カリフォルニアからフロリダへのドライブ:テキサス州エルパソ

アメリカとメキシコの国境ちかくの町エルパソは、麻薬密売組織で有名なメキシコのシウダーファレスの隣にありますが、フレンドリーな小さな町です。ここは風光明媚とかバケーションのための町とかいうわけではありません。でも独特の魅力があります・・・ただぜったいに夜に出歩いたらだめですよ・・・

「エルパソはアメリカで二番目に安全な町です。」エルパソ歴史博物館の向かいにある市民センターに行った時、ビジターセンターにいたすてきな女性が堂々と宣言しました。「ほんとですよ。私たちのウェブサイトにある記事を読んでみて。私はカリフォルニアから数年前にここに越してきたんだけど、ここがすっごく気に入っているの。」

私はうなずいて、彼女の親切に笑いかけながら、頭の中では猜疑心でいっぱいでした。麻薬密売組織に支配された町、メキシコのシウダーファレスに寄り添うようにある場所だし、昨晩おそくにホテルにチェックインした時に、ホテルからも夜間はほんの少しも出歩くなと強く勧告されていました。

それでも、私たちはここで夜を過ごすことに決めました。日が沈んでからアリゾナ州のトゥームストーンを出発したし、次の目的地であるサンアントニオまでは13時間離れていましたので。

(ところで、女性が言っていたことは本当だとはっきり言っておきましょう。ワシントンのCQ Pressという会社の調査によると、アメリカの都市でエルパソより安全なのはハワイのホノルルだけでした。もちろん他のよく知られた会社による似たようなリサーチの結果はCQ Pressと同じになるかはわかりません。まあ、でもそこはともかく。)

でも日中は、町は確かに安全でした。町の規模は小さいけれども、面白い人々、建物、アトラクションがいくつかあります。市民センター前には、博物館、映画館、ホテル、コンベンションセンターなど、必要な施設がひととおりあります。建築物は簡素で、畏敬の念を起こさせるものではありませんが、独特のあじわいがあります。数ブロック西にいったところにユニオンステーションがあり、そこの機関車博物館ではヴィンテージの列車を見ることができます。

ビジターセンターを離れ、ゴールデンホースシュー地区を登ったり降りたりして数ブロック行くと午前10時ごろでした。町の人々はスペイン語を話し、親切でフレンドリーです。もちろん、私たちに品物を買って欲しくて親切にしてくれるんですけど。

ゴールデンホースシュー地区は知ってのとおり、エルパソのロデオドライブです。値段的には、貴方の財布が火をふくほどではないです。商品はだいたいおとなりのメキシコからの輸入品で、高級感あるロデオドライブというよりも、フィリピンのディビソリアマーケットのような感じです。風変わりなスパニッシュスタイルのカフェやかわいいヴィンテージショップはここにはありませんが、良し悪しを見分ける目と忍耐がある人は、きっとなにか良いものを見つけられるでしょう。服から宝石、おもちゃからキッチンウェアまでいろいろあります。

ランチの後、また車に乗り込みました。アラモ砦が我々を待っています。でもエルパソを離れる前に一箇所だけ立ち寄るところが残っていました。これはビジターセンターの親切な女性が特別に教えてくれた場所でした。I-10を西にすすみ、ウッドロウビーン出口からトランスマウンテン通りに出ます。フランクリン山にあるこの道沿いには休憩所があり、そこからエルパソとシウダーファレスの町が一望できます。

太陽が空高い位置にあるときは、風景はロマンチックとはいえないんですが、これだけは確実です。ヘミングウェイの言葉を借りるならば「夜ともなると話は別」ってことです。熱と湿度に覆われて2つの国が共存している光景。このように2つの国を同時に見るのは非日常なことです。わたしが住んでいるのは、世界で3番目に大きい国(国土の大きさという点で)ですが、アメリカ本土が国境沿いに接しているのはカナダとメキシコだけです。
そこで数分間たたずんだ後に、西に向けて出発しました。さっきも言いましたが、アラモが待っています。

エルパソについてもっと知りたい方は、http://visitelpaso.com/を見てください。もしそのあと、州間高速道路10号を西に向かうなら、49出口で降りて北に向かうとCattleman’s Steakhouse(牛飼いのステーキハウス)という店があります。ここのステーキはアメリカ中でもかなりおいしいと言われていますよ。

2012-01-25 #places #road-trip #location #travel-destination #us-mexico-border #golden-horseshoe-district #i-10-summer-vacation-xpro-cross-processed blueskyandhardrock の記事
翻訳 mizugoji

【25周年アニバーサリー限定エディション】Lomography生誕25周年記念として Lomo LC-Aシリーズのカメラが限定デザインで登場!ブラウンの本革に25周年アニバーサリーのロゴが入ったスペシャルなエディションです。オンラインショップまたは直営店Lomography+にて販売中。限定生産なのでお早めにどうぞ!

