自家製レッドスケールフィルムの作り方

しばらく前に、自家製レッドスケールフィルムの作り方の記事を見ました。皆さんにもご紹介します :)

方法はとてもシンプルです。まず、2本のフィルムを手に入れます。
その内1本分全部をキャニスターから引き出して空っぽにします。1cmくらいフィルムの最後を残して切り取り、少し出た状態にしておきます。 ( 無駄みたいにおもえるけど、価値があるんです )

それから、もう1本のフィルムのフィルムリーダー部分を切り取り、つなぎ目をまっすぐにして、セロテープでできるだけきれいに先ほどカットしたフィルムと貼り付けます。必ず、逆さまに貼付けてください。それから、暗室に行くかダークバッグの中にいれます。でも私はただのブランケットの下でやりました。(フィルムの乳剤が光に当たると写真は写らなくなるので光を当てないように十分注意して行ってください!)それから、空にした方のフィルムにもう1つのキャニスターの中のフィルムを巻き戻します。

フィルムの終わりまできたら、暗いところから出して大丈夫です。1cmまたはそれ位残してカットします。
これからは空になった方のフィルムを次のレッドスケールフィルムの為にまた1本無駄にすることなく使うことができます。
裏返しになったフィルムの新しいフィルムリーダー部分をはさみで切って作り、外に出かけて撮影しましょう!

私は感度200のフィルムを使ってレッドスケールフィルムを作り、LC-Aで感度50設定で撮影しました。もしあなたがFisheyeなどの他のカメラで使いたいならば、感度400フィルムなどを使って作ってください。

もし自家製レッドスケールフィルムが気に入ったなら、感度設定によって色合いが変わる Lomography XRフィルム もぜひお試しください!

2011-09-22 #gear #tipster dogtanian の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • ボケの基本:あなたがボケについて知るべきこと

    2014-04-28 #gear #tipster plasticpopsicle の記事
    ボケの基本:あなたがボケについて知るべきこと

    ボケに興味があり、うまく使いこなしたいと思っていませんか?この記事では、皆さんが知るべき基礎知識をご紹介します。あなたもボケを使いこなして、作品のアドバンテージとして使えるようにしましょう!

    1
  • Russar+ Lens x Lomochrome Purple ギャラリー

    2014-04-10 #ライフスタイル chooolss の記事
    Russar+ Lens x Lomochrome Purple ギャラリー

    Russar+で撮影された写真をもっと見て、どんな写りをするのか見てみたいと皆さん思われていることでしょう。そんな皆様に4月より通常販売を開始したロモグラファーの大のお気に入りフィルム・LomoChrome Purpleを使った写真をご紹介いたします!Russar+のすばらしい写真をチェックしてください。

  • 建物や街角での撮影をRussar+で楽しもう!

    2014-04-18 #gear #tipster plasticpopsicle の記事
    建物や街角での撮影をRussar+で楽しもう!

    Russar+のように多用途でお使いいただけるレンズにはたくさんの撮影スタイルがあります。自分のL39、もしくはMマウントカメラにRussar+を装着したとき、あなたなら何をどのように撮影しますか?Russar+はスーパーワイドアングルレンズなので建築物や街中での撮影にぴったりです。 この記事で少し、簡単なテクニックをご紹介いたします!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 昔からの技術!写真'もどき'

    2014-07-07 #ライフスタイル chooolss の記事
    昔からの技術!写真'もどき'

    世間一般に知られているよりもずっと前から、写真加工の技術が存在したことをご存知ですか?最初の画像加工ソフトが発表されるよりもずっと前のことなんですよ。記憶にとどめておくに相応しい、そんな加工されたアナログ写真を何点かご紹介します!

