Road 99:ニュージーランドのサザン・シーニック・ルート

2012-01-29

サザン・シーニック・ルート、またはロード99と呼ばれる道はニュージーランドで最南の道です。抜群の景色の良さの中をこの国の最南端までドライブできます。見わたす限りの海が拡がり、その先の先の先にあるのは南極点です。

オタゴ地方で ダニーデンオタゴ半島 をまわったあと(詳しくは 前回のロケーション で)、私たちはふたたび南へ向かいました。ただの南ってわけではないんです。私たちが行きたいのはニュージーランドの南端でした。

旅の始まりはそんなに面白くはありませんでした。ダニーデンからバルクーサへの道はただっ広い平野が拡がり、特別魅力的なものはありませんでした。そしてバルクーサを過ぎ、左に曲って「カカポイント」に来ました。ここからが風光明媚な「サザン・シーニック・ロード」のはじまりでした。

最初に立ち寄ったのは「ナゲット・ポイント」です。小さな半島の類いで、すばらしく眺めが良いです。駐車場に車を停め、ちょっと歩いて(30分くらい)灯台のあるナゲット・ポイントの展望所にたどり着きました。長く歩くほどに、やっと現れた場所の眺めは感動的になります・・・ワォ!その素晴らしい眺めの前で、私たちは長いこと何も言わずそこにたたずんでいました。

ナゲットポイント

感動的なナゲットポイントの後は、またサザン・シーニック・ロードを進みました。次の場所はスラット湾にあるとてもかわいい小さな村、ポウナウェアです。湾に沿って澄んだ空気の中の散歩をたのしみました。

スラット湾

この場所を離れると、道はちょっと海岸から遠ざかり「カトリンズ国立公園」に入っていきます。この山岳森林地域は今までの海岸沿いの場所とは全く違った雰囲気でした。そしてここはニュージーランドでもうつくしい滝がいくつかあることで知られています。車を停めて歩いて行って滝を見る、といった場所がたくさんありましたが、私たちはプラカウヌイ滝を選びました。ここはカトリンズでも一番人気の場所です。

プラカウヌイ滝

スポーティなタイプじゃない人でも、ちゃんと整備された散歩道を歩くくらいならそこまで大変じゃないですよね。ニュージーランドで森林や滝を楽しむためには、重いハイキング装備を背負う必要はありません。見たいと思う場所に行くのはいつも簡単で、自然の神秘を感じるのを邪魔するものは全然ありません。ここを訪れるのは7月(冬)がいいですよ。旅行者がほとんどいないし、自然の美しさを自分たちだけのものにできます。周りにいるのは羊だけ・・・というか羊だらけです!

どこを見ても羊・・・

車に戻った私たちは、やっとニュージーランドの最南端、ブラザーズポイントに着きました。南の中の南です。ほとんど世界の果てです。もっと南に行きたいと思ったら南極点に行くしかないかな。ここに来れて、胸にぐっとくるものがあります!

南の中の南・・・。

次はインバーカーギルに行きました。ここは南地方で最もおおきな町です。ここは一泊するために立ち寄っただけでそんなに見るものがありません。私たちの目指す場所はフィヨルドランドという、島の南西部のエリアです。そのためにここでよく寝て、再びフィヨルドランド目指してロード99をドライブしました。

ロード99の終点はトゥアタペレという小さな町です。ここは「ニュージーランドのソーセージの都」という変な肩書きを持っています。そこでわたしたちはソーセージをいくつか買いました。でもたぶん、わたしたちは2人ともドイツ系なので-その味にそこまで感動はしませんでした。とにかく、ロード99も終点にたどりつき、胸おどる南島の旅は終わりに近づいていました。最後にフィヨルドランドにいくのですが、そこにはすっごい発見が待っていました。

トゥアタペレ – ルート99の終点

まだ続くよ!

