Best of the Best: アンセル・アダムス

2011-11-29 1

「真実の写真というものには、説明は必要ない。それでも多くを語る写真なんだ」 — アンセル・アダムス

Ansel Adams (February 20, 1902 – April 22, 1984)

モノクロで撮影した風景の写真というのが、 アンセル・アダムス の代名詞だ。アメリカの環境保護活動家であり、カメラマンであった彼は グループf/64 、ピクトリアリズム、ビジュアライゼーション、そしてゾーンシステムといった写真用語を生み出した。

アダムスは大判カメラを使用していた。彼の写真は綿密な構成、暗室での熟練した技術、トータルバランスへの感受性、鋭いフォーカスと高いコントラスト、そして正確な露出を追求していたことが広く知られている。

彼は原生自然の保護に尽力しており、その時代において、写真を芸術の形へと昇華させた。彼はこう述べている
「真実の写真というものには、説明は必要ない。それでも多くを語る写真なんだ」
彼の風景写真をみると、この言葉の意味がよく理解できる。

それではどうぞお座りください。リラックスしてアンセル・アダムスの傑作たちをご覧ください。

ポプラ
秋の月、グレイシャーポイントからみたシエラネバダ山脈、ヨセミテ国立公園、カリフォルニア、1948
ブライダルベールの滝, c. 1927
ブライダルベールの滝, c. 1952
エルキャピタンの秋
エルキャピタン, 朝日
凍りついた湖と崖、セコイア国立公園、カリフォルニア、1932
モノリス、ハーフドーム フェイス、ヨセミテ国立公園、1927
月とハーフドーム、ヨセミテ国立公園、カリフォルニア、1960
ヘルナンデスからみた月の出、ニューメキシコ、1941
ネバダの滝、虹、ヨセミテ国立公園、カリフォルニア、1947
砂丘、日の出、デスバリー国立公園、カリフォルニア、c、1948
テトンズ川とスネーク川、グランドテトン国立公園、ワイオミング、1942
木と雪、1933
冬の日の出、ローンパインから望むシエラネバダ、カリフォルニア、1944
ヨセミテ渓谷、嵐、1949

ここに掲載した写真は全て、下記のサイトからご覧になれます。
anseladams.combirdwatcher.ru

アンセル・アダムスの写真はいかがでしたでしょうか?どういった写真家の記事に興味があるかお聞かせください。

関連記事
巨匠をマネしよう!: アンセル・アダムス

basterda はマニラのLomographyチームのメンバーです。彼女は2010年よりカスタマーサービスに従事しており、またマガジンのアナログライフスタイルにおいて Influential Photographs シリーズを執筆しています。

2011-11-29 #lifestyle #black-and-white #classic #best-of-the-best-series #ansel-adams #ansel-adams-week #weekly-tribute basterda の記事
翻訳 keni

1 Comment

  1. tame
    tame ·

    すごい。鳥肌たつ。実際のプリントがみたい。

他の記事を読む

  • 32歳になったLC-Aが喜ぶ32の方法

    2016-06-24 #gear lomographymagazine の記事
    32歳になったLC-Aが喜ぶ32の方法

    伝説の名機でありロモグラフィーの魂、LC-A。実験的なコンパクトカメラが誕生して今年6月で32年!LC-Aのお祝い何にしよう?なんて悩む必要なし!LC-Aが喜ぶのは写真を撮ってもらえること!

    2016-06-24
  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • 【イベント】二子玉川蔦屋家電でお父さんと一緒にLomo'Instantを楽しもう!

    2016-06-07 #ニュース deco の記事
    【イベント】二子玉川蔦屋家電でお父さんと一緒にLomo'Instantを楽しもう!

