ニュージーランド うつくしいオタゴ半島

ダニーデンを発ち、ニュージーランドの旅の次の目的地は美しいオタゴ半島です。そこでぜったいに見逃せないもの – それはのんびりとビーチで日光浴をするトドとペンギンたちです。

ダニーデンでの短い滞在の後は、( 前回のロケーションはこちら )ダニーデンの街と港の北東に位置するオタゴ半島で過ごしました。この半島にある面白い場所、海岸、砂浜などを訪れるためには、最低でも丸一日いることが必要です。私たちが行ってみて、あなたにも強くオススメする場所をご紹介します。

最初に行くのにベストな場所は、この半島の先端、タイアロア・ヘッドと呼ばれる場所です。ダニーデンからタイアロまでの道は風光明媚で、ダニーデン港と湾が非常に狭いために海岸の向こう岸がいつも見えます。タイアロアへのちょうど真ん中あたりで、ブロード湾に立ち寄りました。ここはその大きさではなくて、干潮のときたくさんの鳥たちが湾に食事に来ることでとてもおもしろいところなんです。この湾に訪れてからヘッドに向かいましたが、そこにたどりつくと目の前にひろがる景色に言葉を失いました。大きな岩のなかの灯台がこのとても長い半島の先端にあり、すばらしい眺めが楽しめます。

タイアロアは、シロアホウドリの生息地としても知られていて、かれらの貴重な巣があります。でも私たちが行ったのは7月だったので、彼らは子供をつれて群れをなして、既に他の地方に渡りはじめていました。だから彼らが大量にいるところを見ることができませんでしたが、それでもたくさんの鳥がいましたよ!

タイアロア・ヘッドとブロード湾 – Horizon Kompakt

タイアロアを後にして、来た道をちょっと戻ってから半島の反対側に向かいました。大きな砂浜は南太平洋に面しています。私たちはそこのミステリアスなピラミッドについて聞いたことがあり、ぜったい見に行こうと思っていました。そして道に迷いながら、とうとう「ザ・ピラミッド」と呼ばれる場所にたどり着きました。実のところ、ピラミッドはビクトリア・ビーチに行く途中にある、大きくひらけた場所に自然にできた2つの三角形の岩のことです。私たちはてっぺんからの景色がみたくて、その2つのピラミッドをのぼる欲求を抑えられませんでした。(小さいほうは簡単でした・・・)大きな砂浜であるビクトリア・ビーチへの道からも外れたこの場所には、完全に私たちしかいませんでした。ほかの誰もいなくて、いま私たちだけのためにこの場所があることに感激してしまいました。ほんとうに神秘的でした!

The Pyramids and Victoria Beach – Horizon Kompakt

最後にオタゴ半島で見逃せない場所は、サンドフライビーチです。ここはトドとペンギンの生息地としてとても有名です。そんなのぜったいに行くしかないでしょ!ここでもなんの標識も矢印もなかったので道を間違えてしまいましたが、それは新しい場所を探検するときにつきもののアドベンチャーってものです。とうとう突き当りにたどりつき、駐車し、小道にそってビーチに向かいました。砂浜はうつくしく、そこには先客がいました。砂浜に寝転がったトドが、だらだらと日光浴を楽しんでいました。ちゃんとルールを守ってかれらの邪魔をしなければ、トド達はそんなに危険ではありあせん。もちろん、近づきすぎたり、母と子の間に割って入ったりしたら、間違いなく彼らは怒るでしょう。そして彼らはとても太って重たくみえるけれども、実はとても早く走れるんです!だから、常に数メートルは離れて、絶対に彼らと海の間を歩かないようにしましょう。(海は彼らが逃げこむ場所なので)そしてもちろん決して母と子の間にも入っていってはいけません。このことを頭にいれておけば、彼らの観察をビーチで楽しむことができるできます。ビーチのはじの方は隠れた観測所があり、ペンギン、オットセイ、トドが海での食事から帰ってくるところを見ることができます。とにかくそこに座って、観測を楽しみましょう!

