La Sardinaで3D写真

La Sardinaの個性的な特徴をうまく利用すれば、ステレオグラフ(立体写真)が撮影できる!?さっそくLa Sardinaをどう使えばいいのか見てみよう!

La Sardina はスーパー楽しいカメラで、LOMO的撮影にピッタリですよね。実はこのカメラ、ステレオ写真に必要な2つの画像、つまり1つは左目で見た絵、1つは右目で見た絵、を撮影するにもピッタリなんです。ステレオな2つの画像をステレオ写真に変換するには、沢山のやり方があってフリープログラムもあります。ちなみにわたしのお気に入りのプログラムは Stereo Photo Maker です。英語、フランス語、ドイツ語、日本語に対応してますよ!

ステレオ写真のための2枚組の画像セットをつくるには、いくつかの方法があります。一番ベーシックなやり方は、1枚写真を撮り、人間の目の間隔を開けて、もう一枚写真を撮影することです。この方法には難点があり、2枚目の写真を撮る前になにかがちょっとでも動いたらステレオ写真に適切な写真にならず、ステレオ写真にしたときにフリッカーが生じること。もうひとつは、写真が撮影されるときに角度の違いが生じてしまうと、やっぱり適切な写真にならないことです。この問題を解決する方法は、 Holga 3D ステレオピンホールカメラのようなステレオ写真用のカメラを使うことです。これが一番単純な解決方法ですが、ステレオカメラは高額で、重くかさばるものが多いんですよね。ほとんどのステレオカメラはハーフフレームで、フルフレームの写真に比べると質が落ちます。スタンダードな35mmカメラより水平画角が狭い写真になるし、いつもここがステレオカメラって残念だと思うんです。これを解決する方法もあって、それはステレオ写真用固定台を買うか、つくることです。これがあれば2つの別々のカメラを三脚で固定できます。これがあればすごくいい3D画像が撮影できますよ。でも問題は、これってすごく大きくてかさばるってことです・・・。

そこで全部を解決する方法がこちらです。もし2つのカメラを持っているなら、そしてそれを上手にくっつける事ができるなら、この方法は絶対うまくいきますよ。単純にその2つをテープでくっつけて同時にシャッターボタンを押すようにすればいいんです。私はこの方法を2つのsardinaを使って実践しました。

La Sardina の持つ特徴は、ステレオカメラとしてピッタリだとさっき言いましたが、1つはその形です。彼女の持つまっ平らな側面は、もうひとつをぴったりとくっつけられます。いまどきのカメラの丸い側面はテープでくっつけるのが難しいんです。それからテープでくっつけたあとも、こんなふうに両方のフラッシュを接続させたままにできます。

そうすると、1つのフラッシュで、両方のシャッターに対応させなきゃいけないってことは無くなります。このようにとりつけられた2つのフラッシュは実際、画像を結合させたときに3D効果を強めます。それから私はLa Sardinaをこんなふうにくっつけた事もあります。

この配置でも両方のフラッシュを接続したままにできて、サイズもコンパクトにできます。このくっつけ方は固定するのが簡単なんですが、シャッターを同時に押すのが難しく、できる写真の水平サイズも小さくなってしまいます。だから私は最初のくっつけ方の方がいいと思います。

ステレオ写真を製作するのに、 La Sardina にはとっても便利な特徴がもうひとつあります。彼女がいろんな色の服をまとっていることです。私はいつも、右側をCubic、左側をDominoで撮影します。そうすると混乱しませんから。ステレオ写真を撮影する前にも、カメラを買った時付いてきたフォトアコーディオンの写真を1枚撮って、どっちのフィルムがどっちのカメラで撮影したのかちゃんとわかるようにしました。

水準器をカメラをてっぺんに取り付けました。ステレオ写真カメラは水平に撮影することが重要なんです。でも結局ほとんどの写真を水準器を使わずに撮影してしまいました。

La Sardinaの利点はまだあります。それはすっごい広角のレンズを備えていて、被写界深度が深いってこと。つまりすべてに焦点が合いますよね。近くのものと遠くのものが1枚に写っている写真を撮影することが、奥ゆきの魔術をつくりだしますから。

撮影した写真の組み合わせがこちらです。Stereo Photo Makerをつかって作成しました。

下の写真はred/cyan立体写真です。赤・青メガネがあれば立体にみえますよ。

そんなに大変なことをしてないけど、かなりいい結果になってますよね。ポートレートモードのステレオ写真もバッチリでした。だってすごく広角のレンズで水平画角が広いから。これで三脚、シャッターリリースケーブル、水準器をつかってきっちり撮影しても、もちろんすばらしい結果が得られました。でもここまですると、軽く、コンパクトで、使いやすいステレオ写真カメラっていう最初の目的からちょっと外れちゃいますが。

ということで、このステレオ写真にすっごく満足しました。どうでしょう、あなたがもし2つのSardinaをもっていたら、試してみませんか?

La Sardina シリーズをお供に、帆を貼って大海原に飛び出そう!35mmフィルムのカメラはダイナミックな広角レンズを搭載し、多重露光、ダイヤルの巻戻しだって可能、つまり楽しさとスリルたっぷりないたずらがだいすきなあなたに必要な全てが揃っています。 La Sardina カメラ の購入は こちら から!

2012-02-26 #gear #tutorials #camera #tipster #stereo #camera-modification #la-sardina #stereograms #stereographs #stereography gvelasco の記事
翻訳 mizugoji

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。

  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    2017-05-08 #people Ciel Hernandez の記事
    虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    赤と緑、ピンクと青、白と黒でもない。現実にははっきりとした境界線などなく、グラデーションのようにすべては曖昧です。モントリオールを拠点に活動する写真家Laurence Philomeneの「ノンバイナリー」シリーズのポートレートは私たちに物事の新しい見方を与えてくれます。*《ノンバイナリージェンダー》は男性にも女性にも分類されない性別自認のこと。

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • LomoAmigo:Anna Di Prosperoが写すセルフィー&日常風景

    2017-05-23 #people biondapiccola の記事
    LomoAmigo:Anna Di Prosperoが写すセルフィー&日常風景

    Anna Di Prosperoはその類まれなる才能で職業としての写真家の道を切り拓きました。日常を切り取る写真家・AnnaがLa Sardina DIYで楽しく撮影した写真をインタビューとともにお楽しみください!

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    2017-09-08 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    フィルムを入れ替えられるロモグラフィーの Simple Use Film Camera 。便利ですよね。最初に装填されているフィルムは Color Negative ISO 400、Lady Grey B&W ISO 400、LomoChrome Purpleですが、その他のフィルムで撮影したらどう写るのか、ずっと疑問に思っていました。

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!