カリフォルニアからフロリダへのドライブ:OK牧場とブートヒル墓地

2012-01-17 1

アリゾナ州ツーソンから70マイル南、ハイウェイI-10を30分ほど下ったところには、かつて辺境警備隊の基地だったトゥームストーンがあります。ここはちっぽけな町でしたが、1881年10月26日の午後3時ごろに9人の男によって行われた西部開拓時代でもっとも有名なガンファイトによって有名になりました。

アリゾナ州ツーソンから70マイル南、ハイウェイI-10を30分ほど下ると、かつての辺境警備隊の基地である小さな町、トゥームストーンにたどりつきます。4.3マイル四方しかないこの町が有名な理由は、OK牧場とワイアットアープと、えーっと、「1870年代のフロンティア時代、”エイティーズ”の町の、最もよく保存された標本である」国立公園サービスより・・・って、Wikipediaによるとそういうことらしいです。

「なにそれ?」それでもまだ聞いちゃいますか?1881年10月26日の午後3時ごろに、ここで9人の男がガンファイトを行いました。西部開拓時代のもっとも有名なガンファイトです。4人の男(ドク・ホリデイ、ワイアット・アープ、バージル・アープ、モーガン・アープ)が5人の市民とOK牧場付近の空き地で戦いました。その戦いはビリー・クラントン 、フランク・マクローリー、トム・マクローリーの死によって終わりました。

歴史ずきとして湧き出てくる好奇心から、わたしはその場所の引力に完敗しました。Honey Bear’s BBQでの平凡なランチの後、そんなに興味はないんだけどアリゾナ州のフィニックスを訪れてから、ツーソンを迂回し、OK牧場での短期集中の歴史講座のために一直線に車を走らせました。

OKカフェのあるS 3rdストリートに車を停めたのはもう日没まで1~2時間にせまったときでした。バタバタと車から降りた私たちは違う時代に迷い込んでいきました。 Diana にフィルムを装填しながらトゥームストーン公園をとおり過ぎ、わき目もふらずOK牧場を目指しました。とうとう完全に、私は時を越えて過去にたどりつきました。

アメリカのほとんどの歴史的な場所がそうであるように、トゥームストーンの歴史地区の古い建物はおみやげ屋さんや小さな博物館になっていました。復元されて保存されているそれらの建物や、何台か走っている荷馬車によって西部開拓時代をいまでも感じることができます。想像力があれば、たぶんガンパウダー、ウイスキー、馬のフンのにおいや、酒場のおんなたちの笑い声までも召喚することができますよ。

車にもどったのは陽が沈む数分まえでした。わたしたちの好奇心は、まぁ今のところは、落ち着いたので帰り道につくことにしました。しかしそこでちょっと道にまよってしまって、偶然にもブートヒル墓地の駐車場にたどり着きました。

それはなんとも幸運なアクシデントでした。すぐにカメラを手にして、パーキングを横切り、ギフトショップに入りました。そこでカウンターにいた感じのいい老婦人に2ドルを寄付して、自分の名前とEメールアドレスをビジターズメーリングリストに記入しました。彼女はすべてのお墓の詳細が書かれたパンフレットをくれました。

私はパンフレットを財布に突っ込みました。陽が落ちるのは早く、残された時間はほとんどありません。ギフトショップの角のドアを出発すると、サボテンの密生した不毛の大地がゆるやかにひろがっていました。そして古いお墓には1800年代の日付が書かれていました。私はもう一瞬でも無駄にしないように撮影しました。

すべてやりつくした時、ほぼ日はしずんでいました。ギフトショップに急いで戻る最中、有名なガンファイトで殺された3人の男が眠っている場所を見つけました。

かれらの共同の墓石にはこう書いてありました。「トゥームストーンのストリートで殺された」

OK牧場は午前9時から午後5時まで開いています。ガンファイトの再現劇は午後2時です。ブートヒル墓地は当時の墓地そのままかはわかりません。ほとんどの墓標は木製で腐っているはずなのでたぶん元来のものではないですね。

2012-01-17 #places #location #travel-destination blueskyandhardrock の記事
翻訳 mizugoji

ホリデーシーズンがやってきた!ロモグラフィーのホリデー特集ページでは、ホリデー限定のコンペティションや、 クイズを開催中!大切な人へのクリエイティブなプレゼントをお探しの方はこちらのページをチェック!

