LOMO LC-Wideに恋して : Go Wide or Go Home

これは、一人の男の子が運命のカメラに出会った話。彼がLOMO LC-Wideと恋に落ちてしまったストーリー。

彼は、今までずっと彼にぴったり合うソウルメイトを見つけるまでは幸せになれないと思っていた。そんなとき、 LOMO LC-Wide が素晴らしいカメラだと言う話を聞いた。17mmのウルトラワイドアングルレンズや、3種類の異なるフォーマットで撮影が可能なこと、もしくはただロモグラフィーらしいビンテージなルックスに興味を持っただけかもしれないが、すぐに彼はこのカメラを好きになってしまった。

このカメラが届いて、箱を開けたとき少し不安に感じてしまった。この素晴らしいカメラに値すべき写真を撮影出来るだろうか? ISOの設定ってどうやってやるんだっけ?そんな風に感じていた恐怖も、フィルムを装填して撮影し始めたらどこかへいってしまった。

始めて、このカメラを街へ持ち歩いてみたとき、『MXボタン』で多重露光撮影を試してみた。夕暮れと、歴史的な建造物を撮ってた。もうすぐに僕らは、良い友達になった。

ホーム

それからは、ディズニーワールドやビーチ、ボーンマス、カーディフと様々な場所に一緒に出かけたんだ。ナイトクラブにお城、ジェットコースター、様々なテクニックとカラーで遊び尽くした。ハーフフレームもスクエアフレームも素晴らしいし、カラースライドフィルムや白黒撮影、レッドスケールに通常のカラーネガ。撮影すればする程に、このカメラが大好きになっていった。この感覚、フィルムを撮影する楽しさ、この魅力にはとても抗えなかった。

ロンドン, ディズニーワールド, Clearwater ビーチ, ボーンマス , カーディフ
ハーフフレーム, スクエアフレーム
カラースライドフィルム、カラーネガ、白黒撮影、レッドスケール

だがこれは、ほんの始まりにしか過ぎなかった。

さて、次には何が起こるんだろう。
今、言えるのはただこれだけ。『 go wide or go home.』

LOMO LC-Wide は、ロモグラフィーが誇る新開発の17mmウルトラワイドアングルレンズを搭載したコンパクトオートカメラ。この魅力的な35mmカメラはあなたの写真探検のべストパートナーです。3つの異なるフォーマットでアイキャッチ―な色、驚きの彩度、コントラストを生み出します。あなたの新しい写真体験を LOMO LC-Wide と。オンラインショップで好評販売中です!

関連記事

LC-W: 全てを写真におさめよう!
Lomographyが産んだモンスター、LC-Wide
レビュー: LC-Wide Ultimate Package
LC-Wideとの最初の数ヶ月
私の毎日にLC-Wideがやってきた!
SNAPSHOT magazine 編集長 鈴木文彦、LOMO LC-Wideで撮る
LOMO LC-Wide – 驚きのカメラ!
LOMO LC-Wide と過ごした3つの週末
LOMO LC-Wideにつけられるネックストラップ!
スペシャルインタビュー: LOMO LC-Wide開発秘話 パート1へ
LOMO LC-Wideでスーパービネット
LOMO LC-Wideで夜間撮影
LOMO LC-Wideでごちゃ混ぜのポートレート写真
LOMO LC-Wideでオーバーラッピング写真をクレイジーに楽しもう!
LOMO LC-Wide レビュー
LOMO LC-Wideと ビューファインダーから見えるより広い世界へ
LOMO LC-Wide V.S. LOMO LC-A+
スタッフレビュー:いま話題のカメラLOMO LC-Wideを大解剖

2012-02-09 #ライフスタイル #walt #square #world #cardiff #white #beach #slide #happy #full #black #film #love #disney #bournemouth #color #lc-wide #lomography #camera #london #first #box #half-format #home #soulmate #redscale #clearwater #negative jbeischer の記事
translated by tame

他の記事を読む

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #tipster jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • クリスティン・ブラントン、Lomo LC-Aと世界中を旅する

    2015-05-11 #people #Lomoamigos givesmehell の記事
    クリスティン・ブラントン、Lomo LC-Aと世界中を旅する

    Kristen Blanton(クリスティン・ブラントン)とMatthew Jozwiak(マシュー・ジョツウィアック)はオースティンの自宅を大自然と取り換えてしまった。二人の協働で、屋外写真と文章で彼らの旅を綴った素晴らしいウェブサイトhelloamericaphotography.comを立ち上げてくれました。彼らが撮影に用いたLomo LC-Aカメラについて、クリスティンがいろいろと教えてくれます。

  • CP+ 2015をビデオとアナログ写真で振り返ろう

    2015-02-28 #people #イベント #videos ciscoswank の記事
    CP+ 2015をビデオとアナログ写真で振り返ろう

    CP+ 2015 ロモグラフィーブースのご様子をLC-A+とLC-Wideで撮影した写真とスタッフが撮影したビデオで振り返りましょう! 残念ながら会場に足を運べなかった方々は、ロモグラフィーブース内がどのような様子だったのかご覧になってください。 ご足労いただいた方々は、まだ記憶が鮮明なうちにCP+の思い出を思い返してみましょう。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Sprocket Rocket: First Love Never Dies

