夜間撮影のガイド

夜間撮影をするときには、ちょっとしたテクニックを知っていると、とても満足いく写真を撮ることができます。ぜひ読んで、使ってみてくださいね。

Credits: hodachrome

三脚を使おう
夜の撮影には三脚をもっていくととても便利です。三脚をつかうことでカメラを安定させることができて、写真がブレてしまうこともありません。でもみんながみんな三脚をもっているわけではないですよね。それに急に写真におさめたい場面にでくわすことだってあります。そんな時にはどこか寄りかかれるような壁を探してみましょう。その壁をつかって自分の体をしっかりと固定して撮影します。もしくはどこか平らな面にカメラを置いて撮影するのもいいと思いますよ。

Credits: bkspicture

バルブ機能を使おう
もしカメラにバルブ機能がついているなら、夜間撮影のときにぜひ使ってみましょう。バルブ機能をつかうことによって、長い時間露光することができるので、車のヘッドライトや街灯の光の流れを写すことができます。バルブ機能をつかえば驚くような写真が撮れちゃうはず!

Credits: dogma

薄暗い場所で撮影しよう
少し光があるような薄暗い場所を選んで撮影しよう!というのが次のテクニックです。
こういったところで撮影すると、まっくらな場所で撮影するよりも明るい写真が撮れます。特に水があるといいですね!撮影したいものが水の表面にすこしだけ反射しますから。もちろん、まっくらな場所で撮影してもいいんですよ。あなた次第なんですから!

Credits: novakmisineurodiaz & istionojr

以上が夜間撮影でつかえるテクニックです。
完璧な写真を撮影できるようになるには時間がかかりますが、この方法を使ってみると面白い写真が撮れるとはずですよ!

2011-10-01 #gear #テクニック #photography #nighttime #tips #dusk #night jeanmendoza の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • Lomo'Instantでその時の環境を写し出そう

    2015-07-13 #gear #ニュース #ライフスタイル #ロケーション shhquiet の記事
    Lomo'Instantでその時の環境を写し出そう

    あなたが次にLomo'Instantと一緒に街を散策する時、これから紹介するテクニックを試すのにちょうど良いかも!最初に素敵な場所を見つけて、Lomo'Instantでインスタント写真に残しましょう。その写真が浮かび上がったら、撮影した場所と同じ場所でその写真を持って、他のカメラでその写真と場所を含んだ写真を撮影してみましょう。口で説明してもちょっと想像がつきにくいかも知れませんね。一体どういうことなのか、この記事の写真で説明します!

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #テクニック tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • LC-A 120で写真を13枚撮る方法

    2015-09-25 #people #ライフスタイル #テクニック pearlgirl77 の記事
    LC-A 120で写真を13枚撮る方法

    LC-A 120で撮るとき、ちょっとしたテクニックを使うと13枚写真が撮れることがあるの。今日はそのテクニックを紹介するわね。

  • LomoAmigo: Ian HobsonのLomo'Instant ライトペインティング

    2015-09-04 #people #ライフスタイル #Lomoamigos hannah_brown の記事
    LomoAmigo: Ian HobsonのLomo'Instant ライトペインティング

    Ian Hobsonはイギリスで活動するライトペインティングに特化したフォトグラファー。彼にLomo'InstantとPixelstickという最高のライトペインティングツールを使ってテスト撮影を行っていただきました。この記事では、この組み合わせで撮影された素晴らしいライトペインティング写真と、夜間の撮影やライトペインティングの手法について彼にお伺いしたインタビューをご紹介します。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • LC-A Family workshop [募集終了]

    2015-02-07 #world #イベント ciscoswank の記事
    LC-A Family workshop [募集終了]

    Lomography久々のワークショップ開催です!Lomographyの代表的カメラLC-A+とLC-Wideを使ってみよう!撮影場所は冬の浅草へ出発!参加料は500円。ワンコインでワークショップに参加出来ます。ぜひお気軽にご参加下さい。※ 大好評に付き満員となりました!ご応募いただいた皆様、誠にありがとうございました!

  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • アナログでやりたいことリスト:2月-夜の道路

    2015-09-15 #world #ライフスタイル Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:2月-夜の道路

    毎月1つのプロジェクトに挑戦する2015年のやりたいことリスト。2月は長時間露光のうちのひとつ、夜の道路の写真を撮ることにしました。みなさんも夜の街に明るい赤や白の線が走る写真をご存知でしょう。私はそういう写真が大好きだけれど、一度も撮影したことがありませんでした。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Film Photography Day Special:なぜフィルムなのか?LomoAmigos 名言集

    2015-04-10 #people ciscoswank の記事
    Film Photography Day Special:なぜフィルムなのか?LomoAmigos 名言集

    FIlm Photography Day(フィルム写真の日)を 機に、私たちはなぜフィルム写真が好きなのか、考えてみましょう。少し考えただけでも、たくさんの答えが浮かんできますね。今までLomoAmigosでは、様々な写真家、ミュージシャン、アーティストの方々にフィルムを選ぶ理由、またはフィルムで撮ってみた率直な感想を聞いてきました。その理由を聞くと、なんだか胸の奥が熱くなってきます。

  • 三脚を立てたままLC-A+のMX(多重露光)スイッチを操作する方法

    2015-04-13 #gear #テクニック hodachrome の記事
    三脚を立てたままLC-A+のMX(多重露光)スイッチを操作する方法

    LC-A+を三脚に取り付けると、カメラの底の部分と三脚の設置部分が固定されるため、多重露光用のMXスイッチを操作するのが難しくなります。なので、三脚を用いた多重露光がしたい場合は撮影ごとに三脚から取り外す必要があり少し面倒でした。そこで、それを解決する方法をいくつか考えてみましたのでご紹介します。ちょっと強引な方法もあるので誰にでもできるものではないのですが、機会(そして機械)があったらトライしてみてください♪

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!