『いのちの食べかた』監督最新作 ドキュメンタリー映画「眠れぬ夜の仕事図鑑」

夜の仕事というとあなたは何を思い浮かべるでしょうか?私たちの日常では光々と照らされる都会の街並みや、飲食店等がイメージされがちですが、世の中には実にたくさんの夜のお仕事があります。国境警備や病院、議会やテレビ局、空港…通常では覗くことができない世界を描いた『いのちの食べかた』監督最新作ドキュメンタリー映画『眠れぬ夜の仕事図鑑』をご紹介します。

©2011 Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion GmbH

2007年に公開されたドキュメンタリー『いのちの食べかた』を制作したオーストリア人監督ゲイハルター氏の最新作は夜に働く人々を描いた『眠れぬ夜の仕事図鑑』!前作同様にナレーションや音楽はなく、シンプルに淡々と働く人々の様子を映し出し、それぞれの仕事に潜む裏側に現代社会を考えさせられる作品です。本作の7月28日(土)の公開に先駆け、ロモグラフィーサイトでは「夜」をテーマにした写真コンペやワークショップ、テクニックなどをご紹介する予定です。あなたもぜひご参加ください!

コンペティション応募ページへ
ワークショップ詳細ページへ

©2011 Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion GmbH

【眠れぬ夜の仕事図鑑イントロダクション】
日が沈み、夜が始まると、そこには昼間と同様に働く人々が現れる不眠症時代に贈る、あなたの知らない夜のお仕事ドキュメンタリー。2007 年に公開された傑作ドキュメンタリー『いのちの食べかた』。食糧が生産される過程をナレーション・音楽を排して映し出し、そのセンセーショナルな映像は瞬く間に話題となり、9 か月にもおよぶロングランヒットを記録した。ゲイハルター監督が次に注目したのは「夜に活動する人々」。ヨーロッパ10カ国を旅し14 か月にわたって撮り貯めた170 時間に及ぶ映像から鋭い視点で切り取られた「夜の風景」。暗闇に包まれるはずの夜、しかし、都市生活者たちの夜には、煌々と灯りがともり、働く人と共に、そこで遊ぶ人、介護される人、死ぬ人、SEXをする人、犯罪者などが現れる。知っているようであまり目にすることのない現代社会の裏側が、闇を照らす灯りの中にくっきりと浮かび上がる。そんな現代社会の「便利・安心・快楽」はどのように支えられているのだろう。一見すると楽園のような私たちの生活に潜む真実をあなたは目撃する!

公式サイト nemurenuyoru.com

©2011 Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion GmbH

【ニコラウス・ゲイハルター監督 プロフィール】
1972 年オーストリア・ウィーン生まれ。1994 年に自身の制作会社「ニコラウス・ゲイハルター・フィルム・プロダクション」を設立。編集のウォルフガング・ヴィダーホーファーらとともに、作家性の強いTVや映画のドキュメンタリーを中心に製作。国際的な映画祭などでの受賞歴も多く、日本でも2007 年に公開された『いのちの食べかた』でドキュメンタリー監督としての確固たる地位を得た。2012 年3 月にはチェルノブイリ原発事故で被害を受けた小さな村の12 年後を追った『プリピャチ』(99)が日本公開され話題となった。

【スタッフ】
監督・撮影:ニコラウス・ゲイハルター
編集:ウォルフガング・ヴィダーホーファー
脚本:ウォルフガング・ヴィダーホーファー、ニコラウス・ゲイハルター、マリア・アラモフスキー

【受賞・出品歴】
2011 年スプリット映画祭 スペシャルメンション授与
2011 年プラネット・ドキュメンタリー映画祭 ミレニアム賞受賞
2011 年ディアゴナーレ・オーストリア映画祭 最優秀編集賞受賞
2011 年カナダ国際ドキュメンタリー映像祭(HotDocs)正式出品
2012 年アメリカTrue/False 映画祭正式出品
2012 年ザグレブ国際ドキュメンタリー映画祭正式出品
etc

