カリフォルニアからフロリダへのドライブ:テキサス州エルパソ

アメリカとメキシコの国境ちかくの町エルパソは、麻薬密売組織で有名なメキシコのシウダーファレスの隣にありますが、フレンドリーな小さな町です。ここは風光明媚とかバケーションのための町とかいうわけではありません。でも独特の魅力があります・・・ただぜったいに夜に出歩いたらだめですよ・・・

「エルパソはアメリカで二番目に安全な町です。」エルパソ歴史博物館の向かいにある市民センターに行った時、ビジターセンターにいたすてきな女性が堂々と宣言しました。「ほんとですよ。私たちのウェブサイトにある記事を読んでみて。私はカリフォルニアから数年前にここに越してきたんだけど、ここがすっごく気に入っているの。」

私はうなずいて、彼女の親切に笑いかけながら、頭の中では猜疑心でいっぱいでした。麻薬密売組織に支配された町、メキシコのシウダーファレスに寄り添うようにある場所だし、昨晩おそくにホテルにチェックインした時に、ホテルからも夜間はほんの少しも出歩くなと強く勧告されていました。

それでも、私たちはここで夜を過ごすことに決めました。日が沈んでからアリゾナ州のトゥームストーンを出発したし、次の目的地であるサンアントニオまでは13時間離れていましたので。

(ところで、女性が言っていたことは本当だとはっきり言っておきましょう。ワシントンのCQ Pressという会社の調査によると、アメリカの都市でエルパソより安全なのはハワイのホノルルだけでした。もちろん他のよく知られた会社による似たようなリサーチの結果はCQ Pressと同じになるかはわかりません。まあ、でもそこはともかく。)

でも日中は、町は確かに安全でした。町の規模は小さいけれども、面白い人々、建物、アトラクションがいくつかあります。市民センター前には、博物館、映画館、ホテル、コンベンションセンターなど、必要な施設がひととおりあります。建築物は簡素で、畏敬の念を起こさせるものではありませんが、独特のあじわいがあります。数ブロック西にいったところにユニオンステーションがあり、そこの機関車博物館ではヴィンテージの列車を見ることができます。

ビジターセンターを離れ、ゴールデンホースシュー地区を登ったり降りたりして数ブロック行くと午前10時ごろでした。町の人々はスペイン語を話し、親切でフレンドリーです。もちろん、私たちに品物を買って欲しくて親切にしてくれるんですけど。

ゴールデンホースシュー地区は知ってのとおり、エルパソのロデオドライブです。値段的には、貴方の財布が火をふくほどではないです。商品はだいたいおとなりのメキシコからの輸入品で、高級感あるロデオドライブというよりも、フィリピンのディビソリアマーケットのような感じです。風変わりなスパニッシュスタイルのカフェやかわいいヴィンテージショップはここにはありませんが、良し悪しを見分ける目と忍耐がある人は、きっとなにか良いものを見つけられるでしょう。服から宝石、おもちゃからキッチンウェアまでいろいろあります。

ランチの後、また車に乗り込みました。アラモ砦が我々を待っています。でもエルパソを離れる前に一箇所だけ立ち寄るところが残っていました。これはビジターセンターの親切な女性が特別に教えてくれた場所でした。I-10を西にすすみ、ウッドロウビーン出口からトランスマウンテン通りに出ます。フランクリン山にあるこの道沿いには休憩所があり、そこからエルパソとシウダーファレスの町が一望できます。

太陽が空高い位置にあるときは、風景はロマンチックとはいえないんですが、これだけは確実です。ヘミングウェイの言葉を借りるならば「夜ともなると話は別」ってことです。熱と湿度に覆われて2つの国が共存している光景。このように2つの国を同時に見るのは非日常なことです。わたしが住んでいるのは、世界で3番目に大きい国(国土の大きさという点で)ですが、アメリカ本土が国境沿いに接しているのはカナダとメキシコだけです。
そこで数分間たたずんだ後に、西に向けて出発しました。さっきも言いましたが、アラモが待っています。

エルパソについてもっと知りたい方は、http://visitelpaso.com/を見てください。もしそのあと、州間高速道路10号を西に向かうなら、49出口で降りて北に向かうとCattleman’s Steakhouse(牛飼いのステーキハウス)という店があります。ここのステーキはアメリカ中でもかなりおいしいと言われていますよ。

2012-01-25 #world #ロケーション #road-trip #travel-destination #us-mexico-border #golden-horseshoe-district #i-10-summer-vacation-xpro-cross-processed blueskyandhardrock の記事
翻訳 mizugoji

