カリフォルニアからフロリダへのドライブ:OK牧場とブートヒル墓地

1

アリゾナ州ツーソンから70マイル南、ハイウェイI-10を30分ほど下ったところには、かつて辺境警備隊の基地だったトゥームストーンがあります。ここはちっぽけな町でしたが、1881年10月26日の午後3時ごろに9人の男によって行われた西部開拓時代でもっとも有名なガンファイトによって有名になりました。

アリゾナ州ツーソンから70マイル南、ハイウェイI-10を30分ほど下ると、かつての辺境警備隊の基地である小さな町、トゥームストーンにたどりつきます。4.3マイル四方しかないこの町が有名な理由は、OK牧場とワイアットアープと、えーっと、「1870年代のフロンティア時代、”エイティーズ”の町の、最もよく保存された標本である」国立公園サービスより・・・って、Wikipediaによるとそういうことらしいです。

「なにそれ?」それでもまだ聞いちゃいますか?1881年10月26日の午後3時ごろに、ここで9人の男がガンファイトを行いました。西部開拓時代のもっとも有名なガンファイトです。4人の男(ドク・ホリデイ、ワイアット・アープ、バージル・アープ、モーガン・アープ)が5人の市民とOK牧場付近の空き地で戦いました。その戦いはビリー・クラントン 、フランク・マクローリー、トム・マクローリーの死によって終わりました。

歴史ずきとして湧き出てくる好奇心から、わたしはその場所の引力に完敗しました。Honey Bear’s BBQでの平凡なランチの後、そんなに興味はないんだけどアリゾナ州のフィニックスを訪れてから、ツーソンを迂回し、OK牧場での短期集中の歴史講座のために一直線に車を走らせました。

OKカフェのあるS 3rdストリートに車を停めたのはもう日没まで1~2時間にせまったときでした。バタバタと車から降りた私たちは違う時代に迷い込んでいきました。 Diana にフィルムを装填しながらトゥームストーン公園をとおり過ぎ、わき目もふらずOK牧場を目指しました。とうとう完全に、私は時を越えて過去にたどりつきました。

アメリカのほとんどの歴史的な場所がそうであるように、トゥームストーンの歴史地区の古い建物はおみやげ屋さんや小さな博物館になっていました。復元されて保存されているそれらの建物や、何台か走っている荷馬車によって西部開拓時代をいまでも感じることができます。想像力があれば、たぶんガンパウダー、ウイスキー、馬のフンのにおいや、酒場のおんなたちの笑い声までも召喚することができますよ。

車にもどったのは陽が沈む数分まえでした。わたしたちの好奇心は、まぁ今のところは、落ち着いたので帰り道につくことにしました。しかしそこでちょっと道にまよってしまって、偶然にもブートヒル墓地の駐車場にたどり着きました。

それはなんとも幸運なアクシデントでした。すぐにカメラを手にして、パーキングを横切り、ギフトショップに入りました。そこでカウンターにいた感じのいい老婦人に2ドルを寄付して、自分の名前とEメールアドレスをビジターズメーリングリストに記入しました。彼女はすべてのお墓の詳細が書かれたパンフレットをくれました。

私はパンフレットを財布に突っ込みました。陽が落ちるのは早く、残された時間はほとんどありません。ギフトショップの角のドアを出発すると、サボテンの密生した不毛の大地がゆるやかにひろがっていました。そして古いお墓には1800年代の日付が書かれていました。私はもう一瞬でも無駄にしないように撮影しました。

すべてやりつくした時、ほぼ日はしずんでいました。ギフトショップに急いで戻る最中、有名なガンファイトで殺された3人の男が眠っている場所を見つけました。

かれらの共同の墓石にはこう書いてありました。「トゥームストーンのストリートで殺された」

OK牧場は午前9時から午後5時まで開いています。ガンファイトの再現劇は午後2時です。ブートヒル墓地は当時の墓地そのままかはわかりません。ほとんどの墓標は木製で腐っているはずなのでたぶん元来のものではないですね。

2012-01-17 #world #ロケーション #travel-destination blueskyandhardrock の記事
translated by mizugoji

1 Comment

  1. izayoi7
    izayoi7 ·

    My Darling Clementine ^^)/

他の記事を読む

  • Cineフィルムが10月13日(月)に再登場!

    2014-10-10 #ニュース tomas_bates の記事
    Cineフィルムが10月13日(月)に再登場!

    今夏に発売し、即完売したCine200 Tungsten フィルムでの撮影はお楽しみいただけましたか?限定4000ということもあり、手に入れるチャンスを見逃してしまった方も多いのではないでしょうか。Cine200を楽しんでいただいた方にも、見逃してしまった方にも朗報です!なんと10月13日(月)に新しいCineフィルムが販売を開始します。時間は未定なので、開始された直後にお知らせを受け取れるように、ニュースレターとお知らせリストのご登録をお忘れなく! ※オンラインのみの受付となります。予めご了承ください。

    1
  • Lomography CINE200 Tungstenでクールな写真をとる方法

    2014-10-14 #レビュー gakurou の記事
    Lomography CINE200 Tungstenでクールな写真をとる方法

    まさか、今度のLomography CINE Tungstenフィルムが感度400なろうとは思ってもみませんでした。前と同じ200のつもりでレビュー記事を書いたのがなんだか間抜けな感じですが、せっかく書いたし、何かの参考になるかもしれないから読んでみてね。

