アーティスト”She Makes War”、LomoKinoで撮る

She Makes WarはLaura Kiddとしても知られているアーティストです。She Makes WarとはUK出身のマルチ・インストゥルメンタリストであり、ルーパーであり、ヴォーカリストです。彼女はデビューアルバム「Disarm」を2010年にリリースし、すでに来年はじめには、二作目となる「Little Battles」を発表予定です。Lauraは新発売のカメラLomoKinoをつかって、このニューアルバム用にいじらしいほど美しいビデオを作ってくれました! そのビデオと彼女のインタビューを読んで、ぜひニューアルバムも予約しちゃいましょう!

She Makes War with the LomoKino – Photo by Laura Ward

都市: ロンドン
国: UK

簡単な自己紹介をお願いします。
私は何でも一人でこなすグルーム・ポップソロアーティストの She Makes War, Battles」を作り終えて、2012年のはじめに発表するための準備中です。

いつ頃からロモグラフィーのカメラを使っていますか?また、いつ頃、どんな出会いで使い始めましたか?
はじめてLomographyのカメラは買ったのは2008年のツアー中でサンフランシスでした。それ以来、この素敵な小さいコレクションを集めてます。 LOMO LC-A+ やSmena、Lubitelや Sprocket Rocket それに La Sardina ですね。ツアーの時には必ず一台持っていくようにしてます。軽いしタフだしなんといっても楽しいですから!

She Makes War が LomoKino で撮影したビデオ

LomoKinoでご自身のミュージックビデオを撮影してみていかがでしたか?
すごく良かったわ!すごく才能のある友だちのDina KarklinaとLaura Wardと1日に写真の撮影が2回ある予定の日があって、その合間にびしょぬれで体に小さい旗を巻いた私がローカルスポットを歩き回るっていうストーリーの撮影を手伝ってもらいました。天気もよくてラッキーだったし、通行人がいったい何やってんだ?って顔してたのも楽しかったです。

デジタルにはないアナログでビデオを撮影する魅力ってなんですか?
驚きという要素と、他とはまったく違う写りですね。でも、どんなのが撮れてるのかわからないから、ラボからフィルムを受け取るときはちょっと怖いかな。自分を主役にして撮影したら特によね。でも、別の日にもう一回全部撮り直すっていう気がないのなら、編集するときには、力を抜いてどれが使えるか選べばいいだけだと思います。わかったのは、フィルムで撮影して、スキャンされたフィルムを受け取るまでに時間があるっていうのがすごく良かったってことです。なぜなら、見たときに、自分がそれぞれのショットのなかで何をしているかよりも、全体を通したエフェクトなんかに集中してたので。それに、自分で必要だと思っているよりももっと多く撮影したほうがいいです。だって、フィルムは素晴らしいんだけど、それと同じくらいヒューマンエラーが邪魔になるんです。今回だと、私がちゃんとカメラにセットしなかったせいで、フィルムを2つ無駄にしちゃいました。何も写ってなかったんです。フィルムで撮影してるから後から色を付けたりできないですよね。それが逆によくて、編集し終わったのを確認したら、気に入ったので、そのまま写ってなかったフィルムはなかったことにしました。

ミュージシャンとしてだけでなく、フィルムメーカーとしてもとても才能があると伺ってますが、音楽とフィルムの分野はお互いに補完していると思いますか?
She Makes Warというプロジェクトでは、音楽で作り出す雰囲気の、違う面を伝えるものとして映像を使っています。だから、ミュージックビデオを作るときには、その曲のストーリーの別バージョンを伝えられるようなものにしています。文字は使いませんが、ちょっとしたシンボルだったりクエストをいれるのは好きですね。最近のビデオでいえばファーストアルバム「Disarm」の Slow Puncture という曲では、イーストロンドンにあるお気に入りのストリートアートを、自転車にのって移動しながら集めて回るっていうストーリーにしました。このアイデアは、その前のビデオ「Let This Be」から生まれたもので、そこでは、色んな手がかりから、完璧ではないものに悩むよりも、自分にあるものの、本当の価値に気づくというストーリーになっています。私が思うに、映像を通して浮かぶそういった感覚は、ぼんやりしてて文字だけではわからない人にも伝わるんだと思います。
音楽だったり、フィルムだったり、もしくはその両方、それか何でもいいんですけど、それを通して出てくるストーリーを伝えたいというがあると思うんです。それが私の場合は音楽とフィルムを合わせたものからだったんです。音楽のなかにある場合もあるし、写真のなかにある場合もあるから。

