Lomo LC-A+との1年

Lomo LC-A+を使ってもう1年になります。2011年にした旅行のほとんどにこのカメラを持って行きました。そして、どうしてこのカメラが理想的なコンパクトカメラなのかを話したいと思います。

最初に Lomo LC-A+ を触ったとき、何を期待すれば良いのか正直分からなかったんです。これまで Rollei 35 をメインカメラとして7年間使ってきて、休日や旅行などでの撮影をすごく楽しんできました。この2つのカメラにはいくつかの共通点(サイズが小さい、同じ焦点距離、同じ絞り値、マニュアルフォーカス)があるけど、考え方はとても違うものです。Rollei は時間が必要なカメラだと言えると思います。急いでいるときなんかは良い写りにはなりません。そして、モノクロをとっても好み、思い出を撮影、保存するのに素晴らしいカメラです。一方Lomo LC-A+は神経質で、カメラの撮るべきものをより明確にしてくれます。いつもポケットに入れることができ、どこへでも連れて行けます。そしてたくさんの冒険についてきてくれます。

Rollei 35はまだたまに使っていますが、なぜLomo LC-A+は特別な感じがするのでしょうか。それは去年1年間もっとも使用したカメラだからです。そして、多くの思い出に残る旅を写してくれたカメラだからです。これから、私の旅の写真をいくつか紹介したいと思います。様々なフィルム、国で撮影しています。 LOMO LC-A+ がどれだけ万能に撮影できるか感じることができると思います。

ステージ1: パリ

Pellicule X-Pro Chrome 100, avec flash pour Diana F+

パリに住んでいるので旅行ってワケではないんですが、気にしないでください。Lomo LC-A+は普通のジャケットのポケットにすっぽり収まるから、ホントにどこにでも連れて行けるんです。 Fritz the Blitz が出る前は Diana F+ Flash Black と一緒によく撮影していました。(ここに載せている写真ではDIana F+ Flashを使っています。)

最初に、フォーカスを合わせるのはとても簡単だと思います:4つの距離から選ぶだけです(0,8m, 1,5m, 3mそして無限遠)。一度慣れてしまえば、ポケットから出す時にそんなに考える必要も無くなります。数秒で大体の焦点距離を予想できるようになれます:

•被写体がとっても近い場合、腕をのばしたら被写体に触れるくらいなら、フォーカスのスイッチを1番上に合わせます(0.8m)。
•被写体がだいたい2〜3歩くらい離れている場合は1.5mを選びましょう。
•2〜3歩以上被写体が離れている場合は無限遠を使いましょう。(実際私は3mの焦点距離を使ったことがありません)

このマニュアルスケールはだいたいいつもうまくいきます。全ては慣れです。何本か撮影すると、カメラに触れると同時にあなたの焦点距離を設定するようになるんです。

Pellicule X-Pro Chrome 100, temps très ensoleillé

ステージ2: ベルリン

5月にベルリンに旅行した時にLC-A+を持って行きました。天気はなんだか曇りそうだったので、念のためにISO800のカラーネガフィルムを2つと、ISO400のカラーネガフィルムを2つ持って行きました。天気はというと、普通にいい天気だったのでとってもツイていました。ただ、覚えておいてほしいのが、*カメラのISOを設定する* ということです。そうすることで、心配すること無くほとんどのフィルムを使えるんです。

32mmの焦点距離 はほとんどのシチュエーションにおいて使える距離だと思います。とてもバランスのとれた焦点距離なんです: 長過ぎず、かといって短すぎない(そして私の考えでは、全てのカメラは28〜50mmの焦点距離を持っているべきだと思っています。これはここでの話からずれてしまうのでアレですが…)。接近した写真においてはベストな焦点距離ではないですが、少し離れてのポートレートやストリートではパーフェクトなんです。

Durant mon voyage à Berlin en 2011 – Pellicule couleur négative 800ISO

ステージ3: クロアチア

Boitier Krab, pellicule X-Pro 200

フラッシュ(Diana F+ Flash と Fritz the Blitz)に加えて、他にもLC-A+に追加できるアクセサリーがあります: Krab Underwater Housing を使うと、プールとかビーチで撮影できたり、水中でも撮影できるようになるんです!あまり深いところまで潜らなければ、全然問題なく撮影できます(プールと海で使ってみました。深さは5〜6フィートくらいで使っていました)。

この写真たちで、LOMO LC-A+がどれだけ色んな用途に使えるのか、そして旅行や旅をしているときにどうやって使えば良いのかっていうのをみんなに伝えることができたらとても嬉しく思います。もしも1つしかカメラを持てないってなったら、たぶんこのカメラがその1つになるんだと思います。

