2011年に最も印象的で向こう見ずな旅

一週間だけアルプス山脈にいったんだけど、これは私にとって2011年の最も印象的で向こう見ずな旅だったね。南ドイツで育って両親はいつもアルプスに私をつれってイテッくれた。両親は歩くのが大好き、でも私は嫌いだった。今は故郷から遠くは慣れた中規模の街にすんでいるんだけど、ちょっと懐かしくなってきちゃった。

南ドイツの料理も懐かしいな。とってもおいしいんだよ。なので、ついにハイキングを始めてしまいました。ただ歩くのは退屈だけど、美しい山の頂上めがけて歩いていくのは素晴らしいの。だから、アルプス山脈を一週間ハイキングするクラブに入ったんだ。

天気はすごく良かったよ。雨もなく、毎日晴れていた。:-) みんな良い人ばっかりだったし、ただ歩くのもすごく楽しくなっちゃったよ。すごく大変だったし、辛いこともあったけど、景色がとても美しくて、大迫力の景色だったんだ。何時間かのハイキングの後、 やっと頂上にたどり着くの。そしてファンタスティックなアルプス山脈の景色をみることができるんだよ。この気持ちをどう表したら良いのか分からないけれど、とにかくすごく大変なことを達成した後の気持ちを想像してみて!

こうやってハイキングをするのには、ある程度運動に慣れていないといけないし、何時間も重い荷物を持って歩くことが平気じゃないといけない。もちろん、シャワーなんてないところで一晩過ごすわけだし。それでも、予想以上の素晴らしい景色と

2012-05-06 #world #ロケーション #alps #germany #view #travel #escape-from-the-city #mountains #hiking kleeblatt の記事
翻訳 tame

他の記事を読む

  • LomoChrome Turquoise Filmを裏返してみる

    2015-06-26 #gear #ライフスタイル Eunice Abique の記事
    LomoChrome Turquoise Filmを裏返してみる

    LomoChrome Turquoiseフイルム。その視線を釘付けにする予測不可能な色彩は極めて印象的だ。そこで私は考えた。これと 「レッドスケール」 を組み合わせたら、さらに劇的な結果が得られるのではないかと。意外なことに、撮影した写真のカラーパレットはLomoChromeTurquoiseの柔らかで繊細な側面を顕わにするものだった。

  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • 恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    2015-10-08 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    Lomographyサイトには、炎を写した写真がたくさん上がっています。このトピックをこの時期に題材にしたのも、ハロウィーンが近いからというわけでもありません。私たちは恐れられているものが写真向きの傾向があると感じています。不気味なヴィネットに誇張された色...このシリーズ最初の本記事は、火に対する恐怖症(pyrophobia)について着目したいと思います。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    2015-11-19 #gear #ニュース ciscoswank の記事
    スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    発送開始日も目前に迫ってきたLomo'Instant Wide。インスタントカメラはフィルムカメラに慣れてない方にも親しみやすく、クリスマスプレゼントにもぴったりです。そんなLomo'Instant Wideを日本スタッフで一足お先にテストしてみました。話題のカメラは実際のところどうなのか?みなさん気になるところだと思うので感想を述べたいと思います!

  • Film Photography Day Japan Competition:第1ラウンド 『Japan』

    2015-03-23 #world #ニュース #コンペティション ciscoswank の記事
    Film Photography Day Japan Competition:第1ラウンド 『Japan』

    4月12日のフィルムフォトグラフィーデー(フィルム写真の日)に向けて週毎にコンペティションを開催します! 今週のテーマはずばり『Japan』!ロモホーム上とTwitterの両方で応募できます。 豪華賞品もご用意しているので、あなたの代表作で是非ご参加ください!

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • *募集終了*【GOLDEN WEEKスペシャルワークショップ】『LC-A120×LomoChrome Turqouise』開催決定!

    2015-04-27 #world #ニュース #イベント lomographyplus の記事
    *募集終了*【GOLDEN WEEKスペシャルワークショップ】『LC-A120×LomoChrome Turqouise』開催決定!

    今年のゴールデンウィークもLomographyのカメラ達と楽しんじゃいましょう!Lomography+ではこのGWにぴったりなワークショップを開催します!今回のワークショップではLC-A 120とLomoChrome Turquoiseフィルムを使っていただきます。発売したばかりの両商品、気になっていて試したかったという方も多いのでは?そんな方は是非このワークショップで両方いっぺんにお楽しみください!

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Lomo'Instant Wide スタッフレビュー: シャッターリモコンでセルフィー多重露光

    2015-12-03 #people #レビュー #テクニック lomographyplus の記事
    Lomo'Instant Wide スタッフレビュー: シャッターリモコンでセルフィー多重露光

    これまでにないインスタント・カメラ「Lomo'Instant Wide」。フィルムカメラに慣れてない方にも親しみやすく、クリスマスプレゼントにもぴったりです。そんなLomo'Instant WideをLomography Japanスタッフでテストしてみました。今回は直営店スタッフのsurasurachanが、シャッターリモコンを使ったセルフィー多重露光に挑戦!

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • 不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    2015-07-15 #people #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    ジャズの名曲を聴かせるアナログレコードの無骨な音色は、多くの人が愛するところ。ちょうどそれと同じように、私達がアナログ写真を選ぶのも、その自然な不完全さの故だ。それはなんとも形容し難い不思議な力で、私達の現実の在り方を思い出させてくれる。完璧でないからこそ、アナログ写真は魅力的なのだ。私達は、26歳のシネマトグラファーにしてDJ、そしてまた、緻密に構成された写真によって、自然な美しさの極まった静謐な瞬間を写し続けるフォトグラファーでもあるAdriano Guimarães Sodréと話をすることが出来た。