NZ、オークランドのスカイタワー

2011-11-24 2

オークランド(ニュージーランドで一番大きい街)の、主なアトラクションといったらスカイタワーです。スカイタワーに登れば息をのむパノラマビューで街全体を見渡すことができます。そして、登らずに外から撮影してもタワーは良い被写体です。

オークランドに到着したらまず目に飛び込んでくるのが、街にそびえる巨大なスカイタワーです。いろんな街にこういうとても高いタワーがあるけど、とりあえずてっぺんまで登って街の全景とその向こうまでも見てやろうって思いますよね。オークランドに寄った際、私達も例にもれずスカイタワーに登って来ました!

Credits: vicuna

スカイタワーはオークランドの真ん中に位置します。ビクトリアストリートとフェデラルストリートの交差点にあるので、まず見逃しませんよ。これは、スカイシティという巨大な複合施設の一部です。この施設には、ニュージーランドで一番大きなカジノとレストラン2つとホテル1つも入っています。1994年から1997年にかけて建設されたこのタワーは、南半球で一番の高さ328mを誇っています。電波塔として建てられましたが、同時に訪れる人々に様々な楽しみを提供しています。

まず182mの高さにあるスカイラウンジにいってみましょう。ここにはカフェとバーがあります。メインの展望台は186mのところにあります。床の一部がガラス製になっていますよ。(ガラスの床は他の部分と同じ強度があり、決して壊れないという事です。それでもその上を歩くのは背筋が凍る思いです・・・。)そこに立てば足元に広がる街の風景から、186mがいかに高いか身を持って実感できます。その上の階、190mのところには回転レストランがあります。194mのところに展望バイキングレストランだってあります!でも真の頂上にはまだたどり着いていません。さらに地上から220mのところ、「スカイデッキ」にも行ってみましょう!オークランド全体を一望できるスカイデッキからの眺めは本当に感動的です。(80km先まで見渡せるといわれています。)空気の澄んだ良い天気の日は、オークランドがいかに大きいかよく見渡せますよ。

Credits: vicuna

アドレナリン全開で、強烈な刺激を求める人は「スカイウォーク」と「スカイジャンプ」をオススメします。(始めのギャラリーの2番目、この上のギャラリーの9番目と10番目を見てください。)つまりタワーの外側、地上194mの屋外にあるプラットフォームに出て、タワーを歩いて一周できるのです。もちろん外に出るときは、それなりの装備をしてガイドも付きますから、安全が保証されています。歩いて回ったあと、タワーからジャンプすることができます。完全に安全が保証された状態で、大きなケーブルを着けてタワーから地面にむかってぶらさがった状態になります。正直いうと、私達はちょっとこの手のことは苦手で、外に出たりはできませんでした。

残るお楽しみは、夜に外からスカイタワーを見ることです。夜のタワーは見事な色のイルミネーションに彩られます。是非ロモグラフィーの長時間露光を試してみましょう。ライトの色は宣伝の目的ごとに変わります。クリスマスは緑と赤、聖パトリックデーは緑一色で、旧正月は赤と金、ラリー・ニュージーランドのカーレース期間は赤、緑、白です。私たちが訪れた時の色は赤と青でした。それはニュージーランドの先住民マオリが新年の始まりと認識している「マタリキ」を祝う色でした。(7月の頭です。)

Credits: vicuna

最後に、タワーのパンフレットの面白いことを転記します。
-スカイタワーは高さは37台のバスを横に並べた分です。
-スカイタワーの重さは象6000頭分です。
-8,765,903足のウエスタンブーツをいっぱいにする分のコンクリートを使って建てられました。
-メインの展望台までの階段は1029段、普通のペースで24分もかかります・・・、でもエレベーターを使えば40秒でいけます(’ー^)b

さらに詳しくはスカイタワーのサイトでチェックしてください。
http://www.skycityauckland.co.nz

2011-11-24 #places #night #tower #view #sky #panorama #location #city #travel-destination #travel-tips vicuna の記事
翻訳 mizugoji

2 Comment

  1. vicuna
    vicuna ·

    @mizugoji: thanks for the translation! :)

  2. mizugoji
    mizugoji ·

    i'm thinking about translating all of your stories about NZ...those are so nice!

他の記事を読む

  • 色彩の持つ力:Arthur x Lomography F²/400 Color Negative Film

    2017-03-11 #gear lomographymagazine の記事
    色彩の持つ力:Arthur x Lomography F²/400 Color Negative Film

    Arthur Pangは香港の写真家。彼はプロダクト撮影や、野生生物の撮影を手がけていますが、一番好きなのはストリート写真だと語ります。今回彼にLomography F²/400 Color Negative Filmでありとあらゆる色を街中で撮影してもらいました!

  • 親子向けサマーワークワークショップ「写真教室」@3331こども芸術学校※受付終了※

    2016-07-14 ciaoannacotta の記事
    親子向けサマーワークワークショップ「写真教室」@3331こども芸術学校※受付終了※

    昨年大好評頂きましたアーツ千代田3331主催「3331 こども芸術学校」で開かれた親子向けサマーワークショップ。今年もロモグラフィーは「写真教室」を開くことが決定いたしました。フィルム写真の楽しさをお子様と一緒に体験して頂けますので、夏の思い出作りにぜひいらしてください♪※各教室、定員に達しましたので申し込みを締め切らせて頂きます。ありがとうございます!※

    2016-07-14
  • Michael Sullivan:Lomo'Instant Wideと一緒にタイ旅行へ!

