「My Fisheye Baby 110 and Me」インタビュー: Corrina & Huesitos

ロモグラフィーコミュニティーメンバーのCorrina と Huesitos 。彼らとFisheye Baby 110 の素晴らしいアナログの冒険をチェックしてみよう!

こんにちは。Corrina!あなたの隣にいるわんわんはなんて名前かな?

Huesitosは私のペットだよ。

あなたの写真を見るとHuesitos がとってもフォトジェニックに写っているよね。Fisheye Baby 110の目の前でポーズするのがすきなのかな?

多分そうだと思うよ。スーパーモデルがクールなスタイルを確立しているよね。だからHuesitosが世界で一番ロモグラフィックドッグになるようにしたいんだ。

それは良いね!Huesitosは何歳?

今のようなスーパーモデルになる前はAlicante Streetに暮らしていたので、正確にはわからない。多分6歳ぐらいじゃないかな?

Fisheye Baby 110は2種類あるけどどちらのモデルが好きかな?

Metal version! アダプターを取り付けてフラッシュ撮影が可能なところが良いよね。

Huesitosの性格は?

素晴らしいとしか言い表せないな。優しい人にはスイートなんだけど、意地悪な人はすぐに嫌いになるみたい。私とはいつもラブラブでいつも悲しいことがあると慰めてくれるし、危険なことがあると守ってくれる。そして彼は人間の感情の動きにとても敏感なの。隠し事なんて何もできないかな。夜はお気に入りのブランケットの下で眠り、朝起きて大好きなごはんの時間を楽しみにして待っているんだよ。

すきな食べ物は?

ジューシーなチキンと、鴨の胸肉かな。

Fisheye Baby 110を食べちゃおうとはしなかった?

そんなことはしないよ。(笑)カメラは触っちゃいけないってわかっているんだ。

ボール投げや穴を掘って遊んだりして一日をゆっくり過ごすのはどう?

もちろんお散歩が大好きで、リスとか小動物を追いかけるのが好きみたい。でも、ボール投げはあたるのが怖いらしくてあんまり好きじゃないかな。散歩にいく前は、一日中私のデスクの隣で昼寝をしているよ。

一緒に旅行に行ったことはある?

オーストリアのNeusiedler See に一緒に旅行に行ったよ。水が怖いみたいで、一緒に小さなボートにのったときはとても勇気が必要だったみたい。でも周りに鴨やアヒルがいてすごく楽しかったよ。

Huesitosとの一番の思い出は?彼との思い出をFisheye Baby 110 で残したかったですか?

アニマルシェルターで彼を見つけたときに私たちの生活が始まった。そこにいくまで結構長い道のりだったな。シェルターについて一目で彼との運命を感じてしまったの。彼もきっと同じ気持ちだったと思うな。その時にすぐに私の車にジャンプして乗り込んでいて、シェルターで彼を世話していた人が別れを惜しんでいた。でも同時に新しいお家が見つかって喜んでいたよ。これがその時の写真。新しい生活に準備OK!っていう感じがよく出ているよね。

Fisheye Baby 110 Camera は110フィルムを使用する、 Fisheye2 のミニチュアバージョンとして特別にデザインされたカメラ。世界を円形の魚眼写真に写し出し、バルブ撮影や、多重露光写真も撮影することが可能です。 Lomography Orca B&W 100 をセットして、長く忘れ去られていた110写真の世界へ飛び込みましょう!詳細は 110カメラのマイクロサイトへ

2012-06-21 #baby-110-interview #baby #fisheye-baby-110 #dog #baby-110-interview #311694 #311694-baby-110-interview #fisheye #baby-110-selected #lifestyle webo29 の記事
翻訳 tame_san

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • LomoAmigo: Ian HobsonのLomo'Instant ライトペインティング

    2015-09-04 #people hannah_brown の記事
    LomoAmigo: Ian HobsonのLomo'Instant ライトペインティング

    Ian Hobsonはイギリスで活動するライトペインティングに特化したフォトグラファー。彼にLomo'InstantとPixelstickという最高のライトペインティングツールを使ってテスト撮影を行っていただきました。この記事では、この組み合わせで撮影された素晴らしいライトペインティング写真と、夜間の撮影やライトペインティングの手法について彼にお伺いしたインタビューをご紹介します。

  • 楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    2015-06-03 #places Jill Tan Radovan の記事
    楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    旅する人が求めて止まないのは、普段出来ないような特別な体験ですが、誰もが生涯に一度といった冒険と巡り合う訳ではありません。チャンスが訪れた時、Stephane Heinzさん (ロモグラフィー・コミュニティーではvicunaの名でよく知られていますね) はこれを逃さず、フランスのホームタウンから遠く離れた地への旅と、そこでの生活を見事掴み取る事が出来ました。妻のKathiさんと揃って帰国した彼の手にする旅行鞄は、貴重な経験と、人生の教訓でいっぱいでした。今回のトラベルキャンペーンの場を利用して、彼の4年に亘る仏領ポリネシアでの冒険についてvicunaに語ってもらいましょう。

    2
  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    2016-03-31 #people bartolomo の記事
    First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    イタリア人フォトグラファーのMarta BevacquaにLomo'Instant Wideを使っていただきました。撮ってすぐワイドサイズの写真になるLomo'Instant Wideで、どんな作品が出来上がったのでしょうか?彼女の作品とインタビューをこちらの記事でチェックしましょう!

