LOMO LC-Wideに恋して : Go Wide or Go Home

2012-02-09

これは、一人の男の子が運命のカメラに出会った話。彼がLOMO LC-Wideと恋に落ちてしまったストーリー。

彼は、今までずっと彼にぴったり合うソウルメイトを見つけるまでは幸せになれないと思っていた。そんなとき、 LOMO LC-Wide が素晴らしいカメラだと言う話を聞いた。17mmのウルトラワイドアングルレンズや、3種類の異なるフォーマットで撮影が可能なこと、もしくはただロモグラフィーらしいビンテージなルックスに興味を持っただけかもしれないが、すぐに彼はこのカメラを好きになってしまった。

このカメラが届いて、箱を開けたとき少し不安に感じてしまった。この素晴らしいカメラに値すべき写真を撮影出来るだろうか? ISOの設定ってどうやってやるんだっけ?そんな風に感じていた恐怖も、フィルムを装填して撮影し始めたらどこかへいってしまった。

始めて、このカメラを街へ持ち歩いてみたとき、『MXボタン』で多重露光撮影を試してみた。夕暮れと、歴史的な建造物を撮ってた。もうすぐに僕らは、良い友達になった。

ホーム

それからは、ディズニーワールドやビーチ、ボーンマス、カーディフと様々な場所に一緒に出かけたんだ。ナイトクラブにお城、ジェットコースター、様々なテクニックとカラーで遊び尽くした。ハーフフレームもスクエアフレームも素晴らしいし、カラースライドフィルムや白黒撮影、レッドスケールに通常のカラーネガ。撮影すればする程に、このカメラが大好きになっていった。この感覚、フィルムを撮影する楽しさ、この魅力にはとても抗えなかった。

ロンドン, ディズニーワールド, Clearwater ビーチ, ボーンマス , カーディフ
ハーフフレーム, スクエアフレーム
カラースライドフィルム、カラーネガ、白黒撮影、レッドスケール

だがこれは、ほんの始まりにしか過ぎなかった。

さて、次には何が起こるんだろう。
今、言えるのはただこれだけ。『 go wide or go home.』

LOMO LC-Wide は、ロモグラフィーが誇る新開発の17mmウルトラワイドアングルレンズを搭載したコンパクトオートカメラ。この魅力的な35mmカメラはあなたの写真探検のべストパートナーです。3つの異なるフォーマットでアイキャッチ―な色、驚きの彩度、コントラストを生み出します。あなたの新しい写真体験を LOMO LC-Wide と。オンラインショップで好評販売中です!

関連記事

LC-W: 全てを写真におさめよう!
Lomographyが産んだモンスター、LC-Wide
レビュー: LC-Wide Ultimate Package
LC-Wideとの最初の数ヶ月
私の毎日にLC-Wideがやってきた!
SNAPSHOT magazine 編集長 鈴木文彦、LOMO LC-Wideで撮る
LOMO LC-Wide – 驚きのカメラ!
LOMO LC-Wide と過ごした3つの週末
LOMO LC-Wideにつけられるネックストラップ!
スペシャルインタビュー: LOMO LC-Wide開発秘話 パート1へ
LOMO LC-Wideでスーパービネット
LOMO LC-Wideで夜間撮影
LOMO LC-Wideでごちゃ混ぜのポートレート写真
LOMO LC-Wideでオーバーラッピング写真をクレイジーに楽しもう!
LOMO LC-Wide レビュー
LOMO LC-Wideと ビューファインダーから見えるより広い世界へ
LOMO LC-Wide V.S. LOMO LC-A+
スタッフレビュー:いま話題のカメラLOMO LC-Wideを大解剖

2012-02-09 #slide #first #london #full #redscale #home #black #disney #film #cardiff #square #camera #lifestyle #clearwater #negative #color #box #lomography #bournemouth #love #world #half-format #happy #white #soulmate #lc-wide #walt #beach jbeischer の記事
翻訳 tame

他の記事を読む

  • First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    2016-03-31 #people bartolomo の記事
    First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    イタリア人フォトグラファーのMarta BevacquaにLomo'Instant Wideを使っていただきました。撮ってすぐワイドサイズの写真になるLomo'Instant Wideで、どんな作品が出来上がったのでしょうか?彼女の作品とインタビューをこちらの記事でチェックしましょう!

