ロモグラファーgocchin、LOMO LC-Wideで撮る

2011-12-19 3

LOMO LC-Wideで日本国内だけでなく、世界各地にて数々の素晴らしい写真を撮影されている、ハードコアロモグラファーのgocchinさん。一度見たら目が離せない、彼のカラフルなLOMO LC-Wide写真と最新のインタビュー記事をご覧下さい。

お名前 gocchin
都市  岐阜市
  日本

簡単な自己紹介をお願いします。
ゴトウヨシタカ。平日は会社員、よく晴れた休日はロモグラファーです。

いつ頃からロモグラフィーのカメラを使っていますか?
また、 LOMO LC-Wide はいつ頃、どんな出会いで使い始めましたか?
4年前くらいから使ってます。LC-Wideは発売されてから1ヶ月後くらいに購入。ホームページで紹介されていたサンプル写真が衝撃的でしたね。ちょうどキューバへ行く前だったので、絶対連れて行きたいと思って品薄になる前に速攻で決断しました。

LOMO LC-Wideで撮影していて、印象的な出来事や、驚いてしまった思い出があればお聞かせください。
ボクは癖で左手の人差し指を浮かすことがあるんですよ。でもこのカメラって超広角レンズなので、その人差し指が写ることがあるんです(笑)。ファインダーではもちろん見えないんですけどね。

LOMO LC-Wideを一言で表すと?
クレイジー

LOMO LC-Wideで撮影した多重露光写真がビビッドでとても印象的です。多重露光撮影の際に意識していること、またはコツなどありましたら教えて下さい。
ボクが好んでするこのカメラでの多重露光はLC-A+などでする多重露光の方法とは違って、ハーフフレームの設定を利用した多重露光なんです。カメラの下側にあるつまみはハーフフレームに設定するんだけど、本体内部に装着するフレームは取り付けず、そしてレンズカバーはフルオープンさせるんです。そうすると3枚が重なった写真に仕上がるんです。クレイジーでしょ?そしてクレイジーさを高めるためにはもちろん現像はクロスプロセスですね。
撮影する時は遠景→近景→遠景という順序で撮ったり、文字をアップにしてみたり、カメラを斜めにしてみたり、とりあえず前のコマとは全く違うものを違うアングルで撮るとオモシロい写真に仕上がりますよ。

gocchinさんの写真は海外の Lomography X DesignTAXI Rumble でGrand Prizeを受賞され、日本でも LOMO LC-Wide サマー コンペティション に入賞されました。受賞作品の撮影時のエピソードなど、どのように撮影されたのでしょうか?
まずLomography X DesignTAXI Rumbleの作品は LUBITEL166+ で撮影した多重露光なんだけど、実はただフィルムを巻くのを忘れただけなんですよ(笑)。撮影した後にそれに気づいた時はかなり凹んだけど、でも結果的には撮影地であるコルカタの混沌とした様子を表現できてLOMOらしい作品になってくれました。
LOMO LC-Wide サマー コンペティションの作品は、前に説明したハーフフレームの設定を利用した多重露光です。実はこの時がこの方法で撮影する初めてのフィルムで、頭の中でどんな仕上がりになるか脳みそが多重露光しそうなくらい想像しながら試行錯誤してましたね。でもフィルムを半分くらい撮影すると、それを考えるのに疲れてきて、とりあえず「絵になるなぁ」と思った人や、建物などにひたすらシャッターを切ってました。36枚撮り1本のフィルムを撮り終えるのに72回もシャッターを押さないといけないですからね。親指の指紋が消えるかと思いました。

gocchinさんは LOMO LC-Wide だけでなく、 LOMO LC-A+Lubitel 166+ 、Super Sampler など様々なロモグラフィーのカメラを使ってくださっていますが、それぞれのカメラの魅力とは、何だと思いますか?
それぞれの魅力…。あまりにも個性的すぎて話しだすと止まらなくなりそうなので、初めて使った時の率直な感想で。

LOMO LC-A+ : 超簡単!本能のままシャッターを押したくなる。
Lubitel166+ : ピントがあった写真は美しすぎる。
Super Sampler : (良い意味で)ふざけたカメラ。シャッターが切れるあの
「ジィ〜〜」っていう音にそそられる。

