落札!世界一高価なカメラ

2012-05-25

先日、世界最高額でカメラが落札されたというニュースに、写真愛好家たちは驚嘆しました。舞台はウィーンで行われたヴェストリヒトフォトグラフィカオークション。ウィーンは、偶然にもロモグラフィーの本社がある場所でもあります。さて、2億2千万円という驚愕の値段で落札されたのは、ライカの試作機である0シリーズの35mmカメラ。1923年に作られた、たった25台の試作機のうちの一つです。また、この世界最高額で落札されたカメラは、現存するわずか12台のうちの一つだと言われています。ライカの写真と歴史に残るオークションの様子を続けてご覧ください!

アナログの美しさには2億2千万円の価値がある – Gizmodo より

写真史上、記念すべき日です!先日、オークションでライカの0シリーズの35mmカメラが2億2千万円という驚くべき値段で落札されました。最初の落札希望価格はほんの3千万円でしたが、すぐに、それよりもはるかに高い値段で落札されるであろうことが誰の目にも明らかになりました。このアナログの傑作が、ロモグラフィー本社のあるウィーンで落札されたというのは、なんという偶然でしょうか。下にリンクされた動画で是非、オークションの興奮を味わってみてください!

情報元: Gizmodo

2012-05-25 #ニュース # # # # #0 # tomas_bates の記事
翻訳 tea-tea

他の記事を読む

  • Maya Kibbelが 原宿ファッションスナップを再開発

    2016-10-04 #people Ciel Hernandez の記事
    Maya Kibbelが 原宿ファッションスナップを再開発

    ファッションを担う人々は、昔から洗練されたスタイルとファッションという型にはまった厳しいルールを押しつける傾向にあります。その一方でファッション界の別の面では、日米フォトグラファーMaya Kibbel(マヤ・キベル)によって「かわいい」と「色っぽい」の中間のようなファッションも奨励されています。

    2016-10-04
  • ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 逆さの世界

    2016-09-16 #gear #tutorials Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 逆さの世界

    Lomo’Instant Automatが手元に届くのが待ちきれない?!ピンポーンと届くまでの間に撮り方をマスターして、箱を開いた瞬間からすぐにクリエイティブな写真が撮れるようにしておきましょう!今日のテーマは「逆さの世界」

    2016-09-16
  • [展示] Glastonbury Festival Photo Exhibition "i feel awesome" - by Taio Konishi

    2016-08-02 #people #ビデオ ciaoannacotta の記事
    [展示] Glastonbury Festival Photo Exhibition "i feel awesome" - by Taio Konishi

    国内外のフェスを撮影されているフォトグラファーでありロモグラファーの小西泰央さん。昨年に引き続き、今年もGlastonbury Festivalで撮影された作品の個展『 i feel awesome』を開催されます!今年はNighttimeとDaytimeに分けた展示となり、Nighttimeをアート関連に強い古書店nostos booksさんにて、DaytimeをLomography+にて開催します。一般チケットもすぐ完売するほど人気で世界最大級の音楽フェスティバルをロモグラフィーレンズやカメラで写し撮った写真は、まさに貴重。ぜひ両展示へ足をお運びください。

    2016-08-02
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 女性として、世界を旅することについて。

    2017-03-07 #places Kamila Stanley の記事
    女性として、世界を旅することについて。

    女性が一人旅に出る理由は、たくさんあります。自分がちっぽけな存在だと知るため、成長するため、言葉を学ぶため、失恋から立ち直るため、世界の不条理をこの目で見るため、そして自分の人生を少しだけ変えるため。一人旅をしているとよく言われる言葉がいくつかあります。

    2017-03-07
  • Kealan Shilling: ニューヨーク『地獄の門』への旅

    2016-11-16 #places Ciel Hernandez の記事
    Kealan Shilling: ニューヨーク『地獄の門』への旅

    ニューヨークの喧騒の裏側には、怖い話や都市伝説といった奇妙な噂が常にあります。フォトグラファーのKealan Shillingとその友人たちは冒険を求めて、大胆にも「地獄の門」と呼ばれる建物まで旅にでたようです。そこで彼らのカメラに写ったのは…?

