Have You Seen Bob?(ボブに会ったことある?) 世界的な写真プロジェクトのクリエイターへのインタビュー

Lomographyのサイトで写真を眺めていたときに、フレンドリーなキャラクターをみたことがあるかもしれません。それがボブです。
彼は世界中の写真家に撮影されている、カワイくて小さい段ボールでできた男なんです。そのボブのクリエイターである、リチャード レッグとジェイク ウッズ-マーにこの感動的な写真プロジェクトについてインタビューすることができました。

Photo by Anna Zachou

まずはじめに、"Have you seen Bob?"プロジェクトとはいったい何なのかちょっとした紹介をお願いできますか?

ジェイク:"Have you seen Bob?"は自由な写真プロジェクトで主に フェイスブック上 で展開されています。そこでは基本的にすべてボブについてなんです。小さくて段ボールでできた男は、大きくて広い世界で場所をあちこち旅してるんです。私たちに住所をメールすれば、それぞれにちがったボブを手作りして送りますよ。そしたらボブといっしょに好きな場所で写真を撮って、それをコミュニティーサイトにアップするだけです。

リチャード:このプロジェクトの素晴らしいところは、ボブコミュニティーの創造性と努力が見れることですね。みんなが世界中の色々な場所やシチュエーションでボブの写真を撮っている。それぞれでは別々の出来事がボブによって一つに繋がるんです!ボブはこのプロジェクトに参加しているすべての写真家を繋げてくれるんです。またそれによって他の公共のエキシビションでは不足しがちな強いビジュアルと概念的な同盟を作り出しているんです。

いつ、どのようにしてこのプロジェクトははじまったんですか?

リチャード:もうずいぶん昔のことになりますが、私たちは夜景や時間や場所などについてのグラフィックノベルを作る絵描きだったんです。そのメインキャラクターがBobとよばれていて、彼が私たちの作品を旅行して観てきてくれると想像してたんです。小さなボブを段ボールで作り行った先で彼を写真に撮るというアイデアは、グラフィックノベルの仕事にインスパイアされたサイドプロジェクトでした。世界中にいるカッコいいロモグラファーの何人かに、参加しないかと呼びかけました。するとなんと数週間後には参加リクエストが相当な数にのぼって、今や私たちはボブのために活動しているんです!!!誰が想像してたでしょうか!初期から参加してくれていたロモグラファー、とくにHakimbo Hakimと Jorge Sato. には感謝しています。このグラフィックノベルがいずれ最終回を迎えるときまで注目しててくださいね!

Photos by Datuk Mahmu danil, Hakimbo Hakim and Jero Bou

今まででボブのいった一番クレイジーな場所はどこですか?

リチャード:それは難しい質問だね!ボブはおかしな場所にはたくさん行ってるからなぁ!!思うに、いちばんおかしな写真だったのはウクライナのKostya Shpak のやつかな。ボブが三体のマジで薄汚れたブードゥードールといっしょに首からかけられてたんだよ。ほんとに奇妙だったね。

ジェイク:ベルギーでゾンビにたべられているやつ(Jero Bouの作品)かウルグアイのCris Britosのクレイジーな友だちといっしょに写ってるボブのどっちかだなぁ。決められないよ!

ボブは何人くらいいるの?

リチャード:600くらいだね!

ジェイク:たくさんボブを作ったけど、ボブっていうのは一人なんだよ。彼はただ色んな場所に顔をだしてるだけさ。

Photos by Jorge Sato

いままでのところこのプロジェクトに参加している多くの人はロモグラファーですが、このプロジェクトはアナログのみなんですか?

リチャード:ちがうよ。どんなカメラでも、誰でも参加できる!ボブはみんなのものであってほしいんだ。ほとんどの写真家がロモグラファーなのはロモグラフィーコミュニティーがほんとうに活気があって、楽しみと写真を探している人でいっぱいだからだよ。

ジェイク:ロモグラフィーの理念はボブのものととても近いからね。アナログカメラって小さな魔法の箱みたいにみえるじゃない。どんな写真がとれているのか正確にしることはできない(あなたのロモのことだよ!)。光が漏れたり、二重露光したり、たいていの場合不意に想像以上の結果になるでしょう。それってBobみたいなんだよ。茶色の封筒にいれて、彼を送り出す。彼が何をして、私たちが何を見れるのかは受け取った人しだい。それって基本的になんでもあり得るからね。それに何でもやってほしいんだ。

Photos by Kaka Lu and Kostya Shpak

次はBobがどこにいくか計画はありますか?

リチャード:Bobにはたくさんの計画があるからね。彼と Diana Mini はティーンエイジャーのバックパックに詰め込まれているよ。最近は、ネパールにいたね。すでに猿に噛まれたし、エベレストのベースキャンプまで登頂する計画もあるんじゃないかな。ぜったい登るね(たぶん無理)。それについては ここ で読むことができるよ。彼はまた、偉大なロモグラファーであるSofia Rodriguezとも働いているんだ。彼女はモンテビデオ ウルグアイの展覧会にBobをいっしょに出そうとしているし、将来的にはもっと国際的な展覧会にも出してほしいと思ってるよ。コアなボボグラファー(Bobographer=Bob+lomographer)は彼らの冒険を書き記して "このBobのブログ http://haveyouseenbobsblog.blogspot.com/ に投稿しているよ。究極的にはボブがどこに行くのかは君次第なんだ!彼はみんなのために、すべてのもののためにいるんだよ。

“Have You Seen Bob?”プロジェクトに参加するにはどうしたらいいですか?

