Road 99:ニュージーランドのサザン・シーニック・ルート

サザン・シーニック・ルート、またはロード99と呼ばれる道はニュージーランドで最南の道です。抜群の景色の良さの中をこの国の最南端までドライブできます。見わたす限りの海が拡がり、その先の先の先にあるのは南極点です。

オタゴ地方で ダニーデンオタゴ半島 をまわったあと(詳しくは 前回のロケーション で)、私たちはふたたび南へ向かいました。ただの南ってわけではないんです。私たちが行きたいのはニュージーランドの南端でした。

旅の始まりはそんなに面白くはありませんでした。ダニーデンからバルクーサへの道はただっ広い平野が拡がり、特別魅力的なものはありませんでした。そしてバルクーサを過ぎ、左に曲って「カカポイント」に来ました。ここからが風光明媚な「サザン・シーニック・ロード」のはじまりでした。

最初に立ち寄ったのは「ナゲット・ポイント」です。小さな半島の類いで、すばらしく眺めが良いです。駐車場に車を停め、ちょっと歩いて(30分くらい)灯台のあるナゲット・ポイントの展望所にたどり着きました。長く歩くほどに、やっと現れた場所の眺めは感動的になります・・・ワォ!その素晴らしい眺めの前で、私たちは長いこと何も言わずそこにたたずんでいました。

ナゲットポイント

感動的なナゲットポイントの後は、またサザン・シーニック・ロードを進みました。次の場所はスラット湾にあるとてもかわいい小さな村、ポウナウェアです。湾に沿って澄んだ空気の中の散歩をたのしみました。

スラット湾

この場所を離れると、道はちょっと海岸から遠ざかり「カトリンズ国立公園」に入っていきます。この山岳森林地域は今までの海岸沿いの場所とは全く違った雰囲気でした。そしてここはニュージーランドでもうつくしい滝がいくつかあることで知られています。車を停めて歩いて行って滝を見る、といった場所がたくさんありましたが、私たちはプラカウヌイ滝を選びました。ここはカトリンズでも一番人気の場所です。

プラカウヌイ滝

スポーティなタイプじゃない人でも、ちゃんと整備された散歩道を歩くくらいならそこまで大変じゃないですよね。ニュージーランドで森林や滝を楽しむためには、重いハイキング装備を背負う必要はありません。見たいと思う場所に行くのはいつも簡単で、自然の神秘を感じるのを邪魔するものは全然ありません。ここを訪れるのは7月(冬)がいいですよ。旅行者がほとんどいないし、自然の美しさを自分たちだけのものにできます。周りにいるのは羊だけ・・・というか羊だらけです!

どこを見ても羊・・・

車に戻った私たちは、やっとニュージーランドの最南端、ブラザーズポイントに着きました。南の中の南です。ほとんど世界の果てです。もっと南に行きたいと思ったら南極点に行くしかないかな。ここに来れて、胸にぐっとくるものがあります!

南の中の南・・・。

次はインバーカーギルに行きました。ここは南地方で最もおおきな町です。ここは一泊するために立ち寄っただけでそんなに見るものがありません。私たちの目指す場所はフィヨルドランドという、島の南西部のエリアです。そのためにここでよく寝て、再びフィヨルドランド目指してロード99をドライブしました。

ロード99の終点はトゥアタペレという小さな町です。ここは「ニュージーランドのソーセージの都」という変な肩書きを持っています。そこでわたしたちはソーセージをいくつか買いました。でもたぶん、わたしたちは2人ともドイツ系なので-その味にそこまで感動はしませんでした。とにかく、ロード99も終点にたどりつき、胸おどる南島の旅は終わりに近づいていました。最後にフィヨルドランドにいくのですが、そこにはすっごい発見が待っていました。

トゥアタペレ – ルート99の終点

まだ続くよ!

2012-01-29 #places #nature #road #trip #sand #travelling #bay #location #beach #point #new-zealand #sheeps #travel-destination #travel-tips #road-99 #southern-scenic-road vicuna の記事
翻訳 mizugoji

他の記事を読む

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29 genevievedoyle931 の記事
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    先日発売されたばかりの Naiad で撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Gui Martinez

    2017-06-23 #gear #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Gui Martinez

    東京を拠点に活躍するアーティスト Gui Martinezは情熱的なフィルムフォトグラファーで中判フォーマットの愛好者でもあります。今日は彼が週末の休暇中にNeptune Convertible Art Lens Systemで撮影した美しい写真たちをご紹介致します!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 紫色のパラダイスへようこそ:Jodie Cartman

    2018-01-13 #people cheeo の記事
    紫色のパラダイスへようこそ:Jodie Cartman

    まるで魔法のような景色が広がるこのシリーズは Jodie Cartmanによる作品。LomoChrome Purpleで撮影したポートレートは、被写体の雰囲気をよりミステリアスなものに仕上げています。

  • #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    2018-04-26 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    #イットガーリー はインフルエンサーたちの日常を温かみのあるフィルム写真で切り取った写真集。いままで様々な形でコラボしてきた #イットガーリー × Lomographyが今回展示を開催することとなりました!来場者プレゼントもあるのでお楽しみに。

  • アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    2018-03-16 refallinsasaki の記事
    アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト BnA Hotel。先日行われたパブリックビューイベントで一足お先に部屋を見に行ってきました。今回はロモグラフィーのカメラで撮影した写真の一部をご紹介!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 【動画】Youtubeチャンネル Analog Thingsが Lomo'Instant Squareをレビュー

    2018-02-03 #gear #ビデオ
    【動画】Youtubeチャンネル Analog Thingsが Lomo'Instant Squareをレビュー

    アナログ写真にフォーカスした Youtubeチャンネル Analog Thingsの Marcoが、Lomo'Instant Squareの第一印象を動画で語ります。英文ですが、カメラの使い方等わかりやすく説明しているので、気になっている方は要チェック。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • LomoKino meets 写真集『#イットガーリー』

    2017-09-26 refallinsasaki の記事
    LomoKino meets 写真集『#イットガーリー』

    インフルエンサーの日常を切り取った写真集『 #イットガーリー 』。 ふだんはSNSで写真をアップロードしている若者たちの素顔が、フィルム写真で切り取られているのが印象的。 #06 ではロモグラフィーのムービーカメラ LomoKino で撮影された写真も登場します!