    2014-09-19 #レビュー jokelangens の記事
    Sprocket Rocket: First Love Never Dies

    Lomography Sprocket Rocketは私の初めてのアナログカメラで、少々このカメラに困ったこともありました。もう数年間、嵐の様な熱愛関係にあります。でもついに、困難を克服して私たちの関係も穏やかになりました。今では彼は私の古いお気に入り。昔の恋は決して錆びません。

  • LomoAmigos: Mogwai(モグワイ)、LC-Wideで日本を撮る

    2015-04-15 #people #Lomoamigos hannah_brown の記事
    LomoAmigos: Mogwai(モグワイ)、LC-Wideで日本を撮る

    Mogwai(モグワイ)は1995年に結成されたスコットランドのポスト・ロックバンド。昨年8作目となるスタジオアルバム『Rave Tapes』をリリースし、ここ12ヶ月のあいだ勢力的にツアーを行ってきました。そんな彼らがLC-Wideを日本ツアーに持って行き、Mogwaiの世界について話してくれました!

  • ロモグラフィーコミュニティーメンバーによるLC-A 120の素晴らしい写真

    2014-12-25 #ライフスタイル chooolss の記事
    ロモグラフィーコミュニティーメンバーによるLC-A 120の素晴らしい写真

    これまでLomo LC-A 120がどのような写真が撮影できるのかを皆様にお見せしてきました。LC-A 120はプレオーダー最初の発送が完了し、幸運にもこのカメラを最初に手にすることができた人々のもとへと到着しました。さて、今度はコミュニティーメンバーである皆様がこの素晴らしいカメラで撮影した写真を私たちに見せる番です!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LC-A 120 Photo Discovery – Dopicによる日本のスナップ写真

    2014-10-17 #ニュース tomas_bates の記事
    LC-A 120 Photo Discovery – Dopicによる日本のスナップ写真

    LC-A 120のプロトタイプで撮影された初期のフィルムネガを見返していたら、ドキュメンタリー映画『Finding Vivan Maier』のように、まだスポットライトが当たったことのない素晴らしい作品に巡り会いました。これらの写真はロモグラファーdopicが、日本に旅行に来た時に撮影されたものです。彼の写真はとっても素敵で皆さんに共有したい気持ちでいてもたってもいられなくなりました!

  • LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    2015-08-13 #people #ニュース #ライフスタイル #Lomoamigos zonderbar の記事
    LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    ミュージシャンであるObi Blancheは、2013年にロモグラファーとなり写真の世界にどっぷりと浸かることになりました。それ以降、彼はロモグラフィーの最新カメラに常に興味を持ち続け、その中でも特に彼を惹き付けたカメラがLC-A 120です。

  • LomoAmigos: Yougofirst、Lomokinoで撮る

    2014-11-02 #people #Lomoamigos #videos tomas_bates の記事
    LomoAmigos: Yougofirst、Lomokinoで撮る

    アドレナリンの準備はOK?ちょっと前に、スノーボードと映画を組み合わせた集団Yougofirst CollectiveにLomoKinoとフィルムを渡して、楽しんでもらいました。ジャンプやトリック、クレイジーな滑りがぎっしり詰まったシーズン終了後、やっと彼らの映画『HETEROTOPIA』が完成しました。メンバーのVidとMaticに会う機会があったので、新作映画とコース上でのアナログ撮影について尋ねてみました。ここでは彼らの映画のプレビューも見れるのでチェックしてね!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • LomoAmigo:Asher Moss、Lomo'Instantで撮る

    2014-12-11 #people #Lomoamigos antoniocastello の記事
    LomoAmigo:Asher Moss、Lomo'Instantで撮る

    ロモグラフィーはAsher Mossの写真が大好きです!彼はもう何度もLomoAmigoとして登場しており、その度に新しいことにチャレンジしていただいてます。そんな彼にLomo'Instantを渡し、帰ってきた彼の写真がこちらです。

  • Community Amigos: 猫ロモグラファーnpkishi、Petzvalレンズで撮る

    2015-04-20 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Community Amigos: 猫ロモグラファーnpkishi、Petzvalレンズで撮る

    ロモグラフィーのコミュニティーに悶絶モノの愛くるしい猫写真をたくさんアップロードしているnpkishiさん。気ままにのびのびと暮らしている猫たちの様子をLC-AやDiana F+、Lomo'Instantをはじめとするロモグラフィーのカメラやその他のアナログカメラで収めています。そんな彼女の猫写真に惚れ込んだロモグラフィーは、npkishiさんにPetzvalレンズを貸出し最強のPetzval猫ショットを撮っていただきました。顔がほころぶこと間違い無し!ぐるぐるボケで彩られた猫たちの写真とインタビューをお楽しみください。

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。