サンクトペテルブルクフォトギャラリー

サンクトペテルブルクはPeterhof Palaceやゴールドのドームが有名な聖イサアク大聖堂など様々な名所があります。ロモグラファーが撮影した、サンクトペテルブルクのスナップショットセレクションをご覧下さい。

Credits: lawypopgradkatya-leontyevanejalife_on_marsboss-iplyshbelmasha_njamcodexoopaloskibasstahmoldyxanastasiya-navrotskaya & gleby

サンクトペテルブルクだけでなく、他のロシアの都市写真や建築物デザイン等の関連記事をこれからもリリースしていきます。もし、あなたもロシアの風景を撮影した写真があったらコメント欄にリンクを貼ってシェアして下さいね!

スペシャルセールなんと明日まで!この機会をお見逃しなく!

5/30(水) & 5/31(木)限定!限定版 LC-A+ Russia Day Edition が、オリジナルLC-A+と同じ27,300円でお求め頂くことができます!お買い得にお求めいただけるのはパッケージが破損してしまった在庫を限定15台のみ。ご購入はオンラインショップまたはお近くの Lomography Gallery Store へ!

2012-05-30 #places #russia-day-galleries #location #russia #russia-galleries #lomography-loves-russia #analogue-photography #st-petersburg webo29 の記事
翻訳 tame

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear lomographymagazine の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。

  • 2016年2月のトレンドアルバム

    2016-03-01 #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンドアルバム

    みなさんはどのようにアルバムの構成をしていますか?多くの人がイベントや撮影場所で分けてアルバムを作成していることでしょう。フィルムやテクニック毎に分けている人もいますよね。ロモグラフィーコミュニティーでは様々な分別の仕方で編纂されたアルバムが毎月大量にアップロードされています。その中でも注目を集めたアルバムをご紹介します。今度あなたがアルバムを作るときの参考にしてみてください!

  • LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    2015-06-04 #people Jill Tan Radovan の記事
    LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    ロモグラファーLomoKevとして知られるKevin Meredithは、イングランドのブライトンを拠点に活動する写真家です。彼はLomo LC-Aを愛用しており、写真を撮るときのロモグラフィックなスタイルで有名になりました。個人的なフォトプロジェクト、仕事でのプロジェクトに没頭しながら、写真のワークショップの運営や写真関連の本の出版を行い、様々な展示会にも参加しています。彼の写真に対する情熱の高さから、彼がNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensのプロトタイプでテスト撮影を行う写真家に選ばれたのも納得です!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • こどもワークショップ@Arts Chiyoda 3331レポート!

    2015-08-26 #ニュース #gear lomographyplus の記事
    こどもワークショップ@Arts Chiyoda 3331レポート!

    2015年8月1日に行われた「こどもワークショップ@Arts Chiyoda 3331」の様子をレポートします! こども達が撮影した元気いっぱいな写真をご覧下さい!!

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #places lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 暗い場所での撮影のための5つのフィルム

    2015-12-01 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    暗い場所での撮影のための5つのフィルム

    みなさんご存知のとおり、光量の少ない場所で撮影する際はブレないようにしっかりとグリップして保つ必要があります。三脚などのツールを使うのも方法としてありますが、勿論暗い場所での撮影に適したフィルムを使うことがとても重要です。この記事では光量の少ない場所での撮影にぴったりなフィルムを5つリストアップしてみました。

  • 写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    2016-02-19 #gear lomographymagazine の記事
    写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    ロモグラフィーはヴィンテージなもの好きなブランドとして知られていますよね。ノスタルジックな雰囲気の写真を撮影できるカメラやフィルムもありますが、オリジナルな作品を作りだそうとする写真家の技巧によっても様々なエッセンスを加えられます。

  • Petzval 58 Bokeh Control: 4×5 SHI NO GO 渡辺一城

    2015-06-25 #people ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 4×5 SHI NO GO 渡辺一城

    4人の写真家グループ「4x5 SHI NO GO」の一人として活動する写真家・渡辺一城。商業写真家として活動しながら、ライフワークとして養豚場の豚たちを撮り続けています。今回は、その取り慣れた環境でPetzval 58 Bokeh Controlレンズをテストしていただきました。薄暗い、機械的な空間に生きる豚たちの生命力を感じる姿や、子豚達の無垢な様子、柔らかな毛並みの美しさが伺える写真をご覧下さい。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • 【CP+ 2016】イベントレポート

    2016-03-05 #ニュース ciscoswank の記事
    【CP+ 2016】イベントレポート

    今年もカメラ・映像の大展示会CP+が終了しました! フィルムのラインナップに興奮するアナログ写真ファン、ユニークなレンズに驚く熟練フォトグラファー、ロモカメラを持って遊びに来てくれるロモグラファーの方々…。 連日たくさんの方々にご来場いただいたロモグラフィーブース。その様子をスタッフの撮影した写真と共に振り返ってみましょう!

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。

  • アナログでやりたいことリスト:2月-夜の道路

    2015-09-15 Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:2月-夜の道路

    毎月1つのプロジェクトに挑戦する2015年のやりたいことリスト。2月は長時間露光のうちのひとつ、夜の道路の写真を撮ることにしました。みなさんも夜の街に明るい赤や白の線が走る写真をご存知でしょう。私はそういう写真が大好きだけれど、一度も撮影したことがありませんでした。