クリエイティブ・コーナー Instaxで撮った写真でアルバムを作ろう

2012-07-22

自分の撮ったインスタント写真が山のように積まれていくのを見て、わたしは決めたの。ただクローゼットのどこかの箱にしまっておくだけではなくて、もっと他の場所が必要だって。というわけでみなさん、Instaxで撮ったお気に入りの写真を集めてください!そして自分だけの特別なアルバムを作る方法を、続けてご覧ください!

先月はわたしのシリーズの記事が書けなかったから、謝らなくちゃって思ってたのよ。すごく忙しい月だったの。学校の期末試験があって、兄弟の卒業式があって、5月末には台湾に旅行へ。でも前回記事を書けなかったお詫びに、今月のクラフトは時間をかけたのよ。

じゃあ早速、入っていきましょう。早く、早く!

必要なもの

  • Instaxで撮った写真 (この説明記事は、他のサイズや他の種類の写真にも当てはめることができるわ)
  • 色画用紙/堅紙 (色はお好みで)
  • はさみ (わたしみたいに真っすぐに切れない人は、カッターでもいいわね(笑)
  • リボン/ひも
  • 鉛筆/薄い色のマーカー
  • エグザクトナイフ (ホビー用ナイフ)
  • 薄めのボール紙2つ
  • 写真、切り抜き、ネガなど (カバーの装飾用)
  • テープ
  • 一つ穴パンチ

1. 薄めのボール紙を同じサイズに切ってね。 (わたしのカバーは15.24cm×24.13cm)

2. カバーを好きなように飾ってね。 (カバー写真の色彩と、アルバムに使うひもやリボン、堅紙がうまく合うようにするといいわね) わたしは、ボール紙の部分にはSuperSamplerの箱を使ったわ。シリアルの箱なんかでもいいと思うわよ!あとわたしの場合、飾りすぎるっていうミスをしちゃって、パンチで穴をあけるのが信じられないくらい大変だったの。だから、カバーには色々と重ねてつけすぎないように気を付けてね。

3. 次は、カバーの背表紙側の端に、点で印をつけてね。2センチ間隔くらい。書くのは、裏でも表でもいいわ。どのみち、その点の上からパンチで穴をあけちゃうんだから。

というわけで、カバーに小さな穴をきれいにあけてね!

4. 次に、堅紙か色画用紙を切るのよ。カバーより、幅は1.27cm、高さは2.54cm小さくなるようにね。(わたしの場合は、13.97cm×21.59cm)

さあ、ここからが根気のいる作業よ…。

5. カバーのときと同じように、穴をあけるための印をつけてね。点のそばに薄く縦線を引いておくと、真っすぐに穴をあけやすくなるわ。

アルバム内の写真が真っすぐかどうかを気にしないなら、そのままこの次のステップをいくつか飛ばしてね。みなさんにお知らせしておくけど、この企画で一番大変なのがここなのよ!

6. この作業は面倒で申し訳ないんだけど、これを作れば紙全部に切れ込みを入れるときにすごく役に立つこと間違いなしよ。いらない紙を使って、とりあえず使えそうな物差しを作るの。こんな感じね。

  • いらない紙を、中に使う紙と同じ高さで(21.59cm)、幅はInstaxの写真と同じ(約9.5cm)になるように切ってね。
  • 次に、物差しの右下にラベルを貼るのよ。 長さ1.5cm、幅1cmね。ラベルの上側には、物差しから1cm離れたところに印をつけてね。 下側には、物差しから0.5cm離れたところに印をつけるの。
  • 物差しの両側に印をつけていくわ。 2つの点(top dotとbottom dot)を1セットとして、片側に3セットずつ、全部で6つずつよ。最初の点は、左上から1センチのところね。 右下の最初の点も、下から1cmのところよ。 そこから、縦に8cmずつ点を打つの。

すっごく混乱しちゃうと思うから、写真を参考にしてね!

7. 作った物差しを使って、中の紙それぞれに印をつけてね。つけた点はホビー用ナイフで結んでいくのよ。 最初は左の3つの点からね。

  • ラベルの1cmのところの印を、紙の右端に合わせて物差しを置いてね。それで、左側のtop dot(1セットの2つの点のうちの、上の方の点)に合わせて、紙に印をつけるの。
  • 次は、物差しを左に動かして、右下にある1.5cmのラベルの右端と紙の右端が合うようにしてね。 それから、左側bottom dot(1セットの2つの点のうちの、下の方の点)の方の点に合わせて紙に印をつけるの。
    *次は、物差しはそのままで、右側のtop dotの方に合わせて紙に印をつけてね。
  • そしたら、また物差しを左に動かして、ラベルの下につけた0.5cmの印が今つけた右側のtop dotの延長線上に来るようにしてね。そこで、右側のbottom dotに合わせて紙に印をつけるの。

このよく分からない指示に従っていくと、紙の左右に6つずつ点がついたと思うわ。 それをつなげたら、スラッシュ(/)みたいな線が両側に3つずつできるわよね。

8. さあ、全部の紙に印をつけたら、ホビー用ナイフを使って、点を2つずつつなげていくのよ。

9. 切り込みを全て入れたら、 Instaxの写真が紙にぴったり収まるはず。わたしと同じサイズで作った人は、1ページに3枚ずつの写真を収めることができるわね。

10. 最後に仕上げで、全部の紙を合わせて、カバーで挟んでね。それから、リボンかひもを通すの。らせん状に通すんだけど、両端に結び目の分の余裕を残すのを忘れないでね。

11. 一番上と下の穴には、リボンかひもを何回か通してね。そしたら、最後にできたリボンの輪っかの下を通して、結び目を2、3回作るのよ!

