画像のフレーミングの理論と心理学

写真撮影の構図に関する、サイズ、フレーミング、画像構成要素の裏にある理論と心理学についてお話します。構図を決定するヒントにしたい秘密が、たっくさん詰まっていますよ!

Diana Eftaiha による記事です。

イントロダクション
写真技術とはなんでしょう。私たちの視野を、ビューファインダーで切りとり、構図を組み立て、シャッターボタンでそれを記録することです。最初に思いついた構図が、最終的な構図になることもあれば、違う事もあります。後からトリミングするつもりでシーンを構成することもあれば、その瞬間に最終的なできあがりをそのまま作成しようとシーンを構成する事もあります。

35mmフォーマットの写真は、かっちりと最終的なイメージで撮影されることが多いですね。くらべて大きなフォーマットの場合は、画像を切りとって再構成することを許される余地があります。最後にスクウェアフォーマットですが、最終的な構図をそのまま創るにはちょっとやりにくいことが多く、後からもっと望ましい構図に切りとることがよくあります。

フレームの縦横比と向き
ほかのグラフィックアートの形式と違って、写真撮影はいつも限られたイメージフレームに縛られています。その限られたフレームの寸法が、最終的な私たちの画面の構成に大きな制限となって影響することになります。

デジタル写真撮影が拡がる以前、一般的な画像のフォーマットは3:2という横:縦の比率でした。これは35mmフィルムのスタンダードなフレームフォーマットで、大きさは36×24mmです。デジタル写真撮影の進化と共に、4:3の横縦比のフレームフォーマットが、コンパクトデジタルカメラの間に拡がりました。このフォーマットは、コンピュータースクリーンやスタンダードサイズの印刷用紙で自然に表示できるサイズです。

フォーマットの違いが、プロフェッショナルや熱心なアマチュア写真家達と、それ以外の写真家の間にある大きなギャップを作っていました。しかし35mmフィルムフォーマットは徐々にデジタルカメラにも適応されるようになってきました。この根強い人気こそが、どれだけこのフォーマットが直感的な構図のセンスとしてしっくりくるかのちょっとした証拠といえます。

横長、それとも縦長?
ナチュラルな視界の見え方は横長のばあいが多いです(わたしたちの眼で見たときに自然にそう見えるので)。これはなぜ写真が縦長より横長に撮影される事が多いのかという事実の1番の理由でしょう。もうひとつ重要じゃないけれど、カメラの設計段階で、水平方向のほうが持ちやすいようにデザインされているからというのもあります。

被写体が縦に長い時は、フレームを縦にすれば、よりわかりやすく、より自然に目にうつります。風景撮影か、または被写体が横長ならば(または縦も横も同じ長さなら)、フレームは横にした方が自然に感じます。

フレーム内の配置
加えて、横長のフレームにおさまっているとき、見ている人の眼に気持ちよく感じるのは、物体が画像の中心から外れて、ちょっとだけフレームのどっちかの端に寄っているときです。縦長のフレームの場合は、被写体がフレームの上側でも下側でも中心から外れていたほうがまとまって見えます。低い位置に配置されたほうが安定感を伝えるので、下のほうがおぼつかない感じがするより、見ていてよりナチュラルに感じます。

写真は Phototuts+ より
写真は Phototuts+ より

縦長の被写体が横長のフレームにおさまっているとき、水平方向のフレームのどちらかの端に配置することがあります。目に刺激をあたえてフレーム内を水平方向に動かさせるためです。

スクウェアフレームはどうでしょう?このフレームは縦横を強調しないので、より扱いにくいと言えます。実際に1:1の縦横比のフレームはそんなに多くのカメラが対応していません。そしてこのフレームの形で撮影したとき、横か縦の端っこに、あまっている部分が残っていると感じるか、後から余分な端を切り取ることになりがちです。

自然界のもので正方形のものはあまり無いですから、スクウェアフレームでうまく構成するのはチャレンジといっていいでしょう。ほとんどの風景の形は横長のフレームで認識され、スクウェアフレームを使うことは画像の視線の流れをコントロールするためのコツを必要とします。

しかしながら、スクウェアフレームはありがちな横長や縦長に伸びたフレームの形からの、面白く新鮮な変化にもなり得ます。それから左右対称な被写体にはピッタリ合います。(下の Elena Erda の写真のように)

