A Dreamy Desire: パート1

4

泡のように不確かな何かが形になるまでの少しの間の楽しいシンキングタイムが始まりました!これから出されるヒントを元にあなたを待つ驚きへと導いて!

Credits: ijesterinsidetheeyesmadcookiefruchtzwerg_hhpoitrizzie-123 & wherearemysunglasses

このヒントから何か予想できますか?ぜひコメントであなたのアイデアをお残しください!誰が賛成して、誰が違うと思うのか楽しみですね。正解を見つけられても見つけられなくても、発表はもう来週です!

2012-08-17 #ニュース #mystery #product #analogue-photography #mystery-post #dreamy-desire webo29 の記事
翻訳 kyonn

4 Comment

  1. img
    img ·

    写真には様々なカメラで撮られた写真が写っています。

    一枚目は接写
    二枚目は4フレーム多眼
    三枚目は魚眼
    四枚目は多重露光
    五枚目はパノラマ、もしくはワイドフォーマット
    六枚目はおそらくスクエアフォーマット
    七枚目はカラーフラッシュ

    これらの写真はlomographyの様々なカメラの特徴ではありますが、これらの写真を一台のカメラで撮ることは、既存のアナログlomographyカメラでは不可能です。
    この事や、タイトルに『ミステリープロダクト』と記されていないことから、単一の新型カメラが発表されるという事は考えにくいと思うのです。

    一方で、発表のタイミングを一週間前から告知する方法は、新型カメラ発表の時と似た流れのような気がします。
    つまりこの発表はlomographyやロモグラファーにとってそれくらい重要な発表である事が予想できます。

    上の七枚のような写真が撮れて、lomographyにとって重要な発表で、新型アナログカメラの発表でもなく、この時代のこのタイミングの事を考えれば、答えは

    『lomographyの公式モバイルアプリ』ではないかと、私は思うのです。

    つまりiphoneもしくは、androidなどのカメラアプリを、公式に公開するのではないかと言う予想です。

    ロモグラファーはあくまでアナログ写真が前提なのですが、昨今ではアナログ写真ならではの持ち味や良さが携帯アプリ写真でも撮れるようになり、フェイスブックなどのSNSとの相互性から、ごく自然に、また身近にトイカメラ風の写真を見るようになりました。
    私もそうですが、LC-Aやダイアナなどlomographyのカメラを持つロモグラファーの中にも、こういった写真加工アプリを利用した事がある、または利用している方は多いのではないでしょうか。
    こういった時代ですから、もはやlomographyもデジタルを無視できないのではないかと思うのです。

    私は以前からこういったlomographyの公式アプリが出たらいいと思っていました。
    前々から望んでいた事だったので熱く語ってしまいました。

    この事について、熱心なロモグラファーや、アンチデジタル派の方にとっては不愉快な書き込みになってしまった場合、お詫び申し上げます。

    これはあくまで予想ですので。

  2. izayoi7
    izayoi7 ·

    あ、それも面白いですね。で、どうでしょう、その場合「lomography」で焼き付けてもらうまで結果が見えないというのは。(すでにアプリで似たようなコンセプトのものはありましたが……)
    失礼、予想に便乗させていただきました。
    もっとも、ユニットを変えればすべての写真が撮れる、とんでもないカメラでも面白そうですが^^)

  3. rehema
    rehema ·

    丸のモチーフばかりですね!
    形がまん丸いカメラ?それともパッケージが水玉デザインなシリーズかな?  

  4. img
    img ·

    ガビーン

他の記事を読む

  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

  • Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    2018-02-21 olderndaze の記事
    Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    Lomo'Instant Squareが発売され、大人気の正方形写真がついにLomographyのインスタントカメラでも楽しめるようになりました!直営店Lomography+では Lomo'Instant Squareの発売を記念して谷根千(谷中・根津・千駄木)エリアを散策して撮影を楽しむワークショップを開催いたします。フィルム・インスタントカメラが初めてでも全然OK!

  • ロモグラフィックダイアリー:自転車に乗ってどこまでも走ろう!

    2017-06-18 #culture
    ロモグラフィックダイアリー:自転車に乗ってどこまでも走ろう!

    些細な日常もドラマチックに写してくれるロモグラフィーのカメラで写真日記を始めませんか?今日は日常生活のなかにある自転車ロマンを写したこちらのギャラリーで、アナログライフのヒントを貰いましょう!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    2017-11-03 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    ロサンゼルス在住のフォトグラファー Rimi Sakamoto さんが、 Petzval 85 Art Lensを持って早朝の東京散歩へ出かけました。ナチュラルなぐるぐるボケの質感と、午前中の澄み渡る空気感が伝わってくるようなポートレートをインタビューとともにお楽しみください。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    2017-10-12 refallinsasaki の記事
    初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    まだ、 LomoChrome Purple を使ったことがない?「実際、上手く使いこなせるかな?」と迷っている人にオススメしたいのが Simple Use Film Camera LomoChrome Purple 。すでにフィルムが装填されているので、買ったらすぐに撮影をスタートできます!

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ボケを通してみるシンガポール: Petzval 58 Bokeh Control Art Lens × Ashok Kumar

    2017-05-04 #gear #people Crisselda Robles の記事
    ボケを通してみるシンガポール: Petzval 58 Bokeh Control Art Lens × Ashok Kumar

    シンガポールのインスタグラマー・Ashok KumarがPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使って故郷の街を美しいボケで写してくれました。正方形の枠を飛び出した、彼の魅力溢れる作品をインタビューとともにお楽しみください。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    2017-07-23 #culture
    ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    青は落ち着いた静かな印象を与える色であると同時に、冷たさを表す色でもあります。おそらく青が嫌いだという人は少ないのではないでしょうか?なぜ私たちは青に安らぎを感じるのでしょう?

  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?