世界最大のルナパークでシューティング!

たとえ絶叫系のアトラクションが好きじゃなくても、地球上で最大の遊園地の一つに行く絶好のチャンスは間違いなく君も楽しいと思うよ!さあ、お気に入りのLomo兵器を準備して、カラフルで楽しいことでいっぱいの場所を制圧しよう!

Credits: lawypop

Luna Park はConey Islandに昔あった伝説的なLuna Parkからそのまま名付けられていて、子供たちと子供心を持ったみんなの両方を夢中にさせるエキサイティングでカラフルなアトラクションがたくさんあるんだ。

Credits: lawypop

見るからに、いくつかのアトラクションには怖くて度肝抜かれるを人もいるかもしれないね :)

Credits: lawypop

Coney IslandでLuna Parkのアトラクションの席に着くまで、New York市内から地下鉄で45分くらい!

Credits: lawypop

そういうぼくも。園内でびびって、シャッターを切るのを止めることができない見物人だったんだけどね。

Credits: lawypop

一日満喫した最後には、歯を見せて記念撮影も忘れずに!

Credits: lawypop

地下鉄での行き方:
West 8th Station行 Q & F線 to West 8th Street Station 行
D, F, N & Q to the Coney Island-Stillwell Avenue Station行

Credits: lawypop
Credits: lawypop

詳しくは(英語):
Luna Park
Coney Island

2012-06-04 #world #ロケーション #new-york #coney-island #amusement-park #travel #nycg #select-type-of-location #urban-adventures #luna-park lawypop の記事
翻訳 kinta

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • LC-Wideで「ツール・ド・フランス」

    2015-05-23 #world #ライフスタイル #ロケーション lomographyfrance の記事
    LC-Wideで「ツール・ド・フランス」

    Lomo LC-Wideがロモグラファーやアナログ写真愛好家の心に占める位置には、特別なものがある。そのコンパクトなサイズのおかげで、旅の伴侶として最適であるにとどまらず、日常生活にも違和感なく溶け込み、更にワイドな17mmの広角レンズは手にする者の創造力を刺激して止まない。そんなLC-Wideが最近、何でも見てやろうとフランスに旅立った。フランスの美しい街並みと自然風景の写真日記がお土産だ。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 2016年1月のトレンド写真

    2016-02-06 #world #ニュース lomography の記事
    2016年1月のトレンド写真

    わざわざ寒い思いをして出かけなくても、暖かくて快適な家でフィルム越しに絶景を楽しめます。先月コミュニティーでトレンドとなった写真はフォギーな冬の風景や建築物の写真などが目立ちました。冬を感じる写真をこちらの記事でお楽しみください!

  • ロモロケーション: フランスの豪華絢爛な城

    2016-03-08 #world #ロケーション lomographymagazine の記事
    ロモロケーション: フランスの豪華絢爛な城

    城は王族や貴族などの強力な支配者の家として用いられました。フランスの城の多くは、血なまぐさい歴史とドラマを有しており、それが城というものをより一層興味深いものにします。自由、平等、友愛のもとに革命を迎え、強力な君主制は倒された現在、城は観光名所として旅行者の目を楽しませる役割を果たしています。そんな城をフランスのロモグラファーや旅行好きのロモグラファーがたくさん撮影しています。美しく荘厳な城の写真を、どうぞご覧ください。

  • ロモロケーション: Agfa Precisa CTで写し出す大阪の二面性

    2016-02-24 #world #ロケーション lomographymagazine の記事
    ロモロケーション: Agfa Precisa CTで写し出す大阪の二面性

    桜の季節の大阪城、道頓堀の街並み―大阪には日本の古き良き場所がたくさんあります。一方で、ユニバーサルスタジオジャパンのような西洋文化を取り入れた観光名所も多数。大阪港を構え商人の街として繁栄してきた大阪は、文化的な面でも面白い土地です。そんな和と洋の二面性が、近年海外からの旅行客を伸ばしている大阪の魅力なのでしょう。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people #Lomoamigos Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

  • 2016年2月のトレンドアルバム

    2016-03-01 #world #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンドアルバム

    みなさんはどのようにアルバムの構成をしていますか?多くの人がイベントや撮影場所で分けてアルバムを作成していることでしょう。フィルムやテクニック毎に分けている人もいますよね。ロモグラフィーコミュニティーでは様々な分別の仕方で編纂されたアルバムが毎月大量にアップロードされています。その中でも注目を集めたアルバムをご紹介します。今度あなたがアルバムを作るときの参考にしてみてください!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。

  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #world #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

  • LomoAmigos: monogram店長 東尚代、Lomo LC-A 120で撮る

    2015-05-14 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: monogram店長 東尚代、Lomo LC-A 120で撮る

    東京の学芸大学駅のmonogramはカメラやカメラグッズの販売の他に、現像サービスやギャラリーを展開しており、写真好きにとってはたまらない空間となっています。そんなmonogramの店長である東尚代さんにLomo LC-A 120を試していただきました!普段からフィルムに慣れ親しんでいてロモグラフィーの商品も使い慣れている東さんは、一体どのようなスクエアショットをLC-A 120で写したのでしょうか?