DIY プロジェクト: フィルムキャニスターでフラッシュディフューザー

2011-10-19

みなさんがご存知のとおり、写真は費用がかかるけれど、とても努力に見合う報いがあることです。
でも今の景気では「3 R」の考え方を取り入れることが必要です。3Rとは、リデュース(減らす)・リサイクル(再資源化)・リユース(繰り返し使う)のこと。これは、フィルムキャニスターを使った簡単なDIYプロジェクトです。

キャニスターをもう一度使う以外に、ごみを減らすための減らすいい方法ってありますか?
私はフィルム写真愛好家ですが、デジタルに対して差別はなく、 happy snappyと一眼レフを持っています。

私は一眼レフを買ったばかりのとき、備え付けのフラッシュは強すぎると感じ、ある種のディフューザーを使う必要があると思いました。でも、私の資金は新しいカメラに使い果たしてしまっていたので、ほかの方法で何とかしなくてはいけませんでした。手を使ってみましたが、あまりうまくはいきませんでした。それから、フラッシュの設定を下げることができることを発見しましたが、それでもまだ、私が求めるようにはなりませんでした。

そんな時、Googleのおかげで、フラッシュにかぶさったキャニスターの画像を見ることができたのです。
私は心の中で叫びました。「光を拡散させるためになんてパーフェクトな方法!しかも、デジタルにちょっとだけフィルム感を呼び戻すこともできる!」

不透明になっているフィルムキャニスターが小さなディフューザーを作る為に最適です。光をソフトにしてくれます。
これが私の簡単なDIYプロジェクトの始まりです。

必要なもの:
- はさみ
- 不透明な白いフィルムキャニスター

方法:
フィルムキャニスターの蓋を取り、そばに置いておくか、プラスチックのリサイクルボックスに入れます。

はさみを手にして、キャニスターの一方から切れ込みを入れ、キャニスターの後ろがV字の三角の形になるように切り取ります。

それから、あなたの一眼レフカメラのフラッシュをポップアップして、そのキャニスターを被せます。

じゃじゃーん!これであなただけのフラッシュディフューザーの出来上がりです!ほかのフラッシュつきの ロモグラフィーカメラ でも試してみてください!

2011-10-19 #gear #tutorials #quickie-tipster #canister #tipster #camera #lighting #flash #diy #camera-modification #film-container #diffuse #project nicx の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    1
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

    2016-01-29
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    2016-02-04 #gear #tutorials imbaaa の記事
    超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    ありきたりなカラー写真に飽きてきていませんか?時にはレトロ風味な写真も撮りたくなりますよね。そんな時に役立つのがこのテクニック。LC-Aで使えるオレンジフィルターを自作しましょう!

    2016-02-04
  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • Awesome Albums: 『Blizzard 101 New York』 by duffman

    2016-01-30 lomographymagazine の記事
    Awesome Albums: 『Blizzard 101 New York』 by duffman

    写真を撮ることをやめさせるものとは、一体何なのでしょうか?世界的に大寒波に見舞われた今月、大吹雪がニューヨークを襲った時でさえも、写真を撮り続けたひとりのロモグラファーがいます。

    2016-01-30
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Purple Haze: Lomochrome Purpleで写すミステリアスなショット

    2016-11-16 #gear Lomography の記事
    Purple Haze: Lomochrome Purpleで写すミステリアスなショット

    静かな青と情熱的な赤のコンビネーションによって生まれる紫。紫は日常の中であまり見ることのない色なので、ミステリアスな印象が強いのではないでしょうか。写真や絵に使うと、想像力やクリエイティビティを刺激する色でもあります。Lomochrome Purpleを使った神秘的なショットの数々をご紹介します。

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2016-02-23 2
  • 魅惑のハンドメイドフィルム:Revolog 創業者へのインタビュー

    2016-07-23 #people bgaluppo の記事
    魅惑のハンドメイドフィルム:Revolog 創業者へのインタビュー

    学校の卒業制作で取り組んだ「特殊効果フィルムを作る」というプロジェクトが、国際的なビジネスへと成長することを誰が想像していたでしょうか。Revologの創業者であるハンナ・プリビッツァーとミカエル・クレブスはまさにそれを体現した二人です。ウィーンを拠点にアナログ写真に情熱を注ぐフォトグラファーである二人が創業したフィルム会社、Revolog。ここまでの道のりを伺ってみました。

    2016-07-23
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LomoChrome Purpleで街を紫に染め上げよう!

    2016-02-17 #ニュース lomographymagazine の記事
    LomoChrome Purpleで街を紫に染め上げよう!

    魅惑的なストリートスナップを撮影することは、コミュニティーメンバー皆の憧れではないでしょうか?でも日常的なシーンを良く見せるには、何かアクセントが必要かも...そこで登場するのがLomoChrome Purpleです!さて、この記事でコミュニティーメンバーが写し出した紫の街のシーンをのぞき見ちゃいましょう!

    2016-02-17
  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 壱岐紀仁

    2016-05-16 #ニュース #people #ビデオ ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 壱岐紀仁

    初監督作品「ねぼけ」がモントリオール世界映画祭に正式出品されるなど、精力的に活動中の映画監督・フォトグラファーの壱岐紀仁さん。「ねぼけ」はなんとMotionGalleryで制作・宣伝費の一部資金の支援を募り、プロジェクトが成功したことによって撮影された作品です。今回はDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの"いろけ"に心動かさた壱岐監督から、落語家の洗練された所作をシンプルにしかし大胆に写し撮ったショートムービーが届きました。

    2016-05-16