サンドフライビーチ – Diana F+/Horizon Kompakt

関連記事
NZ ダニーデン、ニュージーランドにあるスコットランド
NZ モエラキ・ボールダーズ:エイリアンの卵を発見?
NZ テカポ湖と善き羊飼いの教会
NZ オークランド マウントイーデンパーク
NZ、オークランドのスカイタワー

2012-01-21 #places #peninsula #beach #location #travel-destination #sea #mountains #travel-tips #landscape vicuna の記事
翻訳 mizugoji

他の記事を読む

  • STAY FOCUSED: ミステリープロダクト!

    2016-04-04 #ニュース #gear Lomography の記事
    STAY FOCUSED: ミステリープロダクト!

    ええ、あなたの目はうそを言ってはいません...。私たちロモグラフィーは、新しい製品の発表に向けて最終準備をしているところです!これからいくつかヒントを出していくので、息をついて落ち着いて、物の見方を変えて、集中していてください。

  • あれも顔?これも顔?毎日が楽しくなる顔フォトコンテスト

    2015-09-09 #ニュース #people ciscoswank の記事
    あれも顔?これも顔?毎日が楽しくなる顔フォトコンテスト

    世の中にあふれる「顔」に見えるものたち。そんな隠れた「顔」を写した写真のコンテストが開催されています!普段は気づかない隠れたものに対する視点を持つことを目的としたこのコンテスト。あなたも参加して、いつもとは違うものの見方を養ってみませんか?

  • 楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    2015-06-03 #places Jill Tan Radovan の記事
    楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    旅する人が求めて止まないのは、普段出来ないような特別な体験ですが、誰もが生涯に一度といった冒険と巡り合う訳ではありません。チャンスが訪れた時、Stephane Heinzさん (ロモグラフィー・コミュニティーではvicunaの名でよく知られていますね) はこれを逃さず、フランスのホームタウンから遠く離れた地への旅と、そこでの生活を見事掴み取る事が出来ました。妻のKathiさんと揃って帰国した彼の手にする旅行鞄は、貴重な経験と、人生の教訓でいっぱいでした。今回のトラベルキャンペーンの場を利用して、彼の4年に亘る仏領ポリネシアでの冒険についてvicunaに語ってもらいましょう。

    2
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • Lomo'Instantでその時の環境を写し出そう

    2015-07-13 #ニュース #gear #places shhquiet の記事
    Lomo'Instantでその時の環境を写し出そう

    あなたが次にLomo'Instantと一緒に街を散策する時、これから紹介するテクニックを試すのにちょうど良いかも!最初に素敵な場所を見つけて、Lomo'Instantでインスタント写真に残しましょう。その写真が浮かび上がったら、撮影した場所と同じ場所でその写真を持って、他のカメラでその写真と場所を含んだ写真を撮影してみましょう。口で説明してもちょっと想像がつきにくいかも知れませんね。一体どういうことなのか、この記事の写真で説明します!

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #tutorials ciscoswank の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 『ダゲレオタイプ』にまつわる19世紀当時の人々の苦労話

    2016-05-02 #ニュース #gear Lomography の記事
    『ダゲレオタイプ』にまつわる19世紀当時の人々の苦労話

    1839年に誕生した『ダゲレオタイプ(銀板写真)』。撮影から現像までの全工程で様々な機材が必要で、フォトグラファーは機材の持ち運びに大変苦労しました。また撮影される側も10~30分と長い間じっとしていなくてはならず、同じく大変な思いをしていました。それでもなお、ダゲレオタイプは19世紀当時の大発明であり、今日の写真には欠かせない存在です。

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    2016-03-17 #ビデオ lomographymagazine の記事
    なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    遠い昔、まだ写真技術が発展しておらず何も考えずにセルフィーを何百枚も撮るなんてことが出来なかった時代の写真では、人々は笑顔をみせず無表情で写っています。それは一体なぜでしょう?

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • ロンドンに入りては

    2015-06-11 #places jporacion の記事
    ロンドンに入りては

    見知らぬ事物との出会いが、旅を忘れられない体験にする。旅先では、土地の雰囲気、人や文化も、勝手知ったる故郷の慣わしとは、また違うもの。フィリピンからやって来た私にとって、イギリスは未知で満ちていた。その中でも際立っていたのが、ロンドンの町だ。

  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。