1 Comment

  1. izayoi7
    izayoi7 ·

    My Darling Clementine ^^)/

他の記事を読む

  • あなたの「インスタント写真」の写真をシェアしよう!:Lomo’Instant Wide

    2016-12-04 #tutorials #ビデオ Lomography の記事
    あなたの「インスタント写真」の写真をシェアしよう!:Lomo’Instant Wide

    Lomo'Instant Wideでベストショットが撮れたら、もちろん誰かに自慢したくなりますよね。そんなときは「インスタント写真」の写真を撮ってシェアしましょう!ここでは様々なインスタント写真の見せ方をご紹介します。

    2016-12-04
  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

    2017-04-27
  • 女性として、世界を旅することについて。

    2017-03-07 #places Kamila Stanley の記事
    女性として、世界を旅することについて。

    女性が一人旅に出る理由は、たくさんあります。自分がちっぽけな存在だと知るため、成長するため、言葉を学ぶため、失恋から立ち直るため、世界の不条理をこの目で見るため、そして自分の人生を少しだけ変えるため。一人旅をしているとよく言われる言葉がいくつかあります。

    2017-03-07
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 休暇を思い切り楽しむための5つの方法

    2016-12-13 #ニュース lomographymagazine の記事
    休暇を思い切り楽しむための5つの方法

    どこからともなく鈴の音が聴こえてきそうな、一年でもっとも楽しいシーズンがやって来ました!今日はみなさまに、忙しい仕事から解放されて休暇中を思いっきり楽しくクリエイティブに過ごすための5つの方法をご紹介します。ゆっくりお気に入りのコーヒーや紅茶でも飲みながら、ロモグラフィーからの愉快な提案をご覧ください!

    2016-12-13
  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『都会探検家』大賞発表

    2017-05-28 #ニュース Lomography の記事
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『都会探検家』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『都会探検家』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

    2017-05-28
  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『インスタント』大賞発表

    2017-06-01 #ニュース Lomography の記事
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『インスタント』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『インスタント』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

    2017-06-01
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    2017-03-20 #ニュース lomographysoholondon の記事
    LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    ロモグラフィーのイギリス支店のスタッフHannah BrownがLomoChrome PurpleとLC-Wideを使ってカラフルなパノラマ写真を撮影!ここでは作品とともに、彼女のワイドアングルカメラへの情熱と現像されるまで結果がわからないフィルム写真の魅力について語ってもらいました!!

    2017-03-20
  • Lomo LC-A が捉えた瞬間(Part 2)

    2017-06-12 Eunice Abique の記事
    Lomo LC-A が捉えた瞬間(Part 2)

    何年にもわたって時代を見つめ、人々の人生の転機を切り取り、一生に一度の想い出を残してくれる信頼できる相棒として愛されてきたLC-A。その誕生日を記念して、世界のロモグラファーがこの魅力的なアナログカメラと自らの人生の繋がりを語る「LC-Aが捉えた瞬間」、第二弾はどんなストーリーが飛び出すのでしょうか!

    2017-06-12
  • ロモグラファーの週末チェックリスト:フォトグラファーの春の大掃除!

    2017-04-14 #tutorials lomographymagazine の記事
    ロモグラファーの週末チェックリスト:フォトグラファーの春の大掃除!

    待ちに待った春がやってきました!冬の眠りから目覚めて、新しい季節をフレッシュに始めましょう!まずは撮りためた写真やカメラを整理整頓するところから始めてみませんか?

    2017-04-14
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    2017-10-20 #ビデオ choko3 の記事
    【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    25周年を記念して『ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ』開催決定!Lomographyの代表的なフィルムカメラ LOMO LC-A+ と、さらにその他たくさんのカメラを使って撮影を楽しみながら、原宿や渋谷の街を撮り歩きます。フィルムカメラを使ったことがない人も、スタッフがフィルムの入れ方からレクチャーします!

    2017-10-20
  • Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    2017-03-16 #ニュース lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    性的対象として見られがちな女性の身体については多くの議論があります。それは実際のところ何を意味し、どのような影響を及ぼしているのでしょうか。ここでは、女性を写した写真とともにその真髄に迫ります。

    2017-03-16
  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

    2017-11-18