La Sardinaで3D写真

La Sardinaの個性的な特徴をうまく利用すれば、ステレオグラフ(立体写真)が撮影できる!?さっそくLa Sardinaをどう使えばいいのか見てみよう!

La Sardina はスーパー楽しいカメラで、LOMO的撮影にピッタリですよね。実はこのカメラ、ステレオ写真に必要な2つの画像、つまり1つは左目で見た絵、1つは右目で見た絵、を撮影するにもピッタリなんです。ステレオな2つの画像をステレオ写真に変換するには、沢山のやり方があってフリープログラムもあります。ちなみにわたしのお気に入りのプログラムは Stereo Photo Maker です。英語、フランス語、ドイツ語、日本語に対応してますよ!

ステレオ写真のための2枚組の画像セットをつくるには、いくつかの方法があります。一番ベーシックなやり方は、1枚写真を撮り、人間の目の間隔を開けて、もう一枚写真を撮影することです。この方法には難点があり、2枚目の写真を撮る前になにかがちょっとでも動いたらステレオ写真に適切な写真にならず、ステレオ写真にしたときにフリッカーが生じること。もうひとつは、写真が撮影されるときに角度の違いが生じてしまうと、やっぱり適切な写真にならないことです。この問題を解決する方法は、 Holga 3D ステレオピンホールカメラのようなステレオ写真用のカメラを使うことです。これが一番単純な解決方法ですが、ステレオカメラは高額で、重くかさばるものが多いんですよね。ほとんどのステレオカメラはハーフフレームで、フルフレームの写真に比べると質が落ちます。スタンダードな35mmカメラより水平画角が狭い写真になるし、いつもここがステレオカメラって残念だと思うんです。これを解決する方法もあって、それはステレオ写真用固定台を買うか、つくることです。これがあれば2つの別々のカメラを三脚で固定できます。これがあればすごくいい3D画像が撮影できますよ。でも問題は、これってすごく大きくてかさばるってことです・・・。

そこで全部を解決する方法がこちらです。もし2つのカメラを持っているなら、そしてそれを上手にくっつける事ができるなら、この方法は絶対うまくいきますよ。単純にその2つをテープでくっつけて同時にシャッターボタンを押すようにすればいいんです。私はこの方法を2つのsardinaを使って実践しました。

La Sardina の持つ特徴は、ステレオカメラとしてピッタリだとさっき言いましたが、1つはその形です。彼女の持つまっ平らな側面は、もうひとつをぴったりとくっつけられます。いまどきのカメラの丸い側面はテープでくっつけるのが難しいんです。それからテープでくっつけたあとも、こんなふうに両方のフラッシュを接続させたままにできます。

そうすると、1つのフラッシュで、両方のシャッターに対応させなきゃいけないってことは無くなります。このようにとりつけられた2つのフラッシュは実際、画像を結合させたときに3D効果を強めます。それから私はLa Sardinaをこんなふうにくっつけた事もあります。

この配置でも両方のフラッシュを接続したままにできて、サイズもコンパクトにできます。このくっつけ方は固定するのが簡単なんですが、シャッターを同時に押すのが難しく、できる写真の水平サイズも小さくなってしまいます。だから私は最初のくっつけ方の方がいいと思います。

ステレオ写真を製作するのに、 La Sardina にはとっても便利な特徴がもうひとつあります。彼女がいろんな色の服をまとっていることです。私はいつも、右側をCubic、左側をDominoで撮影します。そうすると混乱しませんから。ステレオ写真を撮影する前にも、カメラを買った時付いてきたフォトアコーディオンの写真を1枚撮って、どっちのフィルムがどっちのカメラで撮影したのかちゃんとわかるようにしました。

水準器をカメラをてっぺんに取り付けました。ステレオ写真カメラは水平に撮影することが重要なんです。でも結局ほとんどの写真を水準器を使わずに撮影してしまいました。

La Sardinaの利点はまだあります。それはすっごい広角のレンズを備えていて、被写界深度が深いってこと。つまりすべてに焦点が合いますよね。近くのものと遠くのものが1枚に写っている写真を撮影することが、奥ゆきの魔術をつくりだしますから。

撮影した写真の組み合わせがこちらです。Stereo Photo Makerをつかって作成しました。

下の写真はred/cyan立体写真です。赤・青メガネがあれば立体にみえますよ。

そんなに大変なことをしてないけど、かなりいい結果になってますよね。ポートレートモードのステレオ写真もバッチリでした。だってすごく広角のレンズで水平画角が広いから。これで三脚、シャッターリリースケーブル、水準器をつかってきっちり撮影しても、もちろんすばらしい結果が得られました。でもここまですると、軽く、コンパクトで、使いやすいステレオ写真カメラっていう最初の目的からちょっと外れちゃいますが。

ということで、このステレオ写真にすっごく満足しました。どうでしょう、あなたがもし2つのSardinaをもっていたら、試してみませんか?

