『いのちの食べかた』監督最新作 ドキュメンタリー映画「眠れぬ夜の仕事図鑑」

夜の仕事というとあなたは何を思い浮かべるでしょうか?私たちの日常では光々と照らされる都会の街並みや、飲食店等がイメージされがちですが、世の中には実にたくさんの夜のお仕事があります。国境警備や病院、議会やテレビ局、空港...通常では覗くことができない世界を描いた『いのちの食べかた』監督最新作ドキュメンタリー映画『眠れぬ夜の仕事図鑑』をご紹介します。

©2011 Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion GmbH

2007年に公開されたドキュメンタリー『いのちの食べかた』を制作したオーストリア人監督ゲイハルター氏の最新作は夜に働く人々を描いた『眠れぬ夜の仕事図鑑』!前作同様にナレーションや音楽はなく、シンプルに淡々と働く人々の様子を映し出し、それぞれの仕事に潜む裏側に現代社会を考えさせられる作品です。本作の7月28日(土)の公開に先駆け、ロモグラフィーサイトでは「夜」をテーマにした写真コンペやワークショップ、テクニックなどをご紹介する予定です。あなたもぜひご参加ください!

コンペティション応募ページへ
ワークショップ詳細ページへ

©2011 Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion GmbH

【眠れぬ夜の仕事図鑑イントロダクション】
日が沈み、夜が始まると、そこには昼間と同様に働く人々が現れる不眠症時代に贈る、あなたの知らない夜のお仕事ドキュメンタリー。2007 年に公開された傑作ドキュメンタリー『いのちの食べかた』。食糧が生産される過程をナレーション・音楽を排して映し出し、そのセンセーショナルな映像は瞬く間に話題となり、9 か月にもおよぶロングランヒットを記録した。ゲイハルター監督が次に注目したのは「夜に活動する人々」。ヨーロッパ10カ国を旅し14 か月にわたって撮り貯めた170 時間に及ぶ映像から鋭い視点で切り取られた「夜の風景」。暗闇に包まれるはずの夜、しかし、都市生活者たちの夜には、煌々と灯りがともり、働く人と共に、そこで遊ぶ人、介護される人、死ぬ人、SEXをする人、犯罪者などが現れる。知っているようであまり目にすることのない現代社会の裏側が、闇を照らす灯りの中にくっきりと浮かび上がる。そんな現代社会の「便利・安心・快楽」はどのように支えられているのだろう。一見すると楽園のような私たちの生活に潜む真実をあなたは目撃する!

公式サイト nemurenuyoru.com

©2011 Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion GmbH

【ニコラウス・ゲイハルター監督 プロフィール】
1972 年オーストリア・ウィーン生まれ。1994 年に自身の制作会社「ニコラウス・ゲイハルター・フィルム・プロダクション」を設立。編集のウォルフガング・ヴィダーホーファーらとともに、作家性の強いTVや映画のドキュメンタリーを中心に製作。国際的な映画祭などでの受賞歴も多く、日本でも2007 年に公開された『いのちの食べかた』でドキュメンタリー監督としての確固たる地位を得た。2012 年3 月にはチェルノブイリ原発事故で被害を受けた小さな村の12 年後を追った『プリピャチ』(99)が日本公開され話題となった。

【スタッフ】
監督・撮影:ニコラウス・ゲイハルター
編集:ウォルフガング・ヴィダーホーファー
脚本:ウォルフガング・ヴィダーホーファー、ニコラウス・ゲイハルター、マリア・アラモフスキー

【受賞・出品歴】
2011 年スプリット映画祭 スペシャルメンション授与
2011 年プラネット・ドキュメンタリー映画祭 ミレニアム賞受賞
2011 年ディアゴナーレ・オーストリア映画祭 最優秀編集賞受賞
2011 年カナダ国際ドキュメンタリー映像祭(HotDocs)正式出品
2012 年アメリカTrue/False 映画祭正式出品
2012 年ザグレブ国際ドキュメンタリー映画祭正式出品
etc

2011 年/オーストリア/94 分/HDCAM/1:1.78/原題:Abendland(西洋、日の沈む土地)
提供:新日本映画社 配給・宣伝:エスパース・サロウ
後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム
配給・宣伝:エスパース・サロウ

7月28日(土)よりシアター・イメージフォーラム他
全国順次ロードショー

公式HP nemurenuyoru.com

2012-07-20 #ライフスタイル kyonn の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 映画のワンシーンのような写真を撮る5つの方法

    2015-06-08 #world #ライフスタイル K. Aquino の記事
    映画のワンシーンのような写真を撮る5つの方法

    世界中から錚々たる個性派監督や巨匠達が顔を揃えた2015年カンヌ映画祭は、とても刺激的なものとなりました。映画監督達の迸る才気に掛かれば、動かぬはずの静止画も、物語に牽引されて動き出すかのようです。さぁ、ライトとカメラの準備は良いですか?では、アクション!

