NZ、オークランドのスカイタワー

2

オークランド(ニュージーランドで一番大きい街)の、主なアトラクションといったらスカイタワーです。スカイタワーに登れば息をのむパノラマビューで街全体を見渡すことができます。そして、登らずに外から撮影してもタワーは良い被写体です。

オークランドに到着したらまず目に飛び込んでくるのが、街にそびえる巨大なスカイタワーです。いろんな街にこういうとても高いタワーがあるけど、とりあえずてっぺんまで登って街の全景とその向こうまでも見てやろうって思いますよね。オークランドに寄った際、私達も例にもれずスカイタワーに登って来ました!

Credits: vicuna

スカイタワーはオークランドの真ん中に位置します。ビクトリアストリートとフェデラルストリートの交差点にあるので、まず見逃しませんよ。これは、スカイシティという巨大な複合施設の一部です。この施設には、ニュージーランドで一番大きなカジノとレストラン2つとホテル1つも入っています。1994年から1997年にかけて建設されたこのタワーは、南半球で一番の高さ328mを誇っています。電波塔として建てられましたが、同時に訪れる人々に様々な楽しみを提供しています。

まず182mの高さにあるスカイラウンジにいってみましょう。ここにはカフェとバーがあります。メインの展望台は186mのところにあります。床の一部がガラス製になっていますよ。(ガラスの床は他の部分と同じ強度があり、決して壊れないという事です。それでもその上を歩くのは背筋が凍る思いです・・・。)そこに立てば足元に広がる街の風景から、186mがいかに高いか身を持って実感できます。その上の階、190mのところには回転レストランがあります。194mのところに展望バイキングレストランだってあります!でも真の頂上にはまだたどり着いていません。さらに地上から220mのところ、「スカイデッキ」にも行ってみましょう!オークランド全体を一望できるスカイデッキからの眺めは本当に感動的です。(80km先まで見渡せるといわれています。)空気の澄んだ良い天気の日は、オークランドがいかに大きいかよく見渡せますよ。

Credits: vicuna

アドレナリン全開で、強烈な刺激を求める人は「スカイウォーク」と「スカイジャンプ」をオススメします。(始めのギャラリーの2番目、この上のギャラリーの9番目と10番目を見てください。)つまりタワーの外側、地上194mの屋外にあるプラットフォームに出て、タワーを歩いて一周できるのです。もちろん外に出るときは、それなりの装備をしてガイドも付きますから、安全が保証されています。歩いて回ったあと、タワーからジャンプすることができます。完全に安全が保証された状態で、大きなケーブルを着けてタワーから地面にむかってぶらさがった状態になります。正直いうと、私達はちょっとこの手のことは苦手で、外に出たりはできませんでした。

残るお楽しみは、夜に外からスカイタワーを見ることです。夜のタワーは見事な色のイルミネーションに彩られます。是非ロモグラフィーの長時間露光を試してみましょう。ライトの色は宣伝の目的ごとに変わります。クリスマスは緑と赤、聖パトリックデーは緑一色で、旧正月は赤と金、ラリー・ニュージーランドのカーレース期間は赤、緑、白です。私たちが訪れた時の色は赤と青でした。それはニュージーランドの先住民マオリが新年の始まりと認識している「マタリキ」を祝う色でした。(7月の頭です。)

Credits: vicuna

最後に、タワーのパンフレットの面白いことを転記します。
-スカイタワーは高さは37台のバスを横に並べた分です。
-スカイタワーの重さは象6000頭分です。
-8,765,903足のウエスタンブーツをいっぱいにする分のコンクリートを使って建てられました。
-メインの展望台までの階段は1029段、普通のペースで24分もかかります・・・、でもエレベーターを使えば40秒でいけます(’ー^)b

さらに詳しくはスカイタワーのサイトでチェックしてください。
http://www.skycityauckland.co.nz

2011-11-24 #world #ロケーション vicuna の記事

1 Comment

  1. vicuna
    vicuna ·

    @mizugoji: thanks for the translation! :)

  2. mizugoji
    mizugoji ·

    i'm thinking about translating all of your stories about NZ...those are so nice!

他の記事を読む

  • LomoAmigo:Asher Moss、Lomo'Instantで撮る

    2014-12-11 #people #Lomoamigos antoniocastello の記事
    LomoAmigo:Asher Moss、Lomo'Instantで撮る

    ロモグラフィーはAsher Mossの写真が大好きです!彼はもう何度もLomoAmigoとして登場しており、その度に新しいことにチャレンジしていただいてます。そんな彼にLomo'Instantを渡し、帰ってきた彼の写真がこちらです。

  • LomoKinoコンペティション、過去1年間の受賞作を一挙にご紹介!

    2014-10-01 #コンペティション shhquiet の記事
    LomoKinoコンペティション、過去1年間の受賞作を一挙にご紹介!

    ロモグラフィーでは一年程前からLomoKinoで撮られたすばらしいショートムービーに焦点を当て、月に一回コンペティションを開きロモグラファー渾身の作品を募ってきました。さて、今回は一年間に受賞したすばらしい作品を一挙に紹介したいと思います!

