カリフォルニアからフロリダへのドライブ:テキサス州エルパソ

2012-01-25

アメリカとメキシコの国境ちかくの町エルパソは、麻薬密売組織で有名なメキシコのシウダーファレスの隣にありますが、フレンドリーな小さな町です。ここは風光明媚とかバケーションのための町とかいうわけではありません。でも独特の魅力があります・・・ただぜったいに夜に出歩いたらだめですよ・・・

「エルパソはアメリカで二番目に安全な町です。」エルパソ歴史博物館の向かいにある市民センターに行った時、ビジターセンターにいたすてきな女性が堂々と宣言しました。「ほんとですよ。私たちのウェブサイトにある記事を読んでみて。私はカリフォルニアから数年前にここに越してきたんだけど、ここがすっごく気に入っているの。」

私はうなずいて、彼女の親切に笑いかけながら、頭の中では猜疑心でいっぱいでした。麻薬密売組織に支配された町、メキシコのシウダーファレスに寄り添うようにある場所だし、昨晩おそくにホテルにチェックインした時に、ホテルからも夜間はほんの少しも出歩くなと強く勧告されていました。

それでも、私たちはここで夜を過ごすことに決めました。日が沈んでからアリゾナ州のトゥームストーンを出発したし、次の目的地であるサンアントニオまでは13時間離れていましたので。

(ところで、女性が言っていたことは本当だとはっきり言っておきましょう。ワシントンのCQ Pressという会社の調査によると、アメリカの都市でエルパソより安全なのはハワイのホノルルだけでした。もちろん他のよく知られた会社による似たようなリサーチの結果はCQ Pressと同じになるかはわかりません。まあ、でもそこはともかく。)

でも日中は、町は確かに安全でした。町の規模は小さいけれども、面白い人々、建物、アトラクションがいくつかあります。市民センター前には、博物館、映画館、ホテル、コンベンションセンターなど、必要な施設がひととおりあります。建築物は簡素で、畏敬の念を起こさせるものではありませんが、独特のあじわいがあります。数ブロック西にいったところにユニオンステーションがあり、そこの機関車博物館ではヴィンテージの列車を見ることができます。

ビジターセンターを離れ、ゴールデンホースシュー地区を登ったり降りたりして数ブロック行くと午前10時ごろでした。町の人々はスペイン語を話し、親切でフレンドリーです。もちろん、私たちに品物を買って欲しくて親切にしてくれるんですけど。

ゴールデンホースシュー地区は知ってのとおり、エルパソのロデオドライブです。値段的には、貴方の財布が火をふくほどではないです。商品はだいたいおとなりのメキシコからの輸入品で、高級感あるロデオドライブというよりも、フィリピンのディビソリアマーケットのような感じです。風変わりなスパニッシュスタイルのカフェやかわいいヴィンテージショップはここにはありませんが、良し悪しを見分ける目と忍耐がある人は、きっとなにか良いものを見つけられるでしょう。服から宝石、おもちゃからキッチンウェアまでいろいろあります。

ランチの後、また車に乗り込みました。アラモ砦が我々を待っています。でもエルパソを離れる前に一箇所だけ立ち寄るところが残っていました。これはビジターセンターの親切な女性が特別に教えてくれた場所でした。I-10を西にすすみ、ウッドロウビーン出口からトランスマウンテン通りに出ます。フランクリン山にあるこの道沿いには休憩所があり、そこからエルパソとシウダーファレスの町が一望できます。

太陽が空高い位置にあるときは、風景はロマンチックとはいえないんですが、これだけは確実です。ヘミングウェイの言葉を借りるならば「夜ともなると話は別」ってことです。熱と湿度に覆われて2つの国が共存している光景。このように2つの国を同時に見るのは非日常なことです。わたしが住んでいるのは、世界で3番目に大きい国(国土の大きさという点で)ですが、アメリカ本土が国境沿いに接しているのはカナダとメキシコだけです。
そこで数分間たたずんだ後に、西に向けて出発しました。さっきも言いましたが、アラモが待っています。

エルパソについてもっと知りたい方は、http://visitelpaso.com/を見てください。もしそのあと、州間高速道路10号を西に向かうなら、49出口で降りて北に向かうとCattleman’s Steakhouse(牛飼いのステーキハウス)という店があります。ここのステーキはアメリカ中でもかなりおいしいと言われていますよ。

2012-01-25 #places #road-trip #location #travel-destination #us-mexico-border #golden-horseshoe-district #i-10-summer-vacation-xpro-cross-processed blueskyandhardrock の記事
翻訳 mizugoji

他の記事を読む

  • Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    2016-12-01 #culture Ciel Hernandez の記事
    Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    その昔、心霊写真は死んだ親族とつながるための方法として一大ブームとなりました。しかし撮影技術の進歩とともに、そのトリックが見破られてしまった現代では目にすることも少なくなりつつあります。そんな心霊写真の意外ともいえる誕生秘話に迫りました。

    2016-12-01
  • LC-A+に関するFAQ

    2016-07-26 #gear lomographyplus の記事
    LC-A+に関するFAQ

    直営店スタッフがLC-A+の疑問を解決!簡単な処置などをまとめましたので、「なんだか上手くいかないな…」「これって故障?」と思った際に、この記事をご覧ください。ヒントが沢山詰め込んであります!

