ニュージーランド バンクス半島

2011-12-03 2

ニュージーランドの南島、クライストチャーチの近くにバンクス半島はあります。山の斜面が海に直接落ちていくこの地形は、本当に息を呑む景色です。ここは火山活動により出来たので、こんなにもドラマチックなんです。

1,100万年前に初めの火山ができ、二番目が300万年前に現れました。山々がそのまま海の中に落ちていくように見えます。大昔にできた2つのクレーターは、今ではアカロア、リトルトンという2つの船着場になりました。南太平洋を航海していたジェームズ・クックが、彼の庭師、サー・ジョセフ・バンクスの誕生日を記念して、半島の名前をつけました。その時ジェームズ・クックはここが本土に繋がっていると気づかずに、島だと勘違いしていました。

この場所にたどりつくまでには、クライストチャートから様々な景観のドライブを楽しめます。リトルトンからアカロアまでは、海岸線沿い、山道、それかその両方を行くことができます。これらは正式な道路では無いため舗装されていません。そのため4WDの車が行くのがベストです。自分の冒険者スピリットを信じて行きたい道を行きましょう。湾にそって、または丘の頂上から、いたる景色が驚きの連続で、美しい自然の力に魅了されます。

Horizon Gallery

ひとつ可笑しかったことがあります。アカロアに着くと、たくさんのフランス国旗がはためき、通りの名前もフランス風でした。バンクス半島は最初フランスの植民地だったのです。イギリスが1838年にニュージーランドの南島で植民活動をしていたのと時期を同じくして、フランス人の捕鯨船の船長ラングロが先住民マオリからこの半島を買い取りここに捕鯨会社を設立しました。2年が過ぎ、かれは63人のフランス人と、ニュージーランドで最初のフランスの植民地に戻って来ました。しかし、その間にイギリス人が南島全土の直民地化の条約をマオリと結んでしまったのです。そしてアカロアはフランス人が住むイギリスの植民地になってしまいました!

今では「フランス風」ということで、アカロアは観光地として人気です。そして通りの名前とそこにあるフランス国旗だけが、歴史の1ページを思わせます。私は LC-A+ で何枚か撮影したんですが、あとでカメラが壊れていた事に気づきました。ネガにはなにも残っていませんでした。(;_;)

しかし、そんなこともあろうかと、私は HorizonDiana F+ も持って行っていました。(決して1つのカメラだけで旅行にいかないように!!)撮影したつもりになっていた(もう私の頭のなかにしか存在しない・・・)LC-A+の写真がなくても、このバンクス半島の美しさはこれらの写真でじゅうぶん伝わると思います!

Diana F+ Gallery

2011-12-03 #places #nature #history #mountains #sea #volcano #harbour #location #french #crater #travel-destination #travel-tips #akaroa #colonisation #brits vicuna の記事
翻訳 mizugoji

2 Comment

  1. hakkouichiu
    hakkouichiu ·

    I would like to go Trout fishing to NELSON.

  2. tame
    tame ·

    beautiful

他の記事を読む

  • 夏だ夏だ夏だ!フォトジェニックなビーチと街はここだ!

    2016-07-10 #places lomographymagazine の記事
    夏だ夏だ夏だ!フォトジェニックなビーチと街はここだ!

    夏、海沿いでリラックスしてゆったりしたくはありませんか?あなたの心を癒すビーチを世界中からピックアップ。フィルム写真と共に夏休みどこに出掛けるかプランを立てましょう!

    2016-07-10
  • 日本のシュールレアリスム写真の先駆者:山本悍右

    2017-03-17 #culture #people lomographymagazine の記事
    日本のシュールレアリスム写真の先駆者:山本悍右

    写真館を営んでいた父親の想いを引き継ぎながらも、山本悍右は全く異なる道で日本の写真界を導く存在となりました。こちらでは彼の芸術思想と作品の魅力に迫ります。

  • Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    2016-06-19 #gear denisesanjose の記事
    Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    海の中、川の中、ザーザー降りの雨の中、さらには大雪の時。どんな環境下でも愛用している LC-A+やLC-Wideを連れて行きたい!と願うことはありませんか?そんな時は「Krab Underwater Housing」!赤いカニのように固くて丈夫な防水ケースを付ければ、水深20mでもあなたのフィルム撮影欲を満たしてくれます!そしていまならLC-A+もしくはLC-Wideを購入すると、もれなくこちらをプレゼントするキャンペーン実施中!

