ニュージーランド うつくしいオタゴ半島

2012-01-21

ダニーデンを発ち、ニュージーランドの旅の次の目的地は美しいオタゴ半島です。そこでぜったいに見逃せないもの – それはのんびりとビーチで日光浴をするトドとペンギンたちです。

ダニーデンでの短い滞在の後は、( 前回のロケーションはこちら )ダニーデンの街と港の北東に位置するオタゴ半島で過ごしました。この半島にある面白い場所、海岸、砂浜などを訪れるためには、最低でも丸一日いることが必要です。私たちが行ってみて、あなたにも強くオススメする場所をご紹介します。

最初に行くのにベストな場所は、この半島の先端、タイアロア・ヘッドと呼ばれる場所です。ダニーデンからタイアロまでの道は風光明媚で、ダニーデン港と湾が非常に狭いために海岸の向こう岸がいつも見えます。タイアロアへのちょうど真ん中あたりで、ブロード湾に立ち寄りました。ここはその大きさではなくて、干潮のときたくさんの鳥たちが湾に食事に来ることでとてもおもしろいところなんです。この湾に訪れてからヘッドに向かいましたが、そこにたどりつくと目の前にひろがる景色に言葉を失いました。大きな岩のなかの灯台がこのとても長い半島の先端にあり、すばらしい眺めが楽しめます。

タイアロアは、シロアホウドリの生息地としても知られていて、かれらの貴重な巣があります。でも私たちが行ったのは7月だったので、彼らは子供をつれて群れをなして、既に他の地方に渡りはじめていました。だから彼らが大量にいるところを見ることができませんでしたが、それでもたくさんの鳥がいましたよ!

タイアロア・ヘッドとブロード湾 – Horizon Kompakt

タイアロアを後にして、来た道をちょっと戻ってから半島の反対側に向かいました。大きな砂浜は南太平洋に面しています。私たちはそこのミステリアスなピラミッドについて聞いたことがあり、ぜったい見に行こうと思っていました。そして道に迷いながら、とうとう「ザ・ピラミッド」と呼ばれる場所にたどり着きました。実のところ、ピラミッドはビクトリア・ビーチに行く途中にある、大きくひらけた場所に自然にできた2つの三角形の岩のことです。私たちはてっぺんからの景色がみたくて、その2つのピラミッドをのぼる欲求を抑えられませんでした。(小さいほうは簡単でした・・・)大きな砂浜であるビクトリア・ビーチへの道からも外れたこの場所には、完全に私たちしかいませんでした。ほかの誰もいなくて、いま私たちだけのためにこの場所があることに感激してしまいました。ほんとうに神秘的でした!

The Pyramids and Victoria Beach – Horizon Kompakt

最後にオタゴ半島で見逃せない場所は、サンドフライビーチです。ここはトドとペンギンの生息地としてとても有名です。そんなのぜったいに行くしかないでしょ!ここでもなんの標識も矢印もなかったので道を間違えてしまいましたが、それは新しい場所を探検するときにつきもののアドベンチャーってものです。とうとう突き当りにたどりつき、駐車し、小道にそってビーチに向かいました。砂浜はうつくしく、そこには先客がいました。砂浜に寝転がったトドが、だらだらと日光浴を楽しんでいました。ちゃんとルールを守ってかれらの邪魔をしなければ、トド達はそんなに危険ではありあせん。もちろん、近づきすぎたり、母と子の間に割って入ったりしたら、間違いなく彼らは怒るでしょう。そして彼らはとても太って重たくみえるけれども、実はとても早く走れるんです!だから、常に数メートルは離れて、絶対に彼らと海の間を歩かないようにしましょう。(海は彼らが逃げこむ場所なので)そしてもちろん決して母と子の間にも入っていってはいけません。このことを頭にいれておけば、彼らの観察をビーチで楽しむことができるできます。ビーチのはじの方は隠れた観測所があり、ペンギン、オットセイ、トドが海での食事から帰ってくるところを見ることができます。とにかくそこに座って、観測を楽しみましょう!