2012-01-29 #places #nature #road #trip #sand #travelling #bay #location #beach #point #new-zealand #sheeps #travel-destination #travel-tips #road-99 #southern-scenic-road vicuna の記事
翻訳 mizugoji

他の記事を読む

  • Alessandro Cinque: Minitar-1 Art Lensで捉えたキューバ

    2017-01-18 #culture #people lomosmarti の記事
    Alessandro Cinque: Minitar-1 Art Lensで捉えたキューバ

    最近キューバから戻ったばかりのAlessandro Cinque。色鮮やかで生命力溢れるキューバの風景を、ロモグラフィーのMinitar-1 Art Lensで捉えました。写真は異文化を知り、理解するために欠かせないもの。異国の人々の日常を想像したくなるようなショットの数々をご覧ください。

  • ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    2017-03-23 #gear #culture #ニュース #people #places Katherine Phipps の記事
    ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    ロモグラフィーのコミュニティーに集まる皆さんにとってフィルムはまだまだ生き続けている文化ですが、アナログ文化の人気が高まるにつれてフィルムにも広く注目が集まるようになりました。最近では、なんとアメリカの人気報道番組『Today』で Al Roker がフィルムカメラの人気の秘密を探るためにロモグラフィーのニューヨーク支社を訪れました!

  • Stephen DowlingがLC-A 120で写すニュージーランド

    2017-05-28 #people lomographysoholondon の記事
    Stephen DowlingがLC-A 120で写すニュージーランド

    ロモグラフィーの愛好者で旅人でもあるStephen DowlingがLC-A 120で写した故郷ニュージーランドと、彼が愛してやまない中判カメラの魅力を教えてくれました!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    2017-03-22 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    Lomo’Instant Automat Glass Magellan にクローズアップ・アタッチメントレンズを装着した場合の最短焦点距離は10cm。シャープでマクロなインスタント写真を思う存分楽しめるアクセサリーです!でも、いざ撮影しようとなると10cmっていったいどのくらい...?と思う人も多いはず。そんなときに便利な方法があります。

    2017-03-22
  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

    2017-07-14
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • BlackDog Wu: Lomo'Instant Wideでのポートレート撮影

    2017-02-05 #people shanti929 の記事
    BlackDog Wu: Lomo'Instant Wideでのポートレート撮影

    台湾を拠点とする写真家・BlackDog Wuはフルタイムのフォトグラファーでしたが、いまはコーヒーショップのオーナーをしています。いまでも写真を撮るのが大好きな彼は、Lomo'Instant Wideで台湾のストリートショットやポートレートを撮影してくれました!

    2017-02-05
  • Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    2017-05-01 #gear #people Jill Tan Radovan の記事
    Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    フィルム写真が希少とされる今日においては、モノクロのイメージは携帯画面をスワイプすればすぐに出来上がってしまうと思われがちですが、そんななかでもKamal Yungの作品を真実を写し続けています。シンガポールを拠点に活動する彼はいまでも静物画やポートレートを古典的な方法、フィルムで写すことを選びます。

  • Kealan Shilling: ニューヨーク『地獄の門』への旅

    2016-11-16 #places Ciel Hernandez の記事
    Kealan Shilling: ニューヨーク『地獄の門』への旅

    ニューヨークの喧騒の裏側には、怖い話や都市伝説といった奇妙な噂が常にあります。フォトグラファーのKealan Shillingとその友人たちは冒険を求めて、大胆にも「地獄の門」と呼ばれる建物まで旅にでたようです。そこで彼らのカメラに写ったのは…?

    2016-11-16
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • アナログで写す南極の船旅: Johannes Huwe

    2016-11-17 #people #places Ciel Hernandez の記事
    アナログで写す南極の船旅: Johannes Huwe

    ドイツを拠点として活動する写真家 Johannes Huwe が中判カメラを持って南極へ。まずはドイツから始まり、アメリカ大陸で南極に最も近い都市アルゼンチンのウシュアイアへ。

    2016-11-17
  • Harimao Lee:Neptune Convertible Art Lens Systemで写す香港の街

    2017-05-23 #people Lomography の記事
    Harimao Lee:Neptune Convertible Art Lens Systemで写す香港の街

    写真家であり、都会探検家でもある Harimao Lee。建物の上から撮影して、いつもと違ったアングルの景色を発見することが好きだと語ります。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemを渡して、香港の美しいビル群を撮影していただきました!

  • ★Yiyiu × Lomo'Instant Automat Glass:雨のなかでガールズデート

    2017-04-07 Lomography の記事
    ★Yiyiu × Lomo'Instant Automat Glass:雨のなかでガールズデート

    香港を拠点とする写真家 Yiyiuは Lomo'Instant Automat Glassを連れて友達とデートへ!あいにくの雨で天気は最悪だったけど、素晴らしいポートレートを披露してくれました!彼女が撮影した写真とインスタント写真についてのインタビューを大公開。