ニュージーランド、ワナカへの道

2

フィヨルドランドの神秘を楽しんだ後、また道を引き返すときがやってきました。次の目的地・・・それはワナカ!けれどもワナカに行く前に、クイーンズタウンに立ち寄って、私たちはかなりがっかりしてしまいました。

フィヨルドランドのテ・アナウを離れ( 前回のロケーションはこちら )ニュージーランド南島の旅はつぎの方面に向かいます。それは山々、湖、そして雪のクイーンズタウン、ワナカ地方です。

クイーンズタウンはニュージーランドで最もウインタースポーツが盛んな町として有名で、冬のシーズン中(つまり7月と8月)は特別盛り上がります。いままで訪れた場所であんまり他の観光客を見ていなかった私たちは、この国の観光客向けのリゾート地をちょっと見てみようかと思いました。この国はほんとうにどこもガラガラで人が居ないように見えたので・・・。(もちろん訪れた場所の素晴らしい場所の数々を、気がねなく堪能できたのですごく嬉しいことでしたよ。)そんなにお金がかからないんならスキーをしてもいいかなとも思っていました。(スキーは私たちの旅の目的じゃなかったけど)まあ、もしいい感じだったらしようかなあという程度でしたけど。

ワカティプ湖 (クイーンズタウン)

クイーンズタウンは壮大な山々に囲まれた素晴らしい地形の中にあって、近づいていくと巨大なワカティプ湖が現れました。この美しさは一見の価値有りです!
でもクイーンズタウンに到着した私たちは町の雰囲気にとてもがっかりしてしまいました。もちろん湖沿いの道は美しく、周りを取り囲む自然はすばらしいんです。でも町はなんだか汚くて・・・ウインターシーズンにいろいろな国から来た観光客が残した爪あとで汚れていました。イライラしたドライバーたちの車であふれ(ニュージーランドでドライブしていてストレスを感じたのはこの時だけでした。後ろの車のプレッシャーで行くべき道を2秒以内に決めないといけないんです!)そして湖沿いのエリア全体が工事中でした。(それか汚染されていたのかな?)ホテル、住人、建物は大勢の観光客のアクティビティに向けて用意されていました。この旅で、町に対してよい感じがしなかったのはこれがはじめてでした。周りの風景はすばらしいんですが、ここは私たちの好きな場所ではありませんでした。

これはもうクイーンズタウンで一泊する場所を探すより、次の町までドライブを続けようという事になりました。ワナカ。私たちはまだ行ってもいないけど、その町についてよく耳にしていました。山々に囲まれた美しい湖沿いの、フレンドリーな雰囲気の小さな小さな町。実際、何人かのキウイ(ニュージーランド人は自分たちをこう呼ぶのが好きなんです。)も、ワナカはクイーンズタウンとまったく正反対の魅力があると語っていました。そこにはクイーンズタウンが50年前に持っていたフレンドリーな心があるという事でした・・・よーし、さっそくワナカにレッツゴー!

Mountain road from Queenstown to Wanaka

クイーンズタウンからワナカへは2つの道があります。ハイウェイを使えば早いけど特に面白くありません。天気が良ければ山道を選んだ方がドライブの時間は長くなるけれど、素晴らしい展望ポイントがあります。もちろん私たちは後者で行くことにしました。(天気は上々でした。)そしてこの細い山道にすっかり夢中になりました。さっき言った素晴らしい展望ポイントははじめの方にありました。道を登って行って頂上に近づくにつれて言葉を失ってしまいました。クイーンズタウンエリア全体がパノラマビューで迫ってきたんです。孤立した道ですがこれを見れただけでも来てよかったです!