    2016-03-31
  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • 2016年1月のトレンドアルバム

    2016-02-07 #ニュース lomography の記事
    2016年1月のトレンドアルバム

    氷の世界への冒険、廃墟での幽霊探し、ビーチへのデイトリップなど、ロモグラファーたちの冒険の記録がここにあります。さて、1月に話題になったトレンドアルバムを見返してみましょう。

    2016-02-07
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

    2016-01-29
  • Kealan Shilling: ニューヨーク『地獄の門』への旅

    2016-11-16 #places Ciel Hernandez の記事
    Kealan Shilling: ニューヨーク『地獄の門』への旅

    ニューヨークの喧騒の裏側には、怖い話や都市伝説といった奇妙な噂が常にあります。フォトグラファーのKealan Shillingとその友人たちは冒険を求めて、大胆にも「地獄の門」と呼ばれる建物まで旅にでたようです。そこで彼らのカメラに写ったのは…?

  • 12/18(金)のアドベントカレンダー: ロモグラフィーのカメラが10% OFF! (ディスカウントコード: LOMOLOVE10)

    2015-12-18 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/18(金)のアドベントカレンダー: ロモグラフィーのカメラが10% OFF! (ディスカウントコード: LOMOLOVE10)

    オンラインショップと直営店Lomography+でDiana F+やLC-A+、LC-Wideなどロモグラフィーのカメラを10% OFFで購入して大切な人へのクリスマスプレゼントに!あの人のよろこぶ顔が見たいなら、見た目もかっこよいロモグラフィーのカメラはプレゼントにぴったりです!

    2015-12-18
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • タイ語で「カメラ」を意味する言葉を名にする男がDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensで撮影

    2016-05-15 #gear #ニュース #people Lomography の記事
    タイ語で「カメラ」を意味する言葉を名にする男がDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensで撮影

    彼の名はGongtairoop。Gongはタイ語で「カメラ」を意味します。そしてこの名は彼にとって宿命といえるでしょう。炸裂する若い才能と19世紀から甦ったレンズの化学反応をご覧ください。

    2016-05-15
  • Petzvalで描く童話のような世界 Amigo: Rémy Perthuisot

    2016-10-18 #people Lomography の記事
    Petzvalで描く童話のような世界 Amigo: Rémy Perthuisot

    Rémy PerthuisotがPetzal 85 Bokeh Control Lensで描く童話のような世界。 Petzal58とPetzval85の両方を使ってみた彼に、どちらのほうが好きか聞いてみました。

  • Lomo'Instantが写すタスマニア島とモハーヴェ砂漠

    2016-08-04 #gear #people pan_dre の記事
    Lomo'Instantが写すタスマニア島とモハーヴェ砂漠

    オーストラリア・メルボルンを拠点に活動しているフォトグラファー、Joe Nigel Coleman。彼はポラロイド社がインスタントフィルムの生産を終了してからというもの、インスタント写真を撮ることを辞めていました。しかし、彼のインスタント写真欲を再度刺激することができたのです。それは幸運にもLomo'Instantによってでした。

    2016-08-04
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 中判カメラで写すイスタンブールの風景: Stephen Dowling × LC-A 120

    2016-11-25 #people Lomography London の記事
    中判カメラで写すイスタンブールの風景: Stephen Dowling × LC-A 120

    Stephen DowlingはLC-A 120でブライトンやマルタ、そして最近では休暇で出かけたイスタンブールを撮影しています。今回はトルコで最もカラフルで活気のある町で、この中判カメラが収めた市場やモスクの様子について写真とともに話してもらいました。

    2016-11-25
  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

    2016-03-05
  • 【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    2016-07-22 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    LC-Aの32回目のバースデーを記念して行われた本コンテスト。「あなたにとって特別な日」をテーマにフィルム写真を募集致しました。そこに集まったのは、300枚を超える力作の数々。このコンテストのためにロモホームを開設して応募して下さった方や、いままでロモグラフィーのコミュニティーを盛り上げてくださった方など様々な方がいらっしゃいました。どの作品も素晴らしく、選考は大変難航しました。その中から選ばれた10作品、ぜひお楽しみください。また受賞作品は直営店Lomography+とポパイカメラ2号店にて展示が行われます!そちらにも足をお運びください。

    2016-07-22