他の記事を読む

  • Awesome Albums: 『GRÜN』 by alightthatnevergoesout

    2015-10-06 #world #ライフスタイル Lomography の記事
    Awesome Albums: 『GRÜN』 by alightthatnevergoesout

    カラーネガをスライドフィルム現像液で処理したらどんな出来上がりになるのだろう、と考えたことはありませんか?そんな疑問に対するひとつの答えがこちらです。

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #テクニック ciscoswank の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Ines Rehberger、New Petzval Art Lensで撮る

    2015-05-19 #people #Lomoamigos zonderbar の記事
    Ines Rehberger、New Petzval Art Lensで撮る

    フォトグラファーとして専門的な訓練を受けたにも関わらず、Inesさんはその仕事を辞めてしまった。写真は単純に趣味として続けるとのこと。それでも彼女が時折創りだしてくれるポートレイトには、かつてからの美しい豊かな表現力が健在している。最近は彼女の故郷、Brunswick(ブラウンシュバイク)で撮影を行い、あのユニークな渦を生み出すボケ効果を通して、この町を紛れもない夢の世界へと変貌させた。その時彼女が使ったアイテムは?もちろん、New Petzval Art Lensです!

  • 冬気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場!

    2015-10-30 #gear #ニュース shhquiet の記事
    冬気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場!

    今年もクリスマスシーズンが近づいてきました!これからは家族、友人、恋人との大切な思い出がたくさん増える季節です。お休みの日にスキーに出かけたり、雪降る景色を窓から眺めながらホットココアを飲んで温まったり、友達とクリスマスパーティーではしゃいだり…想像するだけでワクワクしてきますよね。そんなクリスマス気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場しました!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。

  • ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    2015-06-09 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • Lomo'Instantで瞬間を、永遠に

    2015-06-14 #gear #ライフスタイル bgaluppo の記事
    Lomo'Instantで瞬間を、永遠に

    インスタント写真はなんというか、ノスタルジックな感じがする。そう語る人は多い。自分でLomo'Instantカメラを使う時は、Splitzerやカラーフィルター等の奇抜なアクセサリーを併用する事も多いが、それでも確かに、そこには何かが在って...。それはあの幻想的なヴィネット効果のせいかしら?私はいつも、時間を遡り、そこに収められた瞬間をもう一度生きてみたいと願わずにはいられなくなるのだ。アナログ写真と古き良き思い出の導きのもと、私達はウィーンの名所旧跡の幾つかを訪れると、次また次とシャッター切った。写真ギャラリーをとくとご覧頂きたい!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Pixelstickレビュー: ロモグラフィー香港チームが使ってみた!

    2015-07-02 #gear #ライフスタイル candilsw の記事
    Pixelstickレビュー: ロモグラフィー香港チームが使ってみた!

    Pixelstickは、まさにマスト・ハブ・アクセサリー。多彩なカラーと模様が、強烈なライトペインティングを生み出す。大きさは1.8メートル、高再現度を誇る200色のフルカラーLEDを搭載!長時間露光機能付のカメラと三脚を手にすれば、あとはただ、暗闇のなかでPixelstickを振り動かすだけで、夢みたいな写真が何ダースでも思いのままに。まずは、我らが盟友、ロモグラフィー香港のみんながこのPixelstickで撮影した写真を見てみてくれ!

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Takeshi Suga

    2016-04-18 #people #Lomoamigos ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Takeshi Suga

    「あのPetzvalに勝るとも劣らないクラシックでロマンチックなレンズだと思います。このレンズから新たな表現を生み出すのが楽しみです!」ソフトでドリーミーな作品で私たちを幻想的な世界へと連れ出す魔力を秘めたフォトグラファーTakeshi Suga(菅 武志)さんに、特徴的なソフトフォーカスを写し撮るDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの所感を伺いました。

  • ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    2015-07-23 #people #Lomoamigos petit_loir の記事
    ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    ドイツのトップロモグラファー達を紹介する本シリーズ ( ※lomography.deで連載中) 、今回はシュトゥットガルト出身のFabiをご紹介します!本年度のLomoWochenende実行チームの一員として、一大プロジェクトに取り組まれている最中ですが、それだけではありません! 我々のインタビューでは、写真撮影と並んで彼が情熱を傾けるスケートボードについて、また今から5年以上も前にロモグラフィーを訪れることとなった経緯についてなどなど、たくさん語ってくれました。