自分だけのカラーフィルターを作ろう!

驚くような赤、青、イエローの色を持った写真を撮ってみたくない?レンズの後ろと前にカラーフィルターを使えば簡単!

カラーフィルター作成に必要な物:

  • 小さなカッティングマシン or ハサミ
  • 透明のテープ or 接着剤
  • 赤、青、黄色のカラーセロハン (文具店で簡単に安く手に入るよ )
  • ボール紙
  • 固めの紙(黒)
  • 黒マーカー
  • コンパス

次のステップはカラーフィルターの作成して、カメラの前に固定!:

Step1 – ボール紙フレーム
カッティングマシンもしくはハサミを使って正方形のボール紙を作成します。サイズはレンズキャップの直径+1cmを一辺の長さにしてね。そのボール紙の内側1cmの部分でまた正方形に切り取って、ボール紙フレーム完成。次に、使いたいカラーセロハンを選んでフレームの上に置いて、フレームのまわりに沿ってマーカーでラインを引く。

Step2 – カラーセロハンを切る
マーカーで引いたラインに沿ってカラーセロハンをカットして、テープもしくは接着剤でフレームの裏側に貼り付け。こんな感じにいくつかの色で作成して、空のフイルムBoxに好きなものを入れてね。

Step3 - フレームをカメラの中に装着
カラーフィルター作成して、レンズの裏に取り付けるために、まずカメラのレンズを取り外します。私はDiana F+を持っているんだけど、レンズの取り外しはとても簡単!あなたもカメラのマニュアルを見ればレンズのはずし方が見つかると思うよ。

次はコンパスを使ってエッジとエッジの間のサークルサイズの計測(下の写真、カメラのレンズがついていた部分)。コンパスの中心をレンズ(中心のガラス部分のサークル)の少し上の部分で押さえれば、レンズを傷つける心配はないよ。コンパスでサークルのサイズを測ったあと、それを使って同じサイズのサークルを固めの黒い紙に描いて、その形に切り取ってみると、上のエッジとエッジの間にぴったりフィットするはず!これは重要な部分で、こうなっていることでフィルターがカメラの中で動いてしまうことを防いでくれます。コンパス、定規、メジャーなんかを使ってレンズがついていた部分中心の中のガラス円のサイズを計測。それで、さっき作った円のフレームの中に正方形もしくは円の形に切り抜き。(正方形にするほうが簡単だと思うよ!)小さな穴はレンズにぴったりなサイズになるはず。

Step4 – カラーセロハン
自分のフィルターに使いたい色を選んで、薄く細長い一片にセロハンを切り抜き。注意:セロハンはとても薄いものにしてね。レンズが写真の中でセロハンを大きくしてしまったりするから。それと、指紋も残さないように!写真がちょっとぼやけちゃうから。私は長めの細長い一片を使ったよ。そうすれば取りやすくなるしフレームに置いたときに角を切りやすくなるから。こんな感じにして、あなたならどんな色を使う?青に赤をまぜて紫、青に黄色をまぜて緑、赤に黄色をまぜてオレンジ?様々な色のストライプで実験してお気に入りを見つけてね!細長い一片の端をテープで黒い紙にとめるんだけど、小さく切ったテープを使ったほうがいいよ。接着剤の湿気がカメラを壊しちゃったりするからね。もしどうしても接着剤を使いたかったら、カメラに入れずに3日くらいは乾かしたほうがいいよ。私のフィルターはこんな感じ:

Step5 – カメラ
フィルターを取り付けたレンズをカメラに戻す。

Step6 – 試してみよう!
ここまでできたらあとは試してみるだけ!私の結果はこんな感じになったよ:

2012-07-18 #gear #tutorials #tipster #hand-craft #kleurenfilter-regenboog-folie-kleuren-filter-goedkoop-makkelijk-doe-het-zelf dainy の記事
翻訳 kinta

他の記事を読む

  • ロモグラフィックな色を見つけよう:赤

    2017-07-13 #culture
    ロモグラフィックな色を見つけよう:赤

    街で偶然見つけた赤だったり、もしくは自分で赤く染めてみたり。注目を集める赤を上手く使って、印象的な写真を撮影してみましょう。

  • LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    2017-11-03 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    ロサンゼルス在住のフォトグラファー Rimi Sakamoto さんが、 Petzval 85 Art Lensを持って早朝の東京散歩へ出かけました。ナチュラルなぐるぐるボケの質感と、午前中の澄み渡る空気感が伝わってくるようなポートレートをインタビューとともにお楽しみください。

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。

  • ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    2017-05-30 choko3 の記事
    ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    カラフルでキュート、そしてファッショナブルなイラストを描く Foxco212 さん。今回はなんと Lomo’Instant Automat Bora Bora や、撮影した写真にも素敵なイラストを描いてくれました!イラストを描くようになったきっかけから、今ではもう相棒のようになったと語る Lomo’Instant Automatの感想まで、様々なことをお聞きしました。なんと最後には読者プレゼントも!

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Neptune Convertible Art Lens:細部まで鮮明に写す「Thalassa(タラッサ): f/3.5 / 35mm」

    2017-05-21 #gear #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens:細部まで鮮明に写す「Thalassa(タラッサ): f/3.5 / 35mm」

    街のなかではいつだって面白い事件が起こっています。Neptune Convertible Art Lensにワイドアングルの35mmレンズを取り付けて、街中を冒険しましょう!ショットグラスサイズの50mmや80㎜もコンパクトに持ち運べるので、被写体に応じての取り換えも簡単です。

  • フィルム写真で描く秋の色

    2017-10-16 refallinsasaki の記事
    フィルム写真で描く秋の色

    夏が終わり、ぐっと寒くなりましたね。気づけば、周囲の色が夏とは違うと思いませんか?赤、オレンジ、黄色、黄金色…。秋が魅せる一瞬の色を写真におさめてみませんか?今日は ロモホーム から厳選した秋の景色をお届けします!

  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 17歳のキューブリックが撮影した写真

    2017-10-03
    17歳のキューブリックが撮影した写真

    スタンリー・キューブリックにだって、平凡な青年時代があったのです。当時の彼が見ていた景色を、17歳のキューブリックが撮影した写真とともに覗いてみましょう。

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • 虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    2017-05-08 #people Ciel Hernandez の記事
    虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    赤と緑、ピンクと青、白と黒でもない。現実にははっきりとした境界線などなく、グラデーションのようにすべては曖昧です。モントリオールを拠点に活動する写真家Laurence Philomeneの「ノンバイナリー」シリーズのポートレートは私たちに物事の新しい見方を与えてくれます。*《ノンバイナリージェンダー》は男性にも女性にも分類されない性別自認のこと。