大好きな La Sardina カメラ!

La Sardina の沢山のディティールは本当に素敵よね!ロモグラフィーのファンタスティックなアナログラインアップに本当にふさわしいカメラだよ!

Lomography’s La Sardina は素晴らしいカメラよね。私は、 Marathon を使っているんだけど、オリーブ色のカラーとビンテージデザインのグラフィックがサーディン缶みたいで最高にクールだと思うわ。そう、どうやって私がこのお気に入りカメラで写真を撮っているかって?答えは簡単だよ!

まずは基本から初めてみよう。La Sardinaカメラは35mmフィルムを使って撮影をするの。21mmのレンズに89°の画角(世界がワイドにみえるよ!)、絞りはf/8に固定されているの、これは普通のトイカメラより良いことなんだよね。(だと絞りは f/16かそれ以上に固定されていることが多くて、かなり明るい太陽の光の元で撮影しなきゃいけないからね) 。2つのシャッタスピード,
通常(1/100)とバルブ設定が選べるの。こういう機能があると、室内とかで長時間露光撮影をするのにぴったりだよね。いくつかの写真を紹介するよ!

スイッチの設定を操作すれば、多重露光撮影も簡単にできるよ!

上部にフィルムカウンターがついていて、どんなフィルムを使っているのか確認出来るようにフィルム確認窓がついている。 これはプラスチックカメラでは結構見落とされがちなことなのだけど、使っているフィルムを確認できるのって重要なことなんだよ。以前、どのフィルムを使っているのか分からなくなってそっと裏蓋を開けてフィルムを露光させてしまったことがあるんだよね。

あと、La Sardina カメラはフィルムを簡単に巻き戻しできる。このプロセスもシンプルで早い、しかも、
お気に入りの誰かのフィルムスワップをする時には簡単に出来るのケーブルレリーズ接続も三脚穴もあるし、フラッシュを取り付ける為の接続部もあるの。

さて、こういうテクニカル的なことはおいておいて、実際に撮影された写真をみてみて!他のワイドアングルレンズが搭載されたカメラみたく、遠いところから被写体を撮ってみるのも素敵なの。だんだん近づくのもまた素敵。いくつかの写真をみてみてね!

クローズアップ :

最短のフォーカスが0.6mなので被写体にかなり近づける、そこで覚えていてほしいのが距離設定なの。
La Sardinaには2つの距離設定があって、 0.6m~ 1mと1m~無限の設定がある。これをきちんとあわせることは結構重要なので気を付けてね。ちょっと難しいかもしれないけどきちんとあわせるとこういう写真が撮れるよ!

他のプラスチックカメラの距離設定は結構不確かなことが多いんだ。Holgaを使う時にはあんまり気にしないぐらい。でもこのLa Sardina を沢山使い初めてみて、距離設定が結構いい感じだってことに気づいたの。こういうカメラの細かい機能1つ1つが、ロモグラフィーのカメララインナップの中でシンプルでとっても使いやすいと思うんだよね。

La Sardina をお供に、大海原に漕ぎ出そう!ダイナミックな広角レンズを備えたこの35mmカメラのシリーズは、多重露光、巻き取りダイヤルの巻き戻しだってできちゃいます。要するに、スリルといたずらが大好きなあなたが望む、すべてのお楽しみをくれますよ。La Sardinaの購入は こちら!

2012-04-20 #gear #ipdegirl #lsi #review #camera #black-and-white #color #marathon #la-sardina #35mm ipdegirl の記事
翻訳 tame

他の記事を読む

  • 【参加者募集中! Lomography+】アーツ千代田3331でカメラの課外授業!学生限定ワークショップ

    2015-07-17 #people ameli124 の記事
    【参加者募集中! Lomography+】アーツ千代田3331でカメラの課外授業!学生限定ワークショップ

    今回Lomography+では、夏休みの始まりに合わせて【学生限定】特別ワークショップを開催いたします!題して、「真夏のカメラ課外授業」。場所は1階にLomographyがショップを構えるちょっと変わった学校・アーツ千代田3331。カメラが大好きな学生さんは勿論、今までカメラを触ったことがない・・・という学生さんも大歓迎。色んなフィルムカメラと一緒にワクワクできる授業を沢山ご用意してお待ちしておりますので、是非ご参加ください!

  • Catfordstと彼女の愛機: Nikon F80

    2015-06-13 #gear Eunice Abique の記事
    Catfordstと彼女の愛機: Nikon F80

    二重露光と自然風景が素敵。ハシモト・アキコさんの幻想的な写真は、いつもロモグラフィー・コミュニティーを感嘆させてくれます。見る者に言葉を失わせる彼女のスナップショットの秘密とは一体?それは彼女の愛機、 Nikon F80カメラでした!

