LC-A+ カメラで夜間撮影するのにぴったりのフィルム

昼の撮影に選ぶフィルムは簡単。でも、暗い夜のシーンを撮影をしたいときはどんなフィルムを選んだらいい?ご心配なく。あなたのために私たちがお勧めをご紹介します!

ロモグラフィーを代表するカメラ、LOMO LC-A と LOMO LC-A+ 。今月は、関連アクセサリーを20%OFFでご購入いただける LC-A WEEK* が開催されていたこともあり、これらのカメラの関連記事をたくさん紹介してきました。(LC-A WEEK*は終了致しました。)今日は、ロモグラフィーコミュニティーの皆様が実際夜間にLOMO LC-A+で撮影した写真やレビューと共に、私たちのお勧めフィルムをご紹介します。夜や光の少ない状況でも LC-A やLOMO LC-A+カメラはこんなに美しい写真を撮影することができます!

LOMO LC-A+は自動的に適正の露出とシャッタースピードを調整してくれるので、こんなにきれいに夜景を撮るのも実は簡単ですよ!

LOMO LC-A+ 商品ページへ

Photo by gateau

Lomography X Tungsten 64 X-Pro: A Rose Just About to Blossom by gateau

Lomography X Tungsten 64 は、私が初めて試してみたタングステンフィルム。クロスプロセスをして私が得たのは、ピンクと紫色の咲き乱れるようなバラの枝!

Lomography X Tungsten 64の商品ページへ

Photo by gasord

Lomography Color Negative 400: Quite Good in Varied Conditions by gasord

LC-Aの初撮影に、感度400のLomography Color Negative CN400を使うことに決めました。LC-Aに問題があったり、いくつかの写真はうまく写らなかったけど、このフィルムは特に夜や暗い場所でも使えるとっても多目的なフィルムだった。

Lomography Color Negative 400 35mm (Pack of 3)商品ページへ

Credits: guitarleo

Kodak Ultramax 400 and the LC-A+ by guitarleo

Kodak Ultramax 400 は市場によく流通していて、お店でも現像所でも簡単に手に入れられます。このフィルムは安いのに、驚きの結果を与えてくれる。非常に優れた色と、よいコントラスト、それからシャープな描写力。

Credits: kneehigh85

Lomography CN 800: Perfect for Night Photography by kneehigh85

最近まではLomography CN 800 ISO (35mm) をあまり使っていなかった。バルセロナで、自分のLC-A+にこのフィルムをセットして、ほぼ全てを夜の撮影や長時間露光に使ったんだ。そしらら、すごいコンビネーションを発揮してくれて、結果にワクワクしたよ

*ごめんなさい!Lomography Color Negative 800 35mm (Pack of 3)は現在在庫切れです!

2012-01-30 #gear #night #review #lc-a #nighttime #low-light #reviews #lomography #lc-a #reviews-on-rewind-series #reviews-on-rewind #lc-a-cameras plasticpopsicle の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • 【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    2017-12-27 #gear refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    普段はほとんど LC-A+ でしか撮影しない私ですが、この夏はロモグラフィーの新しいアートレンズ Neptune Convertible Art Lens System の試作品が届いたのでフィルムで何本か撮影しました。Neptune Lensは、35mm、50mm、80mmのレンズセット。レンズベースをカメラに装着すれば、簡単にこの3つのフロントレンズを付け替えられます。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • 3種類のフォーマットが楽しめるLC-Wideでいろんな撮影に挑戦しよう!!

    2017-06-02 trifivy の記事
    3種類のフォーマットが楽しめるLC-Wideでいろんな撮影に挑戦しよう!!

    LC-A+の魅力をそのままに、超広角レンズを搭載したLC-Wide。ですが、凄いのはレンズだけではありません!LC-Wideならフォーマットを変えて何通りも楽しめることをご存知ですか?今日はロモグラフィーのコミュニティーから、LC-Wideを使って色んなフォーマットで撮影した作品をご紹介します!!

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • 【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    2018-01-20 refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    ふんわりと幻想的な写りや、絞りプレートの種類が豊富なアートレンズ Daguerreotype Achromat 2.9/64 。アーティスティックな作品撮りだったり、非日常な場面で大活躍のレンズですが、日常シーンで使ったらいったいどんな写りになるんでしょう?Lomography Japanスタッフ keitauni94が冬の江ノ島で撮影した写真をご紹介します!

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    2017-08-23 #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    Nicolette Clara Ilesはイギリスを拠点として活動する写真家。普段からフィルムでポートレートを撮影しています。今回彼女は Neptune Convertible Art Lens Systemで作品を撮影。使用フィルムは、LomoChrome Purpleと Lomography Xpro。まるで映画の中に迷い込んだかのような世界を写し出しました。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Emanuele Passarelli

    2017-06-06 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Emanuele Passarelli

    Emanuele Passarelliはイタリアの若い写真家で夜の街での撮影に情熱を捧げています。今日は彼がNeptune Convertible Art Lens Systemで撮影した作品をご紹介!インタビューとともにお楽しみください。

  • 《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017-11-20 #culture #ニュース #places choko3 の記事
    《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017年11月に25周年を迎えるロモグラフィー(Lomography)。25周年を盛大にお祝いするべく、なんとロモグラフィー発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台にフィルムスワップワークショップを12/2(土)に開催!ウィーンで撮影されたフィルムの上に、東京で撮影されたショットが重なる奇跡のフィルム…!仕上がりはそれぞれの国で展示予定。この記念すべき年にふさわしいワークショップにあなたも参加してみませんか?