NZ テカポ湖と善き羊飼いの教会

2011-12-31 2

ニュージーランドの長期旅行のなかで、オークランドとクライストチャーチ近くのバンクス半島を訪れた私たちは、3つめにテカポ湖を訪れました。これはニュージーランドで一番魅力的なマウンテンレイクです。善き羊飼いの教会という小さなチャペルでもよく知られています。

クライストチャーチとバンクス半島に滞在している間(くわしくは 前回のロケーション で)、たくさんの人からテカポ湖について聞きました。ニュージーランドでも、もっとも神秘的で、ピュアな雰囲気の場所だというのです。私たちには山岳地方に向かう予定はありませんでした。海岸線を南に下るつもりだったのです。しかしこの山あいの湖の話を聞いて、私たちは予定の変更を決めました。本当に訪れてよかったです!

テカポ湖 Diana F+で撮影

海岸を離れてテカポ湖に向かっていくと、地形が徐々に変わっていくことに気がつきます。平野はのぼり道になり、ジェラルディンという小さな町を過ぎた頃には、山々が現れ、雪が近づいてきます。バーケス峠を登ると、海岸線の平地からは完全に違う地域に入ります。しばらくしてテカポ湖が突然あらわれました。雪を抱いた山々に囲まれた、信じられないような深い青色の湖です。気温はきわめて低いけれど、太陽が出ていましたので、それはすばらしい色彩とコントラストを見せていました。すみきった空気を楽しみながら、美しい湖畔を散歩しました。たしかになにか神聖なものを感じました!ロモグラファーとしても、冬山のやわらかな光の中で青と白のすばらしいコントラストを捉えることができました・・・。

テカポ湖 Horizon Kompaktで撮影

さらにロモグラファーにとっての、この湖のもうひとつのポイントは、善き羊飼いの教会です。この建築物は、ニュージーランドで最も撮影されている場所としてよく知られています。シンプルな小さな石造りの教会(パケハ-マオリ語でイギリス人入植者の意味-が19世紀の後半にこの地域に入植した記念として1935年に建てられました。)は湖の一番ふさわしい場所に建てられています。並外れて美しい自然のなかに建つシンプルな教会は、視覚的にすごく力があり、誰もがどうしてもこの写真を撮影したくなります。そのためいつもカメラを持った旅行者に囲まれていて、教会の写真を撮影するのは簡単ではありません。わたしは午後遅くなるまで待って、ようやく教会と湖を撮影する事ができました。この教会は湖に面した大きな窓が切り取る見事な景色でも知られています。このような神聖な場所では、信仰心や、なにか霊的なものを誰もが強く感じるでしょう。

この教会の名前、「善き羊飼い」は宗教的にも重要な意味がありますが、はじめの入植者がこの地域でできるただひとつの仕事もまた、羊を飼うことでした。その重要性を重んじて、牧羊犬の像が教会のすぐとなりに建てられています。牧羊犬は、彼ら入植者にとって最も重要な相棒でした。

ベンモア湖 Diana F+ と Horizon Kompaktで撮影

この地を離れるときが来てしまったようです。海を目指して再び南に道を下って行きます。プカキ湖、ベンモア湖といった、テカポ湖と同様に美しい湖にも出会いました。こちらもまた見逃せない美しさでした。

ニュージーランドの旅はまだまだ続く・・・;)

2011-12-31 #places #mountain #nature #lake #church #winter #cold #snow #dog #location #shepherd #travel-destination #travel-tips vicuna の記事
翻訳 mizugoji

2 Comment

  1. vicuna
    vicuna ·

    @mizugoji thanks for the translation! :)

  2. hakkouichiu
    hakkouichiu ·

    Happy new year!

    Turquoise blue is very beautiful.
    OYAKODONBURI which is made of the salmon and salmon caviar of Lake Tekapo is delicious.
    I would like to do fishing in Holiday Park.

他の記事を読む

  • Stephen DowlingがLC-A 120で写すニュージーランド

    2017-05-28 #people lomographysoholondon の記事
    Stephen DowlingがLC-A 120で写すニュージーランド

    ロモグラフィーの愛好者で旅人でもあるStephen DowlingがLC-A 120で写した故郷ニュージーランドと、彼が愛してやまない中判カメラの魅力を教えてくれました!

