『いのちの食べかた』監督最新作 ドキュメンタリー映画「眠れぬ夜の仕事図鑑」

2012-07-20

夜の仕事というとあなたは何を思い浮かべるでしょうか?私たちの日常では光々と照らされる都会の街並みや、飲食店等がイメージされがちですが、世の中には実にたくさんの夜のお仕事があります。国境警備や病院、議会やテレビ局、空港…通常では覗くことができない世界を描いた『いのちの食べかた』監督最新作ドキュメンタリー映画『眠れぬ夜の仕事図鑑』をご紹介します。

©2011 Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion GmbH

2007年に公開されたドキュメンタリー『いのちの食べかた』を制作したオーストリア人監督ゲイハルター氏の最新作は夜に働く人々を描いた『眠れぬ夜の仕事図鑑』!前作同様にナレーションや音楽はなく、シンプルに淡々と働く人々の様子を映し出し、それぞれの仕事に潜む裏側に現代社会を考えさせられる作品です。本作の7月28日(土)の公開に先駆け、ロモグラフィーサイトでは「夜」をテーマにした写真コンペやワークショップ、テクニックなどをご紹介する予定です。あなたもぜひご参加ください!

コンペティション応募ページへ
ワークショップ詳細ページへ

©2011 Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion GmbH

【眠れぬ夜の仕事図鑑イントロダクション】
日が沈み、夜が始まると、そこには昼間と同様に働く人々が現れる不眠症時代に贈る、あなたの知らない夜のお仕事ドキュメンタリー。2007 年に公開された傑作ドキュメンタリー『いのちの食べかた』。食糧が生産される過程をナレーション・音楽を排して映し出し、そのセンセーショナルな映像は瞬く間に話題となり、9 か月にもおよぶロングランヒットを記録した。ゲイハルター監督が次に注目したのは「夜に活動する人々」。ヨーロッパ10カ国を旅し14 か月にわたって撮り貯めた170 時間に及ぶ映像から鋭い視点で切り取られた「夜の風景」。暗闇に包まれるはずの夜、しかし、都市生活者たちの夜には、煌々と灯りがともり、働く人と共に、そこで遊ぶ人、介護される人、死ぬ人、SEXをする人、犯罪者などが現れる。知っているようであまり目にすることのない現代社会の裏側が、闇を照らす灯りの中にくっきりと浮かび上がる。そんな現代社会の「便利・安心・快楽」はどのように支えられているのだろう。一見すると楽園のような私たちの生活に潜む真実をあなたは目撃する!

公式サイト nemurenuyoru.com

©2011 Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion GmbH

【ニコラウス・ゲイハルター監督 プロフィール】
1972 年オーストリア・ウィーン生まれ。1994 年に自身の制作会社「ニコラウス・ゲイハルター・フィルム・プロダクション」を設立。編集のウォルフガング・ヴィダーホーファーらとともに、作家性の強いTVや映画のドキュメンタリーを中心に製作。国際的な映画祭などでの受賞歴も多く、日本でも2007 年に公開された『いのちの食べかた』でドキュメンタリー監督としての確固たる地位を得た。2012 年3 月にはチェルノブイリ原発事故で被害を受けた小さな村の12 年後を追った『プリピャチ』(99)が日本公開され話題となった。

【スタッフ】
監督・撮影:ニコラウス・ゲイハルター
編集:ウォルフガング・ヴィダーホーファー
脚本:ウォルフガング・ヴィダーホーファー、ニコラウス・ゲイハルター、マリア・アラモフスキー

【受賞・出品歴】
2011 年スプリット映画祭 スペシャルメンション授与
2011 年プラネット・ドキュメンタリー映画祭 ミレニアム賞受賞
2011 年ディアゴナーレ・オーストリア映画祭 最優秀編集賞受賞
2011 年カナダ国際ドキュメンタリー映像祭(HotDocs)正式出品
2012 年アメリカTrue/False 映画祭正式出品
2012 年ザグレブ国際ドキュメンタリー映画祭正式出品
etc

2011 年/オーストリア/94 分/HDCAM/1:1.78/原題:Abendland(西洋、日の沈む土地)
提供:新日本映画社 配給・宣伝:エスパース・サロウ
後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム
配給・宣伝:エスパース・サロウ

7月28日(土)よりシアター・イメージフォーラム他
全国順次ロードショー

公式HP nemurenuyoru.com

2012-07-20 #lifestyle kyonn の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • ドアベルと銃声:Russell Darlingのショット

    2017-03-06 #ニュース lomographysoholondon の記事
    ドアベルと銃声:Russell Darlingのショット

    Russell Darlingは最近「ドアベルと銃声(Doorbells and Gunshots)」という短編映画のなかのキャラクターを表現した作品を撮影しました。この映画は俳優のMichael Hanrattyが脚本・監督を務めたものです。Russelはこのシリーズの撮影にロモグラフィーのLC-A 120とLC-Wideを使ってくれました!