    2016-11-16
  • Petzval 85 Amigo: Misha Assis

    2016-12-20 #people michellymatias の記事
    Petzval 85 Amigo: Misha Assis

    ブラジルのアーティストであるMisha AssisはロモグラフィーのPetzval 85 Art Lensのエキスパートです。それは彼のロモホームを覗いてみればすぐにわかるでしょう。こちらではMishaにPetzval 85 Art Lensへの想いを熱く語っていただきました!

    2016-12-20
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    2017-05-08 #people Ciel Hernandez の記事
    虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    赤と緑、ピンクと青、白と黒でもない。現実にははっきりとした境界線などなく、グラデーションのようにすべては曖昧です。モントリオールを拠点に活動する写真家Laurence Philomeneの「ノンバイナリー」シリーズのポートレートは私たちに物事の新しい見方を与えてくれます。*《ノンバイナリージェンダー》は男性にも女性にも分類されない性別自認のこと。

    2017-05-08
  • 『ソーシャリーエンゲイジドアート展 社会を動かすアートの新潮流』@アーツ千代田3331

    2017-02-24 trifivy の記事
    『ソーシャリーエンゲイジドアート展 社会を動かすアートの新潮流』@アーツ千代田3331

    3/5(日)まで直営店Lomography+のあるアーツ千代田3331では、『ソーシャリーエンゲイジドアート展 社会を動かすアートの新潮流』が開催されています。日本では初めてとなる本格的なソーシャリーエンゲイジドアートの展覧会。世界的に有名なアイ・ウェイウェイ、ペドロ・レイエス、パーク・フィクションといった作家の作品も展示されますので、是非この機会に足をお運びください!

    2017-02-24
  • John Voulgarakisが写したアテネの街並み

    2017-02-27 #people #places charlottepelleray の記事
    John Voulgarakisが写したアテネの街並み

    ギリシャのフォトグラファー・John Voulgarakisはきっと前世でも写真に関わっていたに違いありません。このインタビューで、彼はLC-Aに対する情熱とギリシャの危機が芸術シーンに及ぼす影響を語り、愛するアテネの街並みを案内してくれました。

    2017-02-27
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • [LomoAmigo] LC-Wide : まつゆう*

    2016-11-15 trifivy の記事
    [LomoAmigo] LC-Wide : まつゆう*

    独自の“可愛いカルチャー” をウェブで発信し、世界でも注目される東京のブロガー・まつゆう*。今回はまつゆう*さんにLomographyのLC-Wideを使って撮影していただきました。沖縄県竹富島での素敵なバカンスの様子と一緒に、何台もフィルムカメラを所有する彼女の写真との出会い、フィルムカメラへの愛情についてのインタビューをお楽しみください!

    2016-11-15
  • LC-Aが写し撮るニュージーランドの「青」

    2016-06-20 #people lomographysoholondon の記事
    LC-Aが写し撮るニュージーランドの「青」

    2015-2016年の夏(北半球では冬)、ステファン・ダウリングは生まれ故郷であるニュージーランドを再訪しました。滞在期間中、彼は最も信頼し愛用しているクラシカルなコンパクトカメラ・LC-Aを持ち歩いて気ままに撮影をしたそうです。滞在時の楽しい思い出と共に、LC-Aで撮影された写真をお楽しみください。

    2016-06-20
  • 経験収集家:井口佳亮

    2016-06-02 #people Eunice Abique の記事
    経験収集家:井口佳亮

    井口佳亮さんは写真家としてでも旅行者としてでもない方法で世界を記録し続けています。彼は経験を収集している、経験収集家です。彼がもうじき出版する写真集『Politics is for Losers,』は10年間にわたる長旅の中で、美しく力強い魂を捉えてきた一冊です。

    2016-06-02