写真は Phototuts+ より

被写体をフレーム内のどこに配置するか

被写体がひとつ
フレームにおさめる被写体がただひとつだけのときは、 ど真ん中に配置するのが理にかなっています。上下縦横の空いているスペースは同じくらいになるようにしましょう。これは実にうまくいくときもあります。が、問題はこういうフレーミングはあまりおもしろくないってことです。この選択からちょっとよそ見して、被写体をどっちかのサイドに寄せてみたり、いろんな構図を試してどんなふうに見えるのか、いつでもやってみる価値があります。

これはもし被写体が比較的ちいさいサイズで周囲のスペースがあまっているときにはより重要です。被写体が中心から外れているとき、画像に緊張感がうまれます。これは心理学的なものです。刺激が生まれ、ドラマを創り出し、あらたな鋭さを写真に与えます。

被写体が中心に配置されていないと、もう一度中心に戻りたい、理論的なバランスをとりたいという感情がうまれます。写真の端とか、中心から遠くに被写体があるほどにそれは強く感じます。かなりハイレベルな理論になりますが、知っておく価値があります。

被写体が複数
もし他にもフレームにおさめる被写体があったとき、構図はそれらを同時にフレームにおさめるバランスが必要です。こちらをご覧ください。こちらは先ほどいったことをよくあらわしています。この Trey Ratcliff’s の有名な写真「孤独な三人組」ほど良い例は他にはありません。

この写真で、Treyが極上のバランスで3つの主題を三角形に配置しているのがわかります。1つは他の2つとお互いにバランスがとれた場所にあり、非常に気持ちのいい良い構図を作っています。

写真は Phototuts+ より

画面の構成要素
写真を鑑賞するとき、人はいつでもその中に一番興味が惹かれるものを探し、自然とそれを見てしまいます。鑑賞する人の興味がどこにいくのか、何が1番注意をつかむのか、(2番目はなんなのか)、いつくか明白な要素が知られています。

言うまでもなく、人間は見えるものを複合的なプロセスで視覚します。しかし一般的な見解として最初に眼をひくものというのがあります。そのときの感情や個人差もありますが、自分の感情や反応を得るために頼っているものを、無意識に最初に見る傾向があります。

たとえば、顔はもっとも注意が行きやすい構成要素です。特に目と口。特定のシチュエーションにおいて相手が考えていること、彼らがどう感じ、これからどうリアクションするか、私たちはここを見て予想しますから。

そして、文字も非常に目をひきます。文字はその時の高レベルの情報量が詰まっています。それが外国の文字だったとしても、その文字がなにかの情報を表現しているという事実によって、文字はアートワークの趣のある味付けになります。

写真は Phototuts+ より

フレーム内に他にも目立つものがあれば、それを定めて、構図のなかのそのためのスペースを与えましょう。

結論
視覚で認識するアートワークというものは、今までもこれからも、見た人がそれぞれに違った受け取り方をします。見る人全員をおなじように思い通りの方向に完全に導いたアーティストは、おそらく今までいないでしょう。

見る人に自分の写真の意図するところを理解してもらうために写真家ができること、それは構図を吟味して、構成要素のそれぞれを理解し、それを上手につかうことで、 写真に物語を語らせることです。それが彼らにちょっとした刺激を与え、正しい方向への後押しになります。相手の感情をつかみ、見る人をある1つのポイントに導きましょう。

2012-02-26 #gear #tipster #theory #tipster #phototuts #top-tipster-techniques #framing #composition jeanmendoza の記事
translated by mizugoji

他の記事を読む

  • LomoChrome Purple XR100-400で写す記憶の中の花写真

    2015-01-28 #gear #tipster toya1010 の記事
    LomoChrome Purple XR100-400で写す記憶の中の花写真

    このフィルムを手にした時真っ先に撮影したいものがみつかったのです。 それは私、toya1010の心の中にある「記憶」でした。 きっと誰の心にもあるものだから、写すヒントを書いておきます。

  • Yamanaka YukoのAM Renault、Petzvalレンズで撮る。

    2014-09-17 #people #Lomoamigos fishyu の記事
    Yamanaka YukoのAM Renault、Petzvalレンズで撮る。

    Yamanaka Yuko and Six Dimen Boyの中心人物として活躍するAM Renault。彼の作品には彼の自然に対する熱意が込められています。彼のPetzvalレンズに関しての見解を語っていただきました。

  • ワイルドカラー X ワイドパノラマ!Horizonカメラで撮影したクロスプロセス写真

    2014-10-13 #ライフスタイル cheeo の記事
    ワイルドカラー X ワイドパノラマ!Horizonカメラで撮影したクロスプロセス写真

    アナログ写真の新しいテクニックや新しい組み合わせを学ぶことはとっても楽しいことですよね。まだ初心者のロモグラファーたちの参考になるように、今回はHorizonカメラとXproフィルムのコンビネーションで撮影された写真を紹介します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #tipster jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • LomoAmigos: Yougofirst、Lomokinoで撮る