  • キャプテンLomoの冒険:Lomo'Instantでクローズアップ撮影しよう!

    2014-07-02 #ライフスタイル antheali の記事
    キャプテンLomoの冒険:Lomo'Instantでクローズアップ撮影しよう!

    Lomo'Instantは様々な瞬間を切り取るのにとても良いツールです。でもクローズアップレンズを使えば楽しみ方はもっと多彩に!ミニチュアな冒険の物語を作ることもできます。さあ、キャプテンLomoの刺激的なアドベンチャーをみてみよう!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • なぜフィルムで撮るのか。そこにLOMOのカメラがあるからだ。

    2014-08-26 #レビュー gakurou の記事
    なぜフィルムで撮るのか。そこにLOMOのカメラがあるからだ。

    フィルムで写真を撮っていると、なぜフィルムで撮るか聞かれることが良くある。 まぁいろいろな理由があるけど、僕にとって一番の理由はLOMOのカメラがあるからだ。 LOMOのカメラを使うということは、新しい世界を旅することと良く似ている。

    1
  • アナログライフに音楽を: The Smiths

    2014-07-02 #ライフスタイル cheeo の記事
    アナログライフに音楽を: The Smiths

    The Smithsを長年聞いている人でも、最近聞き始めたばかりの人でも、彼らの曲を聞けば誰でもハミングしたり、曲のムードに身を任せて体を揺らしたくなるだろう。

  • Petzval Artist: Mance Thompson

    2015-02-20 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval Artist: Mance Thompson

    ずらりと並べられたPetzvalのボケに包まれた幻想的な東京の夜。 東京の伝統的な炉辺から人々が行きかう忙しい街中まで、Mance ThompsonはPetzvalレンズとその特殊な星形の口径プレートを使って見事にこの街の日常に魔法をかけてくれました。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Art Hunter Sardinas x STEEN

    2014-10-07 #people #Lomoamigos mindofmyra の記事
    Art Hunter Sardinas x STEEN

    ニューヨークのデザイナーにLa Sardina DIYカメラをデザインしていただきました!今回ご紹介するのはSteen DrawingsのSteenです。Steenはニューヨークを拠点とし活動しているイラストレーター。彼女はファンタジーの世界を造り上げ、野性的なイマジネーションから作品のストーリーを得ています。彼女のすばらしい作品を見て、あなたのDIYプロジェクトのインスピレーションを湧かせましょう。

  • 衝撃的なフィルムが誕生:Lomochrome Turquoise!

    2014-10-20 #ニュース shhquiet の記事
    衝撃的なフィルムが誕生:Lomochrome Turquoise!

    ロモグラフィーから新しいフィルムが誕生しました!その名もずばり、Lomography LomoChrome Turquoise XR 100-400!世界中で話題沸騰のLomogChrome Purpleフィルムに引き続き、不思議な発色をするカラーネガフィルムです。C-41現像液で普通のカラーネガフィルムのようにお手軽に現像できるので、とってもお手軽に面白い写りをお楽しみいただけます!本日より、2015年5月発送予定のプレオーダー受付を開始しました!

    1
  • Horizonカメラがストリート写真に適する10の理由

    2014-05-14 #ライフスタイル jillytanrad の記事
    Horizonカメラがストリート写真に適する10の理由

    ロモグラファーならば、Horizonカメラが景色を切り取る上でとても良く働いてくれることを知っていますよね。でもHorizonカメラがストリート写真にもぴったりだって、皆さんご存知でしたか?なぜHorizonはストリート写真にぴったりなのか、10の理由はこちらです。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【新機能の紹介】Photoセクションの使い方

    2015-02-03 #people #ニュース pan_dre の記事
    【新機能の紹介】Photoセクションの使い方

    ビッグニュース!:今回リニューアルした新しいロモグラフィーサイトを、どうすれば皆さんが一番に有効活用できるか、数項目にまとめてみました!皆さんも気に入っていただければ嬉しいです。 では、様々な新しいサイトの特徴を早速チェックしましょう!

  • 6/7(土) ワークショップ 「DianaF+ で多重露光撮影を楽しもう!」

    2014-05-19 #イベント ihci-uy の記事
    6/7(土) ワークショップ 「DianaF+ で多重露光撮影を楽しもう!」

    今改めてDiana F+ を使って、多重露光撮影を楽しもう! 6/7(土)にワークショップ開催します! <font color="red">【6/6(金)18:30更新】 大変残念ですが明日のワークショップは天候不良の為、中止とさせて頂きます。 お申込み頂きました皆様、楽しみにお待ち頂きましたのに申し訳御座いません。 先ほどメールでもご案内しておりますので併せてご確認頂ければ幸いです。 </font>

  • あなたも今日は家から出たくなる!36の美しいネイチャーフォト

    2015-02-07 #world #ライフスタイル pan_dre の記事
    あなたも今日は家から出たくなる!36の美しいネイチャーフォト

    都会のジャングルに飽きたのならば、母なる大自然に戻るときです。私たちの惑星を引き立てる大自然の栄光を36枚の写真を通して拝みましょう!