    2017-03-06
  • Tristan Aitchison × LC-Wide:North Coast 500を横断する旅の記録

    2017-05-06 #ニュース lomographysoholondon の記事
    Tristan Aitchison × LC-Wide:North Coast 500を横断する旅の記録

    Tristan Aitchisonはイギリスを拠点とする映画監督、写真家です。今回、彼はスコットランド高地の最北を横断する500マイルの旅をLC-Wideで記録してくれました!この美しい場所で彼が出会った丘やビーチ、風景を写真を通じて一緒に発見しましょう!

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『アドレナリン爆発』大賞発表

    2017-05-30 #ニュース Lomography の記事
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『アドレナリン爆発』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『アドレナリン爆発』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Getty Images × Lomography フォトコンテスト【Gritty Woman (グリティ・ウーマン) 】開催中

    2017-04-05 refallinsasaki の記事
    Getty Images × Lomography フォトコンテスト【Gritty Woman (グリティ・ウーマン) 】開催中

    Getty Images とロモグラフィーが合同の写真コンテストを開催いたします!テーマは『Gritty Woman (グリティ・ウーマン)』。ポートレートやドキュメンタリー作品、生き生きと暮らす女性が描かれた作品のご応募をお待ちしております!

  • Simple Use Film Camera × 僧侶 下山光順

    2017-05-22 trifivy の記事
    Simple Use Film Camera × 僧侶 下山光順

    青春時代をイギリスで過ごし、某クラブミュージックポータルサイト、パーティーの企画、映像撮影や編集など様々な仕事を経た後、静岡のお寺で静かな時を過ごす僧侶 下山光順さん。そんな彼が Simple Use Film Camera で切り取る世界とは?

  • 休暇を思い切り楽しむための5つの方法

    2016-12-13 #ニュース lomographymagazine の記事
    休暇を思い切り楽しむための5つの方法

    どこからともなく鈴の音が聴こえてきそうな、一年でもっとも楽しいシーズンがやって来ました!今日はみなさまに、忙しい仕事から解放されて休暇中を思いっきり楽しくクリエイティブに過ごすための5つの方法をご紹介します。ゆっくりお気に入りのコーヒーや紅茶でも飲みながら、ロモグラフィーからの愉快な提案をご覧ください!

    2016-12-13
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Simple Use Film Camera × クリエイティブオフィス 301 代表 大谷省悟

    2017-05-19 trifivy の記事
    Simple Use Film Camera × クリエイティブオフィス 301 代表 大谷省悟

    企画とデザインを中心としたクリエイティブ・チーム 301を2014年に立ち上げ、その代表を務める大谷 省悟さん。アートから食事まで何でも仕事に繋げてしまうストイックでクリエイティブな大谷さんの生活を Simple Use Film Camera のレンズから覗いてみましょう!

  • LomoChromeで夜景を写すには?

    2017-02-26 #gear Júlia Brümmer の記事
    LomoChromeで夜景を写すには?

    LomoChromeフィルムを使えばアナログカメラで美しいカラーシフトを楽しむことができちゃいます。ですが、様々な光環境で最適なカラーシフトを生むためにはどうすればよいのでしょうか?ここでは、LomoChrome Purple XR 100-400とLomoChrome Turquoise XR 100-400を夜間撮影で使う際のヒントをご紹介致します!!

    2017-02-26
  • イマをイマ、思いのままに写し出す - Lomo’Instant Automat

    2016-08-31 #gear #ニュース Lomography の記事
    イマをイマ、思いのままに写し出す - Lomo’Instant Automat

    とうとうミステリープロダクトのベールがはがされました。クラウドファンディングに舞い戻ってきたのは、コンパクト、丈夫そして自動。 Lomo’Instant Automatは目まぐるしい日常を支える心強い機能がいっぱいのインスタントカメラです。初心者の方にはもちろん、プロの方も驚きの仕上がりでストレスなく楽しめます!9月6日(火)よりはじまるMotionGalleryでのプロジェクトにて、最大35%割引で「いま」を「いま」創り出すインスタントカメラをGETしましょう!

    2016-08-31
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • 2017年3月のトレンドアルバム

    2017-03-31 #ニュース Lomography の記事
    2017年3月のトレンドアルバム

    アルバムのまとめ方は人それぞれ。撮影場所、フィルム、ベストショットなどなど色んな方法がありますが、2017年の3月に人気を集めたアルバムはどんなものだったのでしょう?ロモグラフィーのコミュニティーに投稿されたなかでベストに選ばれたアルバムたちからヒントをもらいましょう!

  • All is Fair in Love and Lomography:Diana F+ Family

    2017-02-07 Lomography の記事
    All is Fair in Love and Lomography:Diana F+ Family

    時代が変わっても変わらぬ美しさを誇るDiana!多様なデザイン、特徴、アクセサリーで、Diana F+シリーズのカメラは私たちを魅了し続けます。さぁ、あなたはどのDianaを選びますか?

    2017-02-07