ワナカに着いた私たちはクイーンズタウンよりずっとワナカを好きになりました。聞いていた通りフレンドリーで素敵な雰囲気の小さな町、そして周りの景色の美しさもクイーンズタウンと比べてひけをとるものは完全に、なにもありません。それからここもスキー等ウインタースポーツの拠点です。だったらクイーンズタウンよりワナカに来る方がナイスな選択ですよ。(でっかい混み混みしたスキーの拠点が好きなら別ですが)ワナカ湖はワカティプ湖と同じように美しいですし。

ワナカ湖

天気はほんとに良くって、暖かいくらいでした。(15℃くらいでした。つまりフィヨルドランドにいた時より15℃も暖かいんです!)雪もスキーするほどそんなになさそうだったので、何か他の良い事をワナカで見つける事にしました。それは・・・ワイナリーに行く事!そうです、ニュージーランドは高品質のワインで良く知られているけれど、こんなに標高が高いところにワイナリーが有るなんて私は思いませんでした。ワナカのワインはニュージーランドで一番南で生産されているワイン(南半球の「南」は寒いってことです)で、標高、気温ともにぶどうが育つギリギリのところです。

ワナカワイナリー – Horizon Kompkat Gallery

そういう事で、ワナカ湖にほど近いワイナリーを散策して、美味しいワインをテイスティングし、良く晴れた空の下でぶどう畑を撮影して、一日をじゅうぶんに満喫しました。ホテルに帰って来たときはちょっと千鳥足でしたが、ワナカの一日は最高でした!

ワナカワイナリー – Canon Sureshot A1 Gallery

つづく・・・

2012-02-26 #places #mountains #lake #landscape #view #snow #wine #travelling #road-trip #location #winery #travel-destination #travel-tips vicuna の記事
翻訳 mizugoji

2 Comment

  1. vicuna
    vicuna ·

    @mizugouchi: Thanks for the translation and all the others NZ locations as well :)

  2. vicuna
    vicuna ·

    @mizugoji, sorry for the wrong spelling

他の記事を読む

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    2017-08-22 #ニュース ellakoppensteiner の記事
    《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    アナログを愛する皆さま、こんにちは!私たちロモグラフィーは現在、新しいプロダクトを開発中。まだ詳しくはお伝えできませんが、早く言いたくてウズウズしています。どんなプロダクトか気になりますよね?答えの発表まで、ちょっとだけヒントをお届けします!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    2017-10-20 #ビデオ choko3 の記事
    【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    25周年を記念して『ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ』開催決定!Lomographyの代表的なフィルムカメラ LOMO LC-A+ と、さらにその他たくさんのカメラを使って撮影を楽しみながら、原宿や渋谷の街を撮り歩きます。フィルムカメラを使ったことがない人も、スタッフがフィルムの入れ方からレクチャーします!

  • Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    2017-06-04 Eunice Abique の記事
    Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    Lomo LC-Aは、ロモグラフィーの始まりともいえるカメラです。その誕生日を記念して、世界のロモグラファーがこの魅力的なアナログカメラがどのようにして自分たちの人生の一部となったかを語ってくれました。

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LomoAmigo:Anna Di Prosperoが写すセルフィー&日常風景

    2017-05-23 #people biondapiccola の記事
    LomoAmigo:Anna Di Prosperoが写すセルフィー&日常風景

    Anna Di Prosperoはその類まれなる才能で職業としての写真家の道を切り拓きました。日常を切り取る写真家・AnnaがLa Sardina DIYで楽しく撮影した写真をインタビューとともにお楽しみください!

  • 境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    2018-04-25 Jill Tan Radovan の記事
    境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    Veejayの作品は、忘れられた文化、社会、貧困など様々な世界の問題について私たちに考えさせるものばかり。悲惨な現実を突きつけられる一方、彼の白黒写真からは被写体の美しい人物像が伝わってくるのです。

  • 【Best of Lomography Community】 2017年の人気記事・写真を大発表

    2018-01-02 choko3 の記事
    【Best of Lomography Community】 2017年の人気記事・写真を大発表

    ロモグラファーの皆さま、新年あけましておめでとうございます!昨年もロモグラフィーをご愛顧いただき誠にありがとうございました。おせちやお雑煮を食べながら、のんびり昨年を振り返ってみましょう。