星と月を撮影しよう!

私は星と月が好きです。それを撮影すると美しさがよくわかります。 さぁ、カメラを使って星と月を撮影するテクニックを紹介しますね。

昔、35mmの私のカメラのバルブモードや長時間露光が何のためにあるのか考えてみました。シャッターをバルブにする機会は、行き交う車を長時間露光して撮影する以外にあるのかな?って。

私は月の満ち欠けや、星の軌道を捉えた写真にすっかり魅了されました。こういう美しい写真を撮るにはテレスコープやフィルターが必須なんだろうなって思いました。実際、こういう撮影をするテクニックはどんなカメラでもバルブモードがあればできちゃうんです。

Things needed:

  • 三脚、もしくはカメラをしっかり置ける水平な場所。
  • カメラ(当たり前だよね!)
  • ケーブルリリース(必須じゃないけど、あるといいです。)
  • フィルム
  • 我慢
  • 友だち(退屈しないために、これが一番大事)

月や星の軌道を撮影する前に、月齢をチェックしましょうね。月が一番明るいのはもちろん、満月のときですので、その前後の数日間までが撮影に適しています。空は雲がなくクリアなときがいいでしょう。こういった情報は天気予報をみれば簡単にわかります。

カメラについては、何でもいいと思います。 LOMO LC-WideLOMO LC-A+Diana のようにワイドアングルで撮影できるのが一番いいですね。もちろんフィルムを入れるのを忘れないように!

フィルムは感度100のものを使用します。

さっき言ったように、月齢と天気が撮影に最適な日を選びます。そして撮影に一番良いと思う場所を探しましょう。カメラを設置して、三脚を使ってもいいし、使わなくてもいいですよ。自分の狙い通りに構図なんかもしっかり確認して、カメラをちゃんとバルブモードにしましょう。そしてシャッターを押して、待ちます…..もちろん時間がかかりますので、ケーブルリリースを使うのをおすすめします。
露光時間の目安は

雲がない時の満月 ƒ8 – 90秒
晴れ時々曇りの満月 ƒ8 – 180秒
曇りの時の満月   ƒ8 – 270秒
少し欠けた月    ƒ8 – 120秒

感度100のフィルムを使った場合の目安です。あんまり露光時間を長くすると、月の丸みがわかりにくくなると思います。

晴れた日の星の軌道を撮るには、シャッターを少なくとも120秒は開けていないといけません。長く露光すれば、地球の自転による星の動きが捉えることができます。

この撮影で大切なのは「実験と実践」です。

もう一つ大事なことは、ラボに現像を頼むと、露出アンダーなのか、もしくは何も写ってない空の写真かと勘違いするかもしれないので、星を撮影したときちんと伝えましょう。もしくはフィルムを自分でスキャンしましょう。

LOMO LC-Wide が誇る新開発の17mm Minigon1ウルトラワイドアングルレンズ。この35mmカメラの奇跡はあなたの写真探検のパーフェクトな相棒です。このカメラは目を惹く驚くほどの鮮やかな色彩とコントラストと追加された3つの異なるフォーマットの多様性による色の噴水を作ります。新たな写真体験を LC-Wide とはじめよう。 こちらの Shop で購入できます。

2011-11-13 #gear #tipster #moon #art #tutorial #sky #photo #night #stars pvalyk の記事

他の記事を読む

  • ワイルドカラー X ワイドパノラマ!Horizonカメラで撮影したクロスプロセス写真

    2014-10-13 #ライフスタイル cheeo の記事
    ワイルドカラー X ワイドパノラマ!Horizonカメラで撮影したクロスプロセス写真

    アナログ写真の新しいテクニックや新しい組み合わせを学ぶことはとっても楽しいことですよね。まだ初心者のロモグラファーたちの参考になるように、今回はHorizonカメラとXproフィルムのコンビネーションで撮影された写真を紹介します!

  • 建物や街角での撮影をRussar+で楽しもう!

    2014-04-18 #gear #tipster plasticpopsicle の記事
    建物や街角での撮影をRussar+で楽しもう!

    Russar+のように多用途でお使いいただけるレンズにはたくさんの撮影スタイルがあります。自分のL39、もしくはMマウントカメラにRussar+を装着したとき、あなたなら何をどのように撮影しますか?Russar+はスーパーワイドアングルレンズなので建築物や街中での撮影にぴったりです。 この記事で少し、簡単なテクニックをご紹介いたします!

