自分だけのカラーフィルターを作ろう!

2012-07-18

驚くような赤、青、イエローの色を持った写真を撮ってみたくない?レンズの後ろと前にカラーフィルターを使えば簡単!

カラーフィルター作成に必要な物:

  • 小さなカッティングマシン or ハサミ
  • 透明のテープ or 接着剤
  • 赤、青、黄色のカラーセロハン (文具店で簡単に安く手に入るよ )
  • ボール紙
  • 固めの紙(黒)
  • 黒マーカー
  • コンパス

次のステップはカラーフィルターの作成して、カメラの前に固定!:

Step1 – ボール紙フレーム
カッティングマシンもしくはハサミを使って正方形のボール紙を作成します。サイズはレンズキャップの直径+1cmを一辺の長さにしてね。そのボール紙の内側1cmの部分でまた正方形に切り取って、ボール紙フレーム完成。次に、使いたいカラーセロハンを選んでフレームの上に置いて、フレームのまわりに沿ってマーカーでラインを引く。

Step2 – カラーセロハンを切る
マーカーで引いたラインに沿ってカラーセロハンをカットして、テープもしくは接着剤でフレームの裏側に貼り付け。こんな感じにいくつかの色で作成して、空のフイルムBoxに好きなものを入れてね。

Step3 - フレームをカメラの中に装着
カラーフィルター作成して、レンズの裏に取り付けるために、まずカメラのレンズを取り外します。私はDiana F+を持っているんだけど、レンズの取り外しはとても簡単!あなたもカメラのマニュアルを見ればレンズのはずし方が見つかると思うよ。

次はコンパスを使ってエッジとエッジの間のサークルサイズの計測(下の写真、カメラのレンズがついていた部分)。コンパスの中心をレンズ(中心のガラス部分のサークル)の少し上の部分で押さえれば、レンズを傷つける心配はないよ。コンパスでサークルのサイズを測ったあと、それを使って同じサイズのサークルを固めの黒い紙に描いて、その形に切り取ってみると、上のエッジとエッジの間にぴったりフィットするはず!これは重要な部分で、こうなっていることでフィルターがカメラの中で動いてしまうことを防いでくれます。コンパス、定規、メジャーなんかを使ってレンズがついていた部分中心の中のガラス円のサイズを計測。それで、さっき作った円のフレームの中に正方形もしくは円の形に切り抜き。(正方形にするほうが簡単だと思うよ!)小さな穴はレンズにぴったりなサイズになるはず。

Step4 – カラーセロハン
自分のフィルターに使いたい色を選んで、薄く細長い一片にセロハンを切り抜き。注意:セロハンはとても薄いものにしてね。レンズが写真の中でセロハンを大きくしてしまったりするから。それと、指紋も残さないように!写真がちょっとぼやけちゃうから。私は長めの細長い一片を使ったよ。そうすれば取りやすくなるしフレームに置いたときに角を切りやすくなるから。こんな感じにして、あなたならどんな色を使う?青に赤をまぜて紫、青に黄色をまぜて緑、赤に黄色をまぜてオレンジ?様々な色のストライプで実験してお気に入りを見つけてね!細長い一片の端をテープで黒い紙にとめるんだけど、小さく切ったテープを使ったほうがいいよ。接着剤の湿気がカメラを壊しちゃったりするからね。もしどうしても接着剤を使いたかったら、カメラに入れずに3日くらいは乾かしたほうがいいよ。私のフィルターはこんな感じ:

Step5 – カメラ
フィルターを取り付けたレンズをカメラに戻す。

Step6 – 試してみよう!
ここまでできたらあとは試してみるだけ!私の結果はこんな感じになったよ:

2012-07-18 #gear #tutorials #hand-craft #tipster #kleurenfilter-regenboog-folie-kleuren-filter-goedkoop-makkelijk-doe-het-zelf dainy の記事
翻訳 kinta

他の記事を読む

  • LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    2016-07-31 #gear #people ihave2pillows の記事
    LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    LomoChrome Purple XR 100-400は伝説の赤外カラーフィルム、コダック・エアロクロームおよびエクタクローム プロフェッショナル インフラレッド (EIR)フィルムに対するロモグラフィーなりの答えです。それは先代と同様に高い技術力を要求してくるものでしたが、このフィルムで撮った作品は驚きに満ちています。それではいかにしてパープルを引き出すか。そのための簡単なガイド記事です。

    2016-07-31
  • Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens:新加入 LumièreとAquarelleの絞りプレートがもつ表現の可能性

    2016-04-21 #ニュース #gear Lomography の記事
    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens:新加入 LumièreとAquarelleの絞りプレートがもつ表現の可能性

    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは絞りをかえるだけでソフトフォーカスとシャープな写りを楽しめるのみならず、新しく加わったプレートを使えば表現の可能性は宇宙よりも広大になります!

