楽しくて為になる、ソウルのクリスマス

ソウルで過ごした家族でのバケーションは、今までで抜群にステキな忘れられないものでした。おいしい食べ物、豊富な歴史、一日中ショッピング、そしてもちろんLOMOカメラと沢山のフィルムが旅を彩りました!

TVコマーシャルが、「ソウルはどこまでもあなたのもの」って言っていたけど、ほんとうにそのとおり、ソウルの楽しさといったら限界を超えています!ロッテワールド、たくさんの歴史的遺産と博物館、それから文字通りオールナイトでのショッピングが楽しめます。

わたしの家族はみんなショッピングがだいすきで、いつも昼は街を観光して、夜は東大門(トンデムン)でショッピングを楽しみます。都合よく、ここのショッピングモールは朝の4時まで開いています。

ソウルでの一番のお気に入りは、忠武路(チュンムロ)です。一眼レフから、コンパクトまで、古いフィルムカメラを売っているお店がいくつか並んでいます。もちろんこれは見過ごせません。わたしはNikon 35Tiを買いました。忠武路では、すくなくとも午後いっぱいを過ごす予定を組むことを強くオススメします。

Lomo + フィルムカメラ ラブ!

2011-12-21 #world #ロケーション projectsnap の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • フェスティバルで写真を撮るコツ

    2014-04-04 #gear #tipster jillytanrad の記事
    フェスティバルで写真を撮るコツ

    カルチャー的なフェスだろうが、ロックコンサートだろうが、それに参加する事って、すっごく楽しいでしょう。すべての瞬間がおもしろくって、どんどん時が過ぎて行って、よそ見していられないよね。その時の事を、写真に撮って、永遠に忘れないようにしないと。

  • Lomography CINE200 Tungstenでクールな写真をとる方法

    2014-10-14 #レビュー gakurou の記事
    Lomography CINE200 Tungstenでクールな写真をとる方法

    まさか、今度のLomography CINE Tungstenフィルムが感度400なろうとは思ってもみませんでした。前と同じ200のつもりでレビュー記事を書いたのがなんだか間抜けな感じですが、せっかく書いたし、何かの参考になるかもしれないから読んでみてね。

    1
  • New Russar+で撮影されたシャープなモノクロ写真

    2014-04-22 #ライフスタイル cheeo の記事
    New Russar+で撮影されたシャープなモノクロ写真

    良いものはいつまでたっても時代遅れになることはない。クラシックなものはいつでも素晴らしい。モノクロ写真もNew Russar+にも同じことが言えるだろう。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ロモグラファー同士のロモウォーク(バンドン、インドネシア)

    2014-08-10 #ライフスタイル ekeupratama の記事
    ロモグラファー同士のロモウォーク(バンドン、インドネシア)

    インドネシアのジャワ島西武に位置するバンドン(Bandung)には、たくさんの才能豊かなロモグラファーが住んでいます。またバンドンには、まだまだ知られていないユニークな場所もたくさんあります!

  • パノラマな世界に魅せられて

    2014-05-14 #ライフスタイル chicar の記事
    パノラマな世界に魅せられて

    Horizon Kompaktを使ったその日から、どこに行くにもいつも一緒のベストパートナーになりました。海だろうが山だろうが、夏だろうが秋だろうが、どこにでも連れて行っちゃいます!

  • Petzval発売記念イベント開催決定!

    2014-08-11 #イベント ciscoswank の記事
    Petzval発売記念イベント開催決定!

    オーストリア・ウィーンで1840年に誕生した歴史的なPetzvalレンズを復刻し、現代のカメラ仕様に蘇ったLomography x Zenit New Petzval Art Lens。発売を記念して、一夜限りのスペシャルイベントの開催が決定いたしました!9月4日(木)は歴史的なレンズの復活をLomography+でお祝いしましょう!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LC-A 120 日本のスナップ写真

    2014-12-16 #ライフスタイル ciscoswank の記事
    LC-A 120 日本のスナップ写真

    日本各地でちらほら雪が降り始め、本格的に寒い季節がやってきました。寒くったってこれからの季節はイベントが満載です!街中はクリスマスイルミネーションが輝き人が溢れ、クリスマスが終わればすぐに年の瀬。おいしいおせちに親戚やなつかしい友人の笑顔、初詣にこたつにみかん!これからの季節は写真に残しておきたい瞬間があれよあれよと待ちわびています!あなたもそんな瞬間を、LC-A譲りの操作が簡単ですぐに撮影できるLC-A 120でウルトラシャープな四角形に切り抜きませんか?

    1
  • Petzval Lensが教えてくれたこと ―太陽の輝蹟―

    2014-10-10 #gear #tipster gakurou の記事
    Petzval Lensが教えてくれたこと ―太陽の輝蹟―

    今まで光を意識してなかったわけではないけれど、Petzval Lensを使うようになって、より光を意識するようになった。 日中に見える物は、すべて太陽の光の反射によるもので、その最大の光を捉える方法をPetzval Lensが教えてくれました。 まったく当たり前のことを書いていますが、ちょっと読んでみてほしい光の捕え方です。

    1
  • フィルムを操る: 漂白剤、洗剤とネガを混ぜる

    2014-11-23 #gear #tipster neonlights の記事
    フィルムを操る: 漂白剤、洗剤とネガを混ぜる

    私はたくさんの物質、大抵の腐食剤でフィルムマニピュレーションの実験をしてきました。出来上がるイメージはとっても変わっていて、時にはそれがなんなのかわからない人もいるでしょう。写真は漂白剤と洗剤の粉を混ぜ合わせた実験の結果です。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ネガを燃やして-フィルム・マニピュレーション

    2014-06-27 #gear #tipster akula の記事
    ネガを燃やして-フィルム・マニピュレーション

    ろうそくの炎を使い、あなたのネガフィルムに細工をし、歪ませる方法の紹介です。その結果として、変色を伴って溶けて伸びて、ねじれたイメージを得られます。続けるなら、もう後戻りはできませんよ。

  • ボケの基本:あなたがボケについて知るべきこと

    2014-04-28 #gear #tipster plasticpopsicle の記事
    ボケの基本:あなたがボケについて知るべきこと

    ボケに興味があり、うまく使いこなしたいと思っていませんか?この記事では、皆さんが知るべき基礎知識をご紹介します。あなたもボケを使いこなして、作品のアドバンテージとして使えるようにしましょう!

    1
  • LomoAmigos: The Watanabes

    2015-02-05 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: The Watanabes

    The Watanabesは日本で活躍するインターナショナルバンド。日本の単語がところどころに聞こえてくる、ノスタルジックでちょっぴり切ない哀愁溢れるフォークロックを奏でます。そんなWatanabesにロモグラフィーのカメラをお貸出しし、思う存分に撮影していただきました!