基本に戻ろう フィルム感度について

室内で撮影するとぼんやりした写真になってしまう?夜の撮影は、全体的に茶色になったり色あせたりしてしまう?曇りや雪の日、ビーチで撮るとき、細かい部分がぼやけてしまう?そんなときは、撮影にぴったりのフィルムを選ぼう。

とってもいい写真だけど、(たとえとても晴れた日でも)感度100のフィルムじゃシャッタースピードが遅いからブレたりぼやけたりして、動きをとらえきれないんだ。200か400の方がよかったと思うね。

わざわざ名前は言わないし、これは珍しいことじゃないんだけど、今日サイトでペットの写真を見つけた。構図はとっても素晴らしかったんだけど、撮影した人はこんなコメントを残してた。「またぼやけてる…」

こういった問題が起きるのには色んな要因が考えられるけど、焦点がちゃんと合っているなら、突きつめれば原因は一つだ。露光時間が長すぎる。そのせいで手ブレがフィルムに反映されてしまい、ぼやけた写真になってしまう。さっきのペットの撮影者も、室内で感度200のフィルムを使って撮影してたんだ。200で撮影するなら三脚がないと、思ったような写真は撮れないね。

これはどんよりと曇っていた日で、雨でもなければ暗くなってたわけでもないんだけど、感度400のフィルムはシャッタースピードが速くなるから、「くっきり、はっきりとした」写真を撮るのに向いてる。古びた金属やコンクリートの表面の感じまで分かるだろ?

一眼レフなら色々とできるから調整したり、少なくとも、もうちょっとはっきりした写真を撮ったりできるけど、La Sardinaみたいなプラスチックレンズのトイカメラだとできることはただ一つ。どのカメラで撮影するときにもこれを守れば、写真はどんどんよくなっていくよ。

それは、そのときの撮影にぴったりのフィルムを選ぶってこと。

この写真には、ぼくのお気に入りのロモグラフィーCN800が使われている。ほの暗い屋内照明の下でも、フラッシュはいらない。それなのに焦点の合っているところはきれいだろ?腕輪や顔が、ブレないでくっきりと写っててさ。

全てのフィルムには感度が設定されている。これは単純に、ネガでもブレのない、いい写真を撮るために必要な光の量を示しているんだ。数字が大きくなるほど、必要な光の量は少なくなる。つまり、被写体を捉えるためにシャッターが開いている時間が短くてすむんだ。ということはもちろん、手ブレが入る間もないってことだね。

これはISO100のフィルムだけど、感度が低すぎて、シャッタースピードが1/60であっても岩の間の細かい部分を写せない。この日に、このフィルムは合っていないってことだ。Holgaでは設定できないことが多くて、ぼんやりとした仕上がりになることを考えると特にね。

これから言うのはとりあえずのアドバイスで、科学的なことや三脚の使用、その他諸々にまでは言及はしない。さあ、これが秘訣だよ。

フィルムはISOかASA、または両方を規格とするんだけど、どのみちこれは大抵同じことだ。よくあるフィルムのタイプはこんな感じ。

ISO/ASA 100: 昼間や陽射しの強い晴れた日、ビーチで撮る日、雪山で撮る日。
ISO/ASA 200: どんよりと曇った日。100と400で迷ったときに。
ISO/ASA 400: 最も一般的。スポーツを撮る日や、雨の日。
ISO/ASA 800: 夕暮れ、日の沈む頃。室内でフラッシュをたくとき。
ISO/ASA 1600: これは手に入りにくくなっているけど、ロック・コンサートやナイトクラブで撮影するときは最低でもこれだね。これならフラッシュさえ必要ないよ。

なんだかカメラ歴の長い人から不満の声が聞こえてきそうだね。「粒子は?Delta3200やT64は?そんな単純じゃないよ…」って。確かにその通りだろう。そんなに単純じゃない。おもしろいフィルムを見つけたり、クロスプロセスを知ったり、自分のネガを現像したり、増感現像や減感現像をしたりするとなると、話は変わってくる。

でも、まずはこの手法をやってみよう。この単純なコツで技術力を上げたら、ネットで調べたり、このサイトを見たりしてフィルム感度や粒子、三脚の使用やクロスプロセスについてもっと色々な情報を手に入れよう。

これもCN800で撮った写真だ。うさぎの写真のぼやけた部分は、被写界深度を浅くして得た効果だよ。(また別の記事で説明するよ!)目はぼんやりとせずに、くっきりと写っているだろう。薄暗い美術館の中でも、フラッシュは使っていないんだ。

基本に戻ろう はAdam Griffithsが月イチで発信するテクニックシリーズで、もう少し技術的なフィルム写真の知識を伝えるようにしている。Adamはそれぞれの記事で、基礎的なテーマを選んで、色んな例を使って簡潔に説明しているよ。

2012-04-17 #gear #tipster adam_g2000 の記事

他の記事を読む

  • LomoAmigos: Yougofirst、Lomokinoで撮る

    2014-11-02 #people #Lomoamigos tomas_bates の記事
    LomoAmigos: Yougofirst、Lomokinoで撮る

    アドレナリンの準備はOK?ちょっと前に、スノーボードと映画を組み合わせた集団Yougofirst CollectiveにLomoKinoとフィルムを渡して、楽しんでもらいました。ジャンプやトリック、クレイジーな滑りがぎっしり詰まったシーズン終了後、やっと彼らの映画『HETEROTOPIA』が完成しました。メンバーのVidとMaticに会う機会があったので、新作映画とコース上でのアナログ撮影について尋ねてみました。ここでは彼らの映画のプレビューも見れるのでチェックしてね!

