Lomo LC-A+との1年

2012-04-08

Lomo LC-A+を使ってもう1年になります。2011年にした旅行のほとんどにこのカメラを持って行きました。そして、どうしてこのカメラが理想的なコンパクトカメラなのかを話したいと思います。

最初に Lomo LC-A+ を触ったとき、何を期待すれば良いのか正直分からなかったんです。これまで Rollei 35 をメインカメラとして7年間使ってきて、休日や旅行などでの撮影をすごく楽しんできました。この2つのカメラにはいくつかの共通点(サイズが小さい、同じ焦点距離、同じ絞り値、マニュアルフォーカス)があるけど、考え方はとても違うものです。Rollei は時間が必要なカメラだと言えると思います。急いでいるときなんかは良い写りにはなりません。そして、モノクロをとっても好み、思い出を撮影、保存するのに素晴らしいカメラです。一方Lomo LC-A+は神経質で、カメラの撮るべきものをより明確にしてくれます。いつもポケットに入れることができ、どこへでも連れて行けます。そしてたくさんの冒険についてきてくれます。

Rollei 35はまだたまに使っていますが、なぜLomo LC-A+は特別な感じがするのでしょうか。それは去年1年間もっとも使用したカメラだからです。そして、多くの思い出に残る旅を写してくれたカメラだからです。これから、私の旅の写真をいくつか紹介したいと思います。様々なフィルム、国で撮影しています。 LOMO LC-A+ がどれだけ万能に撮影できるか感じることができると思います。

ステージ1: パリ

Pellicule X-Pro Chrome 100, avec flash pour Diana F+

パリに住んでいるので旅行ってワケではないんですが、気にしないでください。Lomo LC-A+は普通のジャケットのポケットにすっぽり収まるから、ホントにどこにでも連れて行けるんです。 Fritz the Blitz が出る前は Diana F+ Flash Black と一緒によく撮影していました。(ここに載せている写真ではDIana F+ Flashを使っています。)

最初に、フォーカスを合わせるのはとても簡単だと思います:4つの距離から選ぶだけです(0,8m, 1,5m, 3mそして無限遠)。一度慣れてしまえば、ポケットから出す時にそんなに考える必要も無くなります。数秒で大体の焦点距離を予想できるようになれます:

•被写体がとっても近い場合、腕をのばしたら被写体に触れるくらいなら、フォーカスのスイッチを1番上に合わせます(0.8m)。
•被写体がだいたい2〜3歩くらい離れている場合は1.5mを選びましょう。
•2〜3歩以上被写体が離れている場合は無限遠を使いましょう。(実際私は3mの焦点距離を使ったことがありません)

このマニュアルスケールはだいたいいつもうまくいきます。全ては慣れです。何本か撮影すると、カメラに触れると同時にあなたの焦点距離を設定するようになるんです。

Pellicule X-Pro Chrome 100, temps très ensoleillé

ステージ2: ベルリン

5月にベルリンに旅行した時にLC-A+を持って行きました。天気はなんだか曇りそうだったので、念のためにISO800のカラーネガフィルムを2つと、ISO400のカラーネガフィルムを2つ持って行きました。天気はというと、普通にいい天気だったのでとってもツイていました。ただ、覚えておいてほしいのが、*カメラのISOを設定する* ということです。そうすることで、心配すること無くほとんどのフィルムを使えるんです。

32mmの焦点距離 はほとんどのシチュエーションにおいて使える距離だと思います。とてもバランスのとれた焦点距離なんです: 長過ぎず、かといって短すぎない(そして私の考えでは、全てのカメラは28〜50mmの焦点距離を持っているべきだと思っています。これはここでの話からずれてしまうのでアレですが…)。接近した写真においてはベストな焦点距離ではないですが、少し離れてのポートレートやストリートではパーフェクトなんです。

