Feather and Down 、LomoKinoで撮る

2012-05-09

Feather and Downというアーティスト名で活動するスウェーデンのアーティスト、マリアさんが先日初来日されました!夢の世界にいざなうような彼女の創り出す美しいメロディーは、きっとやわらかなアナログの質感に合うに違いない、そう思った私たちの予想は当然ながら正解でした。答えはこのインタビューに出てくる曲「Big yellow taxi」を聴けば納得して頂けるはず。

名前: Feather and Down (Maria Andersson)
国: Sweden
ウェブサイト: http://www.irmagroup.jp/

簡単な自己紹介をお願いします。
Maria Andersson( マリア・アンダーソン )です。Feather and Down ( フェザー・アンド・ダウン ) というアーティスト名で活動するスウェディッシュアーティストです。

ロモグラフィーのカメラを以前にもご使用頂いたことはありますか?
ロモカメラを使うのは今回がはじめてです。

ご自身のミュージックビデオを撮影してみていかがでしたか?この作品はどんなテーマで撮影されたのでしょう?曲についても教えてください!
私が住むストックホルムの海の近くの景色や雰囲気をフィルムの収めたいと思いました。撮影したのは寒い日ではあったのですが、春がもうすぐそこまで来ている景色や雰囲気を収めることができたと思います。また私のピアノやギターの演奏シーンも私の家で撮影しました。

日本でのはじめてのライブはいかがでしたか?様々な国や地域で活動をされているとは思いますが、日本の観客と海外の観客とでは反応が異なったりはするのでしょうか?
今回はじめての東京でのライブだったのですが、すごく素敵な経験となりました。オーディエンスの方もすばらしく、私のライブをとても静かに集中して聞いていただいている様でした。また私のレコードレーベルの皆さんも凄くケアしてくれ充実した日々をすごせました。あと食べ物が凄くおいしかった!また東京でライブが出来る事を楽しみにしています。

LomoKinoを一言で表すと?
2日間のLomoKinoでの撮影は素晴らしかったです!

世界最高峰のサーカス集団シルク・ドゥ・ソレイユのシンガーとして抜擢されるなど、他のミュージシャンとは違った幅広い活動をされているそうですね!歌手活動以外のこともされているとお聞きしたのですが、詳しく教えて頂けますか?
私はシンガーでもあり、ソングライターでもあり、ボイストレイナーでもあります。私の活動は全て音楽に繋がっています。

もし今、LomoKinoで世界中どこでも撮影しにいってもよいと言われたらどちらに行かれますか?それは、なぜでしょう?
LomoKinoを持ってアジアを旅したいですね。中国に住んでいた事があるのですがその時もベトナム、台湾、日本と旅をしました。アジアの食べ物や雰囲気や様々なカルチャーが大好きです。

これからLomoKino で撮ってみたい被写体は何ですか?
食べ物や色々な色、自然や人々など…

最後にLomoKinoをこれから使ってみようという方と、ファンの皆さんに何かメッセージをお願いします!
LomoKinoを使っていろいろと冒険して楽しい時間を過ごして!
ライブに来てくれた人達、本当にありがとう!また近いうちにライブが出来れば嬉しいです!あたらしいアルバム「Revisits」が6月にリリースされるので是非聞いて下さい!

Live photo in Tokyo

Feather and down(IRMA records JAPAN)オフィシャルサイト

2012-05-09 #people #music-clips #lomoamigo #lomoamigos #feather-and-down #sweden #lomokino #music kyonn の記事
翻訳 kyonn

他の記事を読む

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • 【イベント】二子玉川蔦屋家電でお父さんと一緒にLomo'Instantを楽しもう!

    2016-06-07 #ニュース deco の記事
    【イベント】二子玉川蔦屋家電でお父さんと一緒にLomo'Instantを楽しもう!

    今年の父の日は6月19日(日)。プレゼントの用意はバッチリでしょうか?モノだけでなく思い出も一緒にプレセントできたら、お父さんもきっと喜んでくれるはず! お父さんと一緒に撮影を楽しんで写真をプレゼント。そんな素敵なイベントが二子玉川蔦屋家電さんで開催されます。

    2016-06-07
  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2016-02-23 2
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    2016-04-22 #ニュース #gear shhquiet の記事
    Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    そよぐヤシの木、きらめく波、やすらぐフラの音色。南国ハワイのなごやかな雰囲気を身にまとった爽やかな一台が、大人気Lomo’Instantシリーズに新登場!GWのお出掛けや近所へピクニックに行かれる際、ぜひホノルルを連れて行ってください。そして撮った写真をその場でチェックしてみんなでシェアしましょう;)

    2016-04-22
  • STAY FOCUSED: ミステリープロダクト!

    2016-04-04 #ニュース #gear Lomography の記事
    STAY FOCUSED: ミステリープロダクト!

    ええ、あなたの目はうそを言ってはいません...。私たちロモグラフィーは、新しい製品の発表に向けて最終準備をしているところです!これからいくつかヒントを出していくので、息をついて落ち着いて、物の見方を変えて、集中していてください。

    2016-04-04
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • [LomoAmigo] SASU TEI meets Lomo LC-A Minitar-1

    2016-05-30 #people ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] SASU TEI meets Lomo LC-A Minitar-1

    フォトグラファーのSASU TEIさんは韓国出身で、日本や韓国でファッションやコマーシャルフォトを撮影されています。2回目の登場となる今回はパンケーキのように平らなアートレンズ、Lomo LC-A Minitar-1を使ってスタジオで撮影して頂きました。このレンズの特長のひとつであるビネット効果がハッキリと移った写真は、どこかノスタルジックで味のある作品に仕上がっています。

    2016-05-30
  • 本日よりプレオーダー受付開始! Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    2016-05-24 #gear #ニュース Lomography の記事
    本日よりプレオーダー受付開始! Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    お待たせ致しました。クラウドファンディングプロジェクト終了後もお問合せがありましたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens。本日5月24日(火)よりオンラインショップにてプレオーダー(予約)の受付が始まりました。こちらは一本一本ハンドメイドのプレミアムレンズとなっており、発送予定時期は2017年2月となっております。皆さまに早くお届けした気持ちはございますが、ご紹介する作品をご覧頂きながらご自身で撮影される時を思い浮かべて頂けると嬉しく思います。

    2016-05-24
  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

    2016-03-05
  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

    2016-01-29
  • 『浮草』(1959年)から学ぶ、"優れた撮影技法の使い方"

    2016-06-03 #culture #ビデオ lomographymagazine の記事
    『浮草』(1959年)から学ぶ、"優れた撮影技法の使い方"

    "優れた撮影技法の使い方"とは一体何でしょうか?日本を代表する映画監督・小津安二郎の『浮草』から抜粋されたシーンを見ながら、探っていきましょう。

    2016-06-03
  • 夏だ夏だ夏だ!フォトジェニックなビーチと街はここだ!

    2016-07-10 #places lomographymagazine の記事
    夏だ夏だ夏だ!フォトジェニックなビーチと街はここだ!

    夏、海沿いでリラックスしてゆったりしたくはありませんか?あなたの心を癒すビーチを世界中からピックアップ。フィルム写真と共に夏休みどこに出掛けるかプランを立てましょう!