NZ ダニーデン、ニュージーランドにあるスコットランド

ダニーデンはニュージーランドの南島にある大きな街の一つです。ここは独自のスコットランド文化が根付いています。この記事と、それからもちろんたくさんのアナログ写真で、この街のおもしろいポイントをみなさんにお見せしますよ!

ダニーデンはオタゴ湾の先端に位置しています。1848年に「スコットランド自由長老教会」の人々が発見してから、この地域の植民地にとって重要な町になりました。ダニーデンという名前はスコットランドのゲール語で、スコットランドの首都であるエディンバラ(Dùn Èideann、ドニージャンと読みます)が由来になっています。この町の建築家たちはスコットランドの首都の誇りをこの地に再構築しようと試みました。

わたしたちは数日しかこの町にいませんでしたが、この町には、最低でも4つの見逃せないポイントがあります:

ボールドウィン・ストリート– Horizon Kompakt

まず始めに、この街に来た旅人のメインイベントは(だれもが言うように)ボールドウィン・ストリートです。ここはショッピングを楽しむ通りでも、古い歴史的な場所でもなく、「異常な」までの傾きがある通りで、「世界一、勾配がきつい坂道」という公式の肩書きすら持っています。このちいさな住宅街のストリートは167mの長さの間に、47mの高低差があるといわれています。もう間違いなく急な道です。駆け上がることなんてとても無理、ゆっくりゆっくりしかのぼれません。中には歩いて登りたくなくて、車を使う人もいます。(でも自分の足で登ってみなくちゃ、なにがおもしろいのかって思いますけどね!?)しかし一速にギアをいれたところで、エンジンが全力で車体を押し上げようとする悲鳴が聞こえてきますよ。ボールドウィン・ストリートを自力で登ったという証明が欲しいあなたは、そこにあるお土産やさんで、世界一急な坂を登った証明書が手に入ります:)

ボールドウィン・ストリート – Diana F+

ボールドウィン・ストリートから、シティの中心部に帰るときには、世界一の坂道を登る偉業を達成した体をやすめることにしましょう。美しく、とても大きなダニーデンの植物園が隣にあります。いろんな種類の木々や草花、自然にあふれた小高い丘があります。街の中心部にもかかわらず、のんびりできて、街中の喧騒など忘れてしまいます。自然のなかで、しずかな時間を楽しみましょう。

植物園 – Diana F+

ダニーデンの次の見どころは、列車の駅です。駅は、建築物、列車、それから本当に旅をしているんだという感覚を撮影するのにもってこいの場所です。実をいうと私は駅の大ファンなんですが、ダニーデン駅はすごく美しいです!この駅は1906年に建てられ、ニュージーランドの建築史でも有名なものです。スタイルはいわゆる「フラマン・ルネッサンス・リバイバル」で、暗い色の玄武岩、白い石とピンクの花こう岩が、建物全体をスタイリッシュでかっこよく見せています。

ダニーデン駅 – Horizon Kompakt

最後に、街を一日中を歩きまわったあとにもまだ、私たちにはある使命がありました。スコットランド様式に忠実にしたがって、パブでビールを飲むことです!ダニーデンではニュージーランド産ビール「スパイツ」が生産されています。街の中心にあるスパイツパブでビールを手に、長い一日の疲れをいやしましょう!

スパイツビールとビール工場に併設されたパブ – Diana F+ (このバーの写真はFuji Provia 400フィルムを使用し、f16の絞りで20分の長時間露光したものです。おどろくべきことに、この写真に人間ははっきりと見えません。その20分の間、バーには何人かの人が動き回っていたにも関わらずです・・・)

かーんぱーい!

2012-01-11 #places #history #beer #street #pub #parc #railway-station #location #botanical-garden #city #steep #travel-destination #travel-tips #speight-s vicuna の記事
翻訳 mizugoji

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • 【ロモってどこで買えるの?】東京:直営店Lomography+ 編

    2017-08-10
    【ロモってどこで買えるの?】東京:直営店Lomography+ 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第一弾はもちろん、東京都千代田区外神田にある 直営店Lomography+ 。お店の雰囲気や、イチオシのカメラを直営店スタッフの sursurachan に聞いてみました!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    2017-08-26 refallinsasaki の記事
    【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第二弾は京都市左京区正往寺町にある Photolabo hibiさん!普段からロモのフィルムやカメラを使っているお店の方に、個人的にイチオシのカメラや今後お店でやってみたいイベントについてお話していただきました。お近くにお住いの方は必見です!

  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!

  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Petzval 58 Bokeh Controlと冬の街へ:あしだち なお

    2018-01-12 refallinsasaki の記事
    Petzval 58 Bokeh Controlと冬の街へ:あしだち なお

    今回で Lomography Magazineには2回目の登場となる写真家の あしだち なお さん。 今回はロモグラフィーの Petzval 58 Bokeh Control Art Lensを片手に北千住・南千住の街を散策。どこか懐かしい街並みと、ぐるぐるボケが美しいポートレートをお楽しみください!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!