NZ、オークランドのスカイタワー

2

オークランド(ニュージーランドで一番大きい街)の、主なアトラクションといったらスカイタワーです。スカイタワーに登れば息をのむパノラマビューで街全体を見渡すことができます。そして、登らずに外から撮影してもタワーは良い被写体です。

オークランドに到着したらまず目に飛び込んでくるのが、街にそびえる巨大なスカイタワーです。いろんな街にこういうとても高いタワーがあるけど、とりあえずてっぺんまで登って街の全景とその向こうまでも見てやろうって思いますよね。オークランドに寄った際、私達も例にもれずスカイタワーに登って来ました!

Credits: vicuna

スカイタワーはオークランドの真ん中に位置します。ビクトリアストリートとフェデラルストリートの交差点にあるので、まず見逃しませんよ。これは、スカイシティという巨大な複合施設の一部です。この施設には、ニュージーランドで一番大きなカジノとレストラン2つとホテル1つも入っています。1994年から1997年にかけて建設されたこのタワーは、南半球で一番の高さ328mを誇っています。電波塔として建てられましたが、同時に訪れる人々に様々な楽しみを提供しています。

まず182mの高さにあるスカイラウンジにいってみましょう。ここにはカフェとバーがあります。メインの展望台は186mのところにあります。床の一部がガラス製になっていますよ。(ガラスの床は他の部分と同じ強度があり、決して壊れないという事です。それでもその上を歩くのは背筋が凍る思いです・・・。)そこに立てば足元に広がる街の風景から、186mがいかに高いか身を持って実感できます。その上の階、190mのところには回転レストランがあります。194mのところに展望バイキングレストランだってあります!でも真の頂上にはまだたどり着いていません。さらに地上から220mのところ、「スカイデッキ」にも行ってみましょう!オークランド全体を一望できるスカイデッキからの眺めは本当に感動的です。(80km先まで見渡せるといわれています。)空気の澄んだ良い天気の日は、オークランドがいかに大きいかよく見渡せますよ。

Credits: vicuna

アドレナリン全開で、強烈な刺激を求める人は「スカイウォーク」と「スカイジャンプ」をオススメします。(始めのギャラリーの2番目、この上のギャラリーの9番目と10番目を見てください。)つまりタワーの外側、地上194mの屋外にあるプラットフォームに出て、タワーを歩いて一周できるのです。もちろん外に出るときは、それなりの装備をしてガイドも付きますから、安全が保証されています。歩いて回ったあと、タワーからジャンプすることができます。完全に安全が保証された状態で、大きなケーブルを着けてタワーから地面にむかってぶらさがった状態になります。正直いうと、私達はちょっとこの手のことは苦手で、外に出たりはできませんでした。

残るお楽しみは、夜に外からスカイタワーを見ることです。夜のタワーは見事な色のイルミネーションに彩られます。是非ロモグラフィーの長時間露光を試してみましょう。ライトの色は宣伝の目的ごとに変わります。クリスマスは緑と赤、聖パトリックデーは緑一色で、旧正月は赤と金、ラリー・ニュージーランドのカーレース期間は赤、緑、白です。私たちが訪れた時の色は赤と青でした。それはニュージーランドの先住民マオリが新年の始まりと認識している「マタリキ」を祝う色でした。(7月の頭です。)

Credits: vicuna

最後に、タワーのパンフレットの面白いことを転記します。
-スカイタワーは高さは37台のバスを横に並べた分です。
-スカイタワーの重さは象6000頭分です。
-8,765,903足のウエスタンブーツをいっぱいにする分のコンクリートを使って建てられました。
-メインの展望台までの階段は1029段、普通のペースで24分もかかります・・・、でもエレベーターを使えば40秒でいけます(’ー^)b

さらに詳しくはスカイタワーのサイトでチェックしてください。
http://www.skycityauckland.co.nz

2011-11-24 #places #night #tower #view #sky #panorama #location #city #travel-destination #travel-tips vicuna の記事
翻訳 mizugoji

2 Comment

  1. vicuna
    vicuna ·

    @mizugoji: thanks for the translation! :)

  2. mizugoji
    mizugoji ·

    i'm thinking about translating all of your stories about NZ...those are so nice!

他の記事を読む

  • The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

    2017-06-22 #gear
    The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

    The Smoking GunsというDJデュオとしても良く知られるIrainaとSam。彼らはロモグラフィーのソーホー店のすぐそばにあるソーホーラジオでのレギュラー番組も持っているんです!今回ロモグラフィーでは二人にLomo'Instant Automatを渡して、雨ばかりのイギリスとは正反対の晴れ渡るロサンゼルスへの旅行をインスタント写真に収めていただきました!

  • フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    2018-01-03 #people crissyrobles の記事
    フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    この街は、醜いものと美しいもの、希望と絶望でいっぱい。そして常にドラマティックなことが起きています。私は自分の目の前で起きていることを切り撮らなければいけないのです。

    1
  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Harimao Lee:Neptune Convertible Art Lens Systemで写す香港の街

    2017-05-23 #people
    Harimao Lee:Neptune Convertible Art Lens Systemで写す香港の街

    写真家であり、都会探検家でもある Harimao Lee。建物の上から撮影して、いつもと違ったアングルの景色を発見することが好きだと語ります。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemを渡して、香港の美しいビル群を撮影していただきました!

  • The Big Moon × LC-A+ :サウス・バイ・サウスウエストへ!

    2017-04-26 #people #ビデオ
    The Big Moon × LC-A+ :サウス・バイ・サウスウエストへ!

    イギリスの4ピースバンド The Big Moon。今年デビューアルバム『Love In The 4th Dimension』をリリースしたばかりの彼らは現在ヨーロッパツアー中です。今回は彼らにLC-A+を渡して、オースティンで開かれたサウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)フェスティバルの様子を撮影してもらいました!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 2018年度 スタッフ募集のお知らせ

    2018-01-24 refallinsasaki の記事
    2018年度 スタッフ募集のお知らせ

    Lomographyはオーストリアに本社を置くインターナショナルなフィルムカメラブランドです。デジタル化が進む世の中で、アナログカメラにこだわり、世の潮流と逆行しながらもなお成長を続けるグローバル企業の中で切磋琢磨していける仲間を探しています。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    2017-05-25 #gear #people lomosmarti の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    Guen Fioreはイタリアの若い写真家。クリエイティブな写真とポートレートを専門とする彼女に Neptune Convertible Art Lens Systemで晴れ渡るローマを撮影してもらいました!彼女の作品とともに、このレンズを初めて使った感想を聞いてみましょう!

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『とっておきの場所』大賞発表

    2017-06-01 #ニュース
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『とっておきの場所』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『とっておきの場所』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemでいつもとは違う視点から撮影してみよう!

    2017-06-04
    Neptune Convertible Art Lens Systemでいつもとは違う視点から撮影してみよう!

    無限の可能性に挑戦できるNeptune Convertible Art Lens Systemを活用して、建物のラインや模様を生かしたイメージを撮影してみませんか?きっとこれまで観たことのないような世界に出逢えるはずですよ!

  • Neptune Convertible Art Lens:細部まで鮮明に写す「Thalassa(タラッサ): f/3.5 / 35mm」

    2017-05-21 #gear #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens:細部まで鮮明に写す「Thalassa(タラッサ): f/3.5 / 35mm」

    街のなかではいつだって面白い事件が起こっています。Neptune Convertible Art Lensにワイドアングルの35mmレンズを取り付けて、街中を冒険しましょう!ショットグラスサイズの50mmや80㎜もコンパクトに持ち運べるので、被写体に応じての取り換えも簡単です。