ニュージーランド、ワナカへの道

2

フィヨルドランドの神秘を楽しんだ後、また道を引き返すときがやってきました。次の目的地・・・それはワナカ!けれどもワナカに行く前に、クイーンズタウンに立ち寄って、私たちはかなりがっかりしてしまいました。

フィヨルドランドのテ・アナウを離れ( 前回のロケーションはこちら )ニュージーランド南島の旅はつぎの方面に向かいます。それは山々、湖、そして雪のクイーンズタウン、ワナカ地方です。

クイーンズタウンはニュージーランドで最もウインタースポーツが盛んな町として有名で、冬のシーズン中(つまり7月と8月)は特別盛り上がります。いままで訪れた場所であんまり他の観光客を見ていなかった私たちは、この国の観光客向けのリゾート地をちょっと見てみようかと思いました。この国はほんとうにどこもガラガラで人が居ないように見えたので・・・。(もちろん訪れた場所の素晴らしい場所の数々を、気がねなく堪能できたのですごく嬉しいことでしたよ。)そんなにお金がかからないんならスキーをしてもいいかなとも思っていました。(スキーは私たちの旅の目的じゃなかったけど)まあ、もしいい感じだったらしようかなあという程度でしたけど。

ワカティプ湖 (クイーンズタウン)

クイーンズタウンは壮大な山々に囲まれた素晴らしい地形の中にあって、近づいていくと巨大なワカティプ湖が現れました。この美しさは一見の価値有りです!
でもクイーンズタウンに到着した私たちは町の雰囲気にとてもがっかりしてしまいました。もちろん湖沿いの道は美しく、周りを取り囲む自然はすばらしいんです。でも町はなんだか汚くて・・・ウインターシーズンにいろいろな国から来た観光客が残した爪あとで汚れていました。イライラしたドライバーたちの車であふれ(ニュージーランドでドライブしていてストレスを感じたのはこの時だけでした。後ろの車のプレッシャーで行くべき道を2秒以内に決めないといけないんです!)そして湖沿いのエリア全体が工事中でした。(それか汚染されていたのかな?)ホテル、住人、建物は大勢の観光客のアクティビティに向けて用意されていました。この旅で、町に対してよい感じがしなかったのはこれがはじめてでした。周りの風景はすばらしいんですが、ここは私たちの好きな場所ではありませんでした。

これはもうクイーンズタウンで一泊する場所を探すより、次の町までドライブを続けようという事になりました。ワナカ。私たちはまだ行ってもいないけど、その町についてよく耳にしていました。山々に囲まれた美しい湖沿いの、フレンドリーな雰囲気の小さな小さな町。実際、何人かのキウイ(ニュージーランド人は自分たちをこう呼ぶのが好きなんです。)も、ワナカはクイーンズタウンとまったく正反対の魅力があると語っていました。そこにはクイーンズタウンが50年前に持っていたフレンドリーな心があるという事でした・・・よーし、さっそくワナカにレッツゴー!

Mountain road from Queenstown to Wanaka

クイーンズタウンからワナカへは2つの道があります。ハイウェイを使えば早いけど特に面白くありません。天気が良ければ山道を選んだ方がドライブの時間は長くなるけれど、素晴らしい展望ポイントがあります。もちろん私たちは後者で行くことにしました。(天気は上々でした。)そしてこの細い山道にすっかり夢中になりました。さっき言った素晴らしい展望ポイントははじめの方にありました。道を登って行って頂上に近づくにつれて言葉を失ってしまいました。クイーンズタウンエリア全体がパノラマビューで迫ってきたんです。孤立した道ですがこれを見れただけでも来てよかったです!

ワナカに着いた私たちはクイーンズタウンよりずっとワナカを好きになりました。聞いていた通りフレンドリーで素敵な雰囲気の小さな町、そして周りの景色の美しさもクイーンズタウンと比べてひけをとるものは完全に、なにもありません。それからここもスキー等ウインタースポーツの拠点です。だったらクイーンズタウンよりワナカに来る方がナイスな選択ですよ。(でっかい混み混みしたスキーの拠点が好きなら別ですが)ワナカ湖はワカティプ湖と同じように美しいですし。

ワナカ湖

天気はほんとに良くって、暖かいくらいでした。(15℃くらいでした。つまりフィヨルドランドにいた時より15℃も暖かいんです!)雪もスキーするほどそんなになさそうだったので、何か他の良い事をワナカで見つける事にしました。それは・・・ワイナリーに行く事!そうです、ニュージーランドは高品質のワインで良く知られているけれど、こんなに標高が高いところにワイナリーが有るなんて私は思いませんでした。ワナカのワインはニュージーランドで一番南で生産されているワイン(南半球の「南」は寒いってことです)で、標高、気温ともにぶどうが育つギリギリのところです。

ワナカワイナリー – Horizon Kompkat Gallery

そういう事で、ワナカ湖にほど近いワイナリーを散策して、美味しいワインをテイスティングし、良く晴れた空の下でぶどう畑を撮影して、一日をじゅうぶんに満喫しました。ホテルに帰って来たときはちょっと千鳥足でしたが、ワナカの一日は最高でした!