  • Russar+ Lens x Lomochrome Purple ギャラリー

    2014-04-10 #ライフスタイル chooolss の記事
    Russar+ Lens x Lomochrome Purple ギャラリー

    Russar+で撮影された写真をもっと見て、どんな写りをするのか見てみたいと皆さん思われていることでしょう。そんな皆様に4月より通常販売を開始したロモグラファーの大のお気に入りフィルム・LomoChrome Purpleを使った写真をご紹介いたします!Russar+のすばらしい写真をチェックしてください。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Belair X 6-12 Gallery:6x6フォーマットで撮影された18枚の写真

    2015-03-21 #gear #ニュース ciscoswank の記事
    Belair X 6-12 Gallery:6x6フォーマットで撮影された18枚の写真

    Belair X 6-12を一台手に入れると、まるでカメラを2台も3台も手に入れたかのように感じれます。中判カメラですが、インスタント写真の撮影が可能になる裏蓋も別途販売しています。そして120フィルムでも3種類のフォーマットで撮影できるのがBelair X 6-12の強み。用途に合わせてフォーマットを変えれるので便利です。この記事ではクラシックな6x6フォーマットで撮影された素晴らしい写真の数々をご紹介します。Enjoy!

    1
  • Lomo'Instant ギャラリー: カラーフィルター

    2014-06-11 #ライフスタイル cheeo の記事
    Lomo'Instant ギャラリー: カラーフィルター

    ロモグラファーがあっと驚くような新商品を開発して、皆様にアナログで撮影する新たなる楽しみを与えられること。それが嬉しくって新商品を開発するときはとってもわくわくしているんです!今回は話題沸騰中のLomo'Instantのサンプルショットをご紹介します!

  • ボケの基本:あなたがボケについて知るべきこと

    2014-04-28 #gear #tipster plasticpopsicle の記事
    ボケの基本:あなたがボケについて知るべきこと

    ボケに興味があり、うまく使いこなしたいと思っていませんか?この記事では、皆さんが知るべき基礎知識をご紹介します。あなたもボケを使いこなして、作品のアドバンテージとして使えるようにしましょう!

    1
  • ショップニュース

    とっても小さな110カメラの世界に飛び込もう!

    とっても小さな110カメラの世界に飛び込もう!

    カメラを毎日持ち歩くなら、キーホルダーやネックレスのように小さなサイズが便利! 見た目もとってもキュートなロモグラフィーの110カメラシリーズは、肝心の写りもローファイで味がある!

  • Lomo’Instant 僕のテクニック

    2014-11-13 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant 僕のテクニック

    今年クラウドファンディングでLomo’Instantプロジェクトを支援して、先週ついに僕のところにLomo'Instantが届いたんだ!様々な機能が僕を自然と実験的な撮影に導いてくれて、違ういろのカラーフィルターを使って多重露光をしたり、フィルムを排出した後にできるクリエイティブなテクニックを試したりしているよ。僕が発明したテクニックと、今度試したいと思っているテクニックをこの記事で紹介するね!

  • ワイドな写真のコツ:LC-Wideで建築物の写真

    2014-06-19 #gear #tipster sirio174 の記事
    ワイドな写真のコツ:LC-Wideで建築物の写真

    ファンタスティックなLOMO LC-Aの30周年のお祝い、そして新しいRussar+レンズを待つ間、この記事を建築写真を撮るのにぴったりなすごい広角カメラ、LC-Wideにささげようと思います。私がイタリアの中心部にあるモダンな街ラティーナでのフォトセットを撮るときに使ったシンプルなコツはこちらです。

  • フジFPフィルムを使ってあなたのポロライド 80 シリーズを甦らせよう!

    2014-12-26 #gear #tipster stratski の記事
    フジFPフィルムを使ってあなたのポロライド 80 シリーズを甦らせよう!

    もう生産終了になったフィルムにしか対応していないからと、使うことを諦めていたカメラたち。そのカメラが、ある日使えることになったらとっても嬉しいですよね。この記事では、80 シリーズのポロライドカメラを、甦らせるある方法を紹介しています。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ようこそ!露模’ 即席光画機!

    2014-11-07 #レビュー gakurou の記事
    ようこそ!露模’ 即席光画機!

    さぁさぁ、ついに来ました LOMO'INSTANT!LOMOがインスタットバックで培ってきた技術の集大成ともいえるこのカメラ。LOMOのカメラが楽しいのはわかってる。でもホントのところの使い勝手はどうなのよ?ということで、その実力に迫ってみました。

  • Horizonへのフィルム装填をすごく簡単に!

    2015-01-16 #gear #tipster alienmeatsack の記事
    Horizonへのフィルム装填をすごく簡単に!

    Horizonパノラマカメラで写真を撮るのは大好きだけど、フィルムを入れていると頭がおかしくなってしまいそう?この方法を使えば、お気に入りのHorizonやスイングレンズのカメラにフィルムを入れて撮るのが楽しくなると思うよ。試してみてね。

    1
  • 花代 x Lomography: #3 2013

    2014-06-18 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    花代 x Lomography: #3 2013

    花代さんに約一年間ロモグラフィーのカメラを使っていただき、様々なシーンを撮影していただきました。そのすばらしい写真の数々を『花代 x Lomography』シリーズとしてご紹介しています。第三回のテーマは『2013年』。花代さんの目に映った昨年の夏を、皆さんも覗いてみましょう。