2011 年/オーストリア/94 分/HDCAM/1:1.78/原題:Abendland(西洋、日の沈む土地)
提供:新日本映画社 配給・宣伝:エスパース・サロウ
後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム
配給・宣伝:エスパース・サロウ

7月28日(土)よりシアター・イメージフォーラム他
全国順次ロードショー

公式HP nemurenuyoru.com

2012-07-20 #lifestyle kyonn の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Tristan Aitchison × LC-Wide:North Coast 500を横断する旅の記録

    2017-05-06 #ニュース
    Tristan Aitchison × LC-Wide:North Coast 500を横断する旅の記録

    Tristan Aitchisonはイギリスを拠点とする映画監督、写真家です。今回、彼はスコットランド高地の最北を横断する500マイルの旅をLC-Wideで記録してくれました!この美しい場所で彼が出会った丘やビーチ、風景を写真を通じて一緒に発見しましょう!

  • 一夜限りの「トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー」開催します!

    2018-02-06 #ニュース refallinsasaki の記事
    一夜限りの「トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー」開催します!

    Lomography 25周年イベント『 トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー 』が 2/14(水) 一夜限りで復活。Lomography発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台に撮影したフィルムスワップ写真、それぞれの街で撮影した8mmの映像も上映します!今回はウィーンで開催されたワークショップの写真もたくさん展示予定。ぜひお仕事帰りに オーストリア文化フォーラム東京まで遊びに来てくださいね!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

  • 《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017-11-20 #culture #ニュース #places choko3 の記事
    《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017年11月に25周年を迎えるロモグラフィー(Lomography)。25周年を盛大にお祝いするべく、なんとロモグラフィー発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台にフィルムスワップワークショップを12/2(土)に開催!ウィーンで撮影されたフィルムの上に、東京で撮影されたショットが重なる奇跡のフィルム…!仕上がりはそれぞれの国で展示予定。この記念すべき年にふさわしいワークショップにあなたも参加してみませんか?

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Simple Use Film Camera × クリエイティブオフィス 301 代表 大谷省悟

    2017-05-19 trifivy の記事
    Simple Use Film Camera × クリエイティブオフィス 301 代表 大谷省悟

    企画とデザインを中心としたクリエイティブ・チーム 301を2014年に立ち上げ、その代表を務める大谷 省悟さん。アートから食事まで何でも仕事に繋げてしまうストイックでクリエイティブな大谷さんの生活を Simple Use Film Camera のレンズから覗いてみましょう!

  • 名作映画に登場する色 『シネマ・パレット』

    2017-08-18 #culture
    名作映画に登場する色 『シネマ・パレット』

    この『シネマ・パレット』を見れば、映画監督の素晴らしい色彩センスが一目瞭然。何度も観たあの映画の「色」に注目してみませんか?

  • [展示イベント] Gui Martinez x poweredby.tokyo • ショートフィルム上映会@Deus Ex Machina原宿

    2017-08-09 choko3 の記事
    [展示イベント] Gui Martinez x poweredby.tokyo • ショートフィルム上映会@Deus Ex Machina原宿

    ロモグラフィーでも何度か登場しているフォトグラファー Gui Martinezさん。今回彼が制作に関わったショートフィルムの完成を記念して、8月18日(金)の夜、Deus Ex Machina原宿にてレセプションパーティー・上映会が行われます。イベントではショートフィルム上映の他にも、撮影された作品が展示されます。レセプション後も9月15日(金)まで作品は飾られる予定なので、皆さんぜひ足を運んでみてください!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • Simple Use Film Camera × 僧侶 下山光順

    2017-05-22 trifivy の記事
    Simple Use Film Camera × 僧侶 下山光順

    青春時代をイギリスで過ごし、某クラブミュージックポータルサイト、パーティーの企画、映像撮影や編集など様々な仕事を経た後、静岡のお寺で静かな時を過ごす僧侶 下山光順さん。そんな彼が Simple Use Film Camera で切り取る世界とは?

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『シネマ』大賞発表

    2017-06-03 #ニュース #ビデオ
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『シネマ』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは唯一の動画部門である『シネマ』カテゴリーの入賞作品を発表致します!