私たちみたいな初心者にもできる、映像を撮るときのコツを教えてください
どんなストーリーを伝えたいのかはっきりさせること、そして説明しすぎないで、それをどうやったら見せることで伝えられるか考えることですね。あなたが伝えたい意図と感情にきちんと集中できていれば、見る人に伝わると思います。でもあんまり考えすぎないで!細かい所まで計画たてて撮影しなきゃいけないって意味じゃないから。創造的でいれて、なおかつ意図しないことが起こっても大丈夫だから。「Slow Puncture」のビデオのなかにも、そういうラッキーなアクシデントはいっぱい入ってます。キラキラ光る雨粒だったり、たまたま通りかかったときに見つけたおもしろいものだったり、鳥がすごくいいタイミングで急に舞い降りてきたり。それにストーム・トルーパーもたまたまだったな…

LomoKinoを他の監督にあげるとしたら誰にしますか?その理由は?
Michel Gondryですね。彼が一番クリエイティブな監督だと思うから。彼が創りだす動きとか小道具とかセットのデザインはすっごくユニークで大好きなんです。いっつもスペースをどう使うか具体的なセンスをくれて、それが本当に私にひびくんです。

LomoKinoで撮影するときに使ってみたい俳優/女優を教えてください。
St Vincentとしても知られているAnnie ClarkはLomoKinoで撮影したら輝くと思います。彼女は、すごく繊細でなおかつ印象的な容姿をしているから、フィルムで撮影するのは面白いと思います。彼女はミュージシャンですけどね、女優じゃなくて。でも彼女のミュージックビデオに出てくる彼女はすごく素敵なんですよ。

よくある質問になってしまいますが、好きな映画は?
いつもその時のお気に入りを答えてるんですけど、私の今のお気に入りの映画は、ドキュメンタリーのCatfishです。それ以外だったらEternal Sunshine Of The Spotless Mindはいつも絶対に10位内に入ってますね。

LomoKinoを5つの言葉でいうと?
軽い!かわいい!スパーキー!驚き!楽しい!

お気に入りのLomoKinoの特徴とその理由を教えてください。
ストップフレームエフェクトです。自然とそういう風に撮れるカメラなので、予想しなかったような映像になるってところが最高ですね。本当に、他ではできないような映像が撮れます。

She Makes Warのウェブサイト から Little Battlesマイクロサイト にいってLomoKinoで撮影した動画を見てみましょう。そして次のアルバムを予約しちゃおう!

アナログスタイルのムービーカメラ LomoKino が新発売!36枚撮りフィルムを使用することで約144コマの撮影が可能(再生時約36秒から48秒分)。大切なのは撮り手一人一人の創造力!詳しい情報は マイクロサイト へ。いくつかのLomoKinoムービーは こちらのページ からもご覧頂くことができます。

2011-11-10 #people #Lomoamigos #lomokino #laura-kidd #interview #lomokino-launch #lomo-amigo #she-makes-war #lomography tomas_bates の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • Nishe:写真を通して感情を探る

    2015-03-16 #people #ライフスタイル Julien Matabuena の記事
    Nishe:写真を通して感情を探る

    Nisheのポートレートには悲哀が漂っている。たいてい彼女の画題である顔は、部分的に、もしくは完全に隠れているのです。悲しいけれど、不可避の美しさがあるのです。鬱、純潔を失う事、成長する事への苦悩が彼女の作品のテーマで、それをとても優雅に表現しているのです。

  • 菅武志ゲスト展示:「LONDON MY TOWN」 SHOKO CD・書籍同時リリース記念エキシビジョン

    2015-10-14 #world #ニュース ciscoswank の記事
    菅武志ゲスト展示:「LONDON MY TOWN」 SHOKO CD・書籍同時リリース記念エキシビジョン

    ロンドンと東京を拠点に活動するアーティスト、SHOKOさん。先日CDメジャーデビューを果たし、更にロンドンブックシリーズ第2弾となる書籍を発表されました。そんなSHOKOさんのCD・書籍同時リリース記念エキシビションが10/15(木)より開始されます。このエキシビションでは、ロモグラフィーではおなじみの写真家・菅武志さんが、ロンドンで撮り下ろしたSHOKOさんの写真がゲスト展示されます。菅さんファン必見の美しい写真を見に、そしてアーティストSHOKOさんの世界観を味わいに、是非足を運んでみてください。

  • Ines Rehbergerに訊く、アナログ写真の5つの質問

    2015-05-28 #people #ライフスタイル zonderbar の記事
    Ines Rehbergerに訊く、アナログ写真の5つの質問

    この「アナログ写真の5つの質問」シリーズは、傑出した才能とカメラへの情熱を兼ね備えたフイルムフォトグラファーたちに5つの質問をし、かれらのアナログ写真に対する熱い思いを垣間見ようというものです。もちろん素敵な写真も忘れてはいません!今回はInes Rehbergerさんが私達の質問に答えてくれます。ブラウンシュバイク (Braunschweig) 生れの女性フォトグラファーである彼女について、この記事で詳しくご紹介します。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • Petzval LomoAmigo: Justine Jugnet

    2015-04-08 #people #Lomoamigos lomographyfrance の記事
    Petzval LomoAmigo: Justine Jugnet

    Justine Jugnetはリヨンを拠点に活動するフランスの写真家。彼女は先日Petzvalレンズを持ってパリに行き、撮影を行いました。彼女の世界を素敵なインタビューとPetzval写真でお楽しみください。

  • タイムラインで見る! 2015年に発売されたLomographyの新商品たち

    2016-01-07 #gear #ニュース lomography の記事
    タイムラインで見る! 2015年に発売されたLomographyの新商品たち

    みなさんにとって2015年はどんな年でしたか? Lomographyの2015年はなじみ深いあのアイテムがレンズとして生まれ変わったり、とっても刺激的な1年でした。昨年発表されたカメラやレンズ、フィルムと一緒に2015年を振り返りましょう。 そして今年発表される新商品もお楽しみに!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    2015-05-15 #world #ライフスタイル #ロケーション pan_dre の記事
    Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    勇猛果敢の名高い旅行者でさえ、北極と南極へと出航出来ることは稀。しかし、コミュニティーでは“stouf”の名で知られるあのロモグラファーが、この両極地帯へと足を踏み入ることを許された。この珍しい目的地への貴重な訪問は彼の職業上の理由によるものであったが、信頼できるカメラとお気に入りのフイルムを一緒に持って行き、調査旅行の様子を撮影することも、忘れられてはいなかった。

  • スペシャルインタビュー:東京朝市アースデイマーケット 事務局 田中利昌

    2015-03-19 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    スペシャルインタビュー:東京朝市アースデイマーケット 事務局 田中利昌

    代々木公園けやき並木で月一回、週末の朝に開催している東京朝市アースデイマーケット。東京の都心開催ながら本格的なファーマーズマーケットは、食と農のつながりを軸としたライフスタイル発信の場となっています。Lomography+のある3331で偶然知り合ったことがきっかけとなり、アースデイマーケットとロモグラフィー、双方がオルタナティブなライフスタイルを提供していることに共感し、事務局の田中 利昌さんにカメラをお貸出しすることになりました。マーケットの皆様のほっこりする笑顔と、なんだか温かみを感じる野菜や出品物の数々....LC-Wideで撮影された写真を、インタビューと共にお楽しみください!

  • Petzval 58 Bokeh Control: Emily Sotoのファインアート

    2015-06-30 #people #ライフスタイル Jill Tan Radovan の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: Emily Sotoのファインアート

    Emily Sotoの写真は、とてもロマンチックで芸術的手腕であふれています。彼女はハイファッション・ポートレイトやで知られており、各誌面での経験で培われた彼女の作品は、正しいコンセプトと適切なアートディレクションの基でファインアートとして結びつきます。今回のエモーショナルなファッションポートレイトシリーズはPetzval 58 Bokeh Control Lensを使って撮影されました。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lomo'Instant Wideをご予約いただいた皆様にLomography Light Painterをプレゼント!

    2015-11-05 #world #ニュース leora の記事
    Lomo'Instant Wideをご予約いただいた皆様にLomography Light Painterをプレゼント!

    Lomo’Instant Wide を12月発送予定のプレオーダーで予約して、もっと多くの人にクリスマスや年末年始にこのカメラを存分に楽しんでいただきたい!そんな思いから、予約特典が増えることになりました!ご予約いただいた皆様全員にキーホルダー型のライトペインティングツール・Lomography Light Painterをプレゼントします!今からご予約いただいた方にももちろんプレゼントしますので、プレオーダー受付が終了する前に予約しておきましょう!

  • ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    2015-07-23 #people #Lomoamigos petit_loir の記事
    ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    ドイツのトップロモグラファー達を紹介する本シリーズ ( ※lomography.deで連載中) 、今回はシュトゥットガルト出身のFabiをご紹介します!本年度のLomoWochenende実行チームの一員として、一大プロジェクトに取り組まれている最中ですが、それだけではありません! 我々のインタビューでは、写真撮影と並んで彼が情熱を傾けるスケートボードについて、また今から5年以上も前にロモグラフィーを訪れることとなった経緯についてなどなど、たくさん語ってくれました。

  • 恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    2015-10-08 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    Lomographyサイトには、炎を写した写真がたくさん上がっています。このトピックをこの時期に題材にしたのも、ハロウィーンが近いからというわけでもありません。私たちは恐れられているものが写真向きの傾向があると感じています。不気味なヴィネットに誇張された色...このシリーズ最初の本記事は、火に対する恐怖症(pyrophobia)について着目したいと思います。