ロモグラファーの美しくぼやけた写真50枚

たいていの写真はシャープではっきりした写真が多いですよね。ちゃんと被写体にピントがあっているような。でも、ぼやけた写真もそれはそれでシャープな写真と同じぐらい美しいアートなんです!

今週は、ロモグラフィーのコミュニティーで素晴らしい50のぼやけた写真をご紹介致します。選ぶのにとっても時間がかかってしまいました。だって、素敵な写真ばかりなんですもの!

さぁ、今週の美しい写真セクションをご覧ください!すべて素敵なぼやけた写真です!

Credits: phishfoodrenaishashinfruchtzwerg_hhnicolas_noirpushkarbravebird-dakota-lakandulaethermoonbylcuencahazy_babyibkcmeladegypsiekamirazepopcoleproductionsblackcoffeeandtantrumcoolbobermandecsternorawr_zeewierkoekjedisasterareacarmenismdevilfirzenmuddymirehanifmaidinrwinscrianboredbonerobot_pilotnanaphotographyabracadaverjackdanielmasonxxxanderrr & adozzi

もし、あなたもこんな風に美しい写真があったらロモホームにアップロードしてみて下さいね!

それでは皆さん、良い1日を!

2012-02-29 #community #lifestyle #gallery #blur #bokeh #selection mayeemayee の記事
翻訳 tame

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • 実験:塩素!

    2015-07-25 #tutorials beway の記事
    実験:塩素!

    アナログ写真の何が素晴らしいのでしょう?どんな結果になるかわからなかったり、失敗したり、全ての写真が完璧にはなるとは限りません。あなたも同じようなことを経験しているかもしれないですね。いろんなフィルムスープや、薬品を試し終わって、ついに私はとっても簡単で、手軽な方法を見つけました。それは、塩素での漂白です!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Taking Back Tipsters: 写真にテクスチャーを

    2016-01-18 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    Taking Back Tipsters: 写真にテクスチャーを

    フィルム写真はシャープにクリアに写すことだけが全てではありません。霧がかかったようなフォギーでダークな写真も楽しみましょう。

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #places lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • Petzval 85 & 58 Bokeh Control Art Lens: kisimari

    2015-10-29 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 & 58 Bokeh Control Art Lens: kisimari

    ファッションフォトグラファーとして活動するkisimariさん。様々なファッション誌や広告で写真を撮影しながら、Webマガジンでブログの連載、雑誌でkisimari流インテリアとDIYの連載を行うなど幅広く活躍しています。彼女は女の子なら胸がキュンキュンしてしまうようなガーリーでポップな世界を写し出します。そんなkisimariさんがPetzval レンズで撮影した写真は、美しい色使いに繊細さが冴える素敵な作品となっています。kisimariさんの写真家としての真髄を探るインタビューとともに、Petzval × kisimari ワールドをお楽しみください!

  • 新登場: Lomo'Instant Wide

    2015-10-13 #ニュース #gear Lomography の記事
    新登場: Lomo'Instant Wide

    過ぎし日のポラロイドのように、撮ってすぐにワイドサイズの写真に残せたら・・・そして想像力あふれるユニークな撮影がインスタント写真で楽しめたら、どんなに素敵なことでしょう!そんな夢を実現するのがLomo’Instant Wideです。初心者でも使いこなせる自動露出のオートモード、シャッターリモコン機能付きレンズキャップ、長時間露光と多重露光、フラッシュ用のカラーフィルターなど、Lomo’Instant Wideは全てが革新的。そして創造性に溢れています。