落札!世界一高価なカメラ

先日、世界最高額でカメラが落札されたというニュースに、写真愛好家たちは驚嘆しました。舞台はウィーンで行われたヴェストリヒトフォトグラフィカオークション。ウィーンは、偶然にもロモグラフィーの本社がある場所でもあります。さて、2億2千万円という驚愕の値段で落札されたのは、ライカの試作機である0シリーズの35mmカメラ。1923年に作られた、たった25台の試作機のうちの一つです。また、この世界最高額で落札されたカメラは、現存するわずか12台のうちの一つだと言われています。ライカの写真と歴史に残るオークションの様子を続けてご覧ください!

アナログの美しさには2億2千万円の価値がある – Gizmodo より

写真史上、記念すべき日です!先日、オークションでライカの0シリーズの35mmカメラが2億2千万円という驚くべき値段で落札されました。最初の落札希望価格はほんの3千万円でしたが、すぐに、それよりもはるかに高い値段で落札されるであろうことが誰の目にも明らかになりました。このアナログの傑作が、ロモグラフィー本社のあるウィーンで落札されたというのは、なんという偶然でしょうか。下にリンクされた動画で是非、オークションの興奮を味わってみてください!

情報元: Gizmodo

2012-05-25 #ニュース # # # #0 # # tomas_bates の記事

他の記事を読む