Feather and Down 、LomoKinoで撮る

2012-05-09

Feather and Downというアーティスト名で活動するスウェーデンのアーティスト、マリアさんが先日初来日されました!夢の世界にいざなうような彼女の創り出す美しいメロディーは、きっとやわらかなアナログの質感に合うに違いない、そう思った私たちの予想は当然ながら正解でした。答えはこのインタビューに出てくる曲「Big yellow taxi」を聴けば納得して頂けるはず。

名前: Feather and Down (Maria Andersson)
国: Sweden
ウェブサイト: http://www.irmagroup.jp/

簡単な自己紹介をお願いします。
Maria Andersson( マリア・アンダーソン )です。Feather and Down ( フェザー・アンド・ダウン ) というアーティスト名で活動するスウェディッシュアーティストです。

ロモグラフィーのカメラを以前にもご使用頂いたことはありますか?
ロモカメラを使うのは今回がはじめてです。

ご自身のミュージックビデオを撮影してみていかがでしたか?この作品はどんなテーマで撮影されたのでしょう?曲についても教えてください!
私が住むストックホルムの海の近くの景色や雰囲気をフィルムの収めたいと思いました。撮影したのは寒い日ではあったのですが、春がもうすぐそこまで来ている景色や雰囲気を収めることができたと思います。また私のピアノやギターの演奏シーンも私の家で撮影しました。

日本でのはじめてのライブはいかがでしたか?様々な国や地域で活動をされているとは思いますが、日本の観客と海外の観客とでは反応が異なったりはするのでしょうか?
今回はじめての東京でのライブだったのですが、すごく素敵な経験となりました。オーディエンスの方もすばらしく、私のライブをとても静かに集中して聞いていただいている様でした。また私のレコードレーベルの皆さんも凄くケアしてくれ充実した日々をすごせました。あと食べ物が凄くおいしかった!また東京でライブが出来る事を楽しみにしています。

LomoKinoを一言で表すと?
2日間のLomoKinoでの撮影は素晴らしかったです!

世界最高峰のサーカス集団シルク・ドゥ・ソレイユのシンガーとして抜擢されるなど、他のミュージシャンとは違った幅広い活動をされているそうですね!歌手活動以外のこともされているとお聞きしたのですが、詳しく教えて頂けますか?
私はシンガーでもあり、ソングライターでもあり、ボイストレイナーでもあります。私の活動は全て音楽に繋がっています。

もし今、LomoKinoで世界中どこでも撮影しにいってもよいと言われたらどちらに行かれますか?それは、なぜでしょう?
LomoKinoを持ってアジアを旅したいですね。中国に住んでいた事があるのですがその時もベトナム、台湾、日本と旅をしました。アジアの食べ物や雰囲気や様々なカルチャーが大好きです。

これからLomoKino で撮ってみたい被写体は何ですか?
食べ物や色々な色、自然や人々など…

最後にLomoKinoをこれから使ってみようという方と、ファンの皆さんに何かメッセージをお願いします!
LomoKinoを使っていろいろと冒険して楽しい時間を過ごして!
ライブに来てくれた人達、本当にありがとう!また近いうちにライブが出来れば嬉しいです!あたらしいアルバム「Revisits」が6月にリリースされるので是非聞いて下さい!

Live photo in Tokyo

Feather and down(IRMA records JAPAN)オフィシャルサイト

2012-05-09 #people #music #sweden #lomoamigos #lomoamigo #lomokino #feather-and-down #music-clips kyonn の記事
翻訳 kyonn

他の記事を読む

  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?

    2017-11-01
  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

    2017-07-03
  • 待望レビュー!新しくなったLomoChrome Purple Filmを旧バージョンと比較してみた。

    2017-06-03 #gear lomographygallerystorehk の記事
    待望レビュー!新しくなったLomoChrome Purple Filmを旧バージョンと比較してみた。

    先日、新バージョンの販売をスタートしたLomoChrome Purple Filmですが「結局旧バージョンとどのくらい違うの??」と気になっている方も多いのではないでしょうか?今日はロモグラファー@arthursopticがLomoChrome Purple Filmの新旧バージョンを徹底的に比較してくれました!

    2017-06-03 1
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

    2017-11-18
  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

    2017-06-23
  • ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    2017-03-23 #gear #culture #ニュース #people #places Katherine Phipps の記事
    ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    ロモグラフィーのコミュニティーに集まる皆さんにとってフィルムはまだまだ生き続けている文化ですが、アナログ文化の人気が高まるにつれてフィルムにも広く注目が集まるようになりました。最近では、なんとアメリカの人気報道番組『Today』で Al Roker がフィルムカメラの人気の秘密を探るためにロモグラフィーのニューヨーク支社を訪れました!

    2017-03-23
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • 2018年の Lomography To Doリスト

    2018-01-05 #culture lomographymagazine の記事
    2018年の Lomography To Doリスト

    忙しい日々に追われて、やってみたいことやアイディアはたくさんあるけど時間がない!でも2018年は、そのアイディアを実現させませんか?新年はこの Lomography To Doリストを試してみましょう!

    2018-01-05
  • ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    2017-07-23 #culture lomographymagazine の記事
    ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    青は落ち着いた静かな印象を与える色であると同時に、冷たさを表す色でもあります。おそらく青が嫌いだという人は少ないのではないでしょうか?なぜ私たちは青に安らぎを感じるのでしょう?

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    2017-05-30 choko3 の記事
    ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    カラフルでキュート、そしてファッショナブルなイラストを描く Foxco212 さん。今回はなんと Lomo’Instant Automat Bora Bora や、撮影した写真にも素敵なイラストを描いてくれました!イラストを描くようになったきっかけから、今ではもう相棒のようになったと語る Lomo’Instant Automatの感想まで、様々なことをお聞きしました。なんと最後には読者プレゼントも!

    2017-05-30
  • フィルム写真で描く秋の色

    2017-10-16 refallinsasaki の記事
    フィルム写真で描く秋の色

    夏が終わり、ぐっと寒くなりましたね。気づけば、周囲の色が夏とは違うと思いませんか?赤、オレンジ、黄色、黄金色…。秋が魅せる一瞬の色を写真におさめてみませんか?今日は ロモホーム から厳選した秋の景色をお届けします!

    2017-10-16
  • フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    2018-01-03 #people crissyrobles の記事
    フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    この街は、醜いものと美しいもの、希望と絶望でいっぱい。そして常にドラマティックなことが起きています。私は自分の目の前で起きていることを切り撮らなければいけないのです。

    2018-01-03 1