NZ オークランド マウントイーデンパーク

オークランドにあるマウントイーデンパークは自然の脅威が産んだ死火山のクレイターです。そこからはこのエリア全体を見わたす事ができます。すでに活動していない火山なので、危険は何もなく訪れることができます。丘をのぼるウォーキングを楽しむもよし、楽をしたい人は車で行くのもよいでしょう。丘の頂上では、来て良かったと絶対に感じますよ。

オークランドは本当に大きい都市です。そしてその中にも自然の中でリラックスできる緑のエリアがたくさんあります。公園のいくつかは街の中に点在しています。(アルバートパークとかウェスタンパークとか)しかし街の中心からちょっとはずれて(ちょうど5km南)、マウントイーデンパークへのウォークを楽しんでみましょう。

マウントイーデンというこの死火山はオークランドエリアで一番高い自然の地形で、標高196mです。50mの深さのクレーターもあり、すごい迫力です。でも心配ないですよ、この火山はもう活動していませんから。(最後の噴火は15,000年前でした。)今やなんの危険もありません。

てっぺんでは、オークランド地峡のながめを360度楽しむことができます。20分ほどの登り丘をのぼって、上でのんびりしましょう。どうしても楽したいっていうなら車でも登れます。でも歩いたほうが面白いですよ。晴れた日は、いろんなカメラで撮影を楽しめます。私も HorizonDiana F+ で撮影しました(^―^)

写真をおたのしみください!

Diana F+ Gallery
Horizon Gallery

2011-12-02 #places #city #travel-destination #panorama #park #green #travel-tips #mountain #volcano #view #nature #location vicuna の記事
翻訳 mizugoji

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • 本日よりプレオーダー受付開始! Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    2016-05-24 #gear #ニュース Lomography の記事
    本日よりプレオーダー受付開始! Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    お待たせ致しました。クラウドファンディングプロジェクト終了後もお問合せがありましたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens。本日5月24日(火)よりオンラインショップにてプレオーダー(予約)の受付が始まりました。こちらは一本一本ハンドメイドのプレミアムレンズとなっており、発送予定時期は2017年2月となっております。皆さまに早くお届けした気持ちはございますが、ご紹介する作品をご覧頂きながらご自身で撮影される時を思い浮かべて頂けると嬉しく思います。

  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • LomoChrome Purpleで街を紫に染め上げよう!

    2016-02-17 #ニュース lomographymagazine の記事
    LomoChrome Purpleで街を紫に染め上げよう!

    魅惑的なストリートスナップを撮影することは、コミュニティーメンバー皆の憧れではないでしょうか?でも日常的なシーンを良く見せるには、何かアクセントが必要かも...そこで登場するのがLomoChrome Purpleです!さて、この記事でコミュニティーメンバーが写し出した紫の街のシーンをのぞき見ちゃいましょう!

  • 冬気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場!

    2015-10-30 #ニュース #gear shhquiet の記事
    冬気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場!

    今年もクリスマスシーズンが近づいてきました!これからは家族、友人、恋人との大切な思い出がたくさん増える季節です。お休みの日にスキーに出かけたり、雪降る景色を窓から眺めながらホットココアを飲んで温まったり、友達とクリスマスパーティーではしゃいだり…想像するだけでワクワクしてきますよね。そんなクリスマス気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場しました!

  • 12/19(土)のアドベントカレンダー: ロモグラフィーのカメラが10% OFF! (ディスカウントコード: LOMOLOVE10)

    2015-12-19 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/19(土)のアドベントカレンダー: ロモグラフィーのカメラが10% OFF! (ディスカウントコード: LOMOLOVE10)

    クリスマスプレゼントがまだ用意できていなくて慌てていませんか?でも大丈夫!オンラインショップでロモグラフィーのカメラを買えば間に合いますよ!そしてディスカウントコード「LOMOLOVE10」を入力すれば10% OFFに!また今週末はプレゼント梱包が無料になるキャンペーンを実施中!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    2016-02-25 #tutorials lomographymagazine の記事
    アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    動物は予測できない気まぐれな被写体です。フィルムで撮影するとなると、更に難易度はあがるでしょう。動物の自然なありのままの行動を記録するのが一番ですが、動物園やサファリパークのような飼いならされた場所では、場所の制限もありますし、上手に賢くフレーミングする必要がありますね。この記事では、ロモグラフィーコミュニティーメンバーが写したお手本写真を参考に、アニマル写真の極意をリストアップしました。

  • ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    2015-06-09 #gear #tutorials jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    2016-05-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    その歴史が始まった日から、写真は常に芸術と科学、両方の試みのためのものでした。少なくとも、ルイ・ダゲールはそうなることを期待していました。ダゲレオタイプがどのように科学の道具になり、どのように写真が芸術へ介入していったのかを覗いてみましょう。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    2015-10-08 lomographymagazine の記事
    恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    Lomographyサイトには、炎を写した写真がたくさん上がっています。このトピックをこの時期に題材にしたのも、ハロウィーンが近いからというわけでもありません。私たちは恐れられているものが写真向きの傾向があると感じています。不気味なヴィネットに誇張された色...このシリーズ最初の本記事は、火に対する恐怖症(pyrophobia)について着目したいと思います。

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    2015-10-14 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    ドリーミーな世界観を作り出すフォトグラファーの菅武志さん。ロモグラフィーのコミュニティーでも何度か作品を披露していただき、まるで夢の中のような幻想的な写真の虜になった方も多いことでしょう。そんな菅さんは、長年活動の拠点としてきたイギリスから拠点を日本に移し、新たな試みに挑戦されています。初夏にはPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使い、ロンドンの庭園で美しく咲くボケの花を撮影していただきましたが、今回は日本で撮影したウェディング写真をシェアしていただきました。