  • 実験:塩素!

    2015-07-25 #tutorials beway の記事
    実験:塩素!

    アナログ写真の何が素晴らしいのでしょう?どんな結果になるかわからなかったり、失敗したり、全ての写真が完璧にはなるとは限りません。あなたも同じようなことを経験しているかもしれないですね。いろんなフィルムスープや、薬品を試し終わって、ついに私はとっても簡単で、手軽な方法を見つけました。それは、塩素での漂白です!

  • Petzval 85 & 58 Bokeh Control Art Lens: kisimari

    2015-10-29 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 & 58 Bokeh Control Art Lens: kisimari

    ファッションフォトグラファーとして活動するkisimariさん。様々なファッション誌や広告で写真を撮影しながら、Webマガジンでブログの連載、雑誌でkisimari流インテリアとDIYの連載を行うなど幅広く活躍しています。彼女は女の子なら胸がキュンキュンしてしまうようなガーリーでポップな世界を写し出します。そんなkisimariさんがPetzval レンズで撮影した写真は、美しい色使いに繊細さが冴える素敵な作品となっています。kisimariさんの写真家としての真髄を探るインタビューとともに、Petzval × kisimari ワールドをお楽しみください!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    2016-05-05 #ニュース #ビデオ #gear #people Lomography の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensで撮影された“The Sea Within.”は、香港のビジュアルアーティストであるHeiwa Wongによって監督された音楽とイメージをミニマルアートとして巧みに扱いながら、強い感覚の経験を呼び起こす短編映画です。自然と身体のつながりについて触れ、見る者を冷静と情熱の間を行き交う旅へと誘う作品を彼女のインタビューと共にお楽しみください。

  • ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    2016-05-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    その歴史が始まった日から、写真は常に芸術と科学、両方の試みのためのものでした。少なくとも、ルイ・ダゲールはそうなることを期待していました。ダゲレオタイプがどのように科学の道具になり、どのように写真が芸術へ介入していったのかを覗いてみましょう。

  • Petzval 58 Bokeh Control Lens: ファッションフォトグラファーIssa Ngのファーストインプレッション

    2015-06-12 #people #gear Jill Tan Radovan の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Lens: ファッションフォトグラファーIssa Ngのファーストインプレッション

    Issa Ngは香港を拠点に活動するファッションとコマーシャルフォトグラファー。彼は長年、広告業界で様々なインターナショナルブランドのアートディレクターやスタイリストとして活動してきた経歴を持っています。それゆえ、コンセプトの確立や構成、激しいイメージングにおいて彼の素晴らしいセンスに基づくスタイルを表現できます。彼は現在ポートレイトに特化し、絶えずフレッシュで面白いプロジェクトを求めています。そんな彼がLomography Petzval 58 Bokeh Control lensでの撮影についてインタビューで語ってくれました。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • SF映画風のアナログ写真

    2016-04-08 #gear lomographymagazine の記事
    SF映画風のアナログ写真

    アナログ写真というと、みなさんちょっと古めかしいものを想像するかもしれません。でも、この記事で紹介するロモグラファーのアナログ写真は、どちらかというと「革新的」だと思いますよ!

    1
  • Petzval 58 Bokeh Control: Matthieu Soudetのファーストインプレッション

    2015-08-03 #people lomographyfrance の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: Matthieu Soudetのファーストインプレッション

    これは夢と非現実的な世界との狭間のノルマンディーへの冒険の物語。今回のLomoAmigo Matthieu SoudetがPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使い、彼のパラレルワールドへと連れて行ってくれました。

  • Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    2015-12-26 #gear #people zonderbar の記事
    Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    我らがロモアミーゴ Kate BellmはDeyáを拠点に活動するサイケデリックな作風で知られる写真家。ユニークな色の変化が楽しめるロモグラフィーのLomoChrome フィルムは彼女のスタイルにぴったり!彼女はバッグにLomoChrome PurpleとTurquoiseを詰め込みアイスランドへと旅立ち、まるで別世界を写し出したかのような素敵な写真と共に戻ってきました!