Best of the Best: アンセル・アダムス

1

「真実の写真というものには、説明は必要ない。それでも多くを語る写真なんだ」 — アンセル・アダムス

Ansel Adams (February 20, 1902 – April 22, 1984)

モノクロで撮影した風景の写真というのが、 アンセル・アダムス の代名詞だ。アメリカの環境保護活動家であり、カメラマンであった彼は グループf/64 、ピクトリアリズム、ビジュアライゼーション、そしてゾーンシステムといった写真用語を生み出した。

アダムスは大判カメラを使用していた。彼の写真は綿密な構成、暗室での熟練した技術、トータルバランスへの感受性、鋭いフォーカスと高いコントラスト、そして正確な露出を追求していたことが広く知られている。

彼は原生自然の保護に尽力しており、その時代において、写真を芸術の形へと昇華させた。彼はこう述べている
「真実の写真というものには、説明は必要ない。それでも多くを語る写真なんだ」
彼の風景写真をみると、この言葉の意味がよく理解できる。

それではどうぞお座りください。リラックスしてアンセル・アダムスの傑作たちをご覧ください。

ポプラ
秋の月、グレイシャーポイントからみたシエラネバダ山脈、ヨセミテ国立公園、カリフォルニア、1948
ブライダルベールの滝, c. 1927
ブライダルベールの滝, c. 1952
エルキャピタンの秋
エルキャピタン, 朝日
凍りついた湖と崖、セコイア国立公園、カリフォルニア、1932
モノリス、ハーフドーム フェイス、ヨセミテ国立公園、1927
月とハーフドーム、ヨセミテ国立公園、カリフォルニア、1960
ヘルナンデスからみた月の出、ニューメキシコ、1941
ネバダの滝、虹、ヨセミテ国立公園、カリフォルニア、1947
砂丘、日の出、デスバリー国立公園、カリフォルニア、c、1948
テトンズ川とスネーク川、グランドテトン国立公園、ワイオミング、1942
木と雪、1933
冬の日の出、ローンパインから望むシエラネバダ、カリフォルニア、1944
ヨセミテ渓谷、嵐、1949

ここに掲載した写真は全て、下記のサイトからご覧になれます。
anseladams.combirdwatcher.ru

アンセル・アダムスの写真はいかがでしたでしょうか?どういった写真家の記事に興味があるかお聞かせください。

関連記事
巨匠をマネしよう!: アンセル・アダムス

basterda はマニラのLomographyチームのメンバーです。彼女は2010年よりカスタマーサービスに従事しており、またマガジンのアナログライフスタイルにおいて Influential Photographs シリーズを執筆しています。

2011-11-29 #ライフスタイル #weekly-tribute #black-and-white #best-of-the-best-series #classic #ansel-adams #ansel-adams-week basterda の記事

1 Comment

  1. tame
    tame ·

    すごい。鳥肌たつ。実際のプリントがみたい。

他の記事を読む

  • カメラの夏: サニー16とは?

    2014-08-30 #gear #tipster dopa の記事
    カメラの夏: サニー16とは?

    アナログ写真家のみんななら、適切なシャッタースピードと絞りの組み合わせを決めるときの「サニー16」という法則について、すでに誰かから聞いたことがあると思う。でも、それって何なんだ? このまま読んでくれたら、僕が説明するよ。

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • 狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    2014-09-01 #gear #tipster blackfairy の記事
    狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    残念ながら、出来あがった写真が期待通りではない、というのは時々起こること。見てみると、素敵だと言える写真ではない。色使いもつまらなくて、被写体もありふれたもの……。確実に、年間最優秀写真にはならない!ここでは35mmフィルムのネガを修正することで、そういった写真たちにもう一度チャンスをあげたいと思っているの。この記事のアイディアを使って実験して、Lomography Smartphone Scannerを使ってネガをスキャンしてね。何でもやってみて。燃やしたり、引っかいたり、塩酸やバルサミコ酢、マニキュア液、漂白剤、ラズベリー果汁なんかを掛けたり。想像力を働かせて、新しいフィルムスープのレシピをメモしてね!この記事では、効果の例を見ることができるわ。

