神秘のダウトフルサウンド:ここはノルウェイ?それともニュージーランド?

美しいフィヨルドを巡る・・・そんなことはノルウェイでないと出来ないと思っていました。でも驚くことにニュージーランドの南西部フィヨルドランドでも可能だったんです!訪れたダウトフルサウンドは、その名とうらはらに何もダウトなんてことはなく、むしろ最高級にすばらしい場所でした。

サザン・シーニック・ロード99の旅も終わりを迎えたけれど( 前回のロケーションを見てください )、あたらしい夢のような冒険がフィヨルドランドで始まりました。わたしたちはテ・アナウという同名の湖に寄り添う小さな町にたどり着きました。テ・アナウはフィヨルドランドのメインシティです。テ・アナウは町自体がとても美しく、何時間の移動の後だったにもかかわらず、日の入り前の湖を長いこと散歩して楽しみました。

テ・アナウ湖

テ・アナウは2つのフィヨルド探検への出発地点でもあります。ミルフォードサウンドとダウトフルサウンドです。もちろんフィヨルドランドは観光客にすっごく人気の場所で、夏季(12月/1月)はたくさんの人が訪れますが、冬期(7月/8月)はほとんど人がいません。友達数人にアドバイスを聞いたところ、有名なミルフォードサウンドに行くことを勧められました。しかし地元の人たちと話してみて、私たちはミルフォードサウンドより面白そうなダウトフルサウンドに行くことに決めました。テ・アナウからミルフォードサウンドへのアクセスは車が必要で、美しいことで有名なドライブロードを通っていきます。でも私たちは既に何日もドライブした後で、これ以上何時間もドライブを重ねる気になれませんでした。対してダウトフルサウンドへは長時間ドライブをする必要はなく、テ・アナウから数マイルしか離れていないマナポウリからクルーズに参加できます。

いよいよ、ダウトフルサウンドのボートの旅のはじまりです。出発は午前7時でした。天気は絶対的に良く、澄んだ青空から柔らかな日差しが降り注いでいます。 この地域は雨が非常に多くいつも湿っているんですが、わたしたちはほんとうにラッキーです。どうやらこの地域は冬の方が天気がよく、景色が色鮮やかに見える絶好のシーズンのようです。まずマナポウリ湖からテ・アナウ発電所へ向かいます。発電所への寄り道は面白かったですがこの日の目的はここではありません。

テ・アナウ発電所

ちょっとした寄り道のあとは「ディープコブ(深い入江)」へバスで向かいました。ここから「ダウトフルサウンド」のクルーズがとうとう始まります!太陽は絶好のコンディションで、空は深い青色でしたが、気温はOKとは言い難いものでした。0度から5度くらいなんです!デッキの上で私たちは凍りつくような寒さでしたが、誰一人ボードの中に入りたがりませんでした。それほどまでに、とにかく素晴らしい景色だったんです!!

ダウトフルサウンド – Horizon Gallery

水と山々からなる美しい風景に、ボートに乗船した全員が目を離せませんでした。それは想像するノルウェイのフィヨルドそのものでした。でも、ここは確かノルウェイとは地球の正反対の場所のはずです!私たちがいるのはノルウェイなんだっけ?それともニュージーランド???ダウトフルサウンドは私たちがいる国がどこなのか、疑いをもたせる魔力を持っています。この「ダウトフルサウンド」という名前の由来を少しお話しましょう。1770年の航海で、ジェームズ・クック船長がニュージーランドの南西の岸を発見したとき、このあまりにも深く内陸部まで伸びる「入口」に、これ以上危険なしに探検できるか疑わしく思い立ち去ることにしました。そしてこの場所を「ダウトフルサウンド」と命名しました・・・。

ダウトフルサウンド – Diana F+ Gallery

寒かったけれど、3時間のクルーズのあいだ全員が興奮状態で、ハッピーな空気につつまれていました。大自然の美しさによって私たちの脳内物質が分泌され、幸せが伝染し、周り全てが喜びでいっぱいになりました!サウンドから引き返し、バスで戻り、マナポウリ湖にたどり着いたときには、みんなとても疲れていましたが、こんなに美しいものを見れてとても満足していました。ダウトフルサウンドは、ただただ魅力的です!

ダウトフルサウンド – Canon Sureshot A1 Gallery

旅はつづく・・・

2012-02-24 #world #ロケーション #new-zealand #fjordlan #lake #travel-destination #fjord #water #travel #discovery #sound #beautiful #mountain #doubtful-sound #sea #travel-tips #magic vicuna の記事
翻訳 mizugoji

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #ロケーション #テクニック hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    2015-07-23 #people #Lomoamigos petit_loir の記事
    ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    ドイツのトップロモグラファー達を紹介する本シリーズ ( ※lomography.deで連載中) 、今回はシュトゥットガルト出身のFabiをご紹介します!本年度のLomoWochenende実行チームの一員として、一大プロジェクトに取り組まれている最中ですが、それだけではありません! 我々のインタビューでは、写真撮影と並んで彼が情熱を傾けるスケートボードについて、また今から5年以上も前にロモグラフィーを訪れることとなった経緯についてなどなど、たくさん語ってくれました。

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 #world #ライフスタイル Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #テクニック ciscoswank の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。

  • ダン・ミンデルがKodakのフィルムで撮ったスター・ウォーズ/フォースの覚醒 (J.J. エイブラムス監督)

    2016-01-06 #world #ニュース lomographymagazine の記事
    ダン・ミンデルがKodakのフィルムで撮ったスター・ウォーズ/フォースの覚醒 (J.J. エイブラムス監督)

    待望の新作 スター・ウォーズ/フォースの覚醒、みなさんはもうご覧になられましたか? なんとこの映画はKodakのフィルムを使って撮影されているのです。倒産の危機にあったKodakを救ったスター・ウォーズ、そんな話をきいたらますますファンになっちゃいますね。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people #Lomoamigos Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

  • スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    2015-11-19 #gear #ニュース ciscoswank の記事
    スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    発送開始日も目前に迫ってきたLomo'Instant Wide。インスタントカメラはフィルムカメラに慣れてない方にも親しみやすく、クリスマスプレゼントにもぴったりです。そんなLomo'Instant Wideを日本スタッフで一足お先にテストしてみました。話題のカメラは実際のところどうなのか?みなさん気になるところだと思うので感想を述べたいと思います!