Best of the Best: アンセル・アダムス

2011-11-29 1

「真実の写真というものには、説明は必要ない。それでも多くを語る写真なんだ」 — アンセル・アダムス

Ansel Adams (February 20, 1902 – April 22, 1984)

モノクロで撮影した風景の写真というのが、 アンセル・アダムス の代名詞だ。アメリカの環境保護活動家であり、カメラマンであった彼は グループf/64 、ピクトリアリズム、ビジュアライゼーション、そしてゾーンシステムといった写真用語を生み出した。

アダムスは大判カメラを使用していた。彼の写真は綿密な構成、暗室での熟練した技術、トータルバランスへの感受性、鋭いフォーカスと高いコントラスト、そして正確な露出を追求していたことが広く知られている。

彼は原生自然の保護に尽力しており、その時代において、写真を芸術の形へと昇華させた。彼はこう述べている
「真実の写真というものには、説明は必要ない。それでも多くを語る写真なんだ」
彼の風景写真をみると、この言葉の意味がよく理解できる。

それではどうぞお座りください。リラックスしてアンセル・アダムスの傑作たちをご覧ください。

ポプラ
秋の月、グレイシャーポイントからみたシエラネバダ山脈、ヨセミテ国立公園、カリフォルニア、1948
ブライダルベールの滝, c. 1927
ブライダルベールの滝, c. 1952
エルキャピタンの秋
エルキャピタン, 朝日
凍りついた湖と崖、セコイア国立公園、カリフォルニア、1932
モノリス、ハーフドーム フェイス、ヨセミテ国立公園、1927
月とハーフドーム、ヨセミテ国立公園、カリフォルニア、1960
ヘルナンデスからみた月の出、ニューメキシコ、1941
ネバダの滝、虹、ヨセミテ国立公園、カリフォルニア、1947
砂丘、日の出、デスバリー国立公園、カリフォルニア、c、1948
テトンズ川とスネーク川、グランドテトン国立公園、ワイオミング、1942
木と雪、1933
冬の日の出、ローンパインから望むシエラネバダ、カリフォルニア、1944
ヨセミテ渓谷、嵐、1949

ここに掲載した写真は全て、下記のサイトからご覧になれます。
anseladams.combirdwatcher.ru

アンセル・アダムスの写真はいかがでしたでしょうか?どういった写真家の記事に興味があるかお聞かせください。

関連記事
巨匠をマネしよう!: アンセル・アダムス

basterda はマニラのLomographyチームのメンバーです。彼女は2010年よりカスタマーサービスに従事しており、またマガジンのアナログライフスタイルにおいて Influential Photographs シリーズを執筆しています。

2011-11-29 #lifestyle #black-and-white #classic #best-of-the-best-series #ansel-adams #ansel-adams-week #weekly-tribute basterda の記事
翻訳 keni

1 Comment

  1. tame
    tame ·

    すごい。鳥肌たつ。実際のプリントがみたい。

他の記事を読む

  • 光のイラストを楽しもう!ロモグラフィーのライトペインティングガイド。

    2017-03-02 #tutorials lomographymagazine の記事
    光のイラストを楽しもう!ロモグラフィーのライトペインティングガイド。

    夜の写真をカラフルでエキサイティングなものにしてみたくありませんか?ライトペインティングに挑戦してみましょう!必要なのはライティング道具とカメラを固定する場所(三脚があれば◎)、それにバルブモードのあるカメラだけ。今すぐ光の絵画を始めよう!

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17 lomographymagazine の記事
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

    2017-10-17
  • 溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    2017-07-16 #gear lomographymagazine の記事
    溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    英語で「Dog Days」とは真夏の一番暑い日々のこと。外で写真を撮っていると汗がダラダラと流れる季節でもありますが、この時期の太陽の輝きは格別。そんな溶けそうに暑い日は、ロモグラフィーの La Sardinaがぴったり!

    2017-07-16
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

    2017-08-24
  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    2017-05-01 #gear #people Jill Tan Radovan の記事
    Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    フィルム写真が希少とされる今日においては、モノクロのイメージは携帯画面をスワイプすればすぐに出来上がってしまうと思われがちですが、そんななかでもKamal Yungの作品を真実を写し続けています。シンガポールを拠点に活動する彼はいまでも静物画やポートレートを古典的な方法、フィルムで写すことを選びます。

  • 若き女性フォトグラファー Marine Toux: Analogue Women

    2017-03-08 #people mpflawer の記事
    若き女性フォトグラファー Marine Toux: Analogue Women

    Marine Toux は若きフランス人女性フォトグラファー。そんな彼女を国際女性デーに紹介できて私たちもとっても嬉しいです!フェミニズムに対する考え方や、写真の世界で女性として生きていくことについて語ってくれました。

    2017-03-08
  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    2016-11-12 1
  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

    2017-08-21
  • ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    2017-03-22 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    Lomo’Instant Automat Glass Magellan にクローズアップ・アタッチメントレンズを装着した場合の最短焦点距離は10cm。シャープでマクロなインスタント写真を思う存分楽しめるアクセサリーです!でも、いざ撮影しようとなると10cmっていったいどのくらい...?と思う人も多いはず。そんなときに便利な方法があります。

    2017-03-22