    今年の父の日は6月19日(日)。プレゼントの用意はバッチリでしょうか?モノだけでなく思い出も一緒にプレセントできたら、お父さんもきっと喜んでくれるはず! お父さんと一緒に撮影を楽しんで写真をプレゼント。そんな素敵なイベントが二子玉川蔦屋家電さんで開催されます。

    2016-06-07
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 『ダゲレオタイプ』にまつわる19世紀当時の人々の苦労話

    2016-05-02 #ニュース #gear Lomography の記事
    『ダゲレオタイプ』にまつわる19世紀当時の人々の苦労話

    1839年に誕生した『ダゲレオタイプ(銀板写真)』。撮影から現像までの全工程で様々な機材が必要で、フォトグラファーは機材の持ち運びに大変苦労しました。また撮影される側も10~30分と長い間じっとしていなくてはならず、同じく大変な思いをしていました。それでもなお、ダゲレオタイプは19世紀当時の大発明であり、今日の写真には欠かせない存在です。

    2016-05-02
  • アートな街角スナップ写真ギャラリー

    2016-03-22 lomographymagazine の記事
    アートな街角スナップ写真ギャラリー

    ロモグラフィーのWebサイトにはストリート写真がたくさん!この風潮は多分今後も変わることがないでしょう。スナップ写真の中でも、皆さまにインスピレーションを与える素敵な写真を選びました!

    2016-03-22
  • なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    2016-03-17 #ビデオ lomographymagazine の記事
    なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    遠い昔、まだ写真技術が発展しておらず何も考えずにセルフィーを何百枚も撮るなんてことが出来なかった時代の写真では、人々は笑顔をみせず無表情で写っています。それは一体なぜでしょう?

    2016-03-17
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • LC-Wideのいいところ10個教えちゃいます

    2016-06-10 #gear #tutorials Julien Matabuena の記事
    LC-Wideのいいところ10個教えちゃいます

    常にクリエイティビティを刺激してきたロモグラフィーですが、LC-Wideはその好奇心をさらにくすぐるとんでもない広角レンズ搭載35mmカメラです。10個の特長をお伝えしますので、ドドドッとあふれるアドレナリンを写真で表現してみてください!

    2016-06-10
  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    2016-11-12 1
  • 生誕30年記念を迎えた「写ルンです」で多重露光にトライしてみた

    2016-07-16 #gear hodachrome の記事
    生誕30年記念を迎えた「写ルンです」で多重露光にトライしてみた

    今月は富士フィルムの使い切りカメラ「写ルンです」がこの世に生まれて30周年となります。この長年愛されてきた名機の生誕を祝い、いろんなイベントが予定されていますが、今回私はhodachromeらしく多重露光にフィーチャーした写ルンですワールドを紹介したいと思います。この魅力的な使い切りカメラを使った多重露光についての説明を画像とともにごらんください♪

    2016-07-16
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    2016-06-19 #gear denisesanjose の記事
    Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    海の中、川の中、ザーザー降りの雨の中、さらには大雪の時。どんな環境下でも愛用している LC-A+やLC-Wideを連れて行きたい!と願うことはありませんか?そんな時は「Krab Underwater Housing」!赤いカニのように固くて丈夫な防水ケースを付ければ、水深20mでもあなたのフィルム撮影欲を満たしてくれます!そしていまならLC-A+もしくはLC-Wideを購入すると、もれなくこちらをプレゼントするキャンペーン実施中!

    2016-06-19
  • いま「古い」が「新しい」!!: フィルム写真の良さとは?

    2017-01-28 #culture lomographymagazine の記事
    いま「古い」が「新しい」!!: フィルム写真の良さとは?

    たしかにフィルムカメラは、今の写真業界の主流ではないかもしれません。しかし、アートフォトの分野におけるフィルムカメラユーザーの多さを見逃すことはできません。今日は、フィルム写真ならではの良さを写真とともにご紹介いたします!

    2017-01-28
  • Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

    2017-02-28 #ビデオ mpflawer の記事
    Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

    Solène Ballestaは15歳から写真を始めたパリの写真家です。Solèneの作品は観るものを魅惑的な世界へと惹き込みます。今回、彼女はDaguerreotype Achromat Art Lensを使って、朝霧のなかで誰かを待っている美しい女性の物語を描いてくれました。インタビューとともにお楽しみください。

    2017-02-28