2012-04-08 #レビュー #voyages #35mm #compact #verre #lomo #lomolca #lca #glass fredericdith の記事
translated by hanahana

他の記事を読む

  • アナログでやりたいことリスト:12か月で、12個の計画

    2015-08-04 #people #ライフスタイル stratski の記事
    アナログでやりたいことリスト:12か月で、12個の計画

    新年にはいつもよい決意をするのですが、月末にはほとんど失敗してしまいます。今年は、月ごとにやりたいことを決めておこうと決心しました。

    1
  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #tipster jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • LomoAmigos: Mogwai(モグワイ)、LC-Wideで日本を撮る

    2015-04-15 #people #Lomoamigos hannah_brown の記事
    LomoAmigos: Mogwai(モグワイ)、LC-Wideで日本を撮る

    Mogwai(モグワイ)は1995年に結成されたスコットランドのポスト・ロックバンド。昨年8作目となるスタジオアルバム『Rave Tapes』をリリースし、ここ12ヶ月のあいだ勢力的にツアーを行ってきました。そんな彼らがLC-Wideを日本ツアーに持って行き、Mogwaiの世界について話してくれました!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【募集終了】HAPPY 31st BIRTHDAY LC-A! Family Trip Workshop@鎌倉

    2015-06-01 #gear #イベント ameli124 の記事
    【募集終了】HAPPY 31st BIRTHDAY LC-A! Family Trip Workshop@鎌倉

    ※本企画は定員に達したため募集を締め切らせていただきます。何卒ご了承のほどお願い致します。 LC-A Familyと鎌倉へショートトリップ!コンパクトな私たちの愛すべき相棒、Lomo LC-A が6月19日に31歳になるのを記念して、都内からほど近い美しき古都・鎌倉で6月20日(土)にワークショップを行います。

  • LomoAmigos: The Watanabes

    2015-02-05 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: The Watanabes

    The Watanabesは日本で活躍するインターナショナルバンド。日本の単語がところどころに聞こえてくる、ノスタルジックでちょっぴり切ない哀愁溢れるフォークロックを奏でます。そんなWatanabesにロモグラフィーのカメラをお貸出しし、思う存分に撮影していただきました!

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #tipster gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Petzval Lensが教えてくれたこと ―太陽の輝蹟―

    2014-10-10 #gear #tipster gakurou の記事
    Petzval Lensが教えてくれたこと ―太陽の輝蹟―

    今まで光を意識してなかったわけではないけれど、Petzval Lensを使うようになって、より光を意識するようになった。 日中に見える物は、すべて太陽の光の反射によるもので、その最大の光を捉える方法をPetzval Lensが教えてくれました。 まったく当たり前のことを書いていますが、ちょっと読んでみてほしい光の捕え方です。

    1
  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear #ライフスタイル kenaz の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。

  • *募集終了*【GOLDEN WEEKスペシャルワークショップ】『LC-A120×LomoChrome Turqouise』開催決定!

    2015-04-27 #world #ニュース #イベント lomographyplus の記事
    *募集終了*【GOLDEN WEEKスペシャルワークショップ】『LC-A120×LomoChrome Turqouise』開催決定!

    今年のゴールデンウィークもLomographyのカメラ達と楽しんじゃいましょう!Lomography+ではこのGWにぴったりなワークショップを開催します!今回のワークショップではLC-A 120とLomoChrome Turquoiseフィルムを使っていただきます。発売したばかりの両商品、気になっていて試したかったという方も多いのでは?そんな方は是非このワークショップで両方いっぺんにお楽しみください!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    2015-08-13 #people #ニュース #ライフスタイル #Lomoamigos zonderbar の記事
    LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    ミュージシャンであるObi Blancheは、2013年にロモグラファーとなり写真の世界にどっぷりと浸かることになりました。それ以降、彼はロモグラフィーの最新カメラに常に興味を持ち続け、その中でも特に彼を惹き付けたカメラがLC-A 120です。

  • LC-Aカメラの実力を引き出す、すぐに出来る5つの方法

    2015-06-19 #gear #ライフスタイル Kwyn Kenaz Aquino の記事
    LC-Aカメラの実力を引き出す、すぐに出来る5つの方法

    本日6月19日はLC-Aの誕生日!今年2015年にLC-Aは31歳の誕生日を迎えます。そんなLC-Aとの撮影をこれからもずっとお楽しみいただくために、すぐに出来る5つの方法をラインナップしました。Lomo LC-A+とLC-Wideの強みを引き出して、撮影を楽しみましょう。

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #ライフスタイル #ロケーション kenaz の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?