    1
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • フィルムを操る: 漂白剤、洗剤とネガを混ぜる

    2014-11-23 #gear #tipster neonlights の記事
    フィルムを操る: 漂白剤、洗剤とネガを混ぜる

    私はたくさんの物質、大抵の腐食剤でフィルムマニピュレーションの実験をしてきました。出来上がるイメージはとっても変わっていて、時にはそれがなんなのかわからない人もいるでしょう。写真は漂白剤と洗剤の粉を混ぜ合わせた実験の結果です。

  • フィルムに心奪われて:Lomography CN 100

    2014-06-17 #レビュー simonesavo の記事
    フィルムに心奪われて:Lomography CN 100

    明るい日は、それぞれの色を派手に誉め称えるフィルムが必要。Lomography Color Negative 100 は、あなたの写真にため息の出るような色と非常に優れたシャープさを与える、微粒子と派手なトーンをもっています!

  • 若さゆえのスタート

    2015-01-19 #ライフスタイル cheeo の記事
    若さゆえのスタート

    なぜ、写真を撮ることに免許は必要ないのでしょうか? それは、あなたがどんなに若くても、写真というクラシックなアートを楽しめるからなのです。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • フェスティバルで写真を撮るコツ

    2014-04-04 #gear #tipster jillytanrad の記事
    フェスティバルで写真を撮るコツ

    カルチャー的なフェスだろうが、ロックコンサートだろうが、それに参加する事って、すっごく楽しいでしょう。すべての瞬間がおもしろくって、どんどん時が過ぎて行って、よそ見していられないよね。その時の事を、写真に撮って、永遠に忘れないようにしないと。

  • Russar+ Lens x Lomochrome Purple ギャラリー

    2014-04-10 #ライフスタイル chooolss の記事
    Russar+ Lens x Lomochrome Purple ギャラリー

    Russar+で撮影された写真をもっと見て、どんな写りをするのか見てみたいと皆さん思われていることでしょう。そんな皆様に4月より通常販売を開始したロモグラファーの大のお気に入りフィルム・LomoChrome Purpleを使った写真をご紹介いたします!Russar+のすばらしい写真をチェックしてください。

  • 有名な写真:1979年ペニー・スミス撮影の、ポール・シムノン

    2014-06-23 #ライフスタイル cheeo の記事
    有名な写真:1979年ペニー・スミス撮影の、ポール・シムノン

    この有名なロックンロールな写真は、『いつの時代でも、ロックンロールな写真』だって言われているんだ。ポール・シムノンがベースギターをぶっ壊しているこの写真は、誰が見てもそう思うよ。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • New Russar+で撮影されたシャープなモノクロ写真

    2014-04-22 #ライフスタイル cheeo の記事
    New Russar+で撮影されたシャープなモノクロ写真

    良いものはいつまでたっても時代遅れになることはない。クラシックなものはいつでも素晴らしい。モノクロ写真もNew Russar+にも同じことが言えるだろう。

  • デジタルの束縛から抜け出すための僕の秘密:Lomo LC-Wide

    2015-02-25 #gear #ライフスタイル nickpage の記事
    デジタルの束縛から抜け出すための僕の秘密:Lomo LC-Wide

    僕はニック・ペイジ。イギリスを拠点にグラフィックデザイナーをやっている。広告業界で20年間働いていたんだけど、5年前にフィルム写真に戻ったんだ。そして気づいたよ。アナログ生活こそが、仕事で毎日処理している「ピクセル単位で完璧な」画像から解放されるのに必要なものだったってね。

  • 家族を写すLomo'Instantとの一週間

    2014-12-12 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    家族を写すLomo'Instantとの一週間

    インスタントカメラは撮ってすぐに写真が見れるので、家族や友達と過ごしているときに使うとその場がとっても和みます。元Lomographyのショップスタッフであり、現在は9ヶ月の男の子のママである増野麻衣さんにLomo'Instantを貸出し、感想を聞いてみました!見ているこちらがにやけてしまうような愛くるしいファミリーショットと共にお楽しみください!