終わったら、あなたの前には小さな可愛いアルバムがあるはずよ。Instaxの写真がパーフェクトな形で収まってるわね! 読んでくれてありがとう!

Natalie Fongさんによるクリエイティブ・クラフトや記事。元々、台湾の台北出身のNatalieさんは、現在ハワイのホノルルに住んでいます。もっとクリエイティブ・コーナーのシリーズを読みたい方はこちらへ Creative Corner

2012-07-22 #gear #tutorials #instax #tipster # # # # # # # natalieerachel の記事
翻訳 tea-tea

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • アナログカメラで写す超現実的な世界

    2016-11-22 #culture #tutorials lomographymagazine の記事
    アナログカメラで写す超現実的な世界

    誰だってアナログカメラで自分だけのユニークな写真を撮る方法を常に追い求めているはず。今回はロモグラフィーのコミュニティーに投稿された写真から、フィルムで幻想的な世界を映し出す方法を学んでみましょう!

  • Daguerreotypeが描く自然のなかのポートレート:Elvis Tangへのインタビュー

    2016-10-08 #gear #people Phyllis Chan の記事
    Daguerreotypeが描く自然のなかのポートレート:Elvis Tangへのインタビュー

    Elvisは香港を拠点とする写真家です。彼が写真を始めきっかけは高校最後の日々を思い出に残すためでした。その後すぐに、インスタグラムで他の写真家と知り合い、彼自身も自分の写真スタイルを探求するようになったそうです。今回はElvisがロモグラフィーのDaguerreotype Achromat Lensで撮影した作品をお楽しみください!

    2016-10-08
  • 2016年9月のトレンドアルバム

    2016-09-30 #ニュース Lomography の記事
    2016年9月のトレンドアルバム

    イベントや撮影場所でアルバムを管理する人は多いですが、なかにはフィルムや撮影方法で分類したがる人や、ベストショットだけを集めたアルバムを作る人もいます。 今回は2016年9月の投稿のなかでベストに選ばれたアルバムたちから、写真を通して自分の想いを表現するヒントをもらいましょう!

    2016-09-30
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    2017-05-30 choko3 の記事
    ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    カラフルでキュート、そしてファッショナブルなイラストを描く Foxco212 さん。今回はなんと Lomo’Instant Automat Bora Bora や、撮影した写真にも素敵なイラストを描いてくれました!イラストを描くようになったきっかけから、今ではもう相棒のようになったと語る Lomo’Instant Automatの感想まで、様々なことをお聞きしました。なんと最後には読者プレゼントも!

  • イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    2017-07-29 #people refallinsasaki の記事
    イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    8/5 (土)、8/6 (日) の真夏のデザインフェスタに出展予定のイラストレーター Banbu さん。今回はなんとロモグラフィーの Lomo'Instant Automat や撮影した写真にステキなイラストを描いていただきました!インタビューではイラストを描き始めたきっかけや、初めてのフィルムカメラ Simple Use Film Camera との出会いまで、さまざまなことを聞いてみました。豪華な読者プレゼントもあるので最後までお見逃しなく!

    2017-07-29
  • Enzo Iriarte:『ロスト・キッズ』

    2017-02-07 #people Ivana Džamić の記事
    Enzo Iriarte:『ロスト・キッズ』

    前回のインタビューではカリフォルニアで撮影した風景を紹介してくれた、Enzo Iriarte。今回はまったく新しいプロジェクトのための作品を届けてくれました!どうぞお楽しみください。

    2017-02-07
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • ロモグラフィックな色を見つけよう:赤

    2017-07-13 #culture lomographymagazine の記事
    ロモグラフィックな色を見つけよう:赤

    街で偶然見つけた赤だったり、もしくは自分で赤く染めてみたり。注目を集める赤を上手く使って、印象的な写真を撮影してみましょう。

    2017-07-13
  • ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:地上の楽園を見つけよう

    2017-04-02 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:地上の楽園を見つけよう

    機能満載のLomo'Instant Automat Glassなら可能性は無限大!あなただけのユニークな美しさを求めて、天地もひっくり返してインスタント写真の新しい時代へ冒険に出かけよう!

  • [LomoAmigo]Lomo'Instant Wide × moron_non

    2016-11-14 ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo]Lomo'Instant Wide × moron_non

    ストーリーを感じさせるシンプルで美しい写真で、インスタグラムを中心に人気を集めるmoron_nonさん。前回はSuperSamplerを利用した作品を披露していただきましたが、今回はLomo'Instant Wideを使って普段のフィルム写真とは少し違う雰囲気のある写真を撮影していただきました!ヨーロッパで撮影された美しい景色たちをお楽しみください。

    2016-11-14
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Sarah Longworth:Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの第一印象

    2017-04-10 lomographysoholondon の記事
    Sarah Longworth:Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの第一印象

    イギリスを拠点に活動するSarah Longworth。マンチェスターでのウェディング撮影にロモグラフィーのDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensを使った感想を聞いてみました。美しい花嫁たちの写真とインタビューをお楽しみください。

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

    2017-04-27
  • 完売御礼!大好評の福袋が数量限定で復活!

    2017-01-06 refallinsasaki の記事
    完売御礼!大好評の福袋が数量限定で復活!

    例年同様、あっという間にに売り切れてしまったロモグラフィーの福袋。もっとたくさんの皆さまに届けたいという気持ちから、追加でご用意しました! お得な福袋で 2017年のアナログライフをスタートさせましょう!数量限定のためお急ぎください!

    2017-01-06