生き生きとした色で色づいたFisheye Baby 110写真!

私たちは今までFisheye Baby 110カメラの170度の視界をほぼ白黒フィルムだけで楽しんできました。これからは新しいフィルム、Color Tiger 110 で明るい影とトーンの世界でもこのカメラを存分にお楽しみ頂けます!

新フィルム Tiger と共にカラフルライフをエンジョイ!

Lomography Color Tiger 110はロモグラフィー初の110カラーネガフィルム!シャープでカラフルな生き生きとした色をどんな110カメラにもご使用頂くことができます。フィルムの感度はISO200。晴れだけでなく光が少ない場所でも活躍の幅が広く、フラッシュを使用すれば夜間の撮影もバッチリです。売り切れてしまう前にぜひ先行販売中のオンラインショップへ!

2012-07-05 #film #tiger #fisheye #110 #lifestyle #baby #color-negatives #baby-110-selected #color-tiger #analogue-photography webo29 の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #places lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Disclosure @ マディソンスクエアガーデン

    2015-11-14 #people Lomography の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Disclosure @ マディソンスクエアガーデン

    DisclosureはHoward LawrenceとGuy Lawrenceの兄弟ユニット。音楽一家に生まれ、ガレージでエレクトロミュージックを演奏しながら育ってきた彼らの夢は、あの有名なニューヨークのマディソンスクエアガーデンでプレイすること!そしてその夢はついに先月実現したのです。この記事ではPetzval 58 Bokeh Control Art Lensで捉えたDisclosure初のマディソンスクエアガーデンでのライブの様子をお届けします。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 親子向けサマーワークワークショップ「写真教室」@3331こども芸術学校※受付終了※

    2016-07-14 ciaoannacotta の記事
    親子向けサマーワークワークショップ「写真教室」@3331こども芸術学校※受付終了※

    昨年大好評頂きましたアーツ千代田3331主催「3331 こども芸術学校」で開かれた親子向けサマーワークショップ。今年もロモグラフィーは「写真教室」を開くことが決定いたしました。フィルム写真の楽しさをお子様と一緒に体験して頂けますので、夏の思い出作りにぜひいらしてください♪※各教室、定員に達しましたので申し込みを締め切らせて頂きます。ありがとうございます!※

  • 生誕30年記念を迎えた「写ルンです」で多重露光にトライしてみた

    2016-07-16 #gear hodachrome の記事
    生誕30年記念を迎えた「写ルンです」で多重露光にトライしてみた

    今月は富士フィルムの使い切りカメラ「写ルンです」がこの世に生まれて30周年となります。この長年愛されてきた名機の生誕を祝い、いろんなイベントが予定されていますが、今回私はhodachromeらしく多重露光にフィーチャーした写ルンですワールドを紹介したいと思います。この魅力的な使い切りカメラを使った多重露光についての説明を画像とともにごらんください♪

  • ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    2015-09-30 #gear tomas_bates の記事
    ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    ライトペインティングは実験的な体験ができるとってもクールなテクニック。実はとっても簡単で、撮影もとっても楽しいものです。必要なのは、暗い場所、撮影に協力してくれる友人、長時間露光ができるカメラ、そしてライトペインティングツールの4つだけ。この記事では、ロモグラフィーのコミュニティーにアップロードされた素敵なライトペインティング写真50枚をご紹介します!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Snap! 鈴木文彦

    2015-11-09 #people ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Snap! 鈴木文彦

    フィルムカメラに情熱を注ぐ鈴木文彦さん。Snap! magazine編集長としてアナログカメラ業界で長年活動してきました。最近では「レンズの時間」、「フィルムカメラの撮り方BOOK」など、カメラ関連のムック本に携わり、様々なカメラ情報誌で執筆活動を続けています。そんな鈴木編集長にPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使っていただき、最近のフィルム事情、そしてこのレンズを使った感想を伺いました!

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 壱岐紀仁

    2016-05-16 #ニュース #people #ビデオ ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 壱岐紀仁

    初監督作品「ねぼけ」がモントリオール世界映画祭に正式出品されるなど、精力的に活動中の映画監督・フォトグラファーの壱岐紀仁さん。「ねぼけ」はなんとMotionGalleryで制作・宣伝費の一部資金の支援を募り、プロジェクトが成功したことによって撮影された作品です。今回はDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの"いろけ"に心動かさた壱岐監督から、落語家の洗練された所作をシンプルにしかし大胆に写し撮ったショートムービーが届きました。

  • Festive Freebie Frenzy: カメラを購入するとおまけがついてくる!

    2015-11-18 #ニュース #gear shhquiet の記事
    Festive Freebie Frenzy: カメラを購入するとおまけがついてくる!

    クリスマスシーズンが近づいてきました!今年のプレゼントを検討中の皆さまに朗報です。今ならカメラをご購入でおまけがひとつ付いてきます!一緒にもらうとうれしいおまけになっているので、予算は同じでもプレゼントのレベルがUPしますよ!

  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!