La Sardinaで3D写真

La Sardinaの個性的な特徴をうまく利用すれば、ステレオグラフ(立体写真)が撮影できる!?さっそくLa Sardinaをどう使えばいいのか見てみよう!

La Sardina はスーパー楽しいカメラで、LOMO的撮影にピッタリですよね。実はこのカメラ、ステレオ写真に必要な2つの画像、つまり1つは左目で見た絵、1つは右目で見た絵、を撮影するにもピッタリなんです。ステレオな2つの画像をステレオ写真に変換するには、沢山のやり方があってフリープログラムもあります。ちなみにわたしのお気に入りのプログラムは Stereo Photo Maker です。英語、フランス語、ドイツ語、日本語に対応してますよ!

ステレオ写真のための2枚組の画像セットをつくるには、いくつかの方法があります。一番ベーシックなやり方は、1枚写真を撮り、人間の目の間隔を開けて、もう一枚写真を撮影することです。この方法には難点があり、2枚目の写真を撮る前になにかがちょっとでも動いたらステレオ写真に適切な写真にならず、ステレオ写真にしたときにフリッカーが生じること。もうひとつは、写真が撮影されるときに角度の違いが生じてしまうと、やっぱり適切な写真にならないことです。この問題を解決する方法は、 Holga 3D ステレオピンホールカメラのようなステレオ写真用のカメラを使うことです。これが一番単純な解決方法ですが、ステレオカメラは高額で、重くかさばるものが多いんですよね。ほとんどのステレオカメラはハーフフレームで、フルフレームの写真に比べると質が落ちます。スタンダードな35mmカメラより水平画角が狭い写真になるし、いつもここがステレオカメラって残念だと思うんです。これを解決する方法もあって、それはステレオ写真用固定台を買うか、つくることです。これがあれば2つの別々のカメラを三脚で固定できます。これがあればすごくいい3D画像が撮影できますよ。でも問題は、これってすごく大きくてかさばるってことです・・・。

そこで全部を解決する方法がこちらです。もし2つのカメラを持っているなら、そしてそれを上手にくっつける事ができるなら、この方法は絶対うまくいきますよ。単純にその2つをテープでくっつけて同時にシャッターボタンを押すようにすればいいんです。私はこの方法を2つのsardinaを使って実践しました。

La Sardina の持つ特徴は、ステレオカメラとしてピッタリだとさっき言いましたが、1つはその形です。彼女の持つまっ平らな側面は、もうひとつをぴったりとくっつけられます。いまどきのカメラの丸い側面はテープでくっつけるのが難しいんです。それからテープでくっつけたあとも、こんなふうに両方のフラッシュを接続させたままにできます。

そうすると、1つのフラッシュで、両方のシャッターに対応させなきゃいけないってことは無くなります。このようにとりつけられた2つのフラッシュは実際、画像を結合させたときに3D効果を強めます。それから私はLa Sardinaをこんなふうにくっつけた事もあります。

この配置でも両方のフラッシュを接続したままにできて、サイズもコンパクトにできます。このくっつけ方は固定するのが簡単なんですが、シャッターを同時に押すのが難しく、できる写真の水平サイズも小さくなってしまいます。だから私は最初のくっつけ方の方がいいと思います。

ステレオ写真を製作するのに、 La Sardina にはとっても便利な特徴がもうひとつあります。彼女がいろんな色の服をまとっていることです。私はいつも、右側をCubic、左側をDominoで撮影します。そうすると混乱しませんから。ステレオ写真を撮影する前にも、カメラを買った時付いてきたフォトアコーディオンの写真を1枚撮って、どっちのフィルムがどっちのカメラで撮影したのかちゃんとわかるようにしました。

水準器をカメラをてっぺんに取り付けました。ステレオ写真カメラは水平に撮影することが重要なんです。でも結局ほとんどの写真を水準器を使わずに撮影してしまいました。

La Sardinaの利点はまだあります。それはすっごい広角のレンズを備えていて、被写界深度が深いってこと。つまりすべてに焦点が合いますよね。近くのものと遠くのものが1枚に写っている写真を撮影することが、奥ゆきの魔術をつくりだしますから。

