Lomo LC-A+との1年

2012-04-08

Lomo LC-A+を使ってもう1年になります。2011年にした旅行のほとんどにこのカメラを持って行きました。そして、どうしてこのカメラが理想的なコンパクトカメラなのかを話したいと思います。

最初に Lomo LC-A+ を触ったとき、何を期待すれば良いのか正直分からなかったんです。これまで Rollei 35 をメインカメラとして7年間使ってきて、休日や旅行などでの撮影をすごく楽しんできました。この2つのカメラにはいくつかの共通点(サイズが小さい、同じ焦点距離、同じ絞り値、マニュアルフォーカス)があるけど、考え方はとても違うものです。Rollei は時間が必要なカメラだと言えると思います。急いでいるときなんかは良い写りにはなりません。そして、モノクロをとっても好み、思い出を撮影、保存するのに素晴らしいカメラです。一方Lomo LC-A+は神経質で、カメラの撮るべきものをより明確にしてくれます。いつもポケットに入れることができ、どこへでも連れて行けます。そしてたくさんの冒険についてきてくれます。

Rollei 35はまだたまに使っていますが、なぜLomo LC-A+は特別な感じがするのでしょうか。それは去年1年間もっとも使用したカメラだからです。そして、多くの思い出に残る旅を写してくれたカメラだからです。これから、私の旅の写真をいくつか紹介したいと思います。様々なフィルム、国で撮影しています。 LOMO LC-A+ がどれだけ万能に撮影できるか感じることができると思います。

ステージ1: パリ

Pellicule X-Pro Chrome 100, avec flash pour Diana F+

パリに住んでいるので旅行ってワケではないんですが、気にしないでください。Lomo LC-A+は普通のジャケットのポケットにすっぽり収まるから、ホントにどこにでも連れて行けるんです。 Fritz the Blitz が出る前は Diana F+ Flash Black と一緒によく撮影していました。(ここに載せている写真ではDIana F+ Flashを使っています。)

最初に、フォーカスを合わせるのはとても簡単だと思います:4つの距離から選ぶだけです(0,8m, 1,5m, 3mそして無限遠)。一度慣れてしまえば、ポケットから出す時にそんなに考える必要も無くなります。数秒で大体の焦点距離を予想できるようになれます:

•被写体がとっても近い場合、腕をのばしたら被写体に触れるくらいなら、フォーカスのスイッチを1番上に合わせます(0.8m)。
•被写体がだいたい2〜3歩くらい離れている場合は1.5mを選びましょう。
•2〜3歩以上被写体が離れている場合は無限遠を使いましょう。(実際私は3mの焦点距離を使ったことがありません)

このマニュアルスケールはだいたいいつもうまくいきます。全ては慣れです。何本か撮影すると、カメラに触れると同時にあなたの焦点距離を設定するようになるんです。

Pellicule X-Pro Chrome 100, temps très ensoleillé

ステージ2: ベルリン

5月にベルリンに旅行した時にLC-A+を持って行きました。天気はなんだか曇りそうだったので、念のためにISO800のカラーネガフィルムを2つと、ISO400のカラーネガフィルムを2つ持って行きました。天気はというと、普通にいい天気だったのでとってもツイていました。ただ、覚えておいてほしいのが、*カメラのISOを設定する* ということです。そうすることで、心配すること無くほとんどのフィルムを使えるんです。

32mmの焦点距離 はほとんどのシチュエーションにおいて使える距離だと思います。とてもバランスのとれた焦点距離なんです: 長過ぎず、かといって短すぎない(そして私の考えでは、全てのカメラは28〜50mmの焦点距離を持っているべきだと思っています。これはここでの話からずれてしまうのでアレですが…)。接近した写真においてはベストな焦点距離ではないですが、少し離れてのポートレートやストリートではパーフェクトなんです。

Durant mon voyage à Berlin en 2011 – Pellicule couleur négative 800ISO

ステージ3: クロアチア

Boitier Krab, pellicule X-Pro 200

フラッシュ(Diana F+ Flash と Fritz the Blitz)に加えて、他にもLC-A+に追加できるアクセサリーがあります: Krab Underwater Housing を使うと、プールとかビーチで撮影できたり、水中でも撮影できるようになるんです!あまり深いところまで潜らなければ、全然問題なく撮影できます(プールと海で使ってみました。深さは5〜6フィートくらいで使っていました)。

この写真たちで、LOMO LC-A+がどれだけ色んな用途に使えるのか、そして旅行や旅をしているときにどうやって使えば良いのかっていうのをみんなに伝えることができたらとても嬉しく思います。もしも1つしかカメラを持てないってなったら、たぶんこのカメラがその1つになるんだと思います。

2012-04-08 #gear #compact #voyages #glass #lca #verre #lomo #35mm #lomolca #review fredericdith の記事
翻訳 hanahana

他の記事を読む

  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • LC-A+と一緒にスノボー旅行:Victor Daviet

    2016-12-06 #people mpflawer の記事
    LC-A+と一緒にスノボー旅行:Victor Daviet

    プロのスノーボーダーであるVictor Davietから愉快な旅行風景が届きました!写真とスノーボードをこよなく愛するVictorはVansとAct Snowboarding magazine主催のスノボード旅行にもLC-A+を連れて行きました。いったいどんな写真になったのでしょうか?

