La Sardina DIY:Oliverスタイルの秘密

OliverさんのLa Sardina DIYは手でうめつくされています。 その理由に興味がありますか?ではこのまま読み進めて、答えを見つけてください。

Oliverさん、こんにちは!

ご自分について簡単に教えてください。おいくつですか?ご出身は?背景は?

こんにちは、Oliverです。 ぼくはウィーンから来たグラフィックデザイナーだよ。年は28歳、もともとはウィーンの少し南にあるヴィーナーノイシュタットっていうところの出身だけど、3年前からウィーンに住んでる。友達2人と、小規模のグラフィックデザインのスタジオをやっている。 とっても小さいスタジオだけど、素敵なんだ。実は、始めたのは最近なんだよ。2011年の秋。ぼくは スタジオ では、エディトリアル・デザインや企業用のデザインなんかをたくさんやっているんだけど、それに加えてフリーランスの仕事もやってる。

ぼくのグラフィックデザインは、ほとんどが思いっきりタイポグラフィーを基にしたものなんだ。だから、イラストを描くときはもっと自由でカラフルな面を出していきたいっていう感じ。今のところ、イラストのほとんどは遊びでやってるだけで、無償の仕事ばかりだよ。

La Sardina DIY のデザインは何からインスピレーションを受けたのか教えていただけますか?

ぼくのデザインはちょっとした皮肉なコメントを表しているんだ。写真を撮られるときの、指で作るポーズに関してね。ほら、親指を立てたり、ピースしたり、中指を立てたりもするよね……でも、もちろんポジティブな意味なんだよ。だって……みんなポーズするのは好きだし……。

レンズのリングに絵を描かなかった理由は……最近忙しすぎたっていうだけださ;)

もしもう一つ La Sardina DIY Edition を持っていたら、違うデザインをしますか?どんな風にしますか?また、何を使いますか?

うーん、おそらく次のSardinaは、もう少し時間をかけられるといいんだけど、平面じゃなくて彫刻っぽいものにするかも……分からないけど……文字を使ったものもいいかも……うん、多分そうするよ……。

カメラのデザインで、何から始めたらいいか分からないっていう人たちにアドバイスはありますか?

難しいね;)いや、実際アドバイスなんてない……つまり、とにかくやってみることだね……。ああ、そうだ、それと、立体を考えること……手の中にあるのは、一つの商品のデザインであって……一枚の紙じゃないからね。

Oliver Hofmann

今年やる予定の、おもしろいプロジェクトはありますか?

ああ、そうだね。あるよ。ぼくたちの スタジオ に、おもしろい仕事がいくつか来てるね。特に夏のあいだかな……それからぼく自身も夏に、子ども用のイラスト入りブックの仕事を始める。ぼくはレイアウトとイラストをやるんだ……きっとすっごく楽しくなると思う。待ち切れないよ!

新しい La Sardina DIY Edition は、全部自分好みにできます!芸術的才能を活かして、お好きなように装飾してください。交換可能なパネルと、インク浸透素材があるので、想像力を La Sardina DIY にぶつけるのは、この上なく楽しいですよ!

2012-08-14 #lifestyle #diy # # #la-sardina #la-sardina-diy # # # webo29 の記事
翻訳 tea-tea

【25周年アニバーサリー限定エディション】Lomography生誕25周年記念として Lomo LC-Aシリーズのカメラが限定デザインで登場!ブラウンの本革に25周年アニバーサリーのロゴが入ったスペシャルなエディションです。オンラインショップまたは直営店Lomography+にて販売中。限定生産なのでお早めにどうぞ!

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Maxime Simoncelliが描く魔力を持った幻想的な森

    2017-03-24 #people Ciel Hernandez の記事
    Maxime Simoncelliが描く魔力を持った幻想的な森

    私たちはまだ見ぬ美しさを求めてどこまでも旅を続けています。未知なるもののためには海を越え山を越え国境さえも越えていきます。写真家のMaxime Simocelliにとって森は驚きと神秘を発見できる場所のようです。

    2017-03-24
  • 女性として、世界を旅することについて。

    2017-03-07 #places Kamila Stanley の記事
    女性として、世界を旅することについて。

    女性が一人旅に出る理由は、たくさんあります。自分がちっぽけな存在だと知るため、成長するため、言葉を学ぶため、失恋から立ち直るため、世界の不条理をこの目で見るため、そして自分の人生を少しだけ変えるため。一人旅をしているとよく言われる言葉がいくつかあります。

    2017-03-07
  • 《あと4日》ミステリープロダクト... ヒントその2

    2017-08-25 #ニュース Lomography の記事
    《あと4日》ミステリープロダクト... ヒントその2

    ついに、あと4日で新しいロモグラフィーのプロジェクトがスタートします!そして今日、第二弾のヒントを発表します。答えがわかったら、ぜひコメント欄に書いてみてくださいね。第二弾のヒントはこちら!

