大好きな La Sardina カメラ!

La Sardina の沢山のディティールは本当に素敵よね!ロモグラフィーのファンタスティックなアナログラインアップに本当にふさわしいカメラだよ!

Lomography’s La Sardina は素晴らしいカメラよね。私は、 Marathon を使っているんだけど、オリーブ色のカラーとビンテージデザインのグラフィックがサーディン缶みたいで最高にクールだと思うわ。そう、どうやって私がこのお気に入りカメラで写真を撮っているかって?答えは簡単だよ!

まずは基本から初めてみよう。La Sardinaカメラは35mmフィルムを使って撮影をするの。21mmのレンズに89°の画角(世界がワイドにみえるよ!)、絞りはf/8に固定されているの、これは普通のトイカメラより良いことなんだよね。(だと絞りは f/16かそれ以上に固定されていることが多くて、かなり明るい太陽の光の元で撮影しなきゃいけないからね) 。2つのシャッタスピード,
通常(1/100)とバルブ設定が選べるの。こういう機能があると、室内とかで長時間露光撮影をするのにぴったりだよね。いくつかの写真を紹介するよ!

スイッチの設定を操作すれば、多重露光撮影も簡単にできるよ!

上部にフィルムカウンターがついていて、どんなフィルムを使っているのか確認出来るようにフィルム確認窓がついている。 これはプラスチックカメラでは結構見落とされがちなことなのだけど、使っているフィルムを確認できるのって重要なことなんだよ。以前、どのフィルムを使っているのか分からなくなってそっと裏蓋を開けてフィルムを露光させてしまったことがあるんだよね。

あと、La Sardina カメラはフィルムを簡単に巻き戻しできる。このプロセスもシンプルで早い、しかも、
お気に入りの誰かのフィルムスワップをする時には簡単に出来るのケーブルレリーズ接続も三脚穴もあるし、フラッシュを取り付ける為の接続部もあるの。

さて、こういうテクニカル的なことはおいておいて、実際に撮影された写真をみてみて!他のワイドアングルレンズが搭載されたカメラみたく、遠いところから被写体を撮ってみるのも素敵なの。だんだん近づくのもまた素敵。いくつかの写真をみてみてね!

クローズアップ :

最短のフォーカスが0.6mなので被写体にかなり近づける、そこで覚えていてほしいのが距離設定なの。
La Sardinaには2つの距離設定があって、 0.6m~ 1mと1m~無限の設定がある。これをきちんとあわせることは結構重要なので気を付けてね。ちょっと難しいかもしれないけどきちんとあわせるとこういう写真が撮れるよ!

他のプラスチックカメラの距離設定は結構不確かなことが多いんだ。Holgaを使う時にはあんまり気にしないぐらい。でもこのLa Sardina を沢山使い初めてみて、距離設定が結構いい感じだってことに気づいたの。こういうカメラの細かい機能1つ1つが、ロモグラフィーのカメララインナップの中でシンプルでとっても使いやすいと思うんだよね。

La Sardina をお供に、大海原に漕ぎ出そう!ダイナミックな広角レンズを備えたこの35mmカメラのシリーズは、多重露光、巻き取りダイヤルの巻き戻しだってできちゃいます。要するに、スリルといたずらが大好きなあなたが望む、すべてのお楽しみをくれますよ。La Sardinaの購入は こちら!

2012-04-20 #レビュー #ipdegirl #color #lsi #review #35mm #camera #la-sardina #black-and-white #marathon ipdegirl の記事
翻訳 tame

他の記事を読む

  • 【参加者募集中! Lomography+】アーツ千代田3331でカメラの課外授業!学生限定ワークショップ

    2015-07-17 #people ameli124 の記事
    【参加者募集中! Lomography+】アーツ千代田3331でカメラの課外授業!学生限定ワークショップ

    今回Lomography+では、夏休みの始まりに合わせて【学生限定】特別ワークショップを開催いたします!題して、「真夏のカメラ課外授業」。場所は1階にLomographyがショップを構えるちょっと変わった学校・アーツ千代田3331。カメラが大好きな学生さんは勿論、今までカメラを触ったことがない・・・という学生さんも大歓迎。色んなフィルムカメラと一緒にワクワクできる授業を沢山ご用意してお待ちしておりますので、是非ご参加ください!