  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • 日本のシュールレアリスム写真の先駆者:山本悍右

    2017-03-17 #culture #people lomographymagazine の記事
    日本のシュールレアリスム写真の先駆者:山本悍右

    写真館を営んでいた父親の想いを引き継ぎながらも、山本悍右は全く異なる道で日本の写真界を導く存在となりました。こちらでは彼の芸術思想と作品の魅力に迫ります。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • [LomoAmigo] LC-Wide : まつゆう*

    2016-11-15 trifivy の記事
    [LomoAmigo] LC-Wide : まつゆう*

    独自の“可愛いカルチャー” をウェブで発信し、世界でも注目される東京のブロガー・まつゆう*。今回はまつゆう*さんにLomographyのLC-Wideを使って撮影していただきました。沖縄県竹富島での素敵なバカンスの様子と一緒に、何台もフィルムカメラを所有する彼女の写真との出会い、フィルムカメラへの愛情についてのインタビューをお楽しみください!

    2016-11-15
  • 永遠 (@towaforever1) x LC-A+

    2017-06-09 refallinsasaki の記事
    永遠 (@towaforever1) x LC-A+

    日本ではまだ知られていないタイファッションを紹介する『THAI SENSE.JP』。Instagramで人気の若手写真家やモデルの方々にロモグラフィーの LC-A+でタイファッションの魅力を切り取っていただきました。今回はなんと高校生の永遠 (@towaforever1) さんの作品をご紹介。

  • 溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    2017-07-16 #gear lomographymagazine の記事
    溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    英語で「Dog Days」とは真夏の一番暑い日々のこと。外で写真を撮っていると汗がダラダラと流れる季節でもありますが、この時期の太陽の輝きは格別。そんな溶けそうに暑い日は、ロモグラフィーの La Sardinaがぴったり!

    2017-07-16
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • BlackDog Wu: Lomo'Instant Wideでのポートレート撮影

    2017-02-05 #people shanti929 の記事
    BlackDog Wu: Lomo'Instant Wideでのポートレート撮影

    台湾を拠点とする写真家・BlackDog Wuはフルタイムのフォトグラファーでしたが、いまはコーヒーショップのオーナーをしています。いまでも写真を撮るのが大好きな彼は、Lomo'Instant Wideで台湾のストリートショットやポートレートを撮影してくれました!

    2017-02-05
  • メランコリックに酔いしれて: Megan Dohertyへのインタビュー

    2017-01-16 #people Ivana Džamić の記事
    メランコリックに酔いしれて: Megan Dohertyへのインタビュー

    Megan Dohertyの仕事は若さと自由に溢れる最高な瞬間を写真に捉えること。 彼女はフィルムが写真に特別な美しさを与えることに気づいて以来、アナログカメラを使っています。これまでにない新しい作品を次々と作り出し、私たちを魅了し続けるMeganの作品と魅力をご堪能ください!

    2017-01-16
  • Lomography ✖ Snap! 鈴木文彦 特別インタビュー <前半戦>

    2017-10-20 keitauni94 の記事
    Lomography ✖ Snap! 鈴木文彦 特別インタビュー <前半戦>

    <前半戦> ロモジャパン代表 星とSnap! 鈴木文彦さんへのインタビュー。長いお付き合いのお二人が、それぞれの立場からロモを語ります。ロモグラフィーとは何か、どんな歴史をたどってきたのか、これからどうなっていくのか、二つの視点から紐ときます。

    2017-10-20
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • アナログ世界紀行:ノイジードル湖、オーストリア

    2017-05-17 #places Lomography の記事
    アナログ世界紀行:ノイジードル湖、オーストリア

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファー・Franz Bortenschlager (@schwarzesauge) がオーストリアのノイジードル湖の現実離れした美しさを紹介してくれました!

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials lomographymagazine の記事
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

    2017-08-27
  • 虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    2017-05-08 #people Ciel Hernandez の記事
    虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    赤と緑、ピンクと青、白と黒でもない。現実にははっきりとした境界線などなく、グラデーションのようにすべては曖昧です。モントリオールを拠点に活動する写真家Laurence Philomeneの「ノンバイナリー」シリーズのポートレートは私たちに物事の新しい見方を与えてくれます。*《ノンバイナリージェンダー》は男性にも女性にも分類されない性別自認のこと。