    2017-02-08 #people lomographysoholondon の記事
    Michael Sullivan:Lomo'Instant Wideと一緒にタイ旅行へ!

    イギリスを拠点とするカメラマン・Michael Sullivanは旅行中の冒険をフィルム写真に収めるのが大好き。私たちは彼にLomo'Instant Wideを渡して、タイのビーチで撮影してもらいました!

    2017-02-08
  • ショップニュース

    思い出をよりクリアに、大胆に切り取る Lomo'Instant Automat Glass Magellan

    思い出をよりクリアに、大胆に切り取る Lomo'Instant Automat Glass Magellan

    【4月中旬発送予定の特典付きプレオーダー受付開始】ロモグラフィー初 ワイドアングルガラスレンズ搭載のインスタントカメラ Lomo’Instant Automat Glass Magellan が新登場!今ならプレオーダー特典として追加のカラーフィルターとカメラストラップをプレゼント!

  • LomoAmigo: Nilipek. × La Sardina

    2017-01-14 #gear #people morlice の記事
    LomoAmigo: Nilipek. × La Sardina

    とびきりキュートな歌声と楽しいウクレレのメロディー、そしてフレンドリーでピュアなキャラクターで私たちを魅了するNilipek.。今回は彼女にLa Sardina DIYを渡して、LomoAmigoとしてオリジナルのLaSardinaと実際にこのカメラを使って撮影した写真を紹介していただきました!

    2017-01-14
  • 【Lomography+主催】フィルム・ビギナーズ講座~きんよる講座編~

    2016-07-08 #gear #ニュース lomographyplus の記事
    【Lomography+主催】フィルム・ビギナーズ講座~きんよる講座編~

    ご好評頂いておりますフィルム・ビギナーズ・ワークショップのきんよる講座を開校します! 平日の夜ですが、仕事終わりに、放課後に、ふらっとフィルムカメラ体験はいかがですか?

    2016-07-08
  • ハイスピードの写真で"瞬間"を盗め!

    2016-09-05 #culture lomographymagazine の記事
    ハイスピードの写真で"瞬間"を盗め!

    世の中には、私たちの目には速すぎてみることのできないものも沢山あります。ですが、カメラを使えば速さや視力に関係なく、その瞬間を写真に美しく写し出すことができます!ここに紹介するハイスピードな写真たちは、目では決して見ることのできない、素晴らしい瞬間を描き出しています。

    2016-09-05
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 80mのながーーーいロモウォールが香港の街中に出現中!

    2016-07-28 #ニュース #places #ビデオ kasim-lks の記事
    80mのながーーーいロモウォールが香港の街中に出現中!

    香港の若者が集まるショッピングエリアであるFashion Walk 。2016年7月8日(金)~8月31日(水)まで開催されているLomography × Fashion Walk 主催のキャンペーン"Be An Explorer" の目玉として80mに渡るロモウォールが登場!この長い長いロモウォールが誕生するまでの軌跡をご紹介。 また香港を訪れた際はぜひこのビックイベントにご参加ください!

    2016-07-28
  • 色んな視点で街を見てみよう!

    2016-12-24 #culture lomographymagazine の記事
    色んな視点で街を見てみよう!

    窮屈な街のなかですら、毎日たくさんのことが起こっています。ここではロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた街の写真をご紹介します!さぁ、あなたも今すぐカメラを持って街に飛び出しませんか?

    2016-12-24
  • LC-Wideのいいところ10個教えちゃいます

    2016-06-10 #gear #tutorials Julien Matabuena の記事
    LC-Wideのいいところ10個教えちゃいます

    常にクリエイティビティを刺激してきたロモグラフィーですが、LC-Wideはその好奇心をさらにくすぐるとんでもない広角レンズ搭載35mmカメラです。10個の特長をお伝えしますので、ドドドッとあふれるアドレナリンを写真で表現してみてください!

    2016-06-10
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • いま「古い」が「新しい」!!: フィルム写真の良さとは?

    2017-01-28 #culture lomographymagazine の記事
    いま「古い」が「新しい」!!: フィルム写真の良さとは?

    たしかにフィルムカメラは、今の写真業界の主流ではないかもしれません。しかし、アートフォトの分野におけるフィルムカメラユーザーの多さを見逃すことはできません。今日は、フィルム写真ならではの良さを写真とともにご紹介いたします!

    2017-01-28
  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 小西泰央

    2016-05-11 #ニュース #people ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 小西泰央

    国内外のコンサートやフェスを撮影しているミュージック・フォトグラファーの小西泰央さん。小西さんの作品は野外で音楽に身体を任せている人々を写し撮ったエネルギッシュな写真が印象的ですが、Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensを手にした彼から届いたのは、雨降る東京の繁華街で撮影された幻想的なショットの数々でした。しっとり静かなネオン街。意外な組み合わせとそこにスッと馴染むモデルの靜電場 朔(セイデンバ サク)さんが写る写真を小西さんのインタビューと共にご覧ください。

    2016-05-11
  • 果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    2017-03-14 #culture #people #places Katherine Phipps の記事
    果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    アーティストでありフォトグラファーのEva ZarはSNSに投稿された写真からは感じることのできない、親密で壊れやすい瞬間を探求します。彼女の風変わりで気まぐれなスタイルはヨーロッパとニューヨークいずれにおいても雑誌社やブランドからの注目を集めています。今回は彼女にLomoAmigoとしてLomo'Instant Wideによる作品をご紹介して頂きました!