Road 99:ニュージーランドのサザン・シーニック・ルート

2012-01-29

サザン・シーニック・ルート、またはロード99と呼ばれる道はニュージーランドで最南の道です。抜群の景色の良さの中をこの国の最南端までドライブできます。見わたす限りの海が拡がり、その先の先の先にあるのは南極点です。

オタゴ地方で ダニーデンオタゴ半島 をまわったあと(詳しくは 前回のロケーション で)、私たちはふたたび南へ向かいました。ただの南ってわけではないんです。私たちが行きたいのはニュージーランドの南端でした。

旅の始まりはそんなに面白くはありませんでした。ダニーデンからバルクーサへの道はただっ広い平野が拡がり、特別魅力的なものはありませんでした。そしてバルクーサを過ぎ、左に曲って「カカポイント」に来ました。ここからが風光明媚な「サザン・シーニック・ロード」のはじまりでした。

最初に立ち寄ったのは「ナゲット・ポイント」です。小さな半島の類いで、すばらしく眺めが良いです。駐車場に車を停め、ちょっと歩いて(30分くらい)灯台のあるナゲット・ポイントの展望所にたどり着きました。長く歩くほどに、やっと現れた場所の眺めは感動的になります・・・ワォ!その素晴らしい眺めの前で、私たちは長いこと何も言わずそこにたたずんでいました。

ナゲットポイント

感動的なナゲットポイントの後は、またサザン・シーニック・ロードを進みました。次の場所はスラット湾にあるとてもかわいい小さな村、ポウナウェアです。湾に沿って澄んだ空気の中の散歩をたのしみました。

スラット湾

この場所を離れると、道はちょっと海岸から遠ざかり「カトリンズ国立公園」に入っていきます。この山岳森林地域は今までの海岸沿いの場所とは全く違った雰囲気でした。そしてここはニュージーランドでもうつくしい滝がいくつかあることで知られています。車を停めて歩いて行って滝を見る、といった場所がたくさんありましたが、私たちはプラカウヌイ滝を選びました。ここはカトリンズでも一番人気の場所です。

プラカウヌイ滝

スポーティなタイプじゃない人でも、ちゃんと整備された散歩道を歩くくらいならそこまで大変じゃないですよね。ニュージーランドで森林や滝を楽しむためには、重いハイキング装備を背負う必要はありません。見たいと思う場所に行くのはいつも簡単で、自然の神秘を感じるのを邪魔するものは全然ありません。ここを訪れるのは7月(冬)がいいですよ。旅行者がほとんどいないし、自然の美しさを自分たちだけのものにできます。周りにいるのは羊だけ・・・というか羊だらけです!

どこを見ても羊・・・

車に戻った私たちは、やっとニュージーランドの最南端、ブラザーズポイントに着きました。南の中の南です。ほとんど世界の果てです。もっと南に行きたいと思ったら南極点に行くしかないかな。ここに来れて、胸にぐっとくるものがあります!

南の中の南・・・。

次はインバーカーギルに行きました。ここは南地方で最もおおきな町です。ここは一泊するために立ち寄っただけでそんなに見るものがありません。私たちの目指す場所はフィヨルドランドという、島の南西部のエリアです。そのためにここでよく寝て、再びフィヨルドランド目指してロード99をドライブしました。

ロード99の終点はトゥアタペレという小さな町です。ここは「ニュージーランドのソーセージの都」という変な肩書きを持っています。そこでわたしたちはソーセージをいくつか買いました。でもたぶん、わたしたちは2人ともドイツ系なので-その味にそこまで感動はしませんでした。とにかく、ロード99も終点にたどりつき、胸おどる南島の旅は終わりに近づいていました。最後にフィヨルドランドにいくのですが、そこにはすっごい発見が待っていました。

トゥアタペレ – ルート99の終点

まだ続くよ!

2012-01-29 #places #nature #road #trip #sand #travelling #bay #location #beach #point #new-zealand #sheeps #travel-destination #travel-tips #road-99 #southern-scenic-road vicuna の記事
翻訳 mizugoji

他の記事を読む

  • 魅惑のハンドメイドフィルム:Revolog 創業者へのインタビュー

    2016-07-23 #people bgaluppo の記事
    魅惑のハンドメイドフィルム:Revolog 創業者へのインタビュー

    学校の卒業制作で取り組んだ「特殊効果フィルムを作る」というプロジェクトが、国際的なビジネスへと成長することを誰が想像していたでしょうか。Revologの創業者であるハンナ・プリビッツァーとミカエル・クレブスはまさにそれを体現した二人です。ウィーンを拠点にアナログ写真に情熱を注ぐフォトグラファーである二人が創業したフィルム会社、Revolog。ここまでの道のりを伺ってみました。

    2016-07-23
  • 2016年8月のトレンド写真

    2016-09-01 #ニュース lomography の記事
    2016年8月のトレンド写真

    8月もロモグラフィーのコミュニティーにはたくさんの写真が投稿されました!そのなかから、ベストに選ばれた最高の写真達をご紹介いたします。あなたのお気に入りがみつかるか、是非覗いてみてください。