Durant mon voyage à Berlin en 2011 – Pellicule couleur négative 800ISO

ステージ3: クロアチア

Boitier Krab, pellicule X-Pro 200

フラッシュ(Diana F+ Flash と Fritz the Blitz)に加えて、他にもLC-A+に追加できるアクセサリーがあります: Krab Underwater Housing を使うと、プールとかビーチで撮影できたり、水中でも撮影できるようになるんです!あまり深いところまで潜らなければ、全然問題なく撮影できます(プールと海で使ってみました。深さは5〜6フィートくらいで使っていました)。

この写真たちで、LOMO LC-A+がどれだけ色んな用途に使えるのか、そして旅行や旅をしているときにどうやって使えば良いのかっていうのをみんなに伝えることができたらとても嬉しく思います。もしも1つしかカメラを持てないってなったら、たぶんこのカメラがその1つになるんだと思います。

2012-04-08 #gear #35mm #review #glass #lomo #compact #lca #lomolca #verre #voyages fredericdith の記事
翻訳 hanahana

他の記事を読む

  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • LC-A+と一緒にスノボー旅行:Victor Daviet

    2016-12-06 #people mpflawer の記事
    LC-A+と一緒にスノボー旅行:Victor Daviet

    プロのスノーボーダーであるVictor Davietから愉快な旅行風景が届きました!写真とスノーボードをこよなく愛するVictorはVansとAct Snowboarding magazine主催のスノーボード旅行にもLC-A+を連れて行きました。いったいどんな写真になったのでしょうか?

    2016-12-06
  • フィルムカメラブーム再来の謎に迫る

    2016-10-25 #culture Ciel Hernandez の記事
    フィルムカメラブーム再来の謎に迫る

    21世紀以降のフィルムからSDカードへの急激な移行は、カメラ産業やアート界に大きな変化を与えました。ところが15年ほど前から、再びアナログに興味を示す人が増えています。人々は何故いまフィルムに惹かれるのでしょうか?

    2016-10-25
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『私』大賞発表

    2017-05-30 #ニュース Lomography の記事
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『私』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは2016年のスペシャルカテゴリー『私』大賞の入賞作品を発表致します!

  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

    2017-07-14
  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『脱コンクリートジャングル』大賞発表

    2017-05-28 #ニュース Lomography の記事
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『脱コンクリートジャングル』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『脱コンクリートジャングル』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『トライアル&エラー』大賞発表

    2017-05-28 #ニュース Lomography の記事
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『トライアル&エラー』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『トライアル&エラー』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

  • 色んな視点で街を見てみよう!

    2016-12-24 #culture lomographymagazine の記事
    色んな視点で街を見てみよう!

    窮屈な街のなかですら、毎日たくさんのことが起こっています。ここではロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた街の写真をご紹介します!さぁ、あなたも今すぐカメラを持って街に飛び出しませんか?

    2016-12-24
  • ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    2017-06-29 #gear lomographymagazine の記事
    ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    街の撮影ならいつでも、どこでもロモグラフィーの自分で組み立てる一眼カメラKonstruktorがぴったり!今日はその理由を素敵な写真と一緒にご紹介致します。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzvalで描く童話のような世界 Amigo: Rémy Perthuisot

    2016-10-18 #people Lomography の記事
    Petzvalで描く童話のような世界 Amigo: Rémy Perthuisot

    Rémy PerthuisotがPetzal 85 Bokeh Control Lensで描く童話のような世界。 Petzal58とPetzval85の両方を使ってみた彼に、どちらのほうが好きか聞いてみました。

    2016-10-18
  • Google Mapで世界中どこでも現像所の場所がわかる!

    2017-04-20 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    Google Mapで世界中どこでも現像所の場所がわかる!

    ELUSIVEはこの地図を制作するために、世界中のフィルム現像所を集めました!世界中どこへ行ってもすぐに現像所を見つけることができます。掲載されていない現像所を見つけたら、ELUSIVEに伝えて地図をより充実させていきましょう!

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『アドレナリン爆発』大賞発表

    2017-05-30 #ニュース Lomography の記事
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『アドレナリン爆発』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『アドレナリン爆発』カテゴリーの入賞作品を発表致します!