Jacob: 住所をメールしてくれればいいよ tinlizard@hotmail.co.uk そしたら彼を送るからさ。 今は彼をダウンロードもできるけどね。 www.haveyouseenbob.co.uk
彼とどこかにいって、写真を撮ったなら!それを アップ してね。
そうすることでBobの冒険の記念になっていくから。

Photos by Leanne Hume, Sandy Agawin, Sofia Rodriguez and Serena Franti

‘Have you seen Bob?’ の楽しさを味わいたいですか? こちらのコンペティションにも参加してみましょう!
Bob dedicated Rumble

2011-09-21 #ライフスタイル #bob #interview #have #richard #seen #lomography #analogue-lifestyle #jake #you tomas_bates の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #ライフスタイル #ロケーション lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    2015-07-23 #people #Lomoamigos petit_loir の記事
    ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    ドイツのトップロモグラファー達を紹介する本シリーズ ( ※lomography.deで連載中) 、今回はシュトゥットガルト出身のFabiをご紹介します!本年度のLomoWochenende実行チームの一員として、一大プロジェクトに取り組まれている最中ですが、それだけではありません! 我々のインタビューでは、写真撮影と並んで彼が情熱を傾けるスケートボードについて、また今から5年以上も前にロモグラフィーを訪れることとなった経緯についてなどなど、たくさん語ってくれました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 菅武志ゲスト展示:「LONDON MY TOWN」 SHOKO CD・書籍同時リリース記念エキシビジョン

    2015-10-14 #world #ニュース ciscoswank の記事
    菅武志ゲスト展示:「LONDON MY TOWN」 SHOKO CD・書籍同時リリース記念エキシビジョン

    ロンドンと東京を拠点に活動するアーティスト、SHOKOさん。先日CDメジャーデビューを果たし、更にロンドンブックシリーズ第2弾となる書籍を発表されました。そんなSHOKOさんのCD・書籍同時リリース記念エキシビションが10/15(木)より開始されます。このエキシビションでは、ロモグラフィーではおなじみの写真家・菅武志さんが、ロンドンで撮り下ろしたSHOKOさんの写真がゲスト展示されます。菅さんファン必見の美しい写真を見に、そしてアーティストSHOKOさんの世界観を味わいに、是非足を運んでみてください。

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    2015-11-13 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    韓国出身のフォトグラファーSASU TEIさん。日本と韓国でファッションやコマーシャルフォトの分野で活躍されています。彼がPetzval 85 Art Lensで写し出した写真は、幻想的で独特な世界観を放っています。日本で撮影されているのにも関わらず、なんだか日本ではない別世界のように感じる写真たち。日本人が今まで着目してこなかった日本の良さを、SASU TEIさんの作品から教えられたような気がします。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • [展示] Lomo Cameras X Glastonbury: - Narrative - by Taio Konishi

    2015-07-11 #world #ニュース #イベント ciscoswank の記事
    [展示] Lomo Cameras X Glastonbury: - Narrative - by Taio Konishi

    国内外のコンサートや音楽フェスの撮影をしているフォトグラファーの小西泰央さん。6月下旬にイギリスで開催された世界最大級の音楽フェスティバルであるGlastonbury Music Festival (グラストンベリー・ミュージック・フェスティバル) をLC-A+、Horizon Perfekt、Diana F+そしてPetzval 85mmレンズで写し出しました。日本からプレス・パスで取材できるのはごく少数の人々に限られています。そんな貴重な体験をロモカメラで写したGlastonbury Festivalの写真エキシビションが7月18日(土)から開催されます。

  • 新登場: Lomo'Instant Wide

    2015-10-13 #gear #ニュース Lomography の記事
    新登場: Lomo'Instant Wide

    過ぎし日のポラロイドのように、撮ってすぐにワイドサイズの写真に残せたら・・・そして想像力あふれるユニークな撮影がインスタント写真で楽しめたら、どんなに素敵なことでしょう!そんな夢を実現するのがLomo’Instant Wideです。初心者でも使いこなせる自動露出のオートモード、シャッターリモコン機能付きレンズキャップ、長時間露光と多重露光、フラッシュ用のカラーフィルターなど、Lomo’Instant Wideは全てが革新的。そして創造性に溢れています。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    2015-08-13 #people #ニュース #ライフスタイル #Lomoamigos zonderbar の記事
    LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    ミュージシャンであるObi Blancheは、2013年にロモグラファーとなり写真の世界にどっぷりと浸かることになりました。それ以降、彼はロモグラフィーの最新カメラに常に興味を持ち続け、その中でも特に彼を惹き付けたカメラがLC-A 120です。

  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 #world #ライフスタイル Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。

  • LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    2015-10-14 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    ドリーミーな世界観を作り出すフォトグラファーの菅武志さん。ロモグラフィーのコミュニティーでも何度か作品を披露していただき、まるで夢の中のような幻想的な写真の虜になった方も多いことでしょう。そんな菅さんは、長年活動の拠点としてきたイギリスから拠点を日本に移し、新たな試みに挑戦されています。初夏にはPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使い、ロンドンの庭園で美しく咲くボケの花を撮影していただきましたが、今回は日本で撮影したウェディング写真をシェアしていただきました。