「My Fisheye Baby 110 and Me」インタビュー: Corrina & Huesitos

ロモグラフィーコミュニティーメンバーのCorrina と Huesitos 。彼らとFisheye Baby 110 の素晴らしいアナログの冒険をチェックしてみよう!

こんにちは。Corrina!あなたの隣にいるわんわんはなんて名前かな?

Huesitosは私のペットだよ。

あなたの写真を見るとHuesitos がとってもフォトジェニックに写っているよね。Fisheye Baby 110の目の前でポーズするのがすきなのかな?

多分そうだと思うよ。スーパーモデルがクールなスタイルを確立しているよね。だからHuesitosが世界で一番ロモグラフィックドッグになるようにしたいんだ。

それは良いね!Huesitosは何歳?

今のようなスーパーモデルになる前はAlicante Streetに暮らしていたので、正確にはわからない。多分6歳ぐらいじゃないかな?

Fisheye Baby 110は2種類あるけどどちらのモデルが好きかな?

Metal version! アダプターを取り付けてフラッシュ撮影が可能なところが良いよね。

Huesitosの性格は?

素晴らしいとしか言い表せないな。優しい人にはスイートなんだけど、意地悪な人はすぐに嫌いになるみたい。私とはいつもラブラブでいつも悲しいことがあると慰めてくれるし、危険なことがあると守ってくれる。そして彼は人間の感情の動きにとても敏感なの。隠し事なんて何もできないかな。夜はお気に入りのブランケットの下で眠り、朝起きて大好きなごはんの時間を楽しみにして待っているんだよ。

すきな食べ物は?

ジューシーなチキンと、鴨の胸肉かな。

Fisheye Baby 110を食べちゃおうとはしなかった?

そんなことはしないよ。(笑)カメラは触っちゃいけないってわかっているんだ。

ボール投げや穴を掘って遊んだりして一日をゆっくり過ごすのはどう?

もちろんお散歩が大好きで、リスとか小動物を追いかけるのが好きみたい。でも、ボール投げはあたるのが怖いらしくてあんまり好きじゃないかな。散歩にいく前は、一日中私のデスクの隣で昼寝をしているよ。

一緒に旅行に行ったことはある?

オーストリアのNeusiedler See に一緒に旅行に行ったよ。水が怖いみたいで、一緒に小さなボートにのったときはとても勇気が必要だったみたい。でも周りに鴨やアヒルがいてすごく楽しかったよ。

Huesitosとの一番の思い出は?彼との思い出をFisheye Baby 110 で残したかったですか?

アニマルシェルターで彼を見つけたときに私たちの生活が始まった。そこにいくまで結構長い道のりだったな。シェルターについて一目で彼との運命を感じてしまったの。彼もきっと同じ気持ちだったと思うな。その時にすぐに私の車にジャンプして乗り込んでいて、シェルターで彼を世話していた人が別れを惜しんでいた。でも同時に新しいお家が見つかって喜んでいたよ。これがその時の写真。新しい生活に準備OK!っていう感じがよく出ているよね。

Fisheye Baby 110 Camera は110フィルムを使用する、 Fisheye2 のミニチュアバージョンとして特別にデザインされたカメラ。世界を円形の魚眼写真に写し出し、バルブ撮影や、多重露光写真も撮影することが可能です。 Lomography Orca B&W 100 をセットして、長く忘れ去られていた110写真の世界へ飛び込みましょう!詳細は 110カメラのマイクロサイトへ

2012-06-21 #lifestyle #dog #baby #fisheye #fisheye-baby-110 #baby-110-selected #baby-110-interview #baby-110-interview #311694 #311694-baby-110-interview webo29 の記事
翻訳 tame_san

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • 見たことのない写真を求めて:Dimitri Guedes

    2018-04-11 sragomo の記事
    見たことのない写真を求めて:Dimitri Guedes

    モントリオールを拠点として活動するフォトグラファーの Dimitri Guedes。彼が何からインスピレーションを得るのか、そしてどのように「平凡さ」を避けて作品作りをしているのか聞いてみました。

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。

  • New Jupiter 3+ Art Lensと冒険に出かけよう

    2017-07-01 #gear
    New Jupiter 3+ Art Lensと冒険に出かけよう

    世界はあなたを待っています!New Jupiter 3+と一緒にまだ見ぬ素晴らしい景色を写真に捉えるための旅に出ましょう。

  • LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    2017-11-03 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    ロサンゼルス在住のフォトグラファー Rimi Sakamoto さんが、 Petzval 85 Art Lensを持って早朝の東京散歩へ出かけました。ナチュラルなぐるぐるボケの質感と、午前中の澄み渡る空気感が伝わってくるようなポートレートをインタビューとともにお楽しみください。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 名作映画に登場する色 『シネマ・パレット』

    2017-08-18 #culture
    名作映画に登場する色 『シネマ・パレット』

    この『シネマ・パレット』を見れば、映画監督の素晴らしい色彩センスが一目瞭然。何度も観たあの映画の「色」に注目してみませんか?

  • 17歳のキューブリックが撮影した写真

    2017-10-03
    17歳のキューブリックが撮影した写真

    スタンリー・キューブリックにだって、平凡な青年時代があったのです。当時の彼が見ていた景色を、17歳のキューブリックが撮影した写真とともに覗いてみましょう。

  • アナログ世界紀行:ドバイ、アラブ首長国連邦

    2018-04-09 #places
    アナログ世界紀行:ドバイ、アラブ首長国連邦

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファーのMélanie Hubert-Crozet (@melanie_hc) が撮影したドバイでの多重露光ショット。アナログ写真でみるドバイは、私たちがイメージする街とは少しちがっていて何だか不思議。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!