Have You Seen Bob?(ボブに会ったことある?) 世界的な写真プロジェクトのクリエイターへのインタビュー

Lomographyのサイトで写真を眺めていたときに、フレンドリーなキャラクターをみたことがあるかもしれません。それがボブです。
彼は世界中の写真家に撮影されている、カワイくて小さい段ボールでできた男なんです。そのボブのクリエイターである、リチャード レッグとジェイク ウッズ-マーにこの感動的な写真プロジェクトについてインタビューすることができました。

Photo by Anna Zachou

まずはじめに、"Have you seen Bob?"プロジェクトとはいったい何なのかちょっとした紹介をお願いできますか?

ジェイク:"Have you seen Bob?"は自由な写真プロジェクトで主に フェイスブック上 で展開されています。そこでは基本的にすべてボブについてなんです。小さくて段ボールでできた男は、大きくて広い世界で場所をあちこち旅してるんです。私たちに住所をメールすれば、それぞれにちがったボブを手作りして送りますよ。そしたらボブといっしょに好きな場所で写真を撮って、それをコミュニティーサイトにアップするだけです。

リチャード:このプロジェクトの素晴らしいところは、ボブコミュニティーの創造性と努力が見れることですね。みんなが世界中の色々な場所やシチュエーションでボブの写真を撮っている。それぞれでは別々の出来事がボブによって一つに繋がるんです!ボブはこのプロジェクトに参加しているすべての写真家を繋げてくれるんです。またそれによって他の公共のエキシビションでは不足しがちな強いビジュアルと概念的な同盟を作り出しているんです。

いつ、どのようにしてこのプロジェクトははじまったんですか?

リチャード:もうずいぶん昔のことになりますが、私たちは夜景や時間や場所などについてのグラフィックノベルを作る絵描きだったんです。そのメインキャラクターがBobとよばれていて、彼が私たちの作品を旅行して観てきてくれると想像してたんです。小さなボブを段ボールで作り行った先で彼を写真に撮るというアイデアは、グラフィックノベルの仕事にインスパイアされたサイドプロジェクトでした。世界中にいるカッコいいロモグラファーの何人かに、参加しないかと呼びかけました。するとなんと数週間後には参加リクエストが相当な数にのぼって、今や私たちはボブのために活動しているんです!!!誰が想像してたでしょうか!初期から参加してくれていたロモグラファー、とくにHakimbo Hakimと Jorge Sato. には感謝しています。このグラフィックノベルがいずれ最終回を迎えるときまで注目しててくださいね!

Photos by Datuk Mahmu danil, Hakimbo Hakim and Jero Bou

今まででボブのいった一番クレイジーな場所はどこですか?

リチャード:それは難しい質問だね!ボブはおかしな場所にはたくさん行ってるからなぁ!!思うに、いちばんおかしな写真だったのはウクライナのKostya Shpak のやつかな。ボブが三体のマジで薄汚れたブードゥードールといっしょに首からかけられてたんだよ。ほんとに奇妙だったね。

ジェイク:ベルギーでゾンビにたべられているやつ(Jero Bouの作品)かウルグアイのCris Britosのクレイジーな友だちといっしょに写ってるボブのどっちかだなぁ。決められないよ!

ボブは何人くらいいるの?

リチャード:600くらいだね!

ジェイク:たくさんボブを作ったけど、ボブっていうのは一人なんだよ。彼はただ色んな場所に顔をだしてるだけさ。

Photos by Jorge Sato

いままでのところこのプロジェクトに参加している多くの人はロモグラファーですが、このプロジェクトはアナログのみなんですか?

リチャード:ちがうよ。どんなカメラでも、誰でも参加できる!ボブはみんなのものであってほしいんだ。ほとんどの写真家がロモグラファーなのはロモグラフィーコミュニティーがほんとうに活気があって、楽しみと写真を探している人でいっぱいだからだよ。

ジェイク:ロモグラフィーの理念はボブのものととても近いからね。アナログカメラって小さな魔法の箱みたいにみえるじゃない。どんな写真がとれているのか正確にしることはできない(あなたのロモのことだよ!)。光が漏れたり、二重露光したり、たいていの場合不意に想像以上の結果になるでしょう。それってBobみたいなんだよ。茶色の封筒にいれて、彼を送り出す。彼が何をして、私たちが何を見れるのかは受け取った人しだい。それって基本的になんでもあり得るからね。それに何でもやってほしいんだ。

Photos by Kaka Lu and Kostya Shpak

次はBobがどこにいくか計画はありますか?

リチャード:Bobにはたくさんの計画があるからね。彼と Diana Mini はティーンエイジャーのバックパックに詰め込まれているよ。最近は、ネパールにいたね。すでに猿に噛まれたし、エベレストのベースキャンプまで登頂する計画もあるんじゃないかな。ぜったい登るね(たぶん無理)。それについては ここ で読むことができるよ。彼はまた、偉大なロモグラファーであるSofia Rodriguezとも働いているんだ。彼女はモンテビデオ ウルグアイの展覧会にBobをいっしょに出そうとしているし、将来的にはもっと国際的な展覧会にも出してほしいと思ってるよ。コアなボボグラファー(Bobographer=Bob+lomographer)は彼らの冒険を書き記して "このBobのブログ http://haveyouseenbobsblog.blogspot.com/ に投稿しているよ。究極的にはボブがどこに行くのかは君次第なんだ!彼はみんなのために、すべてのもののためにいるんだよ。

“Have You Seen Bob?”プロジェクトに参加するにはどうしたらいいですか?

Jacob: 住所をメールしてくれればいいよ tinlizard@hotmail.co.uk そしたら彼を送るからさ。 今は彼をダウンロードもできるけどね。 www.haveyouseenbob.co.uk
彼とどこかにいって、写真を撮ったなら!それを アップ してね。
そうすることでBobの冒険の記念になっていくから。

Photos by Leanne Hume, Sandy Agawin, Sofia Rodriguez and Serena Franti

‘Have you seen Bob?’ の楽しさを味わいたいですか? こちらのコンペティションにも参加してみましょう!
Bob dedicated Rumble

2011-09-21 #lifestyle #interview #bob #you #lomography #jake #have #analogue-lifestyle #richard #seen tomas_bates の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    2017-07-16 #gear
    溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    英語で「Dog Days」とは真夏の一番暑い日々のこと。外で写真を撮っていると汗がダラダラと流れる季節でもありますが、この時期の太陽の輝きは格別。そんな溶けそうに暑い日は、ロモグラフィーの La Sardinaがぴったり!

  • もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    2017-12-31 #culture
    もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    日本のコミュニティーでも被写体として、大人気のネコちゃん。それも日本に限ったことではありません。世界中にはネコちゃん好きがたくさんいます。そんなネコ好きなアーティストがなんとも可愛らしい作品を披露!

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『ヒューマンストーリー』大賞発表

    2017-06-01 #ニュース
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『ヒューマンストーリー』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『ヒューマンストーリー』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。