LC-Wide Instant Kit: 接写撮影の準備!

LC-WideにInstant Backを使ったんだけど、LC-Wide Instant Kitをつけなかったの。そしたら失敗。これに懲りて、LC-Wide Instant Kitを頼んだわ。やっと焦点も合ったし、注文して本当によかったと思ってるのよ!

何か月か前に、 LC-Wide Instant Kit なしで Instant BackLC-Wide に使おうとしたの。 なぜか、わたしならkitがなくても大丈夫だと思ったのよね。(笑)おそらく想像がつくと思うんだけど、わたしが期待してたのとはちょっと違う写真になったわ。でもとりあえず、Instant Backについてくるレンズだと、写真が接写になりすぎることは分かった!

(こんな感じにね!)

というわけで、早速kitを注文したのよ。それから二週間後に郵送されてきたわ!でも実際に使う機会があったのは最近なの。学校とか、仕事とか、その他諸々で忙しかったからね。

とにかく、kitを引き出しにしまって一か月ほど経ってから、ちょっと出して使ってみようかなっていう気分になったの。kitの取り付けはものすごく簡単よ。補正レンズはマグネット式でLC-Wideのレンズの上につけるだけだし、専用ビューファインダーもホットシューに簡単に取りつけられるの。新しいフィルムを開けてセットすれば、出掛ける準備はオッケー!

それでね、最初に十枚撮っただけではうーんって感じだったの。でもペットのねこを撮ってみると、色やワイドアングル効果、素敵なビネット効果に満足だったわ。だから、それからは何の不安もなくなったの。それに、すごく近づいて撮っても焦点がちゃんと合うのよ!

kitのマグネット式レンズはしっかり固定されるから、焦点が完璧に合うの! それにLC-Wideのワイドアングルレンズなら、自分撮りもとっても簡単。

もちろんビューファインダーっていうのは、すっごく正確なものではないわ。このkitのビューファインダーを通して見ると、実際にレンズが捕らえる映像よりすごく近く見えちゃうみたい。わたし、自分の手を写真いっぱいに撮るつもりだったのに、とっても小さくなっちゃった…。

全体として言えば、LC-Wide Instant Kitを持っていなかったら、五センチ以上離れたものに焦点を合わせたインスタント写真は撮れないわ。Instant Backを買う予定の人は、わたしと同じミスをしないでね。kitを買うのもお忘れなく!!いい写真が撮れますように!

わたしの写真に興味を持ってくださった方はこちらへ: Macro InstantsIn Focus

LOMO LC-ALC-Wide の効果をすぐに見られたら素敵ですよね。 LC-A Instant Back+ があれば、それができるんです! LC-A Instant Back+ を使って、一瞬で出てくる写真を楽しみましょう!

2012-04-26 #gear #lomography #lc-wide #review # # # #instax-kit natalieerachel の記事
翻訳 tea-tea

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lomo Locations: 東京(日本)

    2015-09-19 #places lomographymagazine の記事
    Lomo Locations: 東京(日本)

    東京を満喫するならば夜であるとよく言われます。銀座のネオン、人で埋め尽くされる渋谷の交差点、我を失う六本木など、少し考えただけでも夜の名所がたくさん。ただ、今回は頭をクリアにして、昼の東京にも目を向けてみましょう。皇居に新宿御苑など、東京にはその他にもたくさんの素敵な公園が点在し、朝から夕暮れ時まで楽しめます。海外からの旅行者にとっては、ただの古い街並みだって魅力的にみえることでしょう。

  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

  • アナログでやりたいことリスト:12か月で、12個の計画

    2015-08-04 #people stratski の記事
    アナログでやりたいことリスト:12か月で、12個の計画

    新年にはいつもよい決意をするのですが、月末にはほとんど失敗してしまいます。今年は、月ごとにやりたいことを決めておこうと決心しました。

    1
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • Petzval 85 Art Lens: 新しい試みの提案

    2015-10-02 #gear #tutorials sikakuipanda の記事
    Petzval 85 Art Lens: 新しい試みの提案

    こんにちは!Lomography+のショップスタッフのふーたです。 皆さんはPetzval 85 Art Lensをどのように使っていますか? やっぱりアナログカメラに付けて?それともフルサイズデジタルカメラ?もしかしてAPS-C?

  • Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    2016-04-22 #ニュース #gear shhquiet の記事
    Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    そよぐヤシの木、きらめく波、やすらぐフラの音色。南国ハワイのなごやかな雰囲気を身にまとった爽やかな一台が、大人気Lomo’Instantシリーズに新登場!GWのお出掛けや近所へピクニックに行かれる際、ぜひホノルルを連れて行ってください。そして撮った写真をその場でチェックしてみんなでシェアしましょう;)

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 12/4(金)のアドベントカレンダー: フィルムが10% Off! (ディスカウントコード: FROSTYFILMS10)

    2015-12-04 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/4(金)のアドベントカレンダー: フィルムが10% Off! (ディスカウントコード: FROSTYFILMS10)

    恋人とクリスマスディナーを楽しんだり、家族でパーティーを開いたり、街中のイルミネーションを楽しんだり…イベント盛りだくさんな12月。でもちょっと待って!思い出を写真に残すためのフィルムの準備はできていますか?今日フィルムを買えば10% off で手に入りますよ!

  • スペシャルインタビュー:中村優(40creations)、Mateus Bagatini(グラフィックデザイナー)

    2015-09-18 #people ciscoswank の記事
    スペシャルインタビュー:中村優(40creations)、Mateus Bagatini(グラフィックデザイナー)

    YOUCOUZINEは季節によってかわる気分とともにインスパイアされ発行される不定期ZINE。40creations代表の中村優さんと株式会社ブリューが発行しています。そのYOUCOUZINE第二弾には、LC-A+とLC-Wideで撮影した写真が使われる予定です!そこで、ZINEの仕掛人・中村優さんと、今回の写真を撮影した株式会社ブリューのMateus Bagatiniさんにインタビューを行いました!

  • LC-Aを愛用しているのは…あの人、あの人、そしてあなた!

    2016-06-29 ciaoannacotta の記事
    LC-Aを愛用しているのは…あの人、あの人、そしてあなた!

    「フィルム写真、何で好きなの?」に対して「●●だから!」とすぐ答えられる人もいれば、「なんとなく(なんだよなぁ)」と少し悩む方もいらっしゃると思います。ここロモグラフィーはフィルム愛で溢れています。中でもLC-A+やLC-Wideを愛用している方は日常的にフィルムで写真を撮っている方がほとんど。いままでロモグラフィージャパンが出会ったLC-Aラヴァ―の方を、今日は一挙にご紹介!またあなたが街で見かけたLC-A話があれば、ぜひコメント欄に投稿してください♪

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • ピギーポイントってなあに?

    2016-07-01 #ニュース ciaoannacotta の記事
    ピギーポイントってなあに?

    ロモホームに加入した時や、ニュースレターを読んでいるとよく見かける「ピギー」という言葉。ピギーって…ブタのこと?ピギーは確かにブタのことを指しますが、ロモグラフィーのピギーはお買い物ポイントのことを指します!ピギーをゲットする方法は様々。ピギーをゲットしてお得なロモライフをお送りください!

  • 2016年2月のトレンドアルバム

    2016-03-01 #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンドアルバム

    みなさんはどのようにアルバムの構成をしていますか?多くの人がイベントや撮影場所で分けてアルバムを作成していることでしょう。フィルムやテクニック毎に分けている人もいますよね。ロモグラフィーコミュニティーでは様々な分別の仕方で編纂されたアルバムが毎月大量にアップロードされています。その中でも注目を集めたアルバムをご紹介します。今度あなたがアルバムを作るときの参考にしてみてください!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。