基本に戻ろう フィルム感度について

2012-04-17

室内で撮影するとぼんやりした写真になってしまう?夜の撮影は、全体的に茶色になったり色あせたりしてしまう?曇りや雪の日、ビーチで撮るとき、細かい部分がぼやけてしまう?そんなときは、撮影にぴったりのフィルムを選ぼう。

とってもいい写真だけど、(たとえとても晴れた日でも)感度100のフィルムじゃシャッタースピードが遅いからブレたりぼやけたりして、動きをとらえきれないんだ。200か400の方がよかったと思うね。

わざわざ名前は言わないし、これは珍しいことじゃないんだけど、今日サイトでペットの写真を見つけた。構図はとっても素晴らしかったんだけど、撮影した人はこんなコメントを残してた。「またぼやけてる…」

こういった問題が起きるのには色んな要因が考えられるけど、焦点がちゃんと合っているなら、突きつめれば原因は一つだ。露光時間が長すぎる。そのせいで手ブレがフィルムに反映されてしまい、ぼやけた写真になってしまう。さっきのペットの撮影者も、室内で感度200のフィルムを使って撮影してたんだ。200で撮影するなら三脚がないと、思ったような写真は撮れないね。

これはどんよりと曇っていた日で、雨でもなければ暗くなってたわけでもないんだけど、感度400のフィルムはシャッタースピードが速くなるから、「くっきり、はっきりとした」写真を撮るのに向いてる。古びた金属やコンクリートの表面の感じまで分かるだろ?

一眼レフなら色々とできるから調整したり、少なくとも、もうちょっとはっきりした写真を撮ったりできるけど、La Sardinaみたいなプラスチックレンズのトイカメラだとできることはただ一つ。どのカメラで撮影するときにもこれを守れば、写真はどんどんよくなっていくよ。

それは、そのときの撮影にぴったりのフィルムを選ぶってこと。

この写真には、ぼくのお気に入りのロモグラフィーCN800が使われている。ほの暗い屋内照明の下でも、フラッシュはいらない。それなのに焦点の合っているところはきれいだろ?腕輪や顔が、ブレないでくっきりと写っててさ。

全てのフィルムには感度が設定されている。これは単純に、ネガでもブレのない、いい写真を撮るために必要な光の量を示しているんだ。数字が大きくなるほど、必要な光の量は少なくなる。つまり、被写体を捉えるためにシャッターが開いている時間が短くてすむんだ。ということはもちろん、手ブレが入る間もないってことだね。

これはISO100のフィルムだけど、感度が低すぎて、シャッタースピードが1/60であっても岩の間の細かい部分を写せない。この日に、このフィルムは合っていないってことだ。Holgaでは設定できないことが多くて、ぼんやりとした仕上がりになることを考えると特にね。

これから言うのはとりあえずのアドバイスで、科学的なことや三脚の使用、その他諸々にまでは言及はしない。さあ、これが秘訣だよ。

フィルムはISOかASA、または両方を規格とするんだけど、どのみちこれは大抵同じことだ。よくあるフィルムのタイプはこんな感じ。

ISO/ASA 100: 昼間や陽射しの強い晴れた日、ビーチで撮る日、雪山で撮る日。
ISO/ASA 200: どんよりと曇った日。100と400で迷ったときに。
ISO/ASA 400: 最も一般的。スポーツを撮る日や、雨の日。
ISO/ASA 800: 夕暮れ、日の沈む頃。室内でフラッシュをたくとき。
ISO/ASA 1600: これは手に入りにくくなっているけど、ロック・コンサートやナイトクラブで撮影するときは最低でもこれだね。これならフラッシュさえ必要ないよ。

なんだかカメラ歴の長い人から不満の声が聞こえてきそうだね。「粒子は?Delta3200やT64は?そんな単純じゃないよ…」って。確かにその通りだろう。そんなに単純じゃない。おもしろいフィルムを見つけたり、クロスプロセスを知ったり、自分のネガを現像したり、増感現像や減感現像をしたりするとなると、話は変わってくる。

でも、まずはこの手法をやってみよう。この単純なコツで技術力を上げたら、ネットで調べたり、このサイトを見たりしてフィルム感度や粒子、三脚の使用やクロスプロセスについてもっと色々な情報を手に入れよう。