    2016-04-21
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

    2016-01-26
  • 【CP+ 2016】イベントレポート

    2016-03-05 #ニュース ciscoswank の記事
    【CP+ 2016】イベントレポート

    今年もカメラ・映像の大展示会CP+が終了しました! フィルムのラインナップに興奮するアナログ写真ファン、ユニークなレンズに驚く熟練フォトグラファー、ロモカメラを持って遊びに来てくれるロモグラファーの方々…。 連日たくさんの方々にご来場いただいたロモグラフィーブース。その様子をスタッフの撮影した写真と共に振り返ってみましょう!

    2016-03-05
  • Andrew YungがPetzval 85 Lensで日本の紅葉を撮影!

    2016-10-28 #people Lomography の記事
    Andrew YungがPetzval 85 Lensで日本の紅葉を撮影!

    香港の撮影クラブ・AllionZのメンバーであるAndrew Yungは友達と山歩きをするのが趣味で、バックパッカー をしながら53か国も訪れたそうです。日本を訪れた彼は、Petzval 85で燃えるように赤く染まった森の風景を写してくれました。

    2016-10-28
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    2016-04-22 #ニュース #gear shhquiet の記事
    Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    そよぐヤシの木、きらめく波、やすらぐフラの音色。南国ハワイのなごやかな雰囲気を身にまとった爽やかな一台が、大人気Lomo’Instantシリーズに新登場!GWのお出掛けや近所へピクニックに行かれる際、ぜひホノルルを連れて行ってください。そして撮った写真をその場でチェックしてみんなでシェアしましょう;)

    2016-04-22
  • Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    2016-06-19 #gear denisesanjose の記事
    Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    海の中、川の中、ザーザー降りの雨の中、さらには大雪の時。どんな環境下でも愛用している LC-A+やLC-Wideを連れて行きたい!と願うことはありませんか?そんな時は「Krab Underwater Housing」!赤いカニのように固くて丈夫な防水ケースを付ければ、水深20mでもあなたのフィルム撮影欲を満たしてくれます!そしていまならLC-A+もしくはLC-Wideを購入すると、もれなくこちらをプレゼントするキャンペーン実施中!

    2016-06-19
  • STAY FOCUSED: ミステリープロダクト!

    2016-04-04 #ニュース #gear Lomography の記事
    STAY FOCUSED: ミステリープロダクト!

    ええ、あなたの目はうそを言ってはいません...。私たちロモグラフィーは、新しい製品の発表に向けて最終準備をしているところです!これからいくつかヒントを出していくので、息をついて落ち着いて、物の見方を変えて、集中していてください。

    2016-04-04
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • ジャズの酔いしれるような音を映像でも表現:Petzval 58でムービー撮影!

    2016-05-01 #ニュース #ビデオ #gear lomographymagazine の記事
    ジャズの酔いしれるような音を映像でも表現:Petzval 58でムービー撮影!

    New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensを使って、NYで開催されたJazz Age Lawn Partyを動画で撮影しました。このレンズ越しに映る人々は、ジャズの音色と溶け合い、そして混ざり合っていくように見えます。映像クリエイターの方もぜひこのレンズで作品を撮ってください。

    2016-05-01
  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • ヘアサロンMaison Marianneオープン記念パーティーをLomo'Instant Wideで撮影!

    2016-05-26 #gear #people ciaoannacotta の記事
    ヘアサロンMaison Marianneオープン記念パーティーをLomo'Instant Wideで撮影!

    フランス人女性で初めて日本の美容師免許所得したMarianne。太陽のように明るくパワフルな彼女から生み出される髪型の虜になる人は後を絶ちません。言葉が分からない状態から果敢にチャレンジし続け、「日本に自分のサロン、Maison Marianneをオープンさせる」という夢が叶うその日までを伺いました。またその記念すべき日をクリエイティブな写真が簡単に撮れるLomo'Instant Wideで記録。インスタント写真のノスタルジックな雰囲気と彼女のいままでの軌跡が重なり、独特の優しい雰囲気が写し撮られました。

    2016-05-26