ワナカワイナリー – Canon Sureshot A1 Gallery

つづく・・・

2012-02-26 #places #travel-destination #lake #road-trip #wine #travel-tips #winery #travelling #view #snow #landscape #location #mountains vicuna の記事
翻訳 mizugoji

2 Comment

  1. vicuna
    vicuna ·

    @mizugouchi: Thanks for the translation and all the others NZ locations as well :)

  2. vicuna
    vicuna ·

    @mizugoji, sorry for the wrong spelling

他の記事を読む

  • Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    2015-12-26 #gear #people zonderbar の記事
    Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    我らがロモアミーゴ Kate BellmはDeyáを拠点に活動するサイケデリックな作風で知られる写真家。ユニークな色の変化が楽しめるロモグラフィーのLomoChrome フィルムは彼女のスタイルにぴったり!彼女はバッグにLomoChrome PurpleとTurquoiseを詰め込みアイスランドへと旅立ち、まるで別世界を写し出したかのような素敵な写真と共に戻ってきました!

  • ロモグラフィーから一足お先にクリスマスプレゼント!10ピギーポイントを配布しました!

    2015-11-11 #ニュース #gear shhquiet の記事
    ロモグラフィーから一足お先にクリスマスプレゼント!10ピギーポイントを配布しました!

    サンタクロースが今年のクリスマスを楽しみにしすぎて、どうやら待ちきれなかったようです!少し早いですが、サンタがロモグラフィー会員全員に10ピギーポイントを配ってしまいました!10ピギーはオンラインショップで1000円分の割引となります!

  • 2015年9月のトレンドアルバム

    2015-10-03 #ニュース Eunice Abique の記事
    2015年9月のトレンドアルバム

    私たちが見てきたもの、経験してきたものを表現するのに、時折言葉では足りないと感じることがあります。そういった場合、思い出が詰まったスナップショットならば、更に記憶の最限度は高まります。ロモグラファーたちの9月を、精選されたアルバムを通して振り返りましょう。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • タイムラインで見る! 2015年に発売されたLomographyの新商品たち

    2016-01-07 #ニュース #gear lomography の記事
    タイムラインで見る! 2015年に発売されたLomographyの新商品たち

    みなさんにとって2015年はどんな年でしたか? Lomographyの2015年はなじみ深いあのアイテムがレンズとして生まれ変わったり、とっても刺激的な1年でした。昨年発表されたカメラやレンズ、フィルムと一緒に2015年を振り返りましょう。 そして今年発表される新商品もお楽しみに!

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • ロンドンに入りては

    2015-06-11 #places jporacion の記事
    ロンドンに入りては

    見知らぬ事物との出会いが、旅を忘れられない体験にする。旅先では、土地の雰囲気、人や文化も、勝手知ったる故郷の慣わしとは、また違うもの。フィリピンからやって来た私にとって、イギリスは未知で満ちていた。その中でも際立っていたのが、ロンドンの町だ。

  • 2016年1月のトレンドアルバム

    2016-02-07 #ニュース lomography の記事
    2016年1月のトレンドアルバム

    氷の世界への冒険、廃墟での幽霊探し、ビーチへのデイトリップなど、ロモグラファーたちの冒険の記録がここにあります。さて、1月に話題になったトレンドアルバムを見返してみましょう。

  • Petzval 85 Art Lens: フォトグラファーShiori Nishi による自然体ポートレイト

    2015-09-14 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: フォトグラファーShiori Nishi による自然体ポートレイト

    フォトグラファーの仁志しおりさん。昨年、Petzvalレンズを通した美しい雪景色を私たちに見せてくれた彼女が、思い出の詰まったお気に入りの場所で、一番身近な人をPetzval 85 Art Lensで撮影しました。柔らかな空気感まで伝わってくる、自然体の姿を写した写真と興味深いインタビューをお楽しみください。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    2015-10-08 lomographymagazine の記事
    恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    Lomographyサイトには、炎を写した写真がたくさん上がっています。このトピックをこの時期に題材にしたのも、ハロウィーンが近いからというわけでもありません。私たちは恐れられているものが写真向きの傾向があると感じています。不気味なヴィネットに誇張された色...このシリーズ最初の本記事は、火に対する恐怖症(pyrophobia)について着目したいと思います。

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #tutorials ciscoswank の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。