星と月を撮影しよう!

私は星と月が好きです。それを撮影すると美しさがよくわかります。
さぁ、カメラを使って星と月を撮影するテクニックを紹介しますね。

昔、35mmの私のカメラのバルブモードや長時間露光が何のためにあるのか考えてみました。シャッターをバルブにする機会は、行き交う車を長時間露光して撮影する以外にあるのかな?って。

私は月の満ち欠けや、星の軌道を捉えた写真にすっかり魅了されました。こういう美しい写真を撮るにはテレスコープやフィルターが必須なんだろうなって思いました。実際、こういう撮影をするテクニックはどんなカメラでもバルブモードがあればできちゃうんです。

Things needed:

  • 三脚、もしくはカメラをしっかり置ける水平な場所。
  • カメラ(当たり前だよね!)
  • ケーブルリリース(必須じゃないけど、あるといいです。)
  • フィルム
  • 我慢
  • 友だち(退屈しないために、これが一番大事)

月や星の軌道を撮影する前に、月齢をチェックしましょうね。月が一番明るいのはもちろん、満月のときですので、その前後の数日間までが撮影に適しています。空は雲がなくクリアなときがいいでしょう。こういった情報は天気予報をみれば簡単にわかります。

カメラについては、何でもいいと思います。 LOMO LC-WideLOMO LC-A+Diana のようにワイドアングルで撮影できるのが一番いいですね。もちろんフィルムを入れるのを忘れないように!

フィルムは感度100のものを使用します。

さっき言ったように、月齢と天気が撮影に最適な日を選びます。そして撮影に一番良いと思う場所を探しましょう。カメラを設置して、三脚を使ってもいいし、使わなくてもいいですよ。自分の狙い通りに構図なんかもしっかり確認して、カメラをちゃんとバルブモードにしましょう。そしてシャッターを押して、待ちます…..もちろん時間がかかりますので、ケーブルリリースを使うのをおすすめします。
露光時間の目安は

雲がない時の満月 ƒ8 – 90秒
晴れ時々曇りの満月 ƒ8 – 180秒
曇りの時の満月   ƒ8 – 270秒
少し欠けた月    ƒ8 – 120秒

感度100のフィルムを使った場合の目安です。あんまり露光時間を長くすると、月の丸みがわかりにくくなると思います。

晴れた日の星の軌道を撮るには、シャッターを少なくとも120秒は開けていないといけません。長く露光すれば、地球の自転による星の動きが捉えることができます。

この撮影で大切なのは「実験と実践」です。

もう一つ大事なことは、ラボに現像を頼むと、露出アンダーなのか、もしくは何も写ってない空の写真かと勘違いするかもしれないので、星を撮影したときちんと伝えましょう。もしくはフィルムを自分でスキャンしましょう。

LOMO LC-Wide が誇る新開発の17mm Minigon1ウルトラワイドアングルレンズ。この35mmカメラの奇跡はあなたの写真探検のパーフェクトな相棒です。このカメラは目を惹く驚くほどの鮮やかな色彩とコントラストと追加された3つの異なるフォーマットの多様性による色の噴水を作ります。新たな写真体験を LC-Wide とはじめよう。 こちらの Shop で購入できます。

2011-11-13 #gear #tutorials #art #night #sky #tutorial #stars #moon #photo #tipster pvalyk の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    2017-10-20 #ビデオ choko3 の記事
    【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    25周年を記念して『ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ』開催決定!Lomographyの代表的なフィルムカメラ LOMO LC-A+ と、さらにその他たくさんのカメラを使って撮影を楽しみながら、原宿や渋谷の街を撮り歩きます。フィルムカメラを使ったことがない人も、スタッフがフィルムの入れ方からレクチャーします!

  • アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    2018-03-16 refallinsasaki の記事
    アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト BnA Hotel。先日行われたパブリックビューイベントで一足お先に部屋を見に行ってきました。今回はロモグラフィーのカメラで撮影した写真の一部をご紹介!

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    2017-05-26 #culture #people
    ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    Seamus Traversはダブリンを拠点とする写真家で主にLeica m6を使ってフィルム作品を撮影しています。その生き生きとしたパワーを持つ写真スタイルに魅了された我々は、彼にRussar+を使って撮影していただきました!インタビューとともにお楽しみください。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

  • Lomo'Instant Automat Glassの第一印象:Alex Totaro

    2017-06-27 #ニュース #people
    Lomo'Instant Automat Glassの第一印象:Alex Totaro

    Alex Totaro がSNSに投稿した Lomo'Instant Automat Glass の写真を発見した私たちロモグラフィーは、カメラの第一印象とともに撮影のコツについて彼にインタビューしました!彼がロンドンのバービカン・センターやイギリス各地で撮影した写真をご紹介します。

  • Kodak Aerochromeフィルムで撮影したドロマイト山

    2017-12-28
    Kodak Aerochromeフィルムで撮影したドロマイト山

    その昔カルト的な人気を誇った Kodak Aerochromeフィルム。今回はその希少なフィルムで、Francescoと Andrea Padovaniが撮影したドルマイト(白雲岩)山の写真をご紹介。この美しいトーンとドロマイト山の不思議な風景に吸い込まれそうになりますね。