ニュージーランド バンクス半島

2

ニュージーランドの南島、クライストチャーチの近くにバンクス半島はあります。山の斜面が海に直接落ちていくこの地形は、本当に息を呑む景色です。ここは火山活動により出来たので、こんなにもドラマチックなんです。

1,100万年前に初めの火山ができ、二番目が300万年前に現れました。山々がそのまま海の中に落ちていくように見えます。大昔にできた2つのクレーターは、今ではアカロア、リトルトンという2つの船着場になりました。南太平洋を航海していたジェームズ・クックが、彼の庭師、サー・ジョセフ・バンクスの誕生日を記念して、半島の名前をつけました。その時ジェームズ・クックはここが本土に繋がっていると気づかずに、島だと勘違いしていました。

この場所にたどりつくまでには、クライストチャートから様々な景観のドライブを楽しめます。リトルトンからアカロアまでは、海岸線沿い、山道、それかその両方を行くことができます。これらは正式な道路では無いため舗装されていません。そのため4WDの車が行くのがベストです。自分の冒険者スピリットを信じて行きたい道を行きましょう。湾にそって、または丘の頂上から、いたる景色が驚きの連続で、美しい自然の力に魅了されます。

Horizon Gallery

ひとつ可笑しかったことがあります。アカロアに着くと、たくさんのフランス国旗がはためき、通りの名前もフランス風でした。バンクス半島は最初フランスの植民地だったのです。イギリスが1838年にニュージーランドの南島で植民活動をしていたのと時期を同じくして、フランス人の捕鯨船の船長ラングロが先住民マオリからこの半島を買い取りここに捕鯨会社を設立しました。2年が過ぎ、かれは63人のフランス人と、ニュージーランドで最初のフランスの植民地に戻って来ました。しかし、その間にイギリス人が南島全土の直民地化の条約をマオリと結んでしまったのです。そしてアカロアはフランス人が住むイギリスの植民地になってしまいました!

今では「フランス風」ということで、アカロアは観光地として人気です。そして通りの名前とそこにあるフランス国旗だけが、歴史の1ページを思わせます。私は LC-A+ で何枚か撮影したんですが、あとでカメラが壊れていた事に気づきました。ネガにはなにも残っていませんでした。(;_;)

しかし、そんなこともあろうかと、私は HorizonDiana F+ も持って行っていました。(決して1つのカメラだけで旅行にいかないように!!)撮影したつもりになっていた(もう私の頭のなかにしか存在しない・・・)LC-A+の写真がなくても、このバンクス半島の美しさはこれらの写真でじゅうぶん伝わると思います!

Diana F+ Gallery

2011-12-03 #places #nature #history #mountains #sea #volcano #harbour #location #french #crater #travel-destination #travel-tips #akaroa #colonisation #brits vicuna の記事
翻訳 mizugoji

2 Comment

  1. hakkouichiu
    hakkouichiu ·

    I would like to go Trout fishing to NELSON.

  2. tame
    tame ·

    beautiful

他の記事を読む

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 2018年度 スタッフ募集のお知らせ

    2018-01-24 refallinsasaki の記事
    2018年度 スタッフ募集のお知らせ

    Lomographyはオーストリアに本社を置くインターナショナルなフィルムカメラブランドです。デジタル化が進む世の中で、アナログカメラにこだわり、世の潮流と逆行しながらもなお成長を続けるグローバル企業の中で切磋琢磨していける仲間を探しています。

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    2017-08-22 #ニュース ellakoppensteiner の記事
    《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    アナログを愛する皆さま、こんにちは!私たちロモグラフィーは現在、新しいプロダクトを開発中。まだ詳しくはお伝えできませんが、早く言いたくてウズウズしています。どんなプロダクトか気になりますよね?答えの発表まで、ちょっとだけヒントをお届けします!

  • 自動販売機のある風景:写真家 大橋英児

    2017-08-09 #places
    自動販売機のある風景:写真家 大橋英児

    日本の風景に欠かせないものとなりつつある自動販売機。そんな日本中どこにでもある自動販売機の姿を捉えたのは、写真家の大橋 英児さん。人里離れた山の上だったり、雪に埋もれていたり、都会にひっそりと佇んでいたり、自動販売機のあるユニークな風景をご覧ください。

  • ロモグラフィックダイアリー:自転車に乗ってどこまでも走ろう!

    2017-06-18 #culture
    ロモグラフィックダイアリー:自転車に乗ってどこまでも走ろう!

    些細な日常もドラマチックに写してくれるロモグラフィーのカメラで写真日記を始めませんか?今日は日常生活のなかにある自転車ロマンを写したこちらのギャラリーで、アナログライフのヒントを貰いましょう!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    2017-12-31 #culture
    もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    日本のコミュニティーでも被写体として、大人気のネコちゃん。それも日本に限ったことではありません。世界中にはネコちゃん好きがたくさんいます。そんなネコ好きなアーティストがなんとも可愛らしい作品を披露!

  • ★ Lomo'Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2017-09-05 refallinsasaki の記事
    ★ Lomo'Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 9/5(火) 18:00 より始動し、大注目の Lomo'Instant Square !みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。MotionGalleryで Lomo'Instant Square を支援する際には、参考までにご確認ください。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。