  • フィルムの撮りくらべ ~さくら編~

    2014-04-25 #ライフスタイル aumin5 の記事
    フィルムの撮りくらべ ~さくら編~

    写真はフィルムやクロスプロセス現像など、フィルムの種類や現像方法などで撮った写真の味わいが変わってきます。もちろんカメラによってもです。そこで今回はネガ現像とポジフィルムをC−41で現像するクロスプロセス現像での桜の撮り比べをしてみました。

  • Nagaさんによる究極のカスタマイズKonstruktor第二弾!:Konstruktor C

    2014-03-08 #gear #tipster ciscoswank の記事
    Nagaさんによる究極のカスタマイズKonstruktor第二弾!:Konstruktor C

    撮影が出来ない観賞用のKonstruktor Transparent Collector’s Edition。 カメラのメカニズムを知る為に、透明なボディで出来ています。 普通に撮影しようとすると、透明なボディが光を通し、フィルムが感光してしまうので撮影はできません。 しかし、この観賞用Konstruktorを、東京のクリエイター・Nagaさんが撮影可能に改造しちゃいました!!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 建物や街角での撮影をRussar+で楽しもう!

    2014-04-18 #gear #tipster plasticpopsicle の記事
    建物や街角での撮影をRussar+で楽しもう!

    Russar+のように多用途でお使いいただけるレンズにはたくさんの撮影スタイルがあります。自分のL39、もしくはMマウントカメラにRussar+を装着したとき、あなたなら何をどのように撮影しますか?Russar+はスーパーワイドアングルレンズなので建築物や街中での撮影にぴったりです。 この記事で少し、簡単なテクニックをご紹介いたします!

  • ネガを燃やして-フィルム・マニピュレーション

    2014-06-27 #gear #tipster akula の記事
    ネガを燃やして-フィルム・マニピュレーション

    ろうそくの炎を使い、あなたのネガフィルムに細工をし、歪ませる方法の紹介です。その結果として、変色を伴って溶けて伸びて、ねじれたイメージを得られます。続けるなら、もう後戻りはできませんよ。

  • 狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    2014-09-01 #gear #tipster blackfairy の記事
    狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    残念ながら、出来あがった写真が期待通りではない、というのは時々起こること。見てみると、素敵だと言える写真ではない。色使いもつまらなくて、被写体もありふれたもの……。確実に、年間最優秀写真にはならない!ここでは35mmフィルムのネガを修正することで、そういった写真たちにもう一度チャンスをあげたいと思っているの。この記事のアイディアを使って実験して、Lomography Smartphone Scannerを使ってネガをスキャンしてね。何でもやってみて。燃やしたり、引っかいたり、塩酸やバルサミコ酢、マニキュア液、漂白剤、ラズベリー果汁なんかを掛けたり。想像力を働かせて、新しいフィルムスープのレシピをメモしてね!この記事では、効果の例を見ることができるわ。

    1
  • ショップニュース

    春の感謝際2015:人気のカメラやアクセサリーが大幅値下げ!

    春の感謝際2015:人気のカメラやアクセサリーが大幅値下げ!

    いつもロモグラフィーをご利用いただいている皆様と春の到来を一緒にお祝いできるように、様々なアイテムを値引き中!Splitzerやフラッシュ、その他カメラなど欲しかったアイテムを手にいれるチャンス!3月5日(木)までの限定セールとなるので急いでアイテムをチェックしてみてね!

  • Petzval LomoAmigo: Takeshi Suga(菅 武志)

    2014-11-05 #people #Lomoamigos hannah_brown の記事
    Petzval LomoAmigo: Takeshi Suga(菅 武志)

    Takeshi Suga(菅 武志)は日本出身のロモグラフィー好きな写真家です。彼はフィルム写真の要素を余すところ無く表現するような、ソフトでドリーミーな写真を撮ります。彼にPetzvalレンズを貸出し、素晴らしい写真を撮っていただきました。

  • "Dream or Reality"写真展 by Hodachrome

    2014-05-26 #ライフスタイル choko3 の記事
    "Dream or Reality"写真展 by Hodachrome

    世界中のロモグラファーにリスペクトされている hodachromeさんが東京で展示を行っています! 過去の作品はもちろん、今年撮り下ろした作品を複数展示されているとか。きっとインスパイアされて、写真を撮りに出掛けたくなりますよ。

  • 赤と緑のフィルターのヒント

    2014-05-01 #gear #tipster hannah_brown の記事
    赤と緑のフィルターのヒント

    もしあなたがひらめきがなくって、毎日同じように生きていくのに飽き飽きしていたら、恐れることはないです! この簡単なフィルターのテクニックによって、あなたは全く新しい色の爆発を写真に注入できます。詳しく読んでみてください。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Taking Back Tipsters:ワイルドにフィルムを壊すコツ!

    2014-11-06 #gear #tipster chooolss の記事
    Taking Back Tipsters:ワイルドにフィルムを壊すコツ!

    とっても挑戦的なロモグラファーになりたいなって思う?それなら、酸剤、漂白剤、火、あなたが思いつく感光乳剤ならほぼなんでも大丈夫なので、このちょっと変わったフィルムを壊すコツのために用意してください!

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • Lomo'Instant ギャラリー: カラーフィルター

    2014-06-11 #ライフスタイル cheeo の記事
    Lomo'Instant ギャラリー: カラーフィルター

    ロモグラファーがあっと驚くような新商品を開発して、皆様にアナログで撮影する新たなる楽しみを与えられること。それが嬉しくって新商品を開発するときはとってもわくわくしているんです!今回は話題沸騰中のLomo'Instantのサンプルショットをご紹介します!