もし、ここ(LomoAmigosインタビュー掲載ページ)に紹介しているあなたの写真に音楽をつけるとしたら、誰のどんな曲ですか?3曲選んで下さい。

1 Buena Vista Social Club / Chan Chan
2 Cyndi Lauper / Time After Time
3伊藤大輔 / A Piece of Cake!

上記の音楽以外でも、gocchinさんの写真に影響を与えていると思われる映画や好きなアーティストなどをを教えてください。
映画「Buena Vista Social Club」ですね。音楽にクレイジーなキューバのオッサンたちとハバナの街並が素晴らしくフォトジェニック。

gocchinさんはロモグラフィーウェブサイト上で多くのロモグラファーと交流をなさっていますね。作品についてどのような反応が嬉しかったですか?
みんなからlikeをもらうだけでも十分ウレシイですけど、Galley Store Parisから「really cool home mate!」ってコメントをもらった時はめちゃくちゃウレシかったですね。芸術の都パリですからね。

キューバ、バンコク、台湾、インド、ドバイ、ウズベキスタン、香港等、様々な場所で撮影されていますね。もし、今国内でも海外でも、架空の場所でも好きなところへ行けるとしたら、どこにLOMO LC-Wideを持って撮影に行きたいですか?イメージされている詳しいシチュエーションもあれば是非。
サッカーのワールドカップの試合でピッチ上に立って選手を間近に一緒にボールを追いかけて撮影してみたいです!しかも選手やサポーターやボールなどを多重露光でぐちゃぐちゃにしてクロスプロセスで仕上げる。かなりクールでクレイジーな作品ができるはずなんですけどねぇ。無理ですね(笑)。

生死を問わず、誰か一人撮影出来るとしたら、誰を撮ってみたいですか?
Lady Gaga。(良い意味で)クレイジーなカメラで、(これまた良い意味で)クレイジーな人を撮影してみたいです。

おすすめやお気に入りのフィルムがあれば教えてください。
Fuji Velvia 100ですね。特にクロスプロセスにした時の発色がスゴイ!

ロモグラフィーのカメラやフィルムで、これからチャレンジしてみたいものはありますか?また、その理由を教えて下さい。
LOMOKINO です!つい最近GETしました。まだ1本しかMOVIEを作成してないのですが、撮る楽しみ以外に編集する楽しみがあって、今までに無いワクワク感があってはまりそうですね。

( *gocchinさんの最新LomoKinoムービーは こちら でご覧頂けます!)

これからLOMO LC-Wideで写真を撮り始める人たちにアドバイスやおすすめのポイントがあれば教えてください!
とりあえず説明書は読みましょう。基本を押さえたらLomographyのホームページの テクニックレビュー のページでクレイジーな使い方で楽しみましょう!想像以上の作品が仕上がるはずですよ。あと、このカメラのレンズは超広角です。ファインダー越しに見える構図は、実際に写る構図の8割程度だと思います。だから、ファインダー越し通りに見えるように撮影したい場合は、2歩くらい接近して撮りましょう。あとボクみたいに指を立てないようにね。

最後に、何か告知等ございましたらどうぞ!
2012年01月07日(土)から01月29日(日)にLOMOカメラの写真による グループ展「LIFE LOMO 2012」 に参加します。東京/三軒茶屋にあるギャラリー世田谷233にて開催されます。このグループ展でボクはLubitel166+で撮影したインドの写真を展示する予定です。是非どうぞ!

LOMO LC-Wideショップページへ

LOMO LC-Wideマイクロサイトへ

2011-12-19 #people #amigo #multiple-exposures #japan #exhibitions #lomoamigo # #lomo-lc-wide #lcw #gocchin #35mm-films tame の記事

3 Comment

  1. hodachrome
    hodachrome ·

    Congrats, my friend!
    I am proud of you, as the same "Gifu" lomographer :)
    Keep Lomo on!

  2. gocchin
    gocchin ·

    thank you for kind message @hodachrome !!! Let's keep Lomo on!!!

  3. tattso
    tattso ·

    Amazing!