  • アートな街角スナップ写真ギャラリー

    2016-03-22 lomographymagazine の記事
    アートな街角スナップ写真ギャラリー

    ロモグラフィーのWebサイトにはストリート写真がたくさん!この風潮は多分今後も変わることがないでしょう。スナップ写真の中でも、皆さまにインスピレーションを与える素敵な写真を選びました!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    2015-09-30 #gear tomas_bates の記事
    ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    ライトペインティングは実験的な体験ができるとってもクールなテクニック。実はとっても簡単で、撮影もとっても楽しいものです。必要なのは、暗い場所、撮影に協力してくれる友人、長時間露光ができるカメラ、そしてライトペインティングツールの4つだけ。この記事では、ロモグラフィーのコミュニティーにアップロードされた素敵なライトペインティング写真50枚をご紹介します!

  • 写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    2016-02-19 #gear lomographymagazine の記事
    写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    ロモグラフィーはヴィンテージなもの好きなブランドとして知られていますよね。ノスタルジックな雰囲気の写真を撮影できるカメラやフィルムもありますが、オリジナルな作品を作りだそうとする写真家の技巧によっても様々なエッセンスを加えられます。

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • The Big Picture(概要): Lomography Mystery Product (Part 1)

    2015-10-09 #ニュース #gear lomography の記事
    The Big Picture(概要): Lomography Mystery Product (Part 1)

    またこの日がやってきました!Lomographyは新しい商品を近日発表します!新商品は一体どんなものになるのか、気になりますよね?恒例のヒント記事がこちらです!さあ皆さま、次の商品は何なのか?考えてみてください!

  • LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    2016-02-18 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    アメリカと日本をまたにかけミュージックフェスやコンサート写真を撮影しているフォトグラファーの植村英里奈さん。数々の大物アーティストの撮影実績があり、Coachellaフェスなどの世界中のビッグなロックフェスティバルでの撮影経験も豊富。そんな植村さんに、昨年11月に開催されたHostess Club Weekender 出演アーティストのポートレイト撮影をロモグラフィーのカメラやレンズで挑戦していただきました。このイベントは日本のレーベルHostessが開催する、インディーロックファンにたまらないラインナップで良質な音楽を楽しめるイベントです。その舞台裏で、植村さんがLomo'Instant WideとPetzval 85 Art Lensで収めた貴重な写真を、彼女の写真家としての活動に迫るインタビューと共にお楽しみください!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Lomo Locations: 東京(日本)

    2015-09-19 #places lomographymagazine の記事
    Lomo Locations: 東京(日本)

    東京を満喫するならば夜であるとよく言われます。銀座のネオン、人で埋め尽くされる渋谷の交差点、我を失う六本木など、少し考えただけでも夜の名所がたくさん。ただ、今回は頭をクリアにして、昼の東京にも目を向けてみましょう。皇居に新宿御苑など、東京にはその他にもたくさんの素敵な公園が点在し、朝から夕暮れ時まで楽しめます。海外からの旅行者にとっては、ただの古い街並みだって魅力的にみえることでしょう。

  • New Russar+: AM Renault (山中遊子)、大阪で撮る。

    2015-10-26 #people #gear h31d1 の記事
     New Russar+: AM Renault (山中遊子)、大阪で撮る。

    香港を拠点に活動する若き写真家 AM Renault。ハイキンググループ「山中遊子」の中心人物であり、自然を愛してやまない人物です。彼はSix Dimen Boyという写真家グループに参加しており、見たものをそのまま記録するだけではなく、アートとデザインの要素を取り入れ人々にインスピレーションを与える作品を撮ります。そんなAMが彼の父親との日本旅行にNew Russar+を持っていき、旅を記録してきました。大阪の日常シーンを写した写真を、彼のインタビューとともにお楽しみください。

  • LomoAmigo: Heison NgのNew Russar+ Lens フォトコレクション

    2015-07-28 #people minawoo の記事
    LomoAmigo: Heison NgのNew Russar+ Lens フォトコレクション

    以前LomoAmigoに登場したHeison Ngがまた素敵な写真と共に戻ってきました!前回はパリとバルセロナの旅行中、Sony A7にLomography New Russar+レンズを装着して撮影された写真を紹介しましたが、今回はNew Russar+レンズでミニマルでムーディーなモノクロ写真のコレクションです。彼の素敵な写真をお楽しみください!