    2016-12-06
  • フィルムカメラブーム再来の謎に迫る

    2016-10-25 #culture Ciel Hernandez の記事
    フィルムカメラブーム再来の謎に迫る

    21世紀以降のフィルムからSDカードへの急激な移行は、カメラ産業やアート界に大きな変化を与えました。ところが15年ほど前から、再びアナログに興味を示す人が増えています。人々は何故いまフィルムに惹かれるのでしょうか?

    2016-10-25
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

    2016-01-22
  • 2016年1月のトレンドアルバム

    2016-02-07 #ニュース lomography の記事
    2016年1月のトレンドアルバム

    氷の世界への冒険、廃墟での幽霊探し、ビーチへのデイトリップなど、ロモグラファーたちの冒険の記録がここにあります。さて、1月に話題になったトレンドアルバムを見返してみましょう。

    2016-02-07
  • タイムラインで見る! 2015年に発売されたLomographyの新商品たち

    2016-01-07 #ニュース #gear lomography の記事
    タイムラインで見る! 2015年に発売されたLomographyの新商品たち

    みなさんにとって2015年はどんな年でしたか? Lomographyの2015年はなじみ深いあのアイテムがレンズとして生まれ変わったり、とっても刺激的な1年でした。昨年発表されたカメラやレンズ、フィルムと一緒に2015年を振り返りましょう。 そして今年発表される新商品もお楽しみに!

    2016-01-07
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

    2016-01-29
  • 【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    2016-06-16 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    6月19日といえば?!そう、ロモグラフィーを象徴する実験的な35mmアナログカメラ・ LC-Aの誕生日!!!誕生日を記念して、今年はLC-AシリーズやLC-Wideに限らずアナログの"コンパクトカメラ”で撮影された作品も対象にしたコンテストを開催します!愛用機、フィルムそしてご自身のオリジナリティがあふれる作品を多くみれること、楽しみにしております。

    2016-06-16
  • Petzvalで描く童話のような世界 Amigo: Rémy Perthuisot

    2016-10-18 #people Lomography の記事
    Petzvalで描く童話のような世界 Amigo: Rémy Perthuisot

    Rémy PerthuisotがPetzal 85 Bokeh Control Lensで描く童話のような世界。 Petzal58とPetzval85の両方を使ってみた彼に、どちらのほうが好きか聞いてみました。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • [LomoAmigo] SASU TEI meets Lomo LC-A Minitar-1

    2016-05-30 #people ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] SASU TEI meets Lomo LC-A Minitar-1

    フォトグラファーのSASU TEIさんは韓国出身で、日本や韓国でファッションやコマーシャルフォトを撮影されています。2回目の登場となる今回はパンケーキのように平らなアートレンズ、Lomo LC-A Minitar-1を使ってスタジオで撮影して頂きました。このレンズの特長のひとつであるビネット効果がハッキリと移った写真は、どこかノスタルジックで味のある作品に仕上がっています。

    2016-05-30
  • 【フィルム実験】Lomography Xpro 200、感度設定を変えて撮ってみると…?!

    2016-07-25 sikakuipanda の記事
    【フィルム実験】Lomography Xpro 200、感度設定を変えて撮ってみると…?!

    最近ストアスタッフの間で密かに話題だった「クロスプロセス用ポジフィルムって感度設定変えるとどうなるの?」ということで、みなさん大好きなクロスプロセス用フィルム Lomography Xpro 200を使って感度設定による写りの違いを検証してきました!

    2016-07-25
  • 【hodachrome製品レビュー】Lomo'Instant Wide

    2016-06-21 #gear hodachrome の記事
    【hodachrome製品レビュー】Lomo'Instant Wide

    ロモグラフィーから昨年下旬に発売されたインスタントカメラ「Lomo’InstantWide」を私hodachromeが使ってみました。このカメラは、多重露光(MX)などさまざまな撮影機能に加え、アクセサリーやレンズバリエーションも豊富で話題のカメラなのですが、今回はhodachromeらしく多重露光を駆使した撮影をメインにいろいろ試してみましたのでぜひその作例を解説と共にご覧ください♪

    2016-06-21 3