『いのちの食べかた』監督最新作 ドキュメンタリー映画「眠れぬ夜の仕事図鑑」

2012-07-20

夜の仕事というとあなたは何を思い浮かべるでしょうか?私たちの日常では光々と照らされる都会の街並みや、飲食店等がイメージされがちですが、世の中には実にたくさんの夜のお仕事があります。国境警備や病院、議会やテレビ局、空港…通常では覗くことができない世界を描いた『いのちの食べかた』監督最新作ドキュメンタリー映画『眠れぬ夜の仕事図鑑』をご紹介します。

©2011 Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion GmbH

2007年に公開されたドキュメンタリー『いのちの食べかた』を制作したオーストリア人監督ゲイハルター氏の最新作は夜に働く人々を描いた『眠れぬ夜の仕事図鑑』!前作同様にナレーションや音楽はなく、シンプルに淡々と働く人々の様子を映し出し、それぞれの仕事に潜む裏側に現代社会を考えさせられる作品です。本作の7月28日(土)の公開に先駆け、ロモグラフィーサイトでは「夜」をテーマにした写真コンペやワークショップ、テクニックなどをご紹介する予定です。あなたもぜひご参加ください!

コンペティション応募ページへ
ワークショップ詳細ページへ

©2011 Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion GmbH

【眠れぬ夜の仕事図鑑イントロダクション】
日が沈み、夜が始まると、そこには昼間と同様に働く人々が現れる不眠症時代に贈る、あなたの知らない夜のお仕事ドキュメンタリー。2007 年に公開された傑作ドキュメンタリー『いのちの食べかた』。食糧が生産される過程をナレーション・音楽を排して映し出し、そのセンセーショナルな映像は瞬く間に話題となり、9 か月にもおよぶロングランヒットを記録した。ゲイハルター監督が次に注目したのは「夜に活動する人々」。ヨーロッパ10カ国を旅し14 か月にわたって撮り貯めた170 時間に及ぶ映像から鋭い視点で切り取られた「夜の風景」。暗闇に包まれるはずの夜、しかし、都市生活者たちの夜には、煌々と灯りがともり、働く人と共に、そこで遊ぶ人、介護される人、死ぬ人、SEXをする人、犯罪者などが現れる。知っているようであまり目にすることのない現代社会の裏側が、闇を照らす灯りの中にくっきりと浮かび上がる。そんな現代社会の「便利・安心・快楽」はどのように支えられているのだろう。一見すると楽園のような私たちの生活に潜む真実をあなたは目撃する!

公式サイト nemurenuyoru.com

©2011 Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion GmbH

【ニコラウス・ゲイハルター監督 プロフィール】
1972 年オーストリア・ウィーン生まれ。1994 年に自身の制作会社「ニコラウス・ゲイハルター・フィルム・プロダクション」を設立。編集のウォルフガング・ヴィダーホーファーらとともに、作家性の強いTVや映画のドキュメンタリーを中心に製作。国際的な映画祭などでの受賞歴も多く、日本でも2007 年に公開された『いのちの食べかた』でドキュメンタリー監督としての確固たる地位を得た。2012 年3 月にはチェルノブイリ原発事故で被害を受けた小さな村の12 年後を追った『プリピャチ』(99)が日本公開され話題となった。

【スタッフ】
監督・撮影:ニコラウス・ゲイハルター
編集:ウォルフガング・ヴィダーホーファー
脚本:ウォルフガング・ヴィダーホーファー、ニコラウス・ゲイハルター、マリア・アラモフスキー

【受賞・出品歴】
2011 年スプリット映画祭 スペシャルメンション授与
2011 年プラネット・ドキュメンタリー映画祭 ミレニアム賞受賞
2011 年ディアゴナーレ・オーストリア映画祭 最優秀編集賞受賞
2011 年カナダ国際ドキュメンタリー映像祭(HotDocs)正式出品
2012 年アメリカTrue/False 映画祭正式出品
2012 年ザグレブ国際ドキュメンタリー映画祭正式出品
etc

2011 年/オーストリア/94 分/HDCAM/1:1.78/原題:Abendland(西洋、日の沈む土地)
提供:新日本映画社 配給・宣伝:エスパース・サロウ
後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム
配給・宣伝:エスパース・サロウ

7月28日(土)よりシアター・イメージフォーラム他
全国順次ロードショー

公式HP nemurenuyoru.com

2012-07-20 #lifestyle kyonn の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 『浮草』(1959年)から学ぶ、"優れた撮影技法の使い方"

    2016-06-03 #culture #ビデオ lomographymagazine の記事
    『浮草』(1959年)から学ぶ、"優れた撮影技法の使い方"

    "優れた撮影技法の使い方"とは一体何でしょうか?日本を代表する映画監督・小津安二郎の『浮草』から抜粋されたシーンを見ながら、探っていきましょう。

    2016-06-03
  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 壱岐紀仁

    2016-05-16 #ニュース #people #ビデオ ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: 壱岐紀仁

    初監督作品「ねぼけ」がモントリオール世界映画祭に正式出品されるなど、精力的に活動中の映画監督・フォトグラファーの壱岐紀仁さん。「ねぼけ」はなんとMotionGalleryで制作・宣伝費の一部資金の支援を募り、プロジェクトが成功したことによって撮影された作品です。今回はDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの"いろけ"に心動かさた壱岐監督から、落語家の洗練された所作をシンプルにしかし大胆に写し撮ったショートムービーが届きました。

    2016-05-16
  • ドアベルと銃声:Russell Darlingのショット

    2017-03-06 #ニュース lomographysoholondon の記事
    ドアベルと銃声:Russell Darlingのショット

    Russell Darlingは最近「ドアベルと銃声(Doorbells and Gunshots)」という短編映画のなかのキャラクターを表現した作品を撮影しました。この映画は俳優のMichael Hanrattyが脚本・監督を務めたものです。Russelはこのシリーズの撮影にロモグラフィーのLC-A 120とLC-Wideを使ってくれました!