    2017-08-25
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    2017-03-23 #gear #culture #ニュース #people #places Katherine Phipps の記事
    ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    ロモグラフィーのコミュニティーに集まる皆さんにとってフィルムはまだまだ生き続けている文化ですが、アナログ文化の人気が高まるにつれてフィルムにも広く注目が集まるようになりました。最近では、なんとアメリカの人気報道番組『Today』で Al Roker がフィルムカメラの人気の秘密を探るためにロモグラフィーのニューヨーク支社を訪れました!

    2017-03-23
  • 果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    2017-03-14 #culture #people #places Katherine Phipps の記事
    果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    アーティストでありフォトグラファーのEva ZarはSNSに投稿された写真からは感じることのできない、親密で壊れやすい瞬間を探求します。彼女の風変わりで気まぐれなスタイルはヨーロッパとニューヨークいずれにおいても雑誌社やブランドからの注目を集めています。今回は彼女にLomoAmigoとしてLomo'Instant Wideによる作品をご紹介して頂きました!

    2017-03-14
  • 《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    2017-08-22 #ニュース ellakoppensteiner の記事
    《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    アナログを愛する皆さま、こんにちは!私たちロモグラフィーは現在、新しいプロダクトを開発中。まだ詳しくはお伝えできませんが、早く言いたくてウズウズしています。どんなプロダクトか気になりますよね?答えの発表まで、ちょっとだけヒントをお届けします!

    2017-08-22
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Google Mapで世界中どこでも現像所の場所がわかる!

    2017-04-20 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    Google Mapで世界中どこでも現像所の場所がわかる!

    ELUSIVEはこの地図を制作するために、世界中のフィルム現像所を集めました!世界中どこへ行ってもすぐに現像所を見つけることができます。掲載されていない現像所を見つけたら、ELUSIVEに伝えて地図をより充実させていきましょう!

    2017-04-20
  • ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:フラワーパワー!

    2017-03-18 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:フラワーパワー!

    細く伸びる茎から絹のように繊細な花びらに至るまで、美しい花々は昔からカメラマンの興味を惹きつけてやまない伝統的な被写体です。まだ幼い芽も咲き誇る大輪も、ワイドガラスレンズ搭載のLomo'Instant Automat Glassで鮮やかな一瞬を永遠に捉えましょう!

    2017-03-18
  • 【数量限定】Lomography Color Negative F²/400 が新登場!

    2017-02-23 #gear #ニュース Lomography の記事
    【数量限定】Lomography Color Negative F²/400 が新登場!

    F²/400フィルムは今までにないブルートーンの美しい鮮やかな発色を楽しめる個性的なカラーネガフィルムです。きめ細やかな粒子は、幅広い色合いを写し出し、現在市場で販売されているフィルムとは一味も二味も違います!X-Pro(リバーサルフィルム)を感じさせる、その特徴的な色はきっとアナログカメラ好きを魅了するでしょう。数量限定、なくなり次第販売終了なので入手はお早めに。

    2017-02-23
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:人にやさしく

    2017-04-09 #ニュース Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:人にやさしく

    少しの誉め言葉でも人は凄く嬉しくなるものです。言葉にするのが恥ずかしいシャイなあなたにはLomo'Instant Automat Glassが強い味方になってくれますよ!

    2017-04-09
  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials lomographymagazine の記事
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

    2017-08-27
  • ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    2017-05-26 #culture #people lomographysoholondon の記事
    ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    Seamus Traversはダブリンを拠点とする写真家で主にLeica m6を使ってフィルム作品を撮影しています。その生き生きとしたパワーを持つ写真スタイルに魅了された我々は、彼にRussar+を使って撮影していただきました!インタビューとともにお楽しみください。

    2017-05-26