撮影した写真の組み合わせがこちらです。Stereo Photo Makerをつかって作成しました。

下の写真はred/cyan立体写真です。赤・青メガネがあれば立体にみえますよ。

そんなに大変なことをしてないけど、かなりいい結果になってますよね。ポートレートモードのステレオ写真もバッチリでした。だってすごく広角のレンズで水平画角が広いから。これで三脚、シャッターリリースケーブル、水準器をつかってきっちり撮影しても、もちろんすばらしい結果が得られました。でもここまですると、軽く、コンパクトで、使いやすいステレオ写真カメラっていう最初の目的からちょっと外れちゃいますが。

ということで、このステレオ写真にすっごく満足しました。どうでしょう、あなたがもし2つのSardinaをもっていたら、試してみませんか?

La Sardina シリーズをお供に、帆を貼って大海原に飛び出そう!35mmフィルムのカメラはダイナミックな広角レンズを搭載し、多重露光、ダイヤルの巻戻しだって可能、つまり楽しさとスリルたっぷりないたずらがだいすきなあなたに必要な全てが揃っています。 La Sardina カメラ の購入は こちら から!

2012-02-26 #gear #tutorials #stereograms #camera #stereography #tipster #stereographs #camera-modification #stereo #la-sardina gvelasco の記事
翻訳 mizugoji

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • ギャラリー: New Jupiter 3+ Art Lensでみつける、街の刺激的な側面

    2016-01-23 #ニュース Lomography の記事
    ギャラリー: New Jupiter 3+ Art Lensでみつける、街の刺激的な側面

    何が魅力的な写真を作るのでしょう?何が写真を「イメージ」というより「思い出」というものに近づけるのでしょう?一体どのようにしたら、見た人がまるでそこに訪れたかのように感じる、疑似体験を与える写真を撮れるのでしょう?

  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear lomographymagazine の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。

  • Konstruktorの写真がもっと素敵になる10個の方法

    2016-02-20 #gear #tutorials Julien Matabuena の記事
    Konstruktorの写真がもっと素敵になる10個の方法

    DIY一眼レフカメラ Konstruktor を組み立て終えた?それならば次は撮影に移りましょう。この記事でKonstruktorで写真を撮るときに知っていると便利なアイディアを10個、書き出してご紹介します!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Petzvalと接写レンズでマクロ撮影に挑戦!

    2015-11-25 #gear #tutorials masaka の記事
    Petzvalと接写レンズでマクロ撮影に挑戦!

    Lomography Petzval Art レンズの最短撮影距離は1m。人物のポートレートにはピッタリな距離だけど、小さな被写体にもっと近付いて撮影してみたくならない?接写レンズを使えば出来るんです!

  • Lomo'Instantでその時の環境を写し出そう

    2015-07-13 #ニュース #gear #places shhquiet の記事
    Lomo'Instantでその時の環境を写し出そう

    あなたが次にLomo'Instantと一緒に街を散策する時、これから紹介するテクニックを試すのにちょうど良いかも!最初に素敵な場所を見つけて、Lomo'Instantでインスタント写真に残しましょう。その写真が浮かび上がったら、撮影した場所と同じ場所でその写真を持って、他のカメラでその写真と場所を含んだ写真を撮影してみましょう。口で説明してもちょっと想像がつきにくいかも知れませんね。一体どういうことなのか、この記事の写真で説明します!

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #places lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    2016-02-04 #gear #tutorials imbaaa の記事
    超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    ありきたりなカラー写真に飽きてきていませんか?時にはレトロ風味な写真も撮りたくなりますよね。そんな時に役立つのがこのテクニック。LC-Aで使えるオレンジフィルターを自作しましょう!

  • なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    2016-03-17 #ビデオ lomographymagazine の記事
    なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    遠い昔、まだ写真技術が発展しておらず何も考えずにセルフィーを何百枚も撮るなんてことが出来なかった時代の写真では、人々は笑顔をみせず無表情で写っています。それは一体なぜでしょう?

  • ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    2016-05-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    その歴史が始まった日から、写真は常に芸術と科学、両方の試みのためのものでした。少なくとも、ルイ・ダゲールはそうなることを期待していました。ダゲレオタイプがどのように科学の道具になり、どのように写真が芸術へ介入していったのかを覗いてみましょう。