他の記事を読む

  • 女性として、世界を旅することについて。

    2017-03-07 #places Kamila Stanley の記事
    女性として、世界を旅することについて。

    女性が一人旅に出る理由は、たくさんあります。自分がちっぽけな存在だと知るため、成長するため、言葉を学ぶため、失恋から立ち直るため、世界の不条理をこの目で見るため、そして自分の人生を少しだけ変えるため。一人旅をしているとよく言われる言葉がいくつかあります。

    2017-03-07
  • 3種類のフォーマットが楽しめるLC-Wideでいろんな撮影に挑戦しよう!!

    2017-06-02 trifivy の記事
    3種類のフォーマットが楽しめるLC-Wideでいろんな撮影に挑戦しよう!!

    LC-A+の魅力をそのままに、超広角レンズを搭載したLC-Wide。ですが、凄いのはレンズだけではありません!LC-Wideならフォーマットを変えて何通りも楽しめることをご存知ですか?今日はロモグラフィーのコミュニティーから、LC-Wideを使って色んなフォーマットで撮影した作品をご紹介します!!

    2017-06-02
  • 果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    2017-03-14 #culture #people #places Katherine Phipps の記事
    果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    アーティストでありフォトグラファーのEva ZarはSNSに投稿された写真からは感じることのできない、親密で壊れやすい瞬間を探求します。彼女の風変わりで気まぐれなスタイルはヨーロッパとニューヨークいずれにおいても雑誌社やブランドからの注目を集めています。今回は彼女にLomoAmigoとしてLomo'Instant Wideによる作品をご紹介して頂きました!

    2017-03-14
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    2017-03-16 #ニュース lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    性的対象として見られがちな女性の身体については多くの議論があります。それは実際のところ何を意味し、どのような影響を及ぼしているのでしょうか。ここでは、女性を写した写真とともにその真髄に迫ります。

    2017-03-16
  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

    2017-08-24
  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    2017-10-12 refallinsasaki の記事
    初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    まだ、 LomoChrome Purple を使ったことがない?「実際、上手く使いこなせるかな?」と迷っている人にオススメしたいのが Simple Use Film Camera LomoChrome Purple 。すでにフィルムが装填されているので、買ったらすぐに撮影をスタートできます!

    2017-10-12
  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

    2017-07-14
  • 【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    2017-03-21 #tutorials #ビデオ lomographymagazine の記事
    【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    フィルムを自分でスキャンすると色んな利点があるってご存知ですか?毎回のデータ化のコストもかからないし、現像所では取り扱ってくれないフォーマットのフィルムもスキャンできちゃいます。フィルムスキャンにまだ挑戦したことの無い方のためにスキャナ選びの注意点と便利なツールをご紹介!

    2017-03-21
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 色彩の持つ力:Arthur x Lomography F²/400 Color Negative Film

    2017-03-11 #gear lomographymagazine の記事
    色彩の持つ力:Arthur x Lomography F²/400 Color Negative Film

    Arthur Pangは香港の写真家。彼はプロダクト撮影や、野生生物の撮影を手がけていますが、一番好きなのはストリート写真だと語ります。今回彼にLomography F²/400 Color Negative Filmでありとあらゆる色を街中で撮影してもらいました!

    2017-03-11
  • 2017年3月のトレンドアルバム

    2017-03-31 #ニュース Lomography の記事
    2017年3月のトレンドアルバム

    アルバムのまとめ方は人それぞれ。撮影場所、フィルム、ベストショットなどなど色んな方法がありますが、2017年の3月に人気を集めたアルバムはどんなものだったのでしょう?ロモグラフィーのコミュニティーに投稿されたなかでベストに選ばれたアルバムたちからヒントをもらいましょう!

    2017-03-31
  • Harimao Lee:Neptune Convertible Art Lens Systemで写す香港の街

    2017-05-23 #people Lomography の記事
    Harimao Lee:Neptune Convertible Art Lens Systemで写す香港の街

    写真家であり、都会探検家でもある Harimao Lee。建物の上から撮影して、いつもと違ったアングルの景色を発見することが好きだと語ります。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemを渡して、香港の美しいビル群を撮影していただきました!

    2017-05-23