    2016-07-26
  • 女性として、世界を旅することについて。

    2017-03-07 #places Kamila Stanley の記事
    女性として、世界を旅することについて。

    女性が一人旅に出る理由は、たくさんあります。自分がちっぽけな存在だと知るため、成長するため、言葉を学ぶため、失恋から立ち直るため、世界の不条理をこの目で見るため、そして自分の人生を少しだけ変えるため。一人旅をしているとよく言われる言葉がいくつかあります。

    2017-03-07
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 休暇を思い切り楽しむための5つの方法

    2016-12-13 #ニュース lomographymagazine の記事
    休暇を思い切り楽しむための5つの方法

    どこからともなく鈴の音が聴こえてきそうな、一年でもっとも楽しいシーズンがやって来ました!今日はみなさまに、忙しい仕事から解放されて休暇中を思いっきり楽しくクリエイティブに過ごすための5つの方法をご紹介します。ゆっくりお気に入りのコーヒーや紅茶でも飲みながら、ロモグラフィーからの愉快な提案をご覧ください!

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

    2017-04-27
  • 中判カメラで写すイスタンブールの風景: Stephen Dowling × LC-A 120

    2016-11-25 #people Lomography London の記事
    中判カメラで写すイスタンブールの風景: Stephen Dowling × LC-A 120

    Stephen DowlingはLC-A 120でブライトンやマルタ、そして最近では休暇で出かけたイスタンブールを撮影しています。今回はトルコで最もカラフルで活気のある町で、この中判カメラが収めた市場やモスクの様子について写真とともに話してもらいました。

    2016-11-25
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • [LomoAmigo] LC-Wide: Erina Uemura

    2016-08-13 ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] LC-Wide: Erina Uemura

    Petzval85で撮影されたBonnarooフェスティバルもぐるぐるとパワフルでしたが、LC-Wideで撮られたフィルム写真はまた別の味があります。粒子一つ一つから音が聴こえてきそうな、なめらかで人のぬくもり感じる写真をお楽しみください。

    2016-08-13
  • 【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    2016-07-22 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    LC-Aの32回目のバースデーを記念して行われた本コンテスト。「あなたにとって特別な日」をテーマにフィルム写真を募集致しました。そこに集まったのは、300枚を超える力作の数々。このコンテストのためにロモホームを開設して応募して下さった方や、いままでロモグラフィーのコミュニティーを盛り上げてくださった方など様々な方がいらっしゃいました。どの作品も素晴らしく、選考は大変難航しました。その中から選ばれた10作品、ぜひお楽しみください。また受賞作品は直営店Lomography+とポパイカメラ2号店にて展示が行われます!そちらにも足をお運びください。

    2016-07-22
  • 親子向けサマーワークワークショップ「写真教室」@3331こども芸術学校※受付終了※

    2016-07-14 ciaoannacotta の記事
    親子向けサマーワークワークショップ「写真教室」@3331こども芸術学校※受付終了※

    昨年大好評頂きましたアーツ千代田3331主催「3331 こども芸術学校」で開かれた親子向けサマーワークショップ。今年もロモグラフィーは「写真教室」を開くことが決定いたしました。フィルム写真の楽しさをお子様と一緒に体験して頂けますので、夏の思い出作りにぜひいらしてください♪※各教室、定員に達しましたので申し込みを締め切らせて頂きます。ありがとうございます!※

    2016-07-14
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 夏だ夏だ夏だ!フォトジェニックなビーチと街はここだ!

    2016-07-10 #places lomographymagazine の記事
    夏だ夏だ夏だ!フォトジェニックなビーチと街はここだ!

    夏、海沿いでリラックスしてゆったりしたくはありませんか?あなたの心を癒すビーチを世界中からピックアップ。フィルム写真と共に夏休みどこに出掛けるかプランを立てましょう!

    2016-07-10
  • 色んな視点で街を見てみよう!

    2016-12-24 #culture lomographymagazine の記事
    色んな視点で街を見てみよう!

    窮屈な街のなかですら、毎日たくさんのことが起こっています。ここではロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた街の写真をご紹介します!さぁ、あなたも今すぐカメラを持って街に飛び出しませんか?

    2016-12-24
  • 2017年、新年の抱負は?

    2017-01-05 #ニュース Lomography の記事
    2017年、新年の抱負は?

    2017年は残り360日。今年をすばらしい年にするためには、まず新年の抱負を決めるところから始めましょう!それに、いい写真はハッピーな日々から生まれるものです。2017年のベストショットを撮るためのアイディアや、充実した年にするためのポイントをご紹介します。

    2017-01-05