  • ショップニュース

    思い出をよりクリアに、大胆に切り取る Lomo'Instant Automat Glass Magellan

    思い出をよりクリアに、大胆に切り取る Lomo'Instant Automat Glass Magellan

    【4月中旬発送予定の特典付きプレオーダー受付開始】ロモグラフィー初 ワイドアングルガラスレンズ搭載のインスタントカメラ Lomo’Instant Automat Glass Magellan が新登場!今ならプレオーダー特典として追加のカラーフィルターとカメラストラップをプレゼント!

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    2016-05-05 #ニュース #ビデオ #gear #people Lomography の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensで撮影された“The Sea Within.”は、香港のビジュアルアーティストであるHeiwa Wongによって監督された音楽とイメージをミニマルアートとして巧みに扱いながら、強い感覚の経験を呼び起こす短編映画です。自然と身体のつながりについて触れ、見る者を冷静と情熱の間を行き交う旅へと誘う作品を彼女のインタビューと共にお楽しみください。

    2016-05-05
  • 映画『アメリ』に使われた映像トリックは…シンメトリー!

    2016-04-24 #ビデオ lomographymagazine の記事
    映画『アメリ』に使われた映像トリックは…シンメトリー!

    ”構図を決める”ということは、イメージをフレームの中に収める上で非常に重要なポイントになります。シンメトリーという古典的な構図のとり方で、主人公の心情を見事に現しているのがジャン=ピエール・ジュネ監督の『アメリ』です。

    2016-04-24
  • 映画『キャロル』の"視線"ショット

    2016-08-16 #culture #ビデオ lomographymagazine の記事
    映画『キャロル』の"視線"ショット

    許されぬ恋は熱く燃え上がるもの。映画『キャロル』で頻繁に使用されていた主人公のまなざしを思わす”視線”ショットの数々。2015年の代表的な愛の映画から抜粋された美しいシーンを観ながら、見つめること、を見つめてみましょう。

    2016-08-16
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    2016-07-31 #gear #people ihave2pillows の記事
    LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    LomoChrome Purple XR 100-400は伝説の赤外カラーフィルム、コダック・エアロクロームおよびエクタクローム プロフェッショナル インフラレッド (EIR)フィルムに対するロモグラフィーなりの答えです。それは先代と同様に高い技術力を要求してくるものでしたが、このフィルムで撮った作品は驚きに満ちています。それではいかにしてパープルを引き出すか。そのための簡単なガイド記事です。

    2016-07-31
  • 休暇を思い切り楽しむための5つの方法

    2016-12-13 #ニュース lomographymagazine の記事
    休暇を思い切り楽しむための5つの方法

    どこからともなく鈴の音が聴こえてきそうな、一年でもっとも楽しいシーズンがやって来ました!今日はみなさまに、忙しい仕事から解放されて休暇中を思いっきり楽しくクリエイティブに過ごすための5つの方法をご紹介します。ゆっくりお気に入りのコーヒーや紅茶でも飲みながら、ロモグラフィーからの愉快な提案をご覧ください!

  • 2016年 アナログ写真の日!Film Photography Day 2016

    2016-04-12 #ニュース shhquiet の記事
    2016年 アナログ写真の日!Film Photography Day 2016

    ロモグラフィーはFilm Photography Day(フィルム写真の日)という、『アナログ』なライフスタイルの面白さを再認識するための特別な日を毎年4月にお祝いしています。今年はどんなイベントが開催されるのでしょう?こちらの記事でチェックを。

    2016-04-12
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • SF映画風のアナログ写真

    2016-04-08 #gear lomographymagazine の記事
    SF映画風のアナログ写真

    アナログ写真というと、みなさんちょっと古めかしいものを想像するかもしれません。でも、この記事で紹介するロモグラファーのアナログ写真は、どちらかというと「革新的」だと思いますよ!

    2016-04-08 1
  • 19世紀の感動をあなたへ。元祖ダゲレオタイプを通して見る世界。

    2016-04-30 #ニュース #ビデオ #gear Lomography の記事
    19世紀の感動をあなたへ。元祖ダゲレオタイプを通して見る世界。

    元祖ダゲレオタイプを肌で感じることは、Daguerreotype Achromat Art Lensを開発するにあたり大変重要なことでした。ラボで開発しているだけでは分からない、19世紀当時の感覚を手に入れるべく、私たちはダゲールの家があるパリへと向かいました。

    2016-04-30
  • LomoChromeで夜景を写すには?

    2017-02-26 #gear Júlia Brümmer の記事
    LomoChromeで夜景を写すには?

    LomoChromeフィルムを使えばアナログカメラで美しいカラーシフトを楽しむことができちゃいます。ですが、様々な光環境で最適なカラーシフトを生むためにはどうすればよいのでしょうか?ここでは、LomoChrome Purple XR 100-400とLomoChrome Turquoise XR 100-400を夜間撮影で使う際のヒントをご紹介致します!!

    2017-02-26