LC-Wide: 私の理想の恋人

2012-01-17

もうLC-Aを持っているのに、なんでまだLC-Wideが欲しいの?そう思っているあなたはLC-Wideが私のカンペキな恋人になるまでのストーリーを聞いて下さい。

LC-Wideで撮影した記念すべき1枚目のセルフポートレート。

彼が私の人生にあらわれるまでは、 LC-A はいつも私の一番のともだちでした。香港の雑踏で私たちはすれ違い、風の強いブロガの丘をいっしょに登り、冬の杭州市を訪ね、退屈ないつもどおりの日々だっていつも一緒に過ごしました。私にとってLC-Aはただのカメラではなく、私の一部だと言えます。近所に散歩に行く時、遠くへ旅をするとき、LC-Aをひとりぼっちで置いていくなんてことはしません。つまり彼といっしょじゃないぜったいに外出しないんです。ちょっと変かな?でもみなさんの中には私の言うことを心からわかってくれる人がいますよね。

2011年の5月に LC-Wide が発売されてからずっと、欲しいなーと思っていました。私みたいな自分撮りを愛する女子にとって広角レンズは抵抗しがたい魅力がありました。でもでも!私のそのときの貯蓄はなにかもっと実用的なものにつかわれるべきだとも思っていました。だからすぐにそれを買うのをじっと我慢していました。でも、試してみるだけならいいよね、と思ってともだちから借りてしまったんです。彼に感謝しながら、わたしはLC-Wideを携えて歩きまわり、世界をよりワイドな視点で見つめました。数ロール試した後はもう、自分のものを買うのを我慢できなくなってしまいました。

LC-Aと似たクールでがっしりとした見た目、手軽に使えて重量も軽く、女子の小さなハンドバッグや、男子のパンツのポケットにだって収まるサイズ!わたしはLC-Wideを数ヶ月連れて歩きました。最初の何ロールで私は完全にやられてしまいました。もうなにも言葉が出てきません。またまたちょっと変ですか?LC-Wideを持っているあなたなら私の言うことがわかってくれると思います。値段がちょっと高いという人もいるけど、正直言っていくら出してもいいってほどの価値があります!

一見クラシックのLC-Aに似ていますが、このカメラは3つのフォーマットが選べます!今までのノーマルに加えて、スクウェアフォーマット、ハーフフォーマットの選択が追加されました!クラシックのLC-Aのユーザーは多重露光ができませんでしたが、LC-Wideなら多重露光ができます!

LC-Wideで撮影した多重露光のショット。
アダプターを付けずにハーフフレームフォーマットで撮影。

すっごい広角レンズでの、いろんなフォーマットや機能での撮影はほんとに楽しいです。いまでは彼は私の生活にぜったい欠かせません!それでもとにかく、いまでもLC-Aを家にひとりで置いていったりはしませんけど。だって機能とか性能とか、良い写真がとれるとか以上のものがLC-Aとわたしの間にはあるんです。

だからLC-Aはいまだ私の一番の相棒です。それからLC-Wideは私の理想的な恋人です。ふたりとも、わたしの人生の大切なときに必ずいます。そしてこころから大事な瞬間をわたしにくれます。

さあ、あなたも一緒にLomoウォークにいきましょうか?

LOMO LC-Wide は誇るべき新開発の17mmのMinigon超広角レンズを搭載しています。この神秘の35mmフィルムカメラはあなたの撮影旅行の最高の相棒です。豊かな彩度とコントラストで生みだされた色の洪水があなたの目を奪います。3タイプのフォーマットでたくさんの可能性が追加された LC-Wide で、写真の世界の新しいとびらを開きましょう。 オンラインショップ でご購入頂けます。

2012-01-17 #gear #travel #outing #color-slides #family #wide #staff-review #people #light-painting #lc-wide #lomo #lcd #evaeva #self-portraits #malaysia #lomography #review #eva_eva #love eva_eva の記事
翻訳 mizugoji

他の記事を読む

  • 夏色に染まるフィルム

    2016-07-02 #culture lomographymagazine の記事
    夏色に染まるフィルム

    「夏」と聞くだけで、フィルムカメラを持って外に出掛けたくなるのははぜでしょうか。それはこの夏独特の「色」にあると思っています。

    2016-07-02
  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

    2016-01-29
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    2016-03-31 #people bartolomo の記事
    First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    イタリア人フォトグラファーのMarta BevacquaにLomo'Instant Wideを使っていただきました。撮ってすぐワイドサイズの写真になるLomo'Instant Wideで、どんな作品が出来上がったのでしょうか?彼女の作品とインタビューをこちらの記事でチェックしましょう!

    2016-03-31
  • なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    2016-03-17 #ビデオ lomographymagazine の記事
    なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    遠い昔、まだ写真技術が発展しておらず何も考えずにセルフィーを何百枚も撮るなんてことが出来なかった時代の写真では、人々は笑顔をみせず無表情で写っています。それは一体なぜでしょう?

    2016-03-17
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

    2016-04-05
  • Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    2016-04-22 #ニュース #gear shhquiet の記事
    Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    そよぐヤシの木、きらめく波、やすらぐフラの音色。南国ハワイのなごやかな雰囲気を身にまとった爽やかな一台が、大人気Lomo’Instantシリーズに新登場!GWのお出掛けや近所へピクニックに行かれる際、ぜひホノルルを連れて行ってください。そして撮った写真をその場でチェックしてみんなでシェアしましょう;)

    2016-04-22
  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    1
  • ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 旅人よ

    2016-09-11 lomographymagazine の記事
    ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 旅人よ

    旅の思い出をポケットにしまって、いつでも見れるようにしよう。 Lomo'Instant Automatなら、見た感動をそのまま思い出と共に瞬時に記録できます。

    2016-09-11
  • First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    2016-04-09 #ニュース #gear Lomography の記事
    First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    パリを拠点に活動しているAnna Rakhvalovaは、人が輝くその瞬間(トキ)を写す才能を持ったフォトグラファーです。彼女が撮るポートレイトは、その人の魅力がもっとも輝くアングルと明るさで表現されています。さて今回新しく誕生したDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは、果たして彼女の期待を上回ることができたのでしょうか?

    2016-04-09