Diana F+ ファンのためのちょっとしたガイド

何のガイドかって? これはDianaファンにとってきっと役立つガイドだよ。

何日か前から僕の Diana F+Diana 35mm Back を使わずに35mmフィルムで写真を撮れないか考え初めて、Lomographyのコミュニティでどうやってやれば良いのかやり方を探し始めたんだ。そしてついに、いい感じのやり方(リンクは最後にあるよ)を見つけたんだ。すごく良い感じの方法だったんだけど、フレームを均等にするのにフレーム毎にどれだけ回せば良いのか覚えなくちゃないってことに気づいてしまったんだ。というわけで、しなくちゃいけないことは、数字の入った小さなチャートを持ち歩くことなんだよ。簡単だよね? ってそんな簡単なわけないじゃない。このチャート、かなり長いくていつも持ち歩くにはちょっときついんだよね。

Photos by esmondsit

それから、ピンホールモードを使う時の適正な露出が知りたくなったんだ。前回と同じようにLomographyのコミュニティで何か良いコツがないか調べてみて、かなりいいのを見つけたんだよね。必要な全ての情報が載ってたんだ(リンクは下のほうにあるよ)。でもって、またすごく長い数字のリストを持ち歩くことになってしまったんだよ。毎回毎回リストっていうのもちょっとアレだよね?その記事ではそのリストをストラップにくっつければいい的なことを言っていたんだけど、なんかストラップなのかノートなのか分かんなくなっちゃうくらいの見た目になりつつあるよ。

Photos by gm_mcleod

そして、曇り時、やや曇り時、晴れ、そしてピンホールでの適正な絞りってどれくらいなんだろう?あとシャッタースピードも!ここも分かってると思うけど、Lomographyでいつものことながら何か良い情報はないものかと調べたんだけど、ここでもすぐ見つけた、グレイトなものを!必要な数字と、さらにそれをどうやってトラップにくっつけるのかが載っていたんだよね。そりゃ当然やりますよ!ストラップってけっこう長めだよね?それが違うんだよ、もうこの情報集めを始めたら、もうね、ピンホールの露光時間、フレーム毎のノブの回す回数とかの情報でいっぱいになっちゃってるんだよね。それでなにかいい方法はないか考えたんだ。

Photos by pandaisdead

どうやったら全部の情報をいつも手軽に持ち歩けるんだろう?僕がたどり着いた答えは、カード。みんないつもカードを持ち歩いてるよね?デビットやクレジットカード、社員IDとか色々。そんでもってみんな大抵そういうカードを財布に入れて持ち歩いてるよね。そこで、僕はすべての情報をハンディサイズのカードにプリントして、ラミネート加工することにしたんだ。これがみんなにとって使えるアイディアだったら嬉しいな。

Photos of V1.0 in my wallet.
and V2.0 Just for you!

これを プリント して、ラミネート加工しよう!

このテクニックは3人のロモグラファーの記事を参考にしているよ!

A Proper 35mm Film Mod for Diana F+ by esmondsit

A Pinhole Exposure Guide Neck Strap by gm_mcleod

Diana F Users Can Have an Aperture Around Their Neck by pandaisdead

Diana F+ は60年代風のレトロなデザインのカメラ。ソフトでドリーミーなイメージを作りだす魔法のカメラ!オンラインショップで早速、 Diana F+ をチェックしちゃおう!

2012-03-05 #gear #tutorials #diana-f-top-tipster #hand-craft #exposure #tipster #camera #aperture #guide a1con の記事
翻訳 hanahana

他の記事を読む

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • アナログでやりたいことリスト:1月 - フィルターとマスク

    2015-09-11 #tutorials Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:1月 - フィルターとマスク

    2015年の初め、毎月1つずつやろうと決めたプロジェクト。1月はカメラのカスタマイズに挑戦しました。写真をもっときらっきらにしたかったら、レンズの前か後ろに何かを取り付ければいいのです。今回はどちらもやってみました。

  • First Impressions of the New Jupiter 3+ Lens: Tat Tso

    2016-02-06 #gear Lomography の記事
    First Impressions of the New Jupiter 3+ Lens: Tat Tso

    Tat TsoがNew Jupiter 3+で撮影したのは近しい人のポートレイト写真。彼の写真は生の感情が詰め込まれたカプセルのようで、まるでその場にいたかのような親近感が湧いてきますね。きっとNew Jupiter 3+の滑らかなボケが一役買っているのでしょう。

  • LC-Aカメラの実力を引き出す、すぐに出来る5つの方法

    2015-06-19 #gear K. Aquino の記事
    LC-Aカメラの実力を引き出す、すぐに出来る5つの方法

    本日6月19日はLC-Aの誕生日!今年2015年にLC-Aは31歳の誕生日を迎えます。そんなLC-Aとの撮影をこれからもずっとお楽しみいただくために、すぐに出来る5つの方法をラインナップしました。Lomo LC-A+とLC-Wideの強みを引き出して、撮影を楽しみましょう。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!

  • 超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    2016-02-04 #gear #tutorials imbaaa の記事
    超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    ありきたりなカラー写真に飽きてきていませんか?時にはレトロ風味な写真も撮りたくなりますよね。そんな時に役立つのがこのテクニック。LC-Aで使えるオレンジフィルターを自作しましょう!

  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear lomographymagazine の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    2016-05-06 #ニュース #gear lomographymagazine の記事
    世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    なんとDaguerreotype Achromat Art LensにCanon EFマウント、Nikon FマウントだけではなくPentax Kマウントのリターンが追加されることになりました!あまりに急な発表で驚かれた方もいらっしゃることと思いますが、私たちもこちらを発表することができて大変うれしく思います。世界規模での目標本数に達したためリターンとして正式に追加されます!

  • Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    2015-12-26 #gear #people zonderbar の記事
    Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    我らがロモアミーゴ Kate BellmはDeyáを拠点に活動するサイケデリックな作風で知られる写真家。ユニークな色の変化が楽しめるロモグラフィーのLomoChrome フィルムは彼女のスタイルにぴったり!彼女はバッグにLomoChrome PurpleとTurquoiseを詰め込みアイスランドへと旅立ち、まるで別世界を写し出したかのような素敵な写真と共に戻ってきました!

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #tutorials ciscoswank の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。