    2016-09-01
  • ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    2017-03-22 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    Lomo’Instant Automat Glass Magellan にクローズアップ・アタッチメントレンズを装着した場合の最短焦点距離は10cm。シャープでマクロなインスタント写真を思う存分楽しめるアクセサリーです!でも、いざ撮影しようとなると10cmっていったいどのくらい...?と思う人も多いはず。そんなときに便利な方法があります。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    2016-07-31 #gear #people ihave2pillows の記事
    LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    LomoChrome Purple XR 100-400は伝説の赤外カラーフィルム、コダック・エアロクロームおよびエクタクローム プロフェッショナル インフラレッド (EIR)フィルムに対するロモグラフィーなりの答えです。それは先代と同様に高い技術力を要求してくるものでしたが、このフィルムで撮った作品は驚きに満ちています。それではいかにしてパープルを引き出すか。そのための簡単なガイド記事です。

    2016-07-31
  • Kealan Shilling: ニューヨーク『地獄の門』への旅

    2016-11-16 #places Ciel Hernandez の記事
    Kealan Shilling: ニューヨーク『地獄の門』への旅

    ニューヨークの喧騒の裏側には、怖い話や都市伝説といった奇妙な噂が常にあります。フォトグラファーのKealan Shillingとその友人たちは冒険を求めて、大胆にも「地獄の門」と呼ばれる建物まで旅にでたようです。そこで彼らのカメラに写ったのは…?

    2016-11-16
  • Andrew YungがPetzval 85 Lensで日本の紅葉を撮影!

    2016-10-28 #people Lomography の記事
    Andrew YungがPetzval 85 Lensで日本の紅葉を撮影!

    香港の撮影クラブ・AllionZのメンバーであるAndrew Yungは友達と山歩きをするのが趣味で、バックパッカー をしながら53か国も訪れたそうです。日本を訪れた彼は、Petzval 85で燃えるように赤く染まった森の風景を写してくれました。

    2016-10-28
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • イマをイマ、思いのままに写し出す - Lomo’Instant Automat

    2016-08-31 #gear #ニュース Lomography の記事
    イマをイマ、思いのままに写し出す - Lomo’Instant Automat

    とうとうミステリープロダクトのベールがはがされました。クラウドファンディングに舞い戻ってきたのは、コンパクト、丈夫そして自動。 Lomo’Instant Automatは目まぐるしい日常を支える心強い機能がいっぱいのインスタントカメラです。初心者の方にはもちろん、プロの方も驚きの仕上がりでストレスなく楽しめます!9月6日(火)よりはじまるMotionGalleryでのプロジェクトにて、最大35%割引で「いま」を「いま」創り出すインスタントカメラをGETしましょう!

    2016-08-31
  • ★Yiyiu × Lomo'Instant Automat Glass:雨のなかでガールズデート

    2017-04-07 Lomography の記事
    ★Yiyiu × Lomo'Instant Automat Glass:雨のなかでガールズデート

    香港を拠点とする写真家 Yiyiuは Lomo'Instant Automat Glassを連れて友達とデートへ!あいにくの雨で天気は最悪だったけど、素晴らしいポートレートを披露してくれました!彼女が撮影した写真とインスタント写真についてのインタビューを大公開。

    2017-04-07
  • Phōtosgraphé: 動くライトペインティング

    2017-02-09 #people Teresa Sutter の記事
    Phōtosgraphé: 動くライトペインティング

    ニューヨークを拠点として活動する写真家 Lucea Spinelli。彼女が作り出したのは、いつまでも眺めていられそうな光の動きを捉えた不思議な動画。

    2017-02-09
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    2017-01-27 #people #ビデオ choko3 の記事
    [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    東京を拠点として活躍する音楽プロデューサー兼フォトグラファーの Kenさん。日々数々のポートレート写真を撮影している彼に、今回はロモグラフィーのPetzval 58 Bokeh Controlで撮影して頂きました!スタイリッシュなポートレートとPetzval 58が生み出すボケのコンビネーションを、作品作りに対する想いを語っていただいたインタビューとともにお楽しみください。

    2017-01-27
  • ルイ・ダゲール:写真の礎を築いた男

    2016-05-06 #ニュース #gear Lomography の記事
    ルイ・ダゲール:写真の礎を築いた男

    その多くの功績で写真史に名を残したルイ・ダゲール―そもそも写真の歴史は彼から始まりました。現在まで語り継がれている彼の軌跡をロモグラフィーが紹介いたします。

    2016-05-06
  • 富士フイルムが正方形フォーマットのインスタントカメラを発表!

    2016-09-21 #ニュース lomographymagazine の記事
    富士フイルムが正方形フォーマットのインスタントカメラを発表!

    インスタントカメラを愛する皆さまにまたまた良いニュースが飛び込んできました!富士フイルムが昔ながらの正方形フォーマットのインスタント写真を発表。スクエアフォーマットのインスタント写真を撮れる日ももうすぐです!!

    2016-09-21