La Sardina シリーズをお供に、帆を貼って大海原に飛び出そう!35mmフィルムのカメラはダイナミックな広角レンズを搭載し、多重露光、ダイヤルの巻戻しだって可能、つまり楽しさとスリルたっぷりないたずらがだいすきなあなたに必要な全てが揃っています。 La Sardina カメラ の購入は こちら から!

2012-02-26 #gear #tipster #camera #stereograms #stereography #camera-modification #stereo #la-sardina #stereographs #tipster gvelasco の記事
translated by mizugoji

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Horizonへのフィルム装填をすごく簡単に!

    2015-01-16 #gear #tipster alienmeatsack の記事
    Horizonへのフィルム装填をすごく簡単に!

    Horizonパノラマカメラで写真を撮るのは大好きだけど、フィルムを入れていると頭がおかしくなってしまいそう?この方法を使えば、お気に入りのHorizonやスイングレンズのカメラにフィルムを入れて撮るのが楽しくなると思うよ。試してみてね。

    1
  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • エクステンションチューブでアナログの接写撮影

    2015-03-22 #gear #tipster daxxfbondoc の記事
    エクステンションチューブでアナログの接写撮影

    僕は、普段から目にするような日常的なものの写真を撮るのが好きなんだ。接写写真を撮ると、そういったものがもっとおもしろく見える気がするね。スプーン一杯のお菓子とか、小さなネックレスとか、間近で撮るとよりおもしろくて楽しいんじゃないかな。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #tipster gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • 多重露光の星雲:空は無限大!

    2014-10-24 #gear #tipster abecd の記事
    多重露光の星雲:空は無限大!

    重ねて撮るのが大好きじゃない人っているんでしょうか?何度か重ね、多重露光した写真を撮ったり、その写真がどんな風に仕上がるのか見ることは、すごく楽しくって満足感があります。このシンプルな裏ワザで、どうやって次のレベルへ進むか教えましょう!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • 【5/24まで】Diana F+カメラをご購入で Diana+ Splitzerが無料!

    2015-05-19 #gear #ニュース shhquiet の記事
    【5/24まで】Diana F+カメラをご購入で Diana+ Splitzerが無料!

    スクエア写真はフォーマット自体がクールだけど、Diana+ Splitzerを使えば、工夫次第でもっと格好よい写真にできちゃいます!例えば、友達の顔が雲の上に浮かんでいる写真や、キュートな小犬の顔におじさんの足が生えている写真なんてどうでしょう?

  • 見せて貰おうか、Lomo LC-A 120 の性能とやらを・・・

    2014-12-11 #レビュー gakurou の記事
    見せて貰おうか、Lomo LC-A 120 の性能とやらを・・・

    今回、幸運にも発売前にLC-A 120のプロトタイプ機を借りることができたので、気合を入れていろいろ撮ってみたよ。 LC-A 120は外見だけ見ると、LC-A+をそのまま大きくしただけに見えるけど、心臓部のレンズに関して言えば全く別物のスゴイカメラだったよ。

    1
  • LomoChrome Purple gallery:日本の景色を紫色に染めてみよう!

    2015-03-17 #gear #ライフスタイル ciscoswank の記事
    LomoChrome Purple gallery:日本の景色を紫色に染めてみよう!

    LomoChrome Purpleで日常のワンシーンや、目に見える景色を切り取ったら、どんな写りをするのでしょう? ロモグラフィーのコミュニティー上には、日本で撮影されたLomoChrome Purple写真がたくさんアップロードされています。 本日はその一部をピックアップしてご紹介します!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 日本で撮影されたロモグラフ

    2015-03-10 #world #ライフスタイル #ロケーション ciscoswank の記事
    日本で撮影されたロモグラフ

    四季折々に様々な表情を見せ、地域によって全く異なる顔を見せる。でもどこも風情があるのが日本! そんな私たちの国ではどんなアナログ写真が撮影されているのでしょう?

  • LC-A 120 東京散歩

    2014-09-25 #ライフスタイル ciscoswank の記事
    LC-A 120 東京散歩

    LC-A 120を持ってロモグラフィージャパンのスタッフが東京をお散歩! 東京に住んでいる人なら、なんだか見覚えのある風景。そんな景色をLC-A 120で切り取ったら、一体どんな写真になるのでしょう? ウルトラシャープなワイドアングル・スクエアショットをお楽しみください!

  • Petzval 58 Bokeh Control: 4×5 SHI NO GO 栗原論

    2015-06-24 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 4×5 SHI NO GO 栗原論

    栗原論は東京を拠点にエディトリアル、広告、CDジャケットなどで活動する写真家。本城直季、渡辺一城、牧野智晃と共に立ち上げた写真家グループ「4x5 SHI NO GO」として個展を開くなど、様々な活動をしています。今回はPetzval 58 Bokeh Controlのプロトタイプで、日常的なスナップを撮影していただきました。東京の人々の目に映る、普通の暮らしと見慣れた景色...Petzval 58 Bokeh Control レンズを通すとどのように写し出されるのでしょうか。