  • Catfordstと彼女の愛機: Nikon F80

    2015-06-13 #gear #ライフスタイル Eunice Abique の記事
    Catfordstと彼女の愛機: Nikon F80

    二重露光と自然風景が素敵。ハシモト・アキコさんの幻想的な写真は、いつもロモグラフィー・コミュニティーを感嘆させてくれます。見る者に言葉を失わせる彼女のスナップショットの秘密とは一体?それは彼女の愛機、 Nikon F80カメラでした!

  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    2015-05-21 #world #ライフスタイル K. Aquino の記事
    大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    都市や大自然での生活の上に成り立つ広大な帝国を、カメラのように小さなものが表すことができるってなんて素敵なことでしょう!高い建物やとても広い場所に囲われた人々は、控えめで、撮影距離からミニチュアサイズに写っています。この記事ではそんな巨大な世界と人々との対比が面白い4つの写真を紹介します。

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: 山本春花

    2015-12-16 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: 山本春花

    フィルムカメラで撮影した女性のポートレイトシリーズ「乙女グラフィー」を発信しているフォトグラファーの山本春花さん。ロモグラフィーのWebサイトにはsnap! 鈴木編集長のPetzval 58 Bokeh Control Art Lensの記事でモデルとしても登場していただいています。そんな山本さんにPetzval 58 Bokeh Control Art Lensをお貸しし、ぐるぐるボケに包まれた瑞々しい乙女を撮影していただきました。

  • LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    2015-10-14 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    ドリーミーな世界観を作り出すフォトグラファーの菅武志さん。ロモグラフィーのコミュニティーでも何度か作品を披露していただき、まるで夢の中のような幻想的な写真の虜になった方も多いことでしょう。そんな菅さんは、長年活動の拠点としてきたイギリスから拠点を日本に移し、新たな試みに挑戦されています。初夏にはPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使い、ロンドンの庭園で美しく咲くボケの花を撮影していただきましたが、今回は日本で撮影したウェディング写真をシェアしていただきました。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ミステリープロダクト!新しい新商品は何だ?

    2015-04-28 #gear #ニュース shhquiet の記事
    ミステリープロダクト!新しい新商品は何だ?

    ロモグラフィーから最新ニュース!もうすぐ新しい商品が登場します。でもその商品が一体何なのか、まだあまり大きなヒントは教えられません。だって皆さんに想像してもらって大いに予測していただきたいから!そして今回のミステリープロダクトのヒントとして、ロモグラフィー10ゴールデンルールがストリートフォトグラフィーになぜぴったり当てはまるのか、再び復唱させていただきます。

  • Belair X 6-12 Gallery:6x6フォーマットで撮影された18枚の写真

    2015-03-21 #gear #ニュース shhquiet の記事
    Belair X 6-12 Gallery:6x6フォーマットで撮影された18枚の写真

    Belair X 6-12を一台手に入れると、まるでカメラを2台も3台も手に入れたかのように感じれます。中判カメラですが、インスタント写真の撮影が可能になる裏蓋も別途販売しています。そして120フィルムでも3種類のフォーマットで撮影できるのがBelair X 6-12の強み。用途に合わせてフォーマットを変えれるので便利です。この記事ではクラシックな6x6フォーマットで撮影された素晴らしい写真の数々をご紹介します。Enjoy!

    1
  • Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    2015-11-13 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    韓国出身のフォトグラファーSASU TEIさん。日本と韓国でファッションやコマーシャルフォトの分野で活躍されています。彼がPetzval 85 Art Lensで写し出した写真は、幻想的で独特な世界観を放っています。日本で撮影されているのにも関わらず、なんだか日本ではない別世界のように感じる写真たち。日本人が今まで着目してこなかった日本の良さを、SASU TEIさんの作品から教えられたような気がします。