他の記事を読む

  • LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    2017-03-20 #ニュース lomographysoholondon の記事
    LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    ロモグラフィーのイギリス支店のスタッフHannah BrownがLomoChrome PurpleとLC-Wideを使ってカラフルなパノラマ写真を撮影!ここでは作品とともに、彼女のワイドアングルカメラへの情熱と現像されるまで結果がわからないフィルム写真の魅力について語ってもらいました!!

    2017-03-20
  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people Lomography の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

    2017-05-27
  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • シンガポールの写真家・Jen PanとPetzval 85の気まぐれな結びつき

    2017-05-07 #gear #people Crisselda Robles の記事
    シンガポールの写真家・Jen PanとPetzval 85の気まぐれな結びつき

    情熱を共有するライフスタイルはシンガポールで赤ん坊や家族を撮影している写真家・Jen Panのアーティスト魂に火をつけます。 このインタビューでは、JenとPetzval 85 Art Lensの気まぐれな結びつきによって生まれた素晴らしい作品をお楽しみください!

    2017-05-07
  • 実験を重ねて生まれた夢の景色:Dustin Adamsへのインタビュー

    2017-02-04 #people Ivana Džamić の記事
    実験を重ねて生まれた夢の景色:Dustin Adamsへのインタビュー

    「夢のような景色」という言葉から、どんな風景を想像しますか?それは Dustin Adamsの写真にふさわしい表現だと言えるでしょう。スケートボードがきっかけでカメラを始めて以来、彼は素晴らしい写真を撮り続けています。

    2017-02-04
  • LomoAmigo: アーティスト Saiko Otake × LC-Aシリーズ

    2017-03-10 #people refallinsasaki の記事
    LomoAmigo: アーティスト Saiko Otake × LC-Aシリーズ

    ドローイングや刺繍、そして写真などさまざまな表現活動をしているアーティスト Saiko Otakeさん。昨年はロンドンやシンガポールで個展を開き、大忙しの一年でした。そんな彼女にロモグラフィーのLC-Aシリーズのカメラで3ヶ月に渡り撮影していただきました。Saikoさんの写すビビッドなイメージは、どこか無機質で不思議な世界。ロモグラフィーのLC-Aシリーズのカメラで撮影した、東京や宇和島、そしてシンガポールの写真をインタビューとともにお楽しみください。

    2017-03-10
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    2017-01-27 #people #ビデオ choko3 の記事
    [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    東京を拠点として活躍する音楽プロデューサー兼フォトグラファーの Kenさん。日々数々のポートレート写真を撮影している彼に、今回はロモグラフィーのPetzval 58 Bokeh Controlで撮影して頂きました!スタイリッシュなポートレートとPetzval 58が生み出すボケのコンビネーションを、作品作りに対する想いを語っていただいたインタビューとともにお楽しみください。

    2017-01-27
  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

    2017-06-23
  • ★Yiyiu × Lomo'Instant Automat Glass:雨のなかでガールズデート

    2017-04-07 Lomography の記事
    ★Yiyiu × Lomo'Instant Automat Glass:雨のなかでガールズデート

    香港を拠点とする写真家 Yiyiuは Lomo'Instant Automat Glassを連れて友達とデートへ!あいにくの雨で天気は最悪だったけど、素晴らしいポートレートを披露してくれました!彼女が撮影した写真とインスタント写真についてのインタビューを大公開。

    2017-04-07
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • Sayuri Murooka (@sayurimurooka) x LC-A+

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    Sayuri Murooka (@sayurimurooka) x LC-A+

    日本ではまだ知られていないタイファッションを紹介する『THAI SENSE.JP』。Instagramで人気の若手写真家やモデルの方々にロモグラフィーの LC-A+でタイファッションの魅力を切り取っていただきました。今回は Sayuri Murooka (@sayurimurooka) さんの作品をご紹介。

    2017-06-07
  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    2017-05-25 #gear #people lomosmarti の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    Guen Fioreはイタリアの若い写真家。クリエイティブな写真とポートレートを専門とする彼女に Neptune Convertible Art Lens Systemで晴れ渡るローマを撮影してもらいました!彼女の作品とともに、このレンズを初めて使った感想を聞いてみましょう!

    2017-05-25