世界で最も高額な写真は3億3000万円!?

2011-11-18

今月8日の火曜日に世界最大のオークション クリスティーズである写真作品が落札されました。ドイツの写真家、アンドレアス・グルスキー氏のその写真につけられた値はなんと430万ドル(約3億3000万円)!!
ご一緒に、今まで値がつけられた写真の中で高額ベスト16写真もご紹介いたします。

Andreas Gursky’s “Rhein II”

ドイツの写真家、アンドレアス・グルスキー氏はフルカラーの風景写真で世界中に知られた写真家。彼の作品「Rhein II」が今月8日の火曜日に世界最大のオークション クリスティーズへ出品され落札されました。落札価格はなんと430万ドル(約3億3000万円)!! (引用: Gizmode

彼の写真はデジタルフォトグラフィーで、スティッチング技法という技術が使われているそうです。言うなれば多重露光撮影を全く同じ場所で行い、その写真同士が寸分の狂いもなくぴったりと合うことで美しい写真を描き出すような技法。色彩やきめ細やかさは絵画に匹敵する程で、印刷枚数も世界で2枚と限られた希少なものだそう。

彼に記録が塗り替えられる以前にも高額の値が付けられた作品がたくさんあります。ランキングはこちら:

歴代第2位:$3,890,500 / Cindy Sherman, Untitled #96 (1981) 

Cindy Sherman, Untitled #96 (1981)

歴代第3位: $3,346,456 / Andreas Gursky, 99 Cent II Diptychon (2001)

Andreas Gursky, 99 Cent II Diptychon (2001)

歴代第4位: $2,928,000 / Edward Steichen, The Pond-Moonlight (1904)

Edward Steichen, The Pond-Moonlight (1904)

歴代第5位: $1,750,000 / Dmitry Medvedev, Kremlin of Tobolsk (2009)

Dmitry Medvedev, Kremlin of Tobolsk (2009)

歴代第6位: $1,609,000 / Edward Weston, Nude (1925)

Edward Weston, Nude (1925)

歴代第7位: $1,470,000 / Alfred Stieglitz, Georgia O’Keeffe (Hands) (1919) 

Alfred Stieglitz, Georgia O’Keeffe (Hands) (1919) 

歴代第8位: $1,360,000 / Alfred Stieglitz, Georgia O’Keeffe Nude (1919)

Alfred Stieglitz, Georgia O’Keeffe Nude (1919)

歴代第9位: $1,248,000 / Richard Prince, Untitled (Cowboy) (1989)

Richard Prince, Untitled (Cowboy) (1989)

歴代第10位: $1,151,976 / Richard Avedon, Dovima with elephants (1955)

Richard Avedon, Dovima with elephants (1955)

歴代第11位: $1,082,500 / Edward Weston, Nautilus (1927) 

Edward Weston, Nautilus (1927) 

歴代第12位: $1,000,000 / Peter Lik, One (2010)

Peter Lik, One (2010)

歴代第13位: $922,488 / Joseph-Philibert Girault de Prangey, 113.Athènes, T[emple] de J[upiter] olympien pris de l’est (1842)

Joseph-Philibert Girault de Prangey, 113.Athènes, T[emple] de J[upiter] olympien pris de l’est (1842)

歴代第14位: $838,000 / Gustave Le Gray, The Great Wave, Sete (1857)

Gustave Le Gray, The Great Wave, Sete (1857)

歴代第15位: $686,500 / Eugène Atget, Joueur d’Orgue, (1898-1899)

Eugène Atget, Joueur d’Orgue, (1898-1899)

歴代第16位: $643,200 / Robert Mapplethorpe, Andy Warhol (1987)

Robert Mapplethorpe, Andy Warhol (1987)

引用: buzzfeed.com

2011-11-18 #lifestyle kyonn の記事

ホリデーシーズンがやってきた!ロモグラフィーのホリデー特集ページでは、ホリデー限定のコンペティションや、 クイズを開催中!大切な人へのクリエイティブなプレゼントをお探しの方はこちらのページをチェック!

他の記事を読む

  • いま「古い」が「新しい」!!: フィルム写真の良さとは?

    2017-01-28 #culture lomographymagazine の記事
    いま「古い」が「新しい」!!: フィルム写真の良さとは?