    1
  • 日本人Petzval Artistたち

    2015-02-27 #people #ニュース #Lomoamigos ciscoswank の記事
    日本人Petzval Artistたち

    ロモグラフィーでは数多くのPetzval Artistをいままで紹介してきました。ここ日本からも、様々なアーティストさんがPetzval Artistとして作品を残し、インタビューに答えていただきました。今回はそんな日本人Petzval Artistたちの記事をまとめて再度ご紹介します!

  • 花代 x Lomography: #3 2013

    2014-06-18 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    花代 x Lomography: #3 2013

    花代さんに約一年間ロモグラフィーのカメラを使っていただき、様々なシーンを撮影していただきました。そのすばらしい写真の数々を『花代 x Lomography』シリーズとしてご紹介しています。第三回のテーマは『2013年』。花代さんの目に映った昨年の夏を、皆さんも覗いてみましょう。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzvalレンズで撮られた桜の花

    2014-03-04 #ニュース ciscoswank の記事
    Petzvalレンズで撮られた桜の花

    先月からクラウドファンディング・campfireにてご支援頂いた方々への発送を開始し、少しずつ日本のユーザーさんのテストショットやレビューを見かけるようになりました。 本日はその中でもとても美しい桜をとらえた、こちらの写真を皆さんと共有したいと思います!

  • しゃべロモ Vo.11

    2014-03-14 #レビュー aumin5 の記事
    しゃべロモ Vo.11

    痒いところに手が届く対談式の商品紹介「しゃべロモ」復活! 商品ページやマイクロサイトだけでは語り尽くせない、ロモグラフィー自慢のプロダクトの新しい使い方や、知られていない事実等を店頭スタッフのaumin5とsurasurachanが紹介します。ストア移転後初更新、新メンバーでお送りするしゃべロモ、第11回は1月に発売されたばかりのBelair Instant Backを徹底検証します!

  • 花代 x Lomography: #1 Body Painting

    2014-05-22 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    花代 x Lomography: #1 Body Painting

    フォトグラファー、音楽家、モデルと多才な活動をされている花代さん。 なんと芸妓としてロンドンの『The Face』誌の表紙を飾ったことも! そんな花代さんに約一年間LC-Wide、Belair X 6-12、Lomokinoを使っていただき、様々なシーンを撮影してもらいました。 その素晴らしい作品の数々を、『花代 x Lomography』シリーズとして数回に渡りご紹介させていただきます!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • ロモグラフィーの新しい“キャラクター”: 新製品のご紹介(Part 2)

    2014-04-09 #ニュース hembot の記事
    ロモグラフィーの新しい“キャラクター”: 新製品のご紹介(Part 2)

    みなさま、新商品のヒントその2を紹介するお時間がやってきました!このあたらしい商品にもう少し近づけるために、1958年にロシアで起こった5つの重大な出来事をご紹介します。これらの出来事が、新製品にどのように関わっているのでしょうか?

  • Petzval Artist: Arat aka Hugeによるタイのウエディング写真

    2014-08-05 #people #Lomoamigos hannah_brown の記事
    Petzval Artist: Arat aka Hugeによるタイのウエディング写真

    Arat Komsawadichai aka Hugeはフィルムでの撮影に情熱を注ぐ、タイ出身の写真家です。彼は以前、よくロンドンのロモグラフィーSohoストアに通っていて、ショップスタッフと一緒に遊びにいったり、フィルムに情熱を注ぐあまり接客までしていたことも!最近Aratのお兄さんが結婚式をあげることになり、LomoChrome PurpleフィルムとPetzvalレンズで撮影を行いました。 彼のすばらしい写真を見てみましょう。

  • Horizonカメラがストリート写真に適する10の理由

    2014-05-14 #ライフスタイル jillytanrad の記事
    Horizonカメラがストリート写真に適する10の理由

    ロモグラファーならば、Horizonカメラが景色を切り取る上でとても良く働いてくれることを知っていますよね。でもHorizonカメラがストリート写真にもぴったりだって、皆さんご存知でしたか?なぜHorizonはストリート写真にぴったりなのか、10の理由はこちらです。