    1
  • ここだけのコツをおさらい!: LC-Wideで陽気なロモライフを

    2015-01-21 #gear #tipster cheeo の記事
    ここだけのコツをおさらい!: LC-Wideで陽気なロモライフを

    ウルトラ・ワイドで、超・頼りがいのある Minigonレンズが特徴的なLomo LC-Wide。その優れたキャラクターから、私達コミュニティのメンバーからも絶大な人気を得ています。 あなたもここで紹介するいくつかのシンプルなコツを一つか二つモノにすれば、このカメラがなぜそんなにも人気なのかきっとわかるはず!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • インスタントフィルムを使ってコラージュ写真

    2014-10-30 #gear #tipster mafiosa の記事
    インスタントフィルムを使ってコラージュ写真

    写真を撮影する前に誤ってインスタントバックのイジェクトボタンを押したことがある人?そんな人は、 何も写っていないインスタント写真を見て、なんてもったいないことをしたんだと思ったことがあるでしょう。しかし、それも今日で終わりです。この空っぽのフィルムを使ってかっこいいコラージュを作ることができるのです!

    1
  • LomoAmigo:Asher Moss、Lomo'Instantで撮る

    2014-12-11 #people #Lomoamigos antoniocastello の記事
    LomoAmigo:Asher Moss、Lomo'Instantで撮る

    ロモグラフィーはAsher Mossの写真が大好きです!彼はもう何度もLomoAmigoとして登場しており、その度に新しいことにチャレンジしていただいてます。そんな彼にLomo'Instantを渡し、帰ってきた彼の写真がこちらです。

  • Ines Rehbergerに訊く、アナログ写真の5つの質問

    2015-05-28 #people #ライフスタイル zonderbar の記事
    Ines Rehbergerに訊く、アナログ写真の5つの質問

    この「アナログ写真の5つの質問」シリーズは、傑出した才能とカメラへの情熱を兼ね備えたフイルムフォトグラファーたちに5つの質問をし、かれらのアナログ写真に対する熱い思いを垣間見ようというものです。もちろん素敵な写真も忘れてはいません!今回はInes Rehbergerさんが私達の質問に答えてくれます。ブラウンシュバイク (Braunschweig) 生れの女性フォトグラファーである彼女について、この記事で詳しくご紹介します。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • 空に浮かんだ幻想的な写真を撮ってみよう

    2014-12-14 #gear #tipster hodachrome の記事
    空に浮かんだ幻想的な写真を撮ってみよう

    空に浮かんだ城、ビル群、島、人物…。皆さんはこういった幻想的で不思議な写真を見たことはありませんか?これはスプリッツァーを使った多重露光のテクニックの一つで、ちょっとコツを覚えておくだけで誰でもかんたんに幻想的で魅力的な写真を撮ることができちゃいます。

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • LomoChrome Turquoise Filmを裏返してみる

    2015-06-26 #gear #ライフスタイル Eunice Abique の記事
    LomoChrome Turquoise Filmを裏返してみる

    LomoChrome Turquoiseフイルム。その視線を釘付けにする予測不可能な色彩は極めて印象的だ。そこで私は考えた。これと 「レッドスケール」 を組み合わせたら、さらに劇的な結果が得られるのではないかと。意外なことに、撮影した写真のカラーパレットはLomoChromeTurquoiseの柔らかで繊細な側面を顕わにするものだった。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    2015-05-15 #world #ライフスタイル #ロケーション pan_dre の記事
    Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    勇猛果敢の名高い旅行者でさえ、北極と南極へと出航出来ることは稀。しかし、コミュニティーでは“stouf”の名で知られるあのロモグラファーが、この両極地帯へと足を踏み入ることを許された。この珍しい目的地への貴重な訪問は彼の職業上の理由によるものであったが、信頼できるカメラとお気に入りのフイルムを一緒に持って行き、調査旅行の様子を撮影することも、忘れられてはいなかった。

  • LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    2015-06-04 #people #ライフスタイル #Lomoamigos Jill Tan Radovan の記事
    LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    ロモグラファーLomoKevとして知られるKevin Meredithは、イングランドのブライトンを拠点に活動する写真家です。彼はLomo LC-Aを愛用しており、写真を撮るときのロモグラフィックなスタイルで有名になりました。個人的なフォトプロジェクト、仕事でのプロジェクトに没頭しながら、写真のワークショップの運営や写真関連の本の出版を行い、様々な展示会にも参加しています。彼の写真に対する情熱の高さから、彼がNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensのプロトタイプでテスト撮影を行う写真家に選ばれたのも納得です!

  • LomoAmigos: monogram店長 東尚代、Lomo LC-A 120で撮る

    2015-05-14 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: monogram店長 東尚代、Lomo LC-A 120で撮る

    東京の学芸大学駅のmonogramはカメラやカメラグッズの販売の他に、現像サービスやギャラリーを展開しており、写真好きにとってはたまらない空間となっています。そんなmonogramの店長である東尚代さんにLomo LC-A 120を試していただきました!普段からフィルムに慣れ親しんでいてロモグラフィーの商品も使い慣れている東さんは、一体どのようなスクエアショットをLC-A 120で写したのでしょうか?