    たしかにフィルムカメラは、今の写真業界の主流ではないかもしれません。しかし、アートフォトの分野におけるフィルムカメラユーザーの多さを見逃すことはできません。今日は、フィルム写真ならではの良さを写真とともにご紹介いたします!

    2017-01-28
  • アナログ世界紀行:アムステルダム、オランダ

    2017-06-28 #places Lomography の記事
    アナログ世界紀行:アムステルダム、オランダ

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファーのAle Di Gangiがおしゃれなオランダの街をLomoChrome Purpleでいつもとは違った雰囲気に写してくれました!

    2017-06-28
  • 【イベントレポート】Laforet Market vol.1 “one idea”

    2017-09-16 refallinsasaki の記事
    【イベントレポート】Laforet Market vol.1 “one idea”

    ラフォーレ原宿で 9/2(土)、3(日)に開催された Laforet Market vol.1 “one idea” 。フォトブースではイラストレーターの foxco212 さんに写真のフレームをカスタマイズしてもらえるワークショップも開催しました!今日はちょっとだけイベントの様子をご紹介します!

    2017-09-16
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Neptune Lens撮影会の模様を現場からレポート!

    2017-06-13 refallinsasaki の記事
    Neptune Lens撮影会の模様を現場からレポート!

    Neptune Convertible Art Lens System を商品化するプロジェクトもついに本日 6/13(火) 23:59までとなりました。皆様のご支援のおかげで支援額750万円を突破しました!そして、昨日 6/12(月) に行われた Neptune Lens撮影会 の様子をレポートいたします!

    2017-06-13
  • あなたは知ってる?世界の冬のお祭り7選!

    2016-12-25 #culture lomographymagazine の記事
    あなたは知ってる?世界の冬のお祭り7選!

    クリスマスにお正月などイベント盛りだくさんの冬ですが、世界にはもっとたくさん冬のお祝いがあることをご存知ですか?ロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた写真とともに世界のお祭りをご紹介します!

    2016-12-25
  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 愛と若さ、そして人生:Paolo Raeliへのインタビュー

    2017-02-25 #people Ivana Džamić の記事
    愛と若さ、そして人生:Paolo Raeliへのインタビュー

    Paolo Raeliはイタリア/オランダのフォトグラファーで、友人たちと過ごしている瞬間から物語性溢れる作品を生むことに長けています。今回のインタビューでは、彼の魅力的な作品の背景やインスピレーションの源、写真が彼の人生に与えた影響について聞いてみました!

    2017-02-25
  • アナログ世界紀行:アイスランド

    2017-01-30 #places Lomography の記事
    アナログ世界紀行:アイスランド

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします。今日はロモグラファーのgocchinさんが、アイスランドのサウスコーストの魅力を写真でご紹介!

  • ロモグラファーのための今年の写真トレンド5選!

    2017-01-22 #culture lomographymagazine の記事
    ロモグラファーのための今年の写真トレンド5選!

    2017年はフィルム写真のさらなる復活と活躍が期待されています。そこで今日は、ロモグラフィーのコミュニティー(そして世界中!)で今年注目を浴びそうな写真のトレンドをご紹介致します!

    2017-01-22
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 簡単に「レトロ」な写真を写せちゃう!おすすめフィルム6選

    2017-01-19 #gear lomographymagazine の記事
    簡単に「レトロ」な写真を写せちゃう!おすすめフィルム6選

    オルタナティブプリントのようなビンテージな写真に惹かれるけど、高価な機材には手が届かない......。そんな皆様に朗報です!今日は簡単にユニークでレトロなイメージを写せちゃうフィルムをご紹介いたします。

    2017-01-19
  • 2017年3月のトレンド写真

    2017-03-31 Lomography の記事
    2017年3月のトレンド写真

    3月もたくさんの写真がロモホームにアップされました。その中から2017年3月のベストフォトに輝いた写真をご紹介します!あなたの写真も載ってるかも?

    2017-03-31
  • フィルム特有の色褪せ効果に挑戦しよう!

    2017-05-12 #tutorials lomographymagazine の記事
    フィルム特有の色褪せ効果に挑戦しよう!

    アナログ写真には誰もが望むようなビンテージな色褪せ効果がたくさんあります。今回はロモグラフィーのコミュニティーに投稿された写真から、そのいくつかをご紹介致します!

    2017-05-12