落札!世界一高価なカメラ

先日、世界最高額でカメラが落札されたというニュースに、写真愛好家たちは驚嘆しました。舞台はウィーンで行われたヴェストリヒトフォトグラフィカオークション。ウィーンは、偶然にもロモグラフィーの本社がある場所でもあります。さて、2億2千万円という驚愕の値段で落札されたのは、ライカの試作機である0シリーズの35mmカメラ。1923年に作られた、たった25台の試作機のうちの一つです。また、この世界最高額で落札されたカメラは、現存するわずか12台のうちの一つだと言われています。ライカの写真と歴史に残るオークションの様子を続けてご覧ください!

アナログの美しさには2億2千万円の価値がある – Gizmodo より

写真史上、記念すべき日です!先日、オークションでライカの0シリーズの35mmカメラが2億2千万円という驚くべき値段で落札されました。最初の落札希望価格はほんの3千万円でしたが、すぐに、それよりもはるかに高い値段で落札されるであろうことが誰の目にも明らかになりました。このアナログの傑作が、ロモグラフィー本社のあるウィーンで落札されたというのは、なんという偶然でしょうか。下にリンクされた動画で是非、オークションの興奮を味わってみてください!

情報元: Gizmodo

2012-05-25 #ニュース # # # # #0 # tomas_bates の記事
翻訳 tea-tea

他の記事を読む

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。

  • Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    2015-11-13 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    韓国出身のフォトグラファーSASU TEIさん。日本と韓国でファッションやコマーシャルフォトの分野で活躍されています。彼がPetzval 85 Art Lensで写し出した写真は、幻想的で独特な世界観を放っています。日本で撮影されているのにも関わらず、なんだか日本ではない別世界のように感じる写真たち。日本人が今まで着目してこなかった日本の良さを、SASU TEIさんの作品から教えられたような気がします。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • 大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    2015-05-21 #world #ライフスタイル K. Aquino の記事
    大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    都市や大自然での生活の上に成り立つ広大な帝国を、カメラのように小さなものが表すことができるってなんて素敵なことでしょう!高い建物やとても広い場所に囲われた人々は、控えめで、撮影距離からミニチュアサイズに写っています。この記事ではそんな巨大な世界と人々との対比が面白い4つの写真を紹介します。

  • 2015年9月のトレンドアルバム

    2015-10-03 #world #ニュース Eunice Abique の記事
    2015年9月のトレンドアルバム

    私たちが見てきたもの、経験してきたものを表現するのに、時折言葉では足りないと感じることがあります。そういった場合、思い出が詰まったスナップショットならば、更に記憶の最限度は高まります。ロモグラファーたちの9月を、精選されたアルバムを通して振り返りましょう。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Awesome Albums: 『Blizzard 101 New York』 by duffman

    2016-01-30 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Awesome Albums: 『Blizzard 101 New York』 by duffman

    写真を撮ることをやめさせるものとは、一体何なのでしょうか?世界的に大寒波に見舞われた今月、大吹雪がニューヨークを襲った時でさえも、写真を撮り続けたひとりのロモグラファーがいます。

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    2015-08-13 #people #ニュース #ライフスタイル #Lomoamigos zonderbar の記事
    LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    ミュージシャンであるObi Blancheは、2013年にロモグラファーとなり写真の世界にどっぷりと浸かることになりました。それ以降、彼はロモグラフィーの最新カメラに常に興味を持ち続け、その中でも特に彼を惹き付けたカメラがLC-A 120です。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【CP+ 2016】ロモグラフィーブースでオリジナルグッズをゲットしよう!

    2016-02-03 #people #ニュース #イベント deco の記事
    【CP+ 2016】ロモグラフィーブースでオリジナルグッズをゲットしよう!

    2月25日(木)~28日(日)に、パシフィコ横浜で行われるカメラの祭典CP+。当日ロモグラフィーブースにご来場いただいた方にオリジナルグッズがもれなくもらえる特別なキャンペーンをご用意しております!ダブルチャンスではあのカメラが当たっちゃうかも!?キャンペーン詳細はこちら!

  • 映画のワンシーンのような写真を撮る5つの方法

    2015-06-08 #world #ライフスタイル K. Aquino の記事
    映画のワンシーンのような写真を撮る5つの方法

    世界中から錚々たる個性派監督や巨匠達が顔を揃えた2015年カンヌ映画祭は、とても刺激的なものとなりました。映画監督達の迸る才気に掛かれば、動かぬはずの静止画も、物語に牽引されて動き出すかのようです。さぁ、ライトとカメラの準備は良いですか?では、アクション!

  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!