これもCN800で撮った写真だ。うさぎの写真のぼやけた部分は、被写界深度を浅くして得た効果だよ。(また別の記事で説明するよ!)目はぼんやりとせずに、くっきりと写っているだろう。薄暗い美術館の中でも、フラッシュは使っていないんだ。

基本に戻ろう はAdam Griffithsが月イチで発信するテクニックシリーズで、もう少し技術的なフィルム写真の知識を伝えるようにしている。Adamはそれぞれの記事で、基礎的なテーマを選んで、色んな例を使って簡潔に説明しているよ。

2012-04-17 #gear #tutorials #tipster #back-to-basics #iso-asa adam_g2000 の記事
翻訳 tea-tea

他の記事を読む

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture lomographymagazine の記事
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

    2017-10-30
  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • John Voulgarakisが写したアテネの街並み

    2017-02-27 #people #places charlie_cat の記事
    John Voulgarakisが写したアテネの街並み

    ギリシャのフォトグラファー・John Voulgarakisはきっと前世でも写真に関わっていたに違いありません。このインタビューで、彼はLC-Aに対する情熱とギリシャの危機が芸術シーンに及ぼす影響を語り、愛するアテネの街並みを案内してくれました。

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17 lomographymagazine の記事
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

    2017-10-17
  • 【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    2017-03-21 #tutorials #ビデオ lomographymagazine の記事
    【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    フィルムを自分でスキャンすると色んな利点があるってご存知ですか?毎回のデータ化のコストもかからないし、現像所では取り扱ってくれないフォーマットのフィルムもスキャンできちゃいます。フィルムスキャンにまだ挑戦したことの無い方のためにスキャナ選びの注意点と便利なツールをご紹介!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【数量限定】Lomography Color Negative F²/400 が新登場!

    2017-02-23 #gear #ニュース Lomography の記事
    【数量限定】Lomography Color Negative F²/400 が新登場!

    F²/400フィルムは今までにないブルートーンの美しい鮮やかな発色を楽しめる個性的なカラーネガフィルムです。きめ細やかな粒子は、幅広い色合いを写し出し、現在市場で販売されているフィルムとは一味も二味も違います!X-Pro(リバーサルフィルム)を感じさせる、その特徴的な色はきっとアナログカメラ好きを魅了するでしょう。数量限定、なくなり次第販売終了なので入手はお早めに。

    2017-02-23
  • 2017年3月のトレンドアルバム

    2017-03-31 #ニュース Lomography の記事
    2017年3月のトレンドアルバム

    アルバムのまとめ方は人それぞれ。撮影場所、フィルム、ベストショットなどなど色んな方法がありますが、2017年の3月に人気を集めたアルバムはどんなものだったのでしょう?ロモグラフィーのコミュニティーに投稿されたなかでベストに選ばれたアルバムたちからヒントをもらいましょう!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemでいつもとは違う視点から撮影してみよう!

    2017-06-04 Lomography の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemでいつもとは違う視点から撮影してみよう!

    無限の可能性に挑戦できるNeptune Convertible Art Lens Systemを活用して、建物のラインや模様を生かしたイメージを撮影してみませんか?きっとこれまで観たことのないような世界に出逢えるはずですよ!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • New Russar+ Lens で大迫力のストリート写真に挑戦しよう!

    2017-03-29 cheeo の記事
    New Russar+ Lens で大迫力のストリート写真に挑戦しよう!

    街中で撮影していると色々な景色との出会いがあります。建物のラインも歪みなくまっすぐに切り取る、ストリートショットにぴったりな New Russar+ のウルトラワイドアングルレンズからダイナミックな世界を覗いてみませんか?

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    2017-05-30 choko3 の記事
    ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    カラフルでキュート、そしてファッショナブルなイラストを描く Foxco212 さん。今回はなんと Lomo’Instant Automat Bora Bora や、撮影した写真にも素敵なイラストを描いてくれました!イラストを描くようになったきっかけから、今ではもう相棒のようになったと語る Lomo’Instant Automatの感想まで、様々なことをお聞きしました。なんと最後には読者プレゼントも!