ここに紹介するハイスピードな写真たちは、目では決して見ることのできない、素晴らしい瞬間を描き出しています。

    2016-09-05
  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 壱岐紀仁

    2016-05-16 #ニュース #people #ビデオ ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 壱岐紀仁

    初監督作品「ねぼけ」がモントリオール世界映画祭に正式出品されるなど、精力的に活動中の映画監督・フォトグラファーの壱岐紀仁さん。「ねぼけ」はなんとMotionGalleryで制作・宣伝費の一部資金の支援を募り、プロジェクトが成功したことによって撮影された作品です。今回はDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの"いろけ"に心動かさた壱岐監督から、落語家の洗練された所作をシンプルにしかし大胆に写し撮ったショートムービーが届きました。

    2016-05-16
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 12/17(木)のアドベントカレンダー: 最終日!フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    2015-12-17 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/17(木)のアドベントカレンダー: 最終日!フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    この季節は写真をたくさん撮影します。クリスマスに年末年始とイベント事が盛りだくさん待ち構えています!そんな季節にアナログカメラでたくさん写真を撮れるようにフィルムを買っておきましょう!本日まで同じフィルムパックを3つご購入で1パック分無料になるキャンペーンを実施中!

    2015-12-17
  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

    2016-01-22
  • [展示] Glastonbury Festival Photo Exhibition "i feel awesome" - by Taio Konishi

    2016-08-02 #people #ビデオ ciaoannacotta の記事
    [展示] Glastonbury Festival Photo Exhibition "i feel awesome" - by Taio Konishi

    国内外のフェスを撮影されているフォトグラファーでありロモグラファーの小西泰央さん。昨年に引き続き、今年もGlastonbury Festivalで撮影された作品の個展『 i feel awesome』を開催されます!今年はNighttimeとDaytimeに分けた展示となり、Nighttimeをアート関連に強い古書店nostos booksさんにて、DaytimeをLomography+にて開催します。一般チケットもすぐ完売するほど人気で世界最大級の音楽フェスティバルをロモグラフィーレンズやカメラで写し撮った写真は、まさに貴重。ぜひ両展示へ足をお運びください。

    2016-08-02
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    2016-02-18 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    アメリカと日本をまたにかけミュージックフェスやコンサート写真を撮影しているフォトグラファーの植村英里奈さん。数々の大物アーティストの撮影実績があり、Coachellaフェスなどの世界中のビッグなロックフェスティバルでの撮影経験も豊富。そんな植村さんに、昨年11月に開催されたHostess Club Weekender 出演アーティストのポートレイト撮影をロモグラフィーのカメラやレンズで挑戦していただきました。このイベントは日本のレーベルHostessが開催する、インディーロックファンにたまらないラインナップで良質な音楽を楽しめるイベントです。その舞台裏で、植村さんがLomo'Instant WideとPetzval 85 Art Lensで収めた貴重な写真を、彼女の写真家としての活動に迫るインタビューと共にお楽しみください!

    2016-02-18
  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

    2016-01-29