サンドフライビーチ – Diana F+/Horizon Kompakt

関連記事
NZ ダニーデン、ニュージーランドにあるスコットランド
NZ モエラキ・ボールダーズ:エイリアンの卵を発見?
NZ テカポ湖と善き羊飼いの教会
NZ オークランド マウントイーデンパーク
NZ、オークランドのスカイタワー

2012-01-21 #places #mountains #sea #landscape #location #beach #peninsula #travel-destination #travel-tips vicuna の記事
翻訳 mizugoji

他の記事を読む

  • ある種の魔法としての人生(写真):Rita Cordeiro

    2017-01-02 #culture #people breaking_the_skys の記事
    ある種の魔法としての人生(写真):Rita Cordeiro

    SNSと密接に結びついたデザイン芸術、織物、そして写真をすべて融合させたら何が起こるでしょう?それは魔法のような出来事です。少なくとも、Rita Cordeiroはそう呼びます。今日は彼女のInstagramから、個人的もしくはブランドのために撮影された美しい写真たちをご紹介いたします!

  • 《あと4日》ミステリープロダクト... ヒントその2

    2017-08-25 #ニュース Lomography の記事
    《あと4日》ミステリープロダクト... ヒントその2

    ついに、あと4日で新しいロモグラフィーのプロジェクトがスタートします!そして今日、第二弾のヒントを発表します。答えがわかったら、ぜひコメント欄に書いてみてくださいね。第二弾のヒントはこちら!

  • ロモグラファーのための今年の写真トレンド5選!

    2017-01-22 #culture lomographymagazine の記事
    ロモグラファーのための今年の写真トレンド5選!

    2017年はフィルム写真のさらなる復活と活躍が期待されています。そこで今日は、ロモグラフィーのコミュニティー(そして世界中!)で今年注目を浴びそうな写真のトレンドをご紹介致します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials lomographymagazine の記事
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

    2017-08-27
  • いま「古い」が「新しい」!!: フィルム写真の良さとは?

    2017-01-28 #culture lomographymagazine の記事
    いま「古い」が「新しい」!!: フィルム写真の良さとは?

    たしかにフィルムカメラは、今の写真業界の主流ではないかもしれません。しかし、アートフォトの分野におけるフィルムカメラユーザーの多さを見逃すことはできません。今日は、フィルム写真ならではの良さを写真とともにご紹介いたします!

    2017-01-28
  • 女性として、世界を旅することについて。

    2017-03-07 #places Kamila Stanley の記事
    女性として、世界を旅することについて。

    女性が一人旅に出る理由は、たくさんあります。自分がちっぽけな存在だと知るため、成長するため、言葉を学ぶため、失恋から立ち直るため、世界の不条理をこの目で見るため、そして自分の人生を少しだけ変えるため。一人旅をしているとよく言われる言葉がいくつかあります。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Tristan Aitchison × LC-Wide:North Coast 500を横断する旅の記録

    2017-05-06 #ニュース lomographysoholondon の記事
    Tristan Aitchison × LC-Wide:North Coast 500を横断する旅の記録

    Tristan Aitchisonはイギリスを拠点とする映画監督、写真家です。今回、彼はスコットランド高地の最北を横断する500マイルの旅をLC-Wideで記録してくれました!この美しい場所で彼が出会った丘やビーチ、風景を写真を通じて一緒に発見しましょう!

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

    2017-04-27
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lomo'Instant Automat Glassの第一印象:Alex Totaro

    2017-06-27 #ニュース #people lomographysoholondon の記事
    Lomo'Instant Automat Glassの第一印象:Alex Totaro

    Alex Totaro がSNSに投稿した Lomo'Instant Automat Glass の写真を発見した私たちロモグラフィーは、カメラの第一印象とともに撮影のコツについて彼にインタビューしました!彼がロンドンのバービカン・センターやイギリス各地で撮影した写真をご紹介します。

  • 美しい生命のサイクル:Hendra Lauw × Petzval 58 Bokeh Control Art Lens

    2017-03-20 crissyrobles の記事
    美しい生命のサイクル:Hendra Lauw × Petzval 58 Bokeh Control Art Lens

    シンガポールを拠点とするフォトグラファー・Hendra LauwはPetzval 58 Bokeh Control Art Lensで、苦難を耐え忍び美しく咲き、そして枯れていく蓮の花の一生を描き出しました。この美しくも儚い生命のサイクルは私たちの人生にも重ね合わせることができるでしょう。

  • Lomography Lady Grey 400でアーティスティックな写真を撮ろう!

    2017-01-07 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    Lomography Lady Grey 400でアーティスティックな写真を撮ろう!

    素晴らしい写真家たちも利用するテクニックの一つはモノクロを上手く活用することです。ここではそのヒントとなる、Lomography Lady Grey 400で撮影された作品をご紹介いたします!