    2016-06-19
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • 《特別企画》 写真家 ハービー・山口氏と行く Lomography LC-A+撮影会

    2017-01-12 choko3 の記事
    《特別企画》 写真家 ハービー・山口氏と行く Lomography LC-A+撮影会

    写真家ハービー・山口氏を特別にむかえLomography を代表するフィルムコンパクトカメラ、LC-A+を使用した撮影会が1月22日(日)に代官山 北村写真機店で開催されます!撮影会後には、なんとハービー・山口氏が皆様が撮影した写真の中から各一枚を選定し、特別なファインアート紙にプリント!現在代官山 北村写真機店にて開催中のLomography Art Lensフェアの会場にて展示されます。さらにさらに、その中からハービー・山口賞も!このスペシャルな機会をお見逃しなく!

    2017-01-12
  • LC-A+に関するFAQ

    2016-07-26 #gear lomographyplus の記事
    LC-A+に関するFAQ

    直営店スタッフがLC-A+の疑問を解決!簡単な処置などをまとめましたので、「なんだか上手くいかないな…」「これって故障?」と思った際に、この記事をご覧ください。ヒントが沢山詰め込んであります!

    2016-07-26
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 3331 Arts Chiyoda祝6周年! 記念イベント開催

    2016-10-07 #people trifivy の記事
    3331 Arts Chiyoda祝6周年! 記念イベント開催

    ロモグラフィー直営店Lomography+も入っている3331 Arts Chiyodaでは、10月8日(土)に6周年記念イベントを開催いたします。縁起物を販売するお祝い市や、演奏LIVE、レーザーマッピングショーなどなど盛りだくさんとなっておりますので是非お越しください!

    2016-10-07
  • 風と重力を感じて

    2016-08-01 #culture lomographymagazine の記事
    風と重力を感じて

    地球に住んでいると感じるのはどんな時?柔らかな風が頬をそっと撫でた時?寝転んで体が地面にぐぅっと沈みこむ時?はたまた空気に乗って空を飛んでいる時?

    2016-08-01
  • ハイスピードの写真で"瞬間"を盗め!

    2016-09-05 #culture lomographymagazine の記事
    ハイスピードの写真で"瞬間"を盗め!

    世の中には、私たちの目には速すぎてみることのできないものも沢山あります。ですが、カメラを使えば速さや視力に関係なく、その瞬間を写真に美しく写し出すことができます!ここに紹介するハイスピードな写真たちは、目では決して見ることのできない、素晴らしい瞬間を描き出しています。

    2016-09-05
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 生誕30年記念を迎えた「写ルンです」で多重露光にトライしてみた

    2016-07-16 #gear hodachrome の記事
    生誕30年記念を迎えた「写ルンです」で多重露光にトライしてみた

    今月は富士フィルムの使い切りカメラ「写ルンです」がこの世に生まれて30周年となります。この長年愛されてきた名機の生誕を祝い、いろんなイベントが予定されていますが、今回私はhodachromeらしく多重露光にフィーチャーした写ルンですワールドを紹介したいと思います。この魅力的な使い切りカメラを使った多重露光についての説明を画像とともにごらんください♪

    2016-07-16
  • フィルム特有の色褪せ効果に挑戦しよう!

    2017-05-12 #tutorials lomographymagazine の記事
    フィルム特有の色褪せ効果に挑戦しよう!

    アナログ写真には誰もが望むようなビンテージな色褪せ効果がたくさんあります。今回はロモグラフィーのコミュニティーに投稿された写真から、そのいくつかをご紹介致します!

    2017-05-12
  • レポート&テクニック:直営店Lomography+主催2016年10月15日(土)『フラッシュ・マスター ワークショップ!』

    2016-10-24 #gear lomographyplus の記事
    レポート&テクニック:直営店Lomography+主催2016年10月15日(土)『フラッシュ・マスター ワークショップ!』

    2016年10月15日に行われた直営店Lomography+主催『フラッシュ・マスター ワークショップ!』をレポートします! ロモグラフィーならではのフラッシュ撮影テクニックが沢山詰まったワークショップとなりました。 撮影方法も盛りだくさんの内容となっているので、是非ご一読ください!!

    2016-10-24