Silhouette Doubles を上手に撮るコツ

2012-09-07

ロモ愛用者は多重露光写真を撮るのが好きですが、シルエットの多重露光を撮ったことはありますか?必要なのはカメラ、太陽の光と、ほんの少しのイマジネーション。この記事を読んで、ポラロイドカメラのようにMXボタンが無いカメラでも、必ず上手にシルエットの多重露光を撮れるコツを掴んで下さい。

Lubitel+ Silhouette Doubles

私が初めてシルエットダブル、つまりシルエットの多重露光を撮ったのは実は偶然からでした。というのも、晴れた日に地元の牧場を Lubitel+で撮っていて、日差しが特に強い日だったので、その日の光に対して暗い影をつくりたかったんです。でも、次のフレームにフィルムを回すのを忘れていて、次のショットが二重の影になっていて、その仕上がりがすごく気に入ったんです。

それでは、ここでその方法を紹介します。

1. 好きなカメラにフィルムをロードする。
2. 晴れた日に、カメラを持って友達と一緒に外出する。
3. ファインダーを覗きながら、太陽が友達の頭の後ろに来るようにする
4. 写真を撮る。ここで、次のフレームにフィルムを回さないこと。
5. 影の内側に写したいものを決める。
6. もう一度撮影をして、フィルムを次に回す。
7. いつも通りに現像して、出来上がり!

Diana Mini Silhouette Doubles

この方法は Lubitel+ や Diana Mini のようにフィルムを次に送るのとシャッターが同時にならないカメラにも応用できます。でも、もしそういうカメラじゃなくて、MXボタンが無くても大丈夫。 他の方法があるんです!

たとえば、私はポラロイドカメラを使うのが大好きなんですが、下記のようにシルエットダブルを撮るためにセルフタイマー機能を使います。

1. スペクトラカメラにフィルムをロードする。
2. セルフタイマーにしてカウントダウンを聞く。
3. ファインダーを覗きながら、被写体の後ろに太陽が位置するようにする。
カウントダウンを待って、撮影をする。
4. カメラを閉じる。
5. 再びカメラを開けば、これでダブルを撮る準備は万端。(またカウントダウンが聞こえるはず)
6. 二度目の撮影を待つ。
7. カメラを開いたままにして、セルフタイマーを切ったら写真が出て来る。

Polaroid Spectra Silhouette Doubles

ロモグラフィーのサイトでは、 Horizon PerfektInstax Cameras のようなMX機能がない、フィルム送りとシャッターが一体になっていないカメラでもダブルを撮るコツを紹介しています。

Doubles with Horizon Perfekt by guitarleo

Doubles with the Instax Camera by dearjme

さぁ、これでシルエットダブルを撮る用意はできましたね!

2012-09-07 #gear #tutorials #film #sun #silhouette #camera #lubitel #multiple-exposure #tipster #doubles #lomography #polaroid-spectra #diana-mini vtayeh の記事
翻訳 lucyxxx

他の記事を読む

  • Lorraine Healy の多重露光アタック!

    2017-02-28 #gear Lorraine Healy の記事
    Lorraine Healy の多重露光アタック!

    『Tricks With A Plastic Wonder』の著者 Lorraine Healy が今回は色んなカメラで多種多様な多重露光に挑戦。まだ多重露光を試したことが無い方も、これまでとは一味違う多重露光のヒントを得たい方も、是非ご覧ください!!

    2017-02-28
  • 【レポート】Hodachromeによる Lomo'Instant Wide ワークショップ in 名古屋

    2017-02-11 hodachrome の記事
    【レポート】Hodachromeによる Lomo'Instant Wide ワークショップ in 名古屋

    Lomo'Instant Wide を使った撮影ワークショップが、昨年12/18(日)に名古屋市内で開催されました。多重露光のスペシャリスト山本穂高さん(@hodachrome)を講師に迎え、このカメラ最大の特徴である多重露光をテーマに皆さんに撮影を楽しんでもらいました。そのワークショップの様子をレポート記事にまとめましたのでぜひご覧ください♪


    2017-02-11
  • ゴトウヨシタカ写真展「光と遊ぶ vol.4」開催

    2017-07-07 refallinsasaki の記事
    ゴトウヨシタカ写真展「光と遊ぶ vol.4」開催

    ロモグラファーの ゴトウヨシタカ さん ( @gocchin ) の個展 「光と遊ぶ vol.4」 が9月2日(土)より旭川市のディーアイあさひかわにて開催決定!ロモグラフィーのカメラで撮影された多重露光やクロスプロセス現像の美しい作品は必見です。お近くにお住いの方はぜひ足を運んでみてくださいね!

    2017-07-07
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    2017-08-26 refallinsasaki の記事
    【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第二弾は京都市左京区正往寺町にある Photolabo hibiさん!普段からロモのフィルムやカメラを使っているお店の方に、個人的にイチオシのカメラや今後お店でやってみたいイベントについてお話していただきました。お近くにお住いの方は必見です!

    2017-08-26
  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

    2017-07-03
  • 【hodachromeが教える!】「多重露光」講座 in 京都

    2017-03-10 hodachrome の記事
    【hodachromeが教える!】「多重露光」講座 in 京都

    山本穂高(hodachrome)氏による、多重露光の撮り方を学ぶ講座が3/19(日)に京都で開催されます!アイデアやテクニックしだいで写真は見ちがえるほど幻想的なものに生まれ変わります。その撮り方を初心者の方でもわかりやすいようにテキスト・画像を使って説明します。多重露光をマスターして、春からの撮影ライフに新たなエッセンスを加えましょう♪

    2017-03-10
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • カラーフラッシュの世界へ飛び込もう!:Simple Use Film Camera

    2017-10-26 refallinsasaki の記事
    カラーフラッシュの世界へ飛び込もう!:Simple Use Film Camera

    Simple Use Film Camera Color Negativeには3枚のフラッシュ用カラーフィルターがついています。このカラーフィルターを使ってフラッシュ撮影をすると、写真をビビッドな色に染めることができるんです!

    2017-10-26
  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • アナログ世界紀行: ソフィア、ブルガリア

    2017-02-03 #places Lomography の記事
    アナログ世界紀行: ソフィア、ブルガリア

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今回はMafalda Sousa (@magrifas) がブルガリアの美しい景色を、花でいっぱいの多重露光作品とともにご紹介してくれました!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

    2017-05-15
  • 山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    2018-01-12 hodachrome の記事
    山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    多重露光による様々な幻想世界を魅せる山本穂高氏 ( @hodachrome )による写真展のご案内です。今回のテーマは近年取り組んできた「ポートレート多重」。様々な女性たちの個を生かしつつ、日本の四季の題材とを融合させました。デジタル合成ではない、アナログでしか味わえない四季折々の群像劇をぜひご堪能ください。

    2018-01-12
  • 光のイラストを楽しもう!ロモグラフィーのライトペインティングガイド。

    2017-03-02 #tutorials lomographymagazine の記事
    光のイラストを楽しもう!ロモグラフィーのライトペインティングガイド。

    夜の写真をカラフルでエキサイティングなものにしてみたくありませんか?ライトペインティングに挑戦してみましょう!必要なのはライティング道具とカメラを固定する場所(三脚があれば◎)、それにバルブモードのあるカメラだけ。今すぐ光の絵画を始めよう!

    2017-03-02