多重露光!おどろきもダブル!

多重、多重、多重露光しちゃえば、おどろきも二倍です!
ときにはおかしく、ときにはクールに、そしてときにはぐちゃぐちゃに!
でも、いっつもおどろくような結果になるんですよ。理由なんてわからないけど、私は多重露光に恋しちゃってます。

LOMOカメラとフィルムを使いだしたとき、一番最初にやってみたかったのが、多重露光でした。色んな人に、最初の一枚では何を撮ればいいか、二番目の撮影では何を撮ればいいのかを聞いて回りました。

私の場合、単純に二回撮影するだけです。今だって、何を一枚に撮るべきか、次に何を撮るべきかなんて知りません。わかっているのは「考えるのな!」ってことだけですね。だって、多重露光してどんな風になるのかなんて、わからないでしょ?だから、ケセラセラ。撮るだけ!

likeをしてくれる人もいて、どうして私が多重露光が好きなのか、わかってくれる人もいれば、「変だ!」といって、受け入れられない人もいます。人を撮影するときには、たいてい質問されますね。自分を撮影するんだったら、何と重ねるの?って。わたしは自分と何かを多重露光することは、あんまりないんです。もちろん、多重露光をするのに、みんなに同じように考えてほしいなんて思ってはいないですよ。ただ、モデルになってくれた人が、ありがとうって言ってくれて、写真を気に入ってくれたら、すごく嬉しいしハッピーですよね。

私たちの住む世界には、空や砂や、人や海があって、それ全部があなたの被写体なんです。多重露光は、私たちを新しい世界に連れていってくれてます。そこはオドロキに満ちた世界なんですよ!

2011-12-03 #ライフスタイル #film #malaysia #gladys #double-exposure #love #article gladys の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • LC-A 120でスクエアスナップを撮影しよう!

    2015-05-13 #gear #ニュース pripri2000 の記事
    LC-A 120でスクエアスナップを撮影しよう!

    いつでも、どこでもあなたの世界を切り取って色鮮やかなワイドアングル写真に残そう!LC-A 120は豊富なISO設定、多重露光用MXスイッチなど、実験的な写真を楽しめる機能を搭載し、あなたのアドベンチャーをサポートします。LC-Aのように手軽に素早く簡単に撮影が出来て、中判カメラながらコンパクトサイズで毎日持ち歩きたくなるカメラです。120フィルムを使ったことがないから不安?心配はいりません!120フィルムは種類も豊富で、何より35mmフィルムより高解像度なのでより美しく仕上がります!百問は一見にしかず。LC-A 120のちょっとしたギャラリーをご用意したのでご覧下さい。

  • 新登場: Lomo'Instant Wide

    2015-10-13 #gear #ニュース Lomography の記事
    新登場: Lomo'Instant Wide

    過ぎし日のポラロイドのように、撮ってすぐにワイドサイズの写真に残せたら・・・そして想像力あふれるユニークな撮影がインスタント写真で楽しめたら、どんなに素敵なことでしょう!そんな夢を実現するのがLomo’Instant Wideです。初心者でも使いこなせる自動露出のオートモード、シャッターリモコン機能付きレンズキャップ、長時間露光と多重露光、フラッシュ用のカラーフィルターなど、Lomo’Instant Wideは全てが革新的。そして創造性に溢れています。

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【5/24まで】Diana F+カメラをご購入で Diana+ Splitzerが無料!

    2015-05-19 #gear #ニュース shhquiet の記事
    【5/24まで】Diana F+カメラをご購入で Diana+ Splitzerが無料!

    スクエア写真はフォーマット自体がクールだけど、Diana+ Splitzerを使えば、工夫次第でもっと格好よい写真にできちゃいます!例えば、友達の顔が雲の上に浮かんでいる写真や、キュートな小犬の顔におじさんの足が生えている写真なんてどうでしょう?

  • WONDER X WONDER: ロモグラファーgocchinと写真家Rainy Wongによる二人展

    2015-09-01 #people ciscoswank の記事
    WONDER X WONDER: ロモグラファーgocchinと写真家Rainy Wongによる二人展

    9/19 (土) より、世界的に活躍する日本のロモグラファー gocchinさん、写真家として活躍しているRainy Wongさんの2名による二人展「WONDER X WONDER」が開催されます。Splitzerや多重露光を駆使し幻想的な世界を生み出すgocchinさんと、艶やかで時に毒々しい作風が魅力的なRainy Wongさん。お二人の写真世界を存分にお楽しみいただける展示となっておりますので、中目黒散策も兼ねて是非行ってみてください。

    1
  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    2015-11-19 #gear #ニュース ciscoswank の記事
    スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    発送開始日も目前に迫ってきたLomo'Instant Wide。インスタントカメラはフィルムカメラに慣れてない方にも親しみやすく、クリスマスプレゼントにもぴったりです。そんなLomo'Instant Wideを日本スタッフで一足お先にテストしてみました。話題のカメラは実際のところどうなのか?みなさん気になるところだと思うので感想を述べたいと思います!

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。

  • 【hodachromeが講師!】春の多重露光ワークショップ in 名古屋

    2016-03-11 #world #イベント hodachrome の記事
    【hodachromeが講師!】春の多重露光ワークショップ in 名古屋

    山本穂高(hodachrome)による撮影ワークショップのご案内です。4月9日(土)に、名古屋市内にて「春の多重露光ワークショップ in 名古屋」を開催します。フィルム好きにおなじみの「ダイヤモンドカメラ シュシュ」さんとのコラボです。桜の咲く春の公園でフィルムカメラによる多重露光を皆さんでぜひ楽しみましょう♪

  • Lomo'Instant Wide スタッフレビュー: シャッターリモコンでセルフィー多重露光

    2015-12-03 #people #レビュー #テクニック lomographyplus の記事
    Lomo'Instant Wide スタッフレビュー: シャッターリモコンでセルフィー多重露光

    これまでにないインスタント・カメラ「Lomo'Instant Wide」。フィルムカメラに慣れてない方にも親しみやすく、クリスマスプレゼントにもぴったりです。そんなLomo'Instant WideをLomography Japanスタッフでテストしてみました。今回は直営店スタッフのsurasurachanが、シャッターリモコンを使ったセルフィー多重露光に挑戦!