    2014-11-02 #people #Lomoamigos tomas_bates の記事
    LomoAmigos: Yougofirst、Lomokinoで撮る

    アドレナリンの準備はOK?ちょっと前に、スノーボードと映画を組み合わせた集団Yougofirst CollectiveにLomoKinoとフィルムを渡して、楽しんでもらいました。ジャンプやトリック、クレイジーな滑りがぎっしり詰まったシーズン終了後、やっと彼らの映画『HETEROTOPIA』が完成しました。メンバーのVidとMaticに会う機会があったので、新作映画とコース上でのアナログ撮影について尋ねてみました。ここでは彼らの映画のプレビューも見れるのでチェックしてね!

  • ミステリープロダクト!新しい新商品は何だ?

    2015-04-28 #gear #ニュース shhquiet の記事
    ミステリープロダクト!新しい新商品は何だ?

    ロモグラフィーから最新ニュース!もうすぐ新しい商品が登場します。でもその商品が一体何なのか、まだあまり大きなヒントは教えられません。だって皆さんに想像してもらって大いに予測していただきたいから!そして今回のミステリープロダクトのヒントとして、ロモグラフィー10ゴールデンルールがストリートフォトグラフィーになぜぴったり当てはまるのか、再び復唱させていただきます。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • LomoAmigos: monogram店長 東尚代、Lomo LC-A 120で撮る

    2015-05-14 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: monogram店長 東尚代、Lomo LC-A 120で撮る

    東京の学芸大学駅のmonogramはカメラやカメラグッズの販売の他に、現像サービスやギャラリーを展開しており、写真好きにとってはたまらない空間となっています。そんなmonogramの店長である東尚代さんにLomo LC-A 120を試していただきました!普段からフィルムに慣れ親しんでいてロモグラフィーの商品も使い慣れている東さんは、一体どのようなスクエアショットをLC-A 120で写したのでしょうか?

  • LomoAmigo: Joji Wakita、Petzvalレンズで撮る

    2014-08-27 #people #Lomoamigos choko3 の記事
    LomoAmigo: Joji Wakita、Petzvalレンズで撮る

    フォトグラファーとして活躍している Joji Wakitaさん。今回そんなJojiさんにPetzvalレンズで撮影して頂きました。女性の凛とした姿、少し可愛らしい姿、悲しげな姿…全てが詰まった作品です。

  • フィルムを壊すコツ:アンモニア・フィルムスープで自家現像

    2014-06-09 #gear #tipster aguillem の記事
    フィルムを壊すコツ:アンモニア・フィルムスープで自家現像

    あなたはフィルムスープのことは知っていますよね。では、現像する前にフィルムにアンモニアを飛び散らしたら、どんなことが起きるか見てみたいとは思いませんか?

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • FIlm Photography Day 2015:トイカメラ。でプレゼント企画が始動!

    2015-04-06 #people #ニュース ciscoswank の記事
    FIlm Photography Day 2015:トイカメラ。でプレゼント企画が始動!

    使っていて楽しい、俗にいう「トイカメラ」という種類のカメラをアナログ、デジタル問わず深いレビューと共に紹介したり、新商品の情報などをいち早く配信しているポータルサイト、トイカメラ。フィルム写真の日を記念して、ロモグラフィー製品のプレゼント企画を実施します!

  • 昔からの技術!写真'もどき'

    2014-07-07 #ライフスタイル chooolss の記事
    昔からの技術!写真'もどき'

    世間一般に知られているよりもずっと前から、写真加工の技術が存在したことをご存知ですか?最初の画像加工ソフトが発表されるよりもずっと前のことなんですよ。記憶にとどめておくに相応しい、そんな加工されたアナログ写真を何点かご紹介します!

    1
  • 見せて貰おうか、Lomo LC-A 120 の性能とやらを・・・

    2014-12-11 #レビュー gakurou の記事
    見せて貰おうか、Lomo LC-A 120 の性能とやらを・・・

    今回、幸運にも発売前にLC-A 120のプロトタイプ機を借りることができたので、気合を入れていろいろ撮ってみたよ。 LC-A 120は外見だけ見ると、LC-A+をそのまま大きくしただけに見えるけど、心臓部のレンズに関して言えば全く別物のスゴイカメラだったよ。

    1