NZ モエラキ・ボールダーズ:エイリアンの卵を発見?

モエラキ・ボールダーズは私が今まで見たなかで一番へんてこな天然の岩のフォーメーションです。地球侵略をたくらむエイリアンが、この海岸に上陸し卵を産み付けたかのようです。これは「ボディ・スナッチャー」なのか???

テカポ湖(前回のロケーションを見てください)を離れ、ニュージーランドの旅は南島の西海岸沿いを南へと進んでいきます。ダニーデンへのドライブの途中、私が今まで見た中で最も奇妙なもの、モエラキ・ボールダーズを発見しました。

モエラキボールダーズ – Diana F+ Gallery

モエラキ・ビーチは広大な砂の海岸で、それだけでも立ち寄る価値があります。しかし、ここには砂浜以上に見るべきものがあります。このビーチの特筆すべき点は、とてもへんてこなまんまるの岩です。それはエイリアンが産んでいった巨大な卵のように見えます。実際は、その丸い岩は複合的な地質学的な結石で、砂と海で浸食されたものです。しかし、その巨大さとほぼ完璧な丸さはまったく不自然です。大きさは直径0.5mから2.2m、いくつかは完璧にまるく、そこまで完璧に丸くないものもありますが、それでも驚きに値します。中には割れた岩もあり、怪物が孵化した後のようです。

モエラキ・ボールダーズ – Horizon Gallery

これは絶対見逃せない、絶好の撮影ポイントです。早朝か夕方行くのがベストです。光の加減で良い写真がとれることと、あと、沢山の見物客も避けることが出来ます。

モエラキ海岸とカティキ・ポイント

巨石群とビーチを離れても、まだ他にも見るべきところがありました。数キロ離れたモエラキビレッジです。そこはこじんまりとした美しい、ロマンチックな海岸です。この海岸からすこし歩いて、カティキ・ポイントまでの景色を楽しみます。そうして運が良ければ、 オットセイやペンギンが海での食事から帰ってくるのを見ることができます。彼らは日の入りの1時間前あたりでしか見ることができません。その時間帯でも絶対に見れるという保証はまったくありません。そこには小さい「のぞき場所」があり、ペンギンとオットセイに気づかれることなく彼らを見ることができます。わたしたちもそこに行き、 Diana F+ と望遠レンズでペンギンたちの撮影に挑戦しました。ISO400フィルムで、露出をくもりに設定しましたが、すでに暗くなりすぎていたために、撮影した写真は非常に不鮮明になってしまいました・・・しかし、写真をよーくみれば、ペンギンっぽいものがいくつか見えますよ。

カティキ・ポイントのペンギンとオットセイ – Diana F+ と望遠レンズで撮影。不運なことに、写真はすべてぼやけてしまいました・・・

2012-01-03 #world #ロケーション #penguins #travel-destination #katiki-point #sea #rocks #ocean #seals #bay #travel-tips #beach #strange #geology #village #boulders vicuna の記事
翻訳 mizugoji

他の記事を読む

  • LomoChrome Turquoise Filmを裏返してみる

    2015-06-26 #gear #ライフスタイル Eunice Abique の記事
    LomoChrome Turquoise Filmを裏返してみる

    LomoChrome Turquoiseフイルム。その視線を釘付けにする予測不可能な色彩は極めて印象的だ。そこで私は考えた。これと 「レッドスケール」 を組み合わせたら、さらに劇的な結果が得られるのではないかと。意外なことに、撮影した写真のカラーパレットはLomoChromeTurquoiseの柔らかで繊細な側面を顕わにするものだった。

  • Ines Rehbergerに訊く、アナログ写真の5つの質問

    2015-05-28 #people #ライフスタイル zonderbar の記事
    Ines Rehbergerに訊く、アナログ写真の5つの質問

    この「アナログ写真の5つの質問」シリーズは、傑出した才能とカメラへの情熱を兼ね備えたフイルムフォトグラファーたちに5つの質問をし、かれらのアナログ写真に対する熱い思いを垣間見ようというものです。もちろん素敵な写真も忘れてはいません!今回はInes Rehbergerさんが私達の質問に答えてくれます。ブラウンシュバイク (Braunschweig) 生れの女性フォトグラファーである彼女について、この記事で詳しくご紹介します。

  • Trending LomoHome: 2015年 LomoHomeランキング!(日本コミュニティー)

    2015-12-27 #world #ニュース ciscoswank の記事
    Trending LomoHome: 2015年 LomoHomeランキング!(日本コミュニティー)

    ロモグラファーの活動拠点となるロモホーム。自分の写真をアップロードする発表の場であったり、他の人からのLIKEを得る場所でもあります。そんなロモホームで今年一番LIKEを集めたのは この方たちです!

