サンタフェ - 砂漠のなかのアートの町

2012-01-10

サンタフェ、それはニューメキシコ州にある太陽の町 – ここでは1年の300日以上が晴れています。この町に来れば、アート、ご馳走、思わず撮影したくなるものがたくさんみつかります。日焼け止め、食欲、履きなれたウォーキングシューズと大量のフィルムを忘れずに。見ることとやることが本当にたくさんありますから。

サンタフェは、ニューメキシコの州都で、砂漠の高地、標高7000フィート(2134m)の場所に位置します。夏の間は暑いですが、冬は雪が降るところもあり、近くでスキーも出来るくらいです。私が訪れたのは4月半ばでしたが、3日とも輝くように晴れていて、ありがたいことに春の「ウェットコースト」の休憩タイムでした。でも4月にも寒くなり、雪がふることもあります。

私は町中がアートで溢れているという評判を聞いて、サンタフェを訪れることにしました。いちばん有名なのはジョージア・オキーフ美術館です。そして実際評判どおりでした。公共または個人のギャラリーがたくさんあり、全ての人がそれぞれ好みのなにかを見つけることができます。現代アート、民芸品、、ウェスタンアート、彫刻、写真(写真関係だけでも6つのギャラリーを見ました。)陶磁器、宝石、テキスタイル、エスニックスタイルのギャラリー、ここにはなんでもあります。町の中心部、プラザの周囲に建築された「オールドタウン」は、プエブロスタイルの日干しレンガでつくられ、今も古いスタイルが大切にされています。

一日中探索したあとは、たくさんあるカフェかレストランのひとつを選んでのんびりと、おいしい料理と一杯のマルガリータを楽しみます。ここでも、アジア料理からメキシカン、それらのフージョン料理など選択はたくさんあります。なにか手軽につまみたい時には、プラザにあるFive and Dimeのランチコーナーを試してみましょう。ここはフリートパイの本場です。

日干しレンガ、春の木々、パブリックアートが町のそこらじゅうにあり、私のカメラはずっと忙しいままでした。それからプラザをちょっと外れたところにカメラショップを見つけて喜んじゃいました。120フィルムと35mmフィルムの品揃えはばっちりでしたよ。

フレンドリーな小さな町で、徒歩での散策もかんたんです。行く価値アリです。

2012-01-10 #places #art #holiday #sunshine #relaxation #photography #location #architecture #travel-destination troch の記事
翻訳 mizugoji

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    2016-12-01 #culture Ciel Hernandez の記事
    Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    その昔、心霊写真は死んだ親族とつながるための方法として一大ブームとなりました。しかし撮影技術の進歩とともに、そのトリックが見破られてしまった現代では目にすることも少なくなりつつあります。そんな心霊写真の意外ともいえる誕生秘話に迫りました。

    2016-12-01
  • 2016年8月のトレンド写真

    2016-09-01 #ニュース lomography の記事
    2016年8月のトレンド写真

    8月もロモグラフィーのコミュニティーにはたくさんの写真が投稿されました!そのなかから、ベストに選ばれた最高の写真達をご紹介いたします。あなたのお気に入りがみつかるか、是非覗いてみてください。

    2016-09-01
  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • 色んな視点で街を見てみよう!

    2016-12-24 #culture lomographymagazine の記事
    色んな視点で街を見てみよう!

    窮屈な街のなかですら、毎日たくさんのことが起こっています。ここではロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた街の写真をご紹介します!さぁ、あなたも今すぐカメラを持って街に飛び出しませんか?

    2016-12-24
  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    2016-11-12 1
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 『ソーシャリーエンゲイジドアート展 社会を動かすアートの新潮流』@アーツ千代田3331

    2017-02-24 trifivy の記事
    『ソーシャリーエンゲイジドアート展 社会を動かすアートの新潮流』@アーツ千代田3331

    3/5(日)まで直営店Lomography+のあるアーツ千代田3331では、『ソーシャリーエンゲイジドアート展 社会を動かすアートの新潮流』が開催されています。日本では初めてとなる本格的なソーシャリーエンゲイジドアートの展覧会。世界的に有名なアイ・ウェイウェイ、ペドロ・レイエス、パーク・フィクションといった作家の作品も展示されますので、是非この機会に足をお運びください!

    2017-02-24
  • 【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    2017-03-21 #tutorials #ビデオ lomographymagazine の記事
    【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    フィルムを自分でスキャンすると色んな利点があるってご存知ですか?毎回のデータ化のコストもかからないし、現像所では取り扱ってくれないフォーマットのフィルムもスキャンできちゃいます。フィルムスキャンにまだ挑戦したことの無い方のためにスキャナ選びの注意点と便利なツールをご紹介!

  • Lomo'Instant Splitzerを使おう!: クールでシュールなインスタント写真を撮る方法

    2017-02-14 #gear #tutorials shhquiet の記事
    Lomo'Instant Splitzerを使おう!: クールでシュールなインスタント写真を撮る方法

    Lomo'Instant Splitzerを使えば、驚くようなクレイジーなインスタント写真を撮れちゃいます!友達の顔と愛犬の犬を半々にするとどうなるか、想像してみたことはありますか?そんな可笑しなイメージもすぐ作れますよ!今日はその詳しい使い方を大公開します。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

  • 女性として、世界を旅することについて。

    2017-03-07 #places Kamila Stanley の記事
    女性として、世界を旅することについて。

    女性が一人旅に出る理由は、たくさんあります。自分がちっぽけな存在だと知るため、成長するため、言葉を学ぶため、失恋から立ち直るため、世界の不条理をこの目で見るため、そして自分の人生を少しだけ変えるため。一人旅をしているとよく言われる言葉がいくつかあります。

  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

    2017-07-14