ソウル・キッチンコンペティション

ソウルで味わえるおいしい料理は実にたくさんあります。 “Seoul All Around You Competition”のセカンドステージでは韓国料理の写真を大募集!ほっぺたが落ちる程おいしい韓国料理の写真をご応募ください。優勝者には、ソウル行きペアチケットとLa Sardinaのスペシャルエディションをプレゼント致します!

ロモグラフィーは ソウル市庁 と共に、美しい街、ソウルをテーマにしたコンペティションを開催中です。ソウルはおいしいご飯が食べられる場所がたくさんあることでも有名!と、いうことで Seoul All Around You Competition のセカンドステージは、ソウルのおいしいごちそうにインスパイアされた写真を探しています!ニューヨークでキムチやビビンパの味に舌鼓する友達の写真だってOKです。韓国人は焼き肉だって大好き。あなたのお気に入りのバーベキュー写真もどうぞご応募下さい!

もしあなたが以前にソウルに来たことがあるのなら、ジオタグをあなたの写真に貼って、この街のロモロケーションとしてご応募ください。ご紹介した記事は、かなりの確立で2012年に発売予定のLomography City Guide Seoul(ソウル)の一部として掲載されるとおもいます!ロモロケーションの応募ガイドは こちら からご覧ください。

賞品

このコンテストの各ステージ毎に1人の優勝者席がご用意されています。優勝者は、ソウル行きペアチケットと2012年に発売予定のLa Sardinaソウルエディションが与えられます。ソウル行きペアチケットには、ソウル最低5泊と、帰りのフライト、飛行機乗り換え、もちろんホテルの宿泊設備が含まれています。また、9名のランナーズアップ賞に、La Sardinaカメラ Seoul エディション1台づつもご用意いたしております!

応募要項:

まずは、ロモグラフィーサイトに 新規登録 していただき、写真を ロモホームにアップ します。必ず、縦横最低 1220px 以上の写真をお送りください。各カテゴリーにつき、応募制限は 10枚 です。必ず応募要項をしっかりとお読みいただき、ご応募ください。ちょっとご面倒な点はいくつかありますが、すてきな賞品が手に入るかもしれないって思ったら、俄然燃えてくるでしょ! Seoul Metropolitan Government とロモグラフィーからの賞だってことを忘れずに、最適なお写真をご応募下さいね!

  • あなたの写真をじーっくり見て、よく考えて、ベスト写真を選んでください
  • フィルム / カメラの種類:どの種類のフィルムでもOKです。全てアナログカメラで撮影した写真に限ります。35mm、120フォーマット推奨です。デジタル加工した写真は不可です。
  • 各応募の締切は下記の通りです:
    ステージ1: – Seoul All Around You(あなたの周りのソウル)コンペティション: 2011/10/31~2011/11/20
    ステージ2: – Seoul Kitchen(ソウル・キッチン): 2011/11/21~2011/12/11
    ステージ3: – S-E-O-U-L: 2011/12/12~2011/12/30
  • 必ず各テーマに合った写真を各ステージのページへご応募ください!複数のステージに対して同じ写真を何度も応募したり、不適切な写真をアップロードしないでください。コンペの審査から除外いたします。
  • すべての写真には、 ジオタグを付けて ください。
  • 最小写真サイズ:応募写真は最小でも縦横いずれも 1220px 以上の大きさでご応募ください。より大きなサイズは歓迎いたします。
  • 縁や透かし等を入れないでください
  • このコンペティションは3つのステージで開催いたします。必ず写真をロモホームにアップロードして、適任のコンペティションに正しくご応募ください。
  • 優勝者は、2011年末から2012年にかけてのこのイベントに参加する為の旅行の権利を与えられます。
  • 優勝者は韓国、ソウルに旅行に行くための保険等を含む必要書類をご用意頂ける方とします。
  • すべての参加者、特に未成年は、自国の法律上に適合する条件を満たしてください。
  • 優勝者の発表はロモグラフィーのウェブサイト上のマガジン記事にて各締切日のあと、発表いたします。
  • 優勝者はロモホームのメッセージを通じて、通知されます。必ず5営業日以内にお返事をください。もしお返事をいただけなかった場合、権利は次点の優勝者の方に移動します。
  • このコンペティションにご参加の際は必ず 弊社利用規約 にご同意の上ご参加ください。

「Seoul All Around You(あなたの周りのソウル)」コンペティションについての詳細はこちらからご覧ください (英文サイト)

2011-11-28 #ニュース #lomography #korea #seoul #rumble #trip-to-korea #competition #win #seoul-all-around cruzron の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 12/17(木)のアドベントカレンダー: 最終日!フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    2015-12-17 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/17(木)のアドベントカレンダー: 最終日!フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    この季節は写真をたくさん撮影します。クリスマスに年末年始とイベント事が盛りだくさん待ち構えています!そんな季節にアナログカメラでたくさん写真を撮れるようにフィルムを買っておきましょう!本日まで同じフィルムパックを3つご購入で1パック分無料になるキャンペーンを実施中!

  • Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    2015-11-13 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    韓国出身のフォトグラファーSASU TEIさん。日本と韓国でファッションやコマーシャルフォトの分野で活躍されています。彼がPetzval 85 Art Lensで写し出した写真は、幻想的で独特な世界観を放っています。日本で撮影されているのにも関わらず、なんだか日本ではない別世界のように感じる写真たち。日本人が今まで着目してこなかった日本の良さを、SASU TEIさんの作品から教えられたような気がします。

  • ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    2015-06-09 #gear #tutorials jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    2016-02-25 #tutorials lomographymagazine の記事
    アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    動物は予測できない気まぐれな被写体です。フィルムで撮影するとなると、更に難易度はあがるでしょう。動物の自然なありのままの行動を記録するのが一番ですが、動物園やサファリパークのような飼いならされた場所では、場所の制限もありますし、上手に賢くフレーミングする必要がありますね。この記事では、ロモグラフィーコミュニティーメンバーが写したお手本写真を参考に、アニマル写真の極意をリストアップしました。

  • 菅武志ゲスト展示:「LONDON MY TOWN」 SHOKO CD・書籍同時リリース記念エキシビジョン

    2015-10-14 #ニュース ciscoswank の記事
    菅武志ゲスト展示:「LONDON MY TOWN」 SHOKO CD・書籍同時リリース記念エキシビジョン

    ロンドンと東京を拠点に活動するアーティスト、SHOKOさん。先日CDメジャーデビューを果たし、更にロンドンブックシリーズ第2弾となる書籍を発表されました。そんなSHOKOさんのCD・書籍同時リリース記念エキシビションが10/15(木)より開始されます。このエキシビションでは、ロモグラフィーではおなじみの写真家・菅武志さんが、ロンドンで撮り下ろしたSHOKOさんの写真がゲスト展示されます。菅さんファン必見の美しい写真を見に、そしてアーティストSHOKOさんの世界観を味わいに、是非足を運んでみてください。

  • 小西泰央: ロモカメラで写し出すグラストンベリー

    2015-08-19 #people ciscoswank の記事
    小西泰央: ロモカメラで写し出すグラストンベリー

    国内外のライブやフェスなどを写し出し、ミュージック・フォトグラファーとして活動する写真家の小西泰央さん。Petzval 85 Art Lensで写し出した写真も記憶に新しい彼ですが、今回はアナログカメラで撮影した写真、そしてグラストンベリーでの経験を語っていただきました。彼の写真の被写体はステージ上のアーティストはなく、観客たちや会場の様子。ミュージックフェスティバルは、観客無くしては完成しません。非日常をありのままに楽しむ観客たちの様子を捉えたピースフルな写真をお楽しみください!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • LomoAmigo: Wangs Lok、Petzval 85 Art Lensで写す。

    2016-03-09 #people Phyllis Chan の記事
    LomoAmigo: Wangs Lok、Petzval 85 Art Lensで写す。

    Wangs Lokはアウトドア好きな香港のフォトグラファー。 Canon 6DにLomography Petzval 85 Art Lensを装着し、都市の中にある自然を写し出しました。写真に対する彼の言葉と共にお楽しみください。

  • 2016年1月のトレンド写真

    2016-02-06 #ニュース lomography の記事
    2016年1月のトレンド写真

    わざわざ寒い思いをして出かけなくても、暖かくて快適な家でフィルム越しに絶景を楽しめます。先月コミュニティーでトレンドとなった写真はフォギーな冬の風景や建築物の写真などが目立ちました。冬を感じる写真をこちらの記事でお楽しみください!

  • Lomo Lubitel the Love Spy

    2015-07-31 #gear K. Aquino の記事
    Lomo Lubitel the Love Spy

    マニュアルフィルムカメラで誰かを写すということは、その人物が細部まで写されるに値するということです。Lomo Lubitelはたくさんのバラ色の恋愛シーンを写し出してきました。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • アートな街角スナップ写真ギャラリー

    2016-03-22 lomographymagazine の記事
    アートな街角スナップ写真ギャラリー

    ロモグラフィーのWebサイトにはストリート写真がたくさん!この風潮は多分今後も変わることがないでしょう。スナップ写真の中でも、皆さまにインスピレーションを与える素敵な写真を選びました!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。