    1
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    2015-05-15 #world #ライフスタイル #ロケーション pan_dre の記事
    Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    勇猛果敢の名高い旅行者でさえ、北極と南極へと出航出来ることは稀。しかし、コミュニティーでは“stouf”の名で知られるあのロモグラファーが、この両極地帯へと足を踏み入ることを許された。この珍しい目的地への貴重な訪問は彼の職業上の理由によるものであったが、信頼できるカメラとお気に入りのフイルムを一緒に持って行き、調査旅行の様子を撮影することも、忘れられてはいなかった。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lomo'Instant Wide Gallery: 標準レンズ

    2015-10-15 #gear #ニュース Lomography の記事
    Lomo'Instant Wide Gallery: 標準レンズ

    ロモグラフィーが新たに発表したLomo'Instant Wideは、その名の通り幅広いインスタント写真の撮影を楽しめます。あなたが遭遇した面白い場面、あなたが見た素敵な景色を、白枠フレームで飾られた写真に残しましょう。サンプル写真を紹介するにあたり、まずは標準搭載レンズで撮影されたスタンダードな写真からご紹介します!

  • アナログカメラと共にあった私の一年:世界中を旅して

    2015-03-10 #people #ライフスタイル roxyvonschlotterstein の記事
    アナログカメラと共にあった私の一年:世界中を旅して

    私の2014年は、旅をしていることが多い一年でした。ラッキーでしょ? 自分の故郷から遙か遠くで、私が経験したいくつかの冒険をシェアします。

    1
  • 楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    2015-06-03 #world #ロケーション Jill Tan Radovan の記事
    楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    旅する人が求めて止まないのは、普段出来ないような特別な体験ですが、誰もが生涯に一度といった冒険と巡り合う訳ではありません。チャンスが訪れた時、Stephane Heinzさん (ロモグラフィー・コミュニティーではvicunaの名でよく知られていますね) はこれを逃さず、フランスのホームタウンから遠く離れた地への旅と、そこでの生活を見事掴み取る事が出来ました。妻のKathiさんと揃って帰国した彼の手にする旅行鞄は、貴重な経験と、人生の教訓でいっぱいでした。今回のトラベルキャンペーンの場を利用して、彼の4年に亘る仏領ポリネシアでの冒険についてvicunaに語ってもらいましょう。

    2
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Spinner 360°: Full View

    2015-09-29 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Spinner 360°: Full View

    このカメラはいつだってあなたの旅に付き添う準備ができています!旅行にSpinner 360°を連れて行って、ステキな景色をスーパーパノラマ写真に残しませんか?

  • 夏旅はパノラマで!Horizonと一緒にGO!

    2015-07-22 #gear #ニュース #ライフスタイル ciscoswank の記事
    夏旅はパノラマで!Horizonと一緒にGO!

    夏休み・お盆休みの予定はもう計画していますか?どこかへ旅行へ行く方は、一緒に持って行くカメラをそろそろ考えておきましょう。絶賛計画中の方にも、そうではない方にも、台湾のスーパーロモグラファーccwuが日本旅行の際に写した写真アルバムがあなたにインスピレーションを与えるはず!

  • Lomo LC-A Minitar-1 レンズでニューヨークを捉える

    2015-05-11 #people #ニュース antoniocastello の記事
    Lomo LC-A Minitar-1 レンズでニューヨークを捉える

    発売から約30年、ロモグラフィーを象徴するLC-Aは世界中のロモグラファーたちに様々なインスピレーションを与え、フィルム写真への情熱を奮起させてきました。ロモグラフィーニューヨークのチームメンバーもLC-Aにインスパイアされた人々の一部です。そんなロモグラフィーニューヨークのスタッフたちがLomo LC-A Minitar-1 Art Lensを試してみました!