  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • ロンドンに入りては

    2015-06-11 #world #ロケーション jporacion の記事
    ロンドンに入りては

    見知らぬ事物との出会いが、旅を忘れられない体験にする。旅先では、土地の雰囲気、人や文化も、勝手知ったる故郷の慣わしとは、また違うもの。フィリピンからやって来た私にとって、イギリスは未知で満ちていた。その中でも際立っていたのが、ロンドンの町だ。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Petzval Music Video:西垣薫撮影『Rainy Sunday - 宮田涼介』

    2015-04-03 #people #ニュース #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval Music Video:西垣薫撮影『Rainy Sunday - 宮田涼介』

    温かそうな日光が降り注ぐ日本のどこかの地方都市の景色。そこで日常的に見られる優しい瞬間を、クローズアップやPetzvalのボケを使って写し出したミュージックビデオがあります。それは東京で活躍する音楽家、宮田涼介さんの「Rainy Sunday」という曲のビデオ。 映像作家の西垣薫さんが全編Petzvalレンズで撮影しました。

    2
  • 世界中の活気あるアート地区10か所

    2015-09-08 #world #ライフスタイル #ロケーション lomographymagazine の記事
    世界中の活気あるアート地区10か所

    発想豊かなアーティストたちが再構築したストリートは、まるで屋外ギャラリーのよう。ポスターやグラフィティーで彩られた壁やコンセプトショップが連ねる世界のアートな場所10か所を、アナログ写真とともにご紹介します。

  • 都会 VS 大自然: 似て非なるもの?

    2015-09-03 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    都会 VS 大自然: 似て非なるもの?

    ジャングル、ホーム、天国.... これらの言葉は都会、大自然のどちらでも使える表現ですね。都会は大自然の花々や動物の鮮やかな色を真似し、人々は自然の中にある様々な形を自分たちの身辺に形作り暮らしています。反対の言葉でも、そういった共通点が見られる都会と自然。他にも偶然生まれた面白い共通点がたくさんあります。この記事では、この2つの言葉に共通して存在するものを並べてみました。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Petzval Artist: Mance Thompson

    2015-02-20 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval Artist: Mance Thompson

    ずらりと並べられたPetzvalのボケに包まれた幻想的な東京の夜。 東京の伝統的な炉辺から人々が行きかう忙しい街中まで、Mance ThompsonはPetzvalレンズとその特殊な星形の口径プレートを使って見事にこの街の日常に魔法をかけてくれました。

  • LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    2015-06-04 #people #ライフスタイル #Lomoamigos Jill Tan Radovan の記事
    LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    ロモグラファーLomoKevとして知られるKevin Meredithは、イングランドのブライトンを拠点に活動する写真家です。彼はLomo LC-Aを愛用しており、写真を撮るときのロモグラフィックなスタイルで有名になりました。個人的なフォトプロジェクト、仕事でのプロジェクトに没頭しながら、写真のワークショップの運営や写真関連の本の出版を行い、様々な展示会にも参加しています。彼の写真に対する情熱の高さから、彼がNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensのプロトタイプでテスト撮影を行う写真家に選ばれたのも納得です!

  • Ines Rehberger、New Petzval Art Lensで撮る

    2015-05-19 #people #Lomoamigos zonderbar の記事
    Ines Rehberger、New Petzval Art Lensで撮る

    フォトグラファーとして専門的な訓練を受けたにも関わらず、Inesさんはその仕事を辞めてしまった。写真は単純に趣味として続けるとのこと。それでも彼女が時折創りだしてくれるポートレイトには、かつてからの美しい豊かな表現力が健在している。最近は彼女の故郷、Brunswick(ブラウンシュバイク)で撮影を行い、あのユニークな渦を生み出すボケ効果を通して、この町を紛れもない夢の世界へと変貌させた。その時彼女が使ったアイテムは?もちろん、New Petzval Art Lensです!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • スペシャルインタビュー:東京朝市アースデイマーケット 事務局 田中利昌

    2015-03-19 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    スペシャルインタビュー:東京朝市アースデイマーケット 事務局 田中利昌

    代々木公園けやき並木で月一回、週末の朝に開催している東京朝市アースデイマーケット。東京の都心開催ながら本格的なファーマーズマーケットは、食と農のつながりを軸としたライフスタイル発信の場となっています。Lomography+のある3331で偶然知り合ったことがきっかけとなり、アースデイマーケットとロモグラフィー、双方がオルタナティブなライフスタイルを提供していることに共感し、事務局の田中 利昌さんにカメラをお貸出しすることになりました。マーケットの皆様のほっこりする笑顔と、なんだか温かみを感じる野菜や出品物の数々....LC-Wideで撮影された写真を、インタビューと共にお楽しみください!

  • Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    2015-11-13 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    韓国出身のフォトグラファーSASU TEIさん。日本と韓国でファッションやコマーシャルフォトの分野で活躍されています。彼がPetzval 85 Art Lensで写し出した写真は、幻想的で独特な世界観を放っています。日本で撮影されているのにも関わらず、なんだか日本ではない別世界のように感じる写真たち。日本人が今まで着目してこなかった日本の良さを、SASU TEIさんの作品から教えられたような気がします。

  • デジタルの束縛から抜け出すための僕の秘密:Lomo LC-Wide

    2015-02-25 #gear #ライフスタイル nickpage の記事
    デジタルの束縛から抜け出すための僕の秘密:Lomo LC-Wide

    僕はニック・ペイジ。イギリスを拠点にグラフィックデザイナーをやっている。広告業界で20年間働いていたんだけど、5年前にフィルム写真に戻ったんだ。そして気づいたよ。アナログ生活こそが、仕事で毎日処理している「ピクセル単位で完璧な」画像から解放されるのに必要なものだったってね。