生き生きとした色で色づいたFisheye Baby 110写真!

私たちは今までFisheye Baby 110カメラの170度の視界をほぼ白黒フィルムだけで楽しんできました。これからは新しいフィルム、Color Tiger 110 で明るい影とトーンの世界でもこのカメラを存分にお楽しみ頂けます!

新フィルム Tiger と共にカラフルライフをエンジョイ!

Lomography Color Tiger 110はロモグラフィー初の110カラーネガフィルム!シャープでカラフルな生き生きとした色をどんな110カメラにもご使用頂くことができます。フィルムの感度はISO200。晴れだけでなく光が少ない場所でも活躍の幅が広く、フラッシュを使用すれば夜間の撮影もバッチリです。売り切れてしまう前にぜひ先行販売中のオンラインショップへ!

2012-07-05 #ライフスタイル #tiger #baby #color-negatives #film #110 #baby-110-selected #color-tiger #analogue-photography #fisheye webo29 の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #ライフスタイル #ロケーション lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LC-A 120でスクエアスナップを撮影しよう!

    2015-05-13 #gear #ニュース pripri2000 の記事
    LC-A 120でスクエアスナップを撮影しよう!

    いつでも、どこでもあなたの世界を切り取って色鮮やかなワイドアングル写真に残そう!LC-A 120は豊富なISO設定、多重露光用MXスイッチなど、実験的な写真を楽しめる機能を搭載し、あなたのアドベンチャーをサポートします。LC-Aのように手軽に素早く簡単に撮影が出来て、中判カメラながらコンパクトサイズで毎日持ち歩きたくなるカメラです。120フィルムを使ったことがないから不安?心配はいりません!120フィルムは種類も豊富で、何より35mmフィルムより高解像度なのでより美しく仕上がります!百問は一見にしかず。LC-A 120のちょっとしたギャラリーをご用意したのでご覧下さい。

  • Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Disclosure @ マディソンスクエアガーデン

    2015-11-14 #people #Lomoamigos Lomography の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Disclosure @ マディソンスクエアガーデン

    DisclosureはHoward LawrenceとGuy Lawrenceの兄弟ユニット。音楽一家に生まれ、ガレージでエレクトロミュージックを演奏しながら育ってきた彼らの夢は、あの有名なニューヨークのマディソンスクエアガーデンでプレイすること!そしてその夢はついに先月実現したのです。この記事ではPetzval 58 Bokeh Control Art Lensで捉えたDisclosure初のマディソンスクエアガーデンでのライブの様子をお届けします。

  • LomoChrome Turquoise フィルムに写すアメリカ南西部の景色

    2015-06-10 #gear #レビュー austex の記事
    LomoChrome Turquoise フィルムに写すアメリカ南西部の景色

    もうすでに考えられるアングルでは撮り尽くされた景色に、新しい風を起こすにはどうすれぼ良いのだろうか?答えはもちろん、新しいフィルムを使うことだ!このことを念頭に置いて、Nikon 35TiにLomoChrome Turquoise XRフィルムを入れてユタ州南部とアリゾナ州北部へのよくある旅に出かけたんだ。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Snap! 鈴木文彦

    2015-11-09 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Snap! 鈴木文彦

    フィルムカメラに情熱を注ぐ鈴木文彦さん。Snap! magazine編集長としてアナログカメラ業界で長年活動してきました。最近では「レンズの時間」、「フィルムカメラの撮り方BOOK」など、カメラ関連のムック本に携わり、様々なカメラ情報誌で執筆活動を続けています。そんな鈴木編集長にPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使っていただき、最近のフィルム事情、そしてこのレンズを使った感想を伺いました!

  • ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    2015-09-30 #gear #ライフスタイル tomas_bates の記事
    ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    ライトペインティングは実験的な体験ができるとってもクールなテクニック。実はとっても簡単で、撮影もとっても楽しいものです。必要なのは、暗い場所、撮影に協力してくれる友人、長時間露光ができるカメラ、そしてライトペインティングツールの4つだけ。この記事では、ロモグラフィーのコミュニティーにアップロードされた素敵なライトペインティング写真50枚をご紹介します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 #world #ライフスタイル Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。

  • Lomo LC-A Minitar-1 Art Lensのファーストインプレッション: Andrea Cislaghi

    2015-05-13 #gear #ニュース Julien Matabuena の記事
    Lomo LC-A Minitar-1 Art Lensのファーストインプレッション: Andrea Cislaghi

    ロモグラファーならもうすでにご存知のことかと思いますが、Lomography Art Lensシリーズ第四弾のLomo LC-A Minitar-1 Art Lensが発表されました。伝説的なLC-Aカメラに搭載されているMInitar-1レンズをMマウントレンズとして生まれ変わらせ、クラシックなロモグラフィースタイルを他のカメラ、更にはデジタルの世界でもお楽しみいただけるようになりました。そこで、ロモグラフィーのスタッフが一足お先にこのレンズを試した最初の感想をシェアしたいと思います。 最初のスタッフはグラフィックデザイナーのAndrea Cislaghi。Bessa R2とSony α7でMinitar-1レンズを試しました!