NZ ダニーデン、ニュージーランドにあるスコットランド

2012-01-11

ダニーデンはニュージーランドの南島にある大きな街の一つです。ここは独自のスコットランド文化が根付いています。この記事と、それからもちろんたくさんのアナログ写真で、この街のおもしろいポイントをみなさんにお見せしますよ!

ダニーデンはオタゴ湾の先端に位置しています。1848年に「スコットランド自由長老教会」の人々が発見してから、この地域の植民地にとって重要な町になりました。ダニーデンという名前はスコットランドのゲール語で、スコットランドの首都であるエディンバラ(Dùn Èideann、ドニージャンと読みます)が由来になっています。この町の建築家たちはスコットランドの首都の誇りをこの地に再構築しようと試みました。

わたしたちは数日しかこの町にいませんでしたが、この町には、最低でも4つの見逃せないポイントがあります:

ボールドウィン・ストリート– Horizon Kompakt

まず始めに、この街に来た旅人のメインイベントは(だれもが言うように)ボールドウィン・ストリートです。ここはショッピングを楽しむ通りでも、古い歴史的な場所でもなく、「異常な」までの傾きがある通りで、「世界一、勾配がきつい坂道」という公式の肩書きすら持っています。このちいさな住宅街のストリートは167mの長さの間に、47mの高低差があるといわれています。もう間違いなく急な道です。駆け上がることなんてとても無理、ゆっくりゆっくりしかのぼれません。中には歩いて登りたくなくて、車を使う人もいます。(でも自分の足で登ってみなくちゃ、なにがおもしろいのかって思いますけどね!?)しかし一速にギアをいれたところで、エンジンが全力で車体を押し上げようとする悲鳴が聞こえてきますよ。ボールドウィン・ストリートを自力で登ったという証明が欲しいあなたは、そこにあるお土産やさんで、世界一急な坂を登った証明書が手に入ります:)

ボールドウィン・ストリート – Diana F+

ボールドウィン・ストリートから、シティの中心部に帰るときには、世界一の坂道を登る偉業を達成した体をやすめることにしましょう。美しく、とても大きなダニーデンの植物園が隣にあります。いろんな種類の木々や草花、自然にあふれた小高い丘があります。街の中心部にもかかわらず、のんびりできて、街中の喧騒など忘れてしまいます。自然のなかで、しずかな時間を楽しみましょう。

植物園 – Diana F+

ダニーデンの次の見どころは、列車の駅です。駅は、建築物、列車、それから本当に旅をしているんだという感覚を撮影するのにもってこいの場所です。実をいうと私は駅の大ファンなんですが、ダニーデン駅はすごく美しいです!この駅は1906年に建てられ、ニュージーランドの建築史でも有名なものです。スタイルはいわゆる「フラマン・ルネッサンス・リバイバル」で、暗い色の玄武岩、白い石とピンクの花こう岩が、建物全体をスタイリッシュでかっこよく見せています。

ダニーデン駅 – Horizon Kompakt

最後に、街を一日中を歩きまわったあとにもまだ、私たちにはある使命がありました。スコットランド様式に忠実にしたがって、パブでビールを飲むことです!ダニーデンではニュージーランド産ビール「スパイツ」が生産されています。街の中心にあるスパイツパブでビールを手に、長い一日の疲れをいやしましょう!

スパイツビールとビール工場に併設されたパブ – Diana F+ (このバーの写真はFuji Provia 400フィルムを使用し、f16の絞りで20分の長時間露光したものです。おどろくべきことに、この写真に人間ははっきりと見えません。その20分の間、バーには何人かの人が動き回っていたにも関わらずです・・・)

かーんぱーい!

2012-01-11 #places #history #beer #street #pub #parc #railway-station #location #botanical-garden #city #steep #travel-destination #travel-tips #speight-s vicuna の記事
翻訳 mizugoji

ホリデーシーズンがやってきた!ロモグラフィーのホリデー特集ページでは、ホリデー限定のコンペティションや、 クイズを開催中!大切な人へのクリエイティブなプレゼントをお探しの方はこちらのページをチェック!

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 夜景を撮影しよう: ネオンとライト

    2017-01-08 #culture lomographymagazine の記事
    夜景を撮影しよう: ネオンとライト

    夜になると、昼間の光のなかでは見えない美しさやおもしろいもの、不思議なものが現れます。夜空の星たちや繁華街のネオンは暗闇のなかでこそ一層と光輝くのです。

    2017-01-08
  • 色んな視点で街を見てみよう!

    2016-12-24 #culture lomographymagazine の記事
    色んな視点で街を見てみよう!

    窮屈な街のなかですら、毎日たくさんのことが起こっています。ここではロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた街の写真をご紹介します!さぁ、あなたも今すぐカメラを持って街に飛び出しませんか?

    2016-12-24
  • いま「古い」が「新しい」!!: フィルム写真の良さとは?

    2017-01-28 #culture lomographymagazine の記事
    いま「古い」が「新しい」!!: フィルム写真の良さとは?

    たしかにフィルムカメラは、今の写真業界の主流ではないかもしれません。しかし、アートフォトの分野におけるフィルムカメラユーザーの多さを見逃すことはできません。今日は、フィルム写真ならではの良さを写真とともにご紹介いたします!

    2017-01-28
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • あなたは知ってる?世界の冬のお祭り7選!

    2016-12-25 #culture lomographymagazine の記事
    あなたは知ってる?世界の冬のお祭り7選!

    クリスマスにお正月などイベント盛りだくさんの冬ですが、世界にはもっとたくさん冬のお祝いがあることをご存知ですか?ロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた写真とともに世界のお祭りをご紹介します!

    2016-12-25
  • ロモグラファーLee Young × XPro 200 Slide Film:写真の背景にあるニュアンス

    2016-12-29 #people Crisselda Robles の記事
    ロモグラファーLee Young × XPro 200 Slide Film:写真の背景にあるニュアンス

    ロモグラファーであるLee Youngは自分に呼びかけてくるもの、目を惹きつけるものを撮影するといいます。この独特な考えを持つロモグラファーの作品を、魅力的な XPro 200 Slide Filmの世界観とともにお楽しみください。

    2016-12-29
  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

    2017-08-24
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【ロモってどこで買えるの?】東京:直営店Lomography+ 編

    2017-08-10 lomographyplus の記事
    【ロモってどこで買えるの?】東京:直営店Lomography+ 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第一弾はもちろん、東京都千代田区外神田にある 直営店Lomography+ 。お店の雰囲気や、イチオシのカメラを直営店スタッフの sursurachan に聞いてみました!

    2017-08-10
  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

    2017-08-21
  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

    2017-07-14
  • 2017年、新年の抱負は?

    2017-01-05 #ニュース Lomography の記事
    2017年、新年の抱負は?

    2017年は残り360日。今年をすばらしい年にするためには、まず新年の抱負を決めるところから始めましょう!それに、いい写真はハッピーな日々から生まれるものです。2017年のベストショットを撮るためのアイディアや、充実した年にするためのポイントをご紹介します。

    2017-01-05