NZ、オークランドのスカイタワー

2

オークランド(ニュージーランドで一番大きい街)の、主なアトラクションといったらスカイタワーです。スカイタワーに登れば息をのむパノラマビューで街全体を見渡すことができます。そして、登らずに外から撮影してもタワーは良い被写体です。

オークランドに到着したらまず目に飛び込んでくるのが、街にそびえる巨大なスカイタワーです。いろんな街にこういうとても高いタワーがあるけど、とりあえずてっぺんまで登って街の全景とその向こうまでも見てやろうって思いますよね。オークランドに寄った際、私達も例にもれずスカイタワーに登って来ました!

Credits: vicuna

スカイタワーはオークランドの真ん中に位置します。ビクトリアストリートとフェデラルストリートの交差点にあるので、まず見逃しませんよ。これは、スカイシティという巨大な複合施設の一部です。この施設には、ニュージーランドで一番大きなカジノとレストラン2つとホテル1つも入っています。1994年から1997年にかけて建設されたこのタワーは、南半球で一番の高さ328mを誇っています。電波塔として建てられましたが、同時に訪れる人々に様々な楽しみを提供しています。

まず182mの高さにあるスカイラウンジにいってみましょう。ここにはカフェとバーがあります。メインの展望台は186mのところにあります。床の一部がガラス製になっていますよ。(ガラスの床は他の部分と同じ強度があり、決して壊れないという事です。それでもその上を歩くのは背筋が凍る思いです・・・。)そこに立てば足元に広がる街の風景から、186mがいかに高いか身を持って実感できます。その上の階、190mのところには回転レストランがあります。194mのところに展望バイキングレストランだってあります!でも真の頂上にはまだたどり着いていません。さらに地上から220mのところ、「スカイデッキ」にも行ってみましょう!オークランド全体を一望できるスカイデッキからの眺めは本当に感動的です。(80km先まで見渡せるといわれています。)空気の澄んだ良い天気の日は、オークランドがいかに大きいかよく見渡せますよ。

Credits: vicuna

アドレナリン全開で、強烈な刺激を求める人は「スカイウォーク」と「スカイジャンプ」をオススメします。(始めのギャラリーの2番目、この上のギャラリーの9番目と10番目を見てください。)つまりタワーの外側、地上194mの屋外にあるプラットフォームに出て、タワーを歩いて一周できるのです。もちろん外に出るときは、それなりの装備をしてガイドも付きますから、安全が保証されています。歩いて回ったあと、タワーからジャンプすることができます。完全に安全が保証された状態で、大きなケーブルを着けてタワーから地面にむかってぶらさがった状態になります。正直いうと、私達はちょっとこの手のことは苦手で、外に出たりはできませんでした。

残るお楽しみは、夜に外からスカイタワーを見ることです。夜のタワーは見事な色のイルミネーションに彩られます。是非ロモグラフィーの長時間露光を試してみましょう。ライトの色は宣伝の目的ごとに変わります。クリスマスは緑と赤、聖パトリックデーは緑一色で、旧正月は赤と金、ラリー・ニュージーランドのカーレース期間は赤、緑、白です。私たちが訪れた時の色は赤と青でした。それはニュージーランドの先住民マオリが新年の始まりと認識している「マタリキ」を祝う色でした。(7月の頭です。)

Credits: vicuna

最後に、タワーのパンフレットの面白いことを転記します。
-スカイタワーは高さは37台のバスを横に並べた分です。
-スカイタワーの重さは象6000頭分です。
-8,765,903足のウエスタンブーツをいっぱいにする分のコンクリートを使って建てられました。
-メインの展望台までの階段は1029段、普通のペースで24分もかかります・・・、でもエレベーターを使えば40秒でいけます(’ー^)b

さらに詳しくはスカイタワーのサイトでチェックしてください。
http://www.skycityauckland.co.nz

2011-11-24 #world #ロケーション #travel-destination #night #view #sky #travel-tips #city #tower #panorama vicuna の記事
翻訳 mizugoji

2 Comment

  1. vicuna
    vicuna ·

    @mizugoji: thanks for the translation! :)

  2. mizugoji
    mizugoji ·

    i'm thinking about translating all of your stories about NZ...those are so nice!

他の記事を読む

  • 映画のワンシーンのような写真を撮る5つの方法

    2015-06-08 #world #ライフスタイル K. Aquino の記事
    映画のワンシーンのような写真を撮る5つの方法

    世界中から錚々たる個性派監督や巨匠達が顔を揃えた2015年カンヌ映画祭は、とても刺激的なものとなりました。映画監督達の迸る才気に掛かれば、動かぬはずの静止画も、物語に牽引されて動き出すかのようです。さぁ、ライトとカメラの準備は良いですか?では、アクション!

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる使い方ガイド

    2015-04-16 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる使い方ガイド

    LOMO'INSTANTに多重露光をクレイジーに楽しむことができるSplitzerが登場しました!これさえあれば多重露光の可能性が無限に広がりますよ。ここではそのSplitzer の使い方を紹介しますね。使い方はとっても簡単だけど、少しだけコツがあるから是非参考にしてください。

  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 #world #ライフスタイル Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 新登場:Pixelstick — 未来のライトペインティングツール

    2015-03-20 #gear #ニュース #ビデオ shhquiet の記事
    新登場:Pixelstick — 未来のライトペインティングツール

    今まで、自分の手からサイコウェーブを放出してみたいと思ったことはありませんか?ついに、そんな夢が敵う時代になりました!Pixelstick は200色のフルカラーLEDを搭載した全長1.8mのライトペインティングツールです。このスティックを使えば、今までの常識を覆す近未来的で超ハイレベルなライトペインティング体験ができます!

  • 写真家Emily SotoによるPetzvalシリーズ

    2015-05-21 #people #Lomoamigos givesmehell の記事
    写真家Emily SotoによるPetzvalシリーズ

    LomoAmigosに登場していただいた方々に再登場いただくのは、いつでも大変喜ばしいことです。今回再登場いただくのはフォトグラファーEmily Soto。またもやPetzvalレンズで素晴らしい写真シリーズを残してくれました!

  • Lomo'Instantでその時の環境を写し出そう

    2015-07-13 #gear #ニュース #ライフスタイル #ロケーション shhquiet の記事
    Lomo'Instantでその時の環境を写し出そう

    あなたが次にLomo'Instantと一緒に街を散策する時、これから紹介するテクニックを試すのにちょうど良いかも!最初に素敵な場所を見つけて、Lomo'Instantでインスタント写真に残しましょう。その写真が浮かび上がったら、撮影した場所と同じ場所でその写真を持って、他のカメラでその写真と場所を含んだ写真を撮影してみましょう。口で説明してもちょっと想像がつきにくいかも知れませんね。一体どういうことなのか、この記事の写真で説明します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

    2015-10-06 #people ciscoswank の記事
    スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

    東京で活躍する書家兼デザイナー 國廣沙織さんにPetzval 58 Bokeh Control Art Lensの被写体になっていただきました。彼女はひらがなアクセサリーのデザインや書道に関するワークショップの開催など、「書」を基盤にした様々な活動をしています。そんな國廣さんに自身の活動について、そして書に込める思いを伺いました。Petzval 58 Bokeh Control Art Lensが作り出すぐるぐるボケのポートレイトとともにお楽しみください。

  • アナログでやりたいことリスト:1月 - フィルターとマスク

    2015-09-11 #world #ライフスタイル #テクニック Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:1月 - フィルターとマスク

    2015年の初め、毎月1つずつやろうと決めたプロジェクト。1月はカメラのカスタマイズに挑戦しました。写真をもっときらっきらにしたかったら、レンズの前か後ろに何かを取り付ければいいのです。今回はどちらもやってみました。

  • Film Photography Day Japan Competition:第1ラウンド 『Japan』

    2015-03-23 #world #ニュース #コンペティション ciscoswank の記事
    Film Photography Day Japan Competition:第1ラウンド 『Japan』

    4月12日のフィルムフォトグラフィーデー(フィルム写真の日)に向けて週毎にコンペティションを開催します! 今週のテーマはずばり『Japan』!ロモホーム上とTwitterの両方で応募できます。 豪華賞品もご用意しているので、あなたの代表作で是非ご参加ください!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LomoAmigos: 中村達也、LC-A 120で撮る。

    2015-11-30 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: 中村達也、LC-A 120で撮る。

    伝説のロックバンド・Blankey Jet Cityのドラマーとして名を馳せた中村達也さん。斎藤和義とのMANISH BOYS、仲井戸麗市とのthe day、チバユウスケ、イマイアキノブとのThe Golden Wet Fingersなど様々なバンドで活動しながら、1999年からは俳優としても活躍しています。そんなロック番長・中村さんにLC-A 120をお渡しし、今年のGAMA ROCK FESTIVALの様子を撮影していただきました!

  • Petzval Artist: Mance Thompson

    2015-02-20 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval Artist: Mance Thompson

    ずらりと並べられたPetzvalのボケに包まれた幻想的な東京の夜。 東京の伝統的な炉辺から人々が行きかう忙しい街中まで、Mance ThompsonはPetzvalレンズとその特殊